Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れないので…

なかなか本を読む時間が最近は取れないのですが、自称のんびり、過ごしてます^^;。

25

コメントした本

お菓子の包み紙

すごい。そもそも包装紙は、季節限定のものだったり、あるいは残念ながら閉店してしまうと、たちまち忘却の彼方へと去ってゆくものですが、それはもったいない。こんな具合に1冊にまとまってると、「コレクターしか知らない」ものではなく、共有のものとなって、「こんなのがあったんだ」と後生に引き継ぐこともできるので、とてつもなく貴重なものとなりえます。、

11日前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cA592e757 1ff2 451a b354 d2d0cf5402329b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dIcon user placeholder33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 13
京都で考えた

著者らしく、話はいろいろと跳びまくるのですが、どの一節も、その考え方や事象への感覚に、思わず頷かされたりは考えてみるような感じで、警句集めいてます。1冊の分量としてはそれほど多くないのも(100ページ程度)よいところです。なんとなくいろいろ考えてみたいときに、適当なページを開いてみて、という風にして、長く長く手元に置いておくのもいいかな、と思ってしまいます。

4か月前

42657be0 84b2 49ef a881 f5122d1ec73c3e04704e 43e7 4e6c ba92 2711cef8f318Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1
ブランケット・ブルームの星型乗車券

架空世界の街のちょっとしたことのコラム集です。各話は3ページですぐ読み終わるものの、そのぶんの情感が読者に委ねられるところですね。どの話が印象に残ったか、せーの!で言い合いたいところです。 ただ円環状に連なる街(山手線みたい)を、1つ飛ばしに数回も紹介していくのなら、同じ街の話、あるいは街の感じなどが、もうちょっと有機的に関連していたらなあ…とも思っちゃったのは、ないものねだりの欲張りなのかもしれませんが。続編でそのあたりが…とも期待しつつ、雑誌連載は十年以上も前だから、少し厳しいかなあ。

11か月前

871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acfE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 17
名作アニメの風景50-誰もが知っているあの物語の舞台へ

さまざまなアニメの舞台の街並みの写真などがのってます。ああ、やっぱりこの国だかあ…と半ばわかってても、ほんとにおんなじ風景なんだ、と再認識できました。「魔女の宅急便」は、ストックホルムが有力らしいです。でも個人的には、ルパン三世は1つのエピソードの舞台としてルーブル美術館になってますが、やっぱりここは「カリオストロの城」にしてほしかったかな…。

約2年前

Christmas クリスマス

やはりヨーロッパの国のクリスマスの一景が主で、街並みや細かなところも美しいのですが、目から夥しい鱗が落ちるほどに驚いたことが一つ。 ヨーロッパでさえ、クリスマスに雪がないんだーと。ドイツの一部や北欧はあるものの、そのくらいだということは、想像さえしませんでした。翻ってみると、札幌のクリスマスなんて、雪があるのがあたりまえです。そのあたりって、なかなか気づかないものです。

約2年前

光と影の誘惑

たぶんなにかあるのだろうなあ…とは思っていながらも、どれも中編ゆえに話に引き込まれてしまいます。そんなところも、これを有効にするために、こういう風にしたんだ…というあたりも、連城三紀彦の小説を思い出しました。

2年前

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
レインコートを着た犬

ある意味で、もはやちょっと昔のファンタジーな話ですが、穏やかで、大したことは起こらない世界、その中で"犬がレインコートを着るような、ささやかな変化"が、じんわりと街を浸透してゆく、そわなさまがおもしろいです。 この人の本は、ちょっといたずらに長いかなあ、と思うこともあるのですが、この本については楽しめました。

2年前

B34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f008b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada8712514bdc62d 0510 472d a2c1 156c47f3b4c7Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160
連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集

何が起こっていたのか、わからなくなりました。誰も嘘をついてないのに、なぜこんなにややこしくなるんだろう…と思うあたりが、楽しめました。

2年前

Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160Ed6cbd54 f4b0 4bcc a6e9 354962baeb62
世界の美しい街の美しいネコ

まずは、ネコかわいい…と、いうのが最大で唯一の感想ではあります^^;。すごく有名な場所なのに、ネコのアップ写真のみなのもあったりして、あの景色の中のネコも見たかったかな…というのも、いくつかあります。

