6662bb11 53a1 4949 bd28 80ad8193b04e

ひろきの しほ

サブカルスキ

サブカルスキ

60

コメントした本

STUDIO VOICE vol.406

祝復刊!でも田舎では探しても探してもない。結局読めてない。

2年前

Febe3a4b d7eb 47dc 94ac 6c8bfc2cd7e5D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Cebb2176 9b31 48fa a236 eab082f8edf8Eddf49ba 0bb2 4e6a 882f 708daa35bd4e38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3aC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746
その日のまえに

所謂泣かせ小説の類なのかもしれないが、抑制が効いているせいか嫌味な感じはしない。それでもまんまと泣くのであるが。

約3年前

E85eb4cd 5ad8 4f4d a0c4 74cad3314b73640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff3a49ddbb adf5 4f47 b662 e708365c365bIcon user placeholderIcon user placeholder52939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc996d2e566 ed48 4f26 a12a 2d7d49f2243a 50
福野礼一郎の宇宙 甲―キカイの本質を理解すればクルマの偉大さがわかる!

自分が好きなものに対してその理由を追求するようになった。「感じるな、考えろ」

約3年前

センセイの鞄

品のある空気感の中紡がれてゆく大人2人の日常と可愛い恋心。とても愛おしい。

約3年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Aea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91b2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholderE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f 72
レクサス0点ランエボ100点―間違えっぱなしのクルマ選び〈2007〉

クルマ好きって今どこにいるんだろう。こんな風に一晩中持ってもいないクルマの事で議論したい。

約3年前

コミック・キュー (Vol.2(1996))

当時話題になった松本大洋のドラえもんは個人的には凡庸だったが、本誌のカバーという試みは面白く、また何処かで実現して欲しいと思う。

約3年前

百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY

写真の持つチカラを見せつけられる。人間は恐ろしい。

約3年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cD60e7796 4226 49b9 9645 0105401e8529D55bfca6 37cf 4e54 830a 5661d051096d
ブロンソンならこう言うね

2人がチャールズブロンソンになりきって人生相談を行うというバカすぎる企画本。だが紛れもなく真理がそこにある。

約3年前

監督不行届

どうやら体もよくなってきたようでひと安心。ある意味日本一羨ましい夫婦である。やはり発信するオタクは正義なのだ。あとは働きマンの再開を切に願うばかり。

約3年前

9a2b6729 e01f 4069 bba9 990f42412830122e245d 36ad 46a4 88a2 ee2ec64e4432
男は男らしく生きろ!―自分の「スタイル」を極める