約3年前

Abca8fc8 78b6 49f6 ac25 fa990877c974Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd4064a020f7 acf9 4e55 94a4 44c7c09841df
ヴェネツィア便り

「時のながれと、移ろいゆくもの」の短編集ーといえばいいのでしょうか。単に味わいが出てくるばかりではなく、じんわりと不安や苦さが滲み出てくるものもありました。どれがよいか…となると「道」とか「高み」かなあと思いつつ、それだけなら1ページで終わるじゃん⁈というのを、心の揺れなどを含めてうまく記した話(タイトルは、書きません…)も、好きだったりします。 ともかくこの本は、ゆっくり読みたい本です。 全くの余談ですが、作中で出てくる「アリヴェデルチ」という言葉の意味は、某マンガで知りました…。

約2か月前

なくなりそうな世界のことば

日々の過ごし方や、物事への感じ方が異なると、「えっ、こんなことにまで、単語を割り当ててるの?」と驚くばかりです。たとえば…ウェールズ語の「HIRAETH」なんて、「もう帰れない場所に、帰りたいと思う気持ち」だそうで、これは日本人ならば通じやすくて、「わかるなあ…」と思いそうです。 そしてなによりも、この本の構成が切ない。

6か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269Icon user placeholderE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba25238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Icon user placeholderPicture 38
台所のラジオ

「一人でいる人」は、ふとしたときに自分の日々がこれでいいのかなあ?と、悩みを持ってしまいがちです。そんなときに台所のラジオかがつぶやくところから、なにかが変わってゆきそうに動き始め、だけどやっぱり変わらないかも…という、いわば「きっかけ」の物語に思えました。 各話で食べものが出てきて、おいしそうかも、とそそられるものの、なんとなく「これから食べるぞ」というような感じで、それこそ味も食感も、そして話も読者に委ねられているようでした。 そんな風に考えたのもあり、おもしろい、というよりは、もどかしさがいとおしい…そんな読後感です。

1年前

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae722b93b3d 6b7f 40af ad82 958cf1919c4fIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892 20
歌うダイアモンド

おもしろく読めました。ミステリーのは「そんなの解決できるのかよ」というものが、最後には収束され、SFの話は、昔から読み慣れている(親が昔に買っていたのがあるので…)、手塚治虫や藤子不二雄のマンガを、まるっきりそのままノベライズにしたかのような感触でした。

約2年前

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a079342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583
京都 路地: 迷宮の小道

街中の日常-のですが、どれも絵になってるのが、やはり京都、というか、それが歴史のある街なんだなあと思ってしまいます。札幌もきれいで好きなのですが、その点ではかなわない…。それにしても、この出版社の本は、文字が少なくて日本ならではのテーマ・素材が多いので、外国人の日本みやげにもってこいかな、と思ってしまいます。

約2年前

世界の露店

色あいといい、絵本のように幻想的ですが、これで日々の糧としているー。生活そのもののリアルなはずなのに、この世のものと思えないです。マカロン売りのワゴン、セントバーナードのぬいぐるみ店などって、本当にそんなのあるの⁉︎と思ってしまいます。世界のどこかにあるというのが、奇跡的です。でもさすがに、車内にみっしりオレンジを詰め込んだ車を「青果店」というのはどうかと(笑)。

2年前

くらべてわかる世界の美しい美術と建築

まずは、この建物、ほんとにあるんだ…と思い知らされます。次章では、なぜこの絵とこの建物を並べる⁉︎と最初は思うのですが、そのココロを読むと、とりあえず納得?します。この本がなければ、絶対に並べて見ようとは思えない見方をうかがうことができ、そんなところもおもしろかったです。

2年前

夜のいろ

長時間シャッターと思うので、明け方のように、ぼんやりほの明るくなってるのですが、煌めきが美しいです。こんなふうに、夜の写真を撮れるようになりたいのですが…ムリだろうなあと、思います。

約3年前

死ぬまでに見たい!絶景の橋

果てしなく遠くまで続いてる橋や、自然に埋もれるような橋が、美しいです。やっぱり日本だと、台風や地震の影響が強すぎるから、個性的な橋も歴史的な橋も、作れないし残らないのは仕方ないのだろうなあと思います。

約3年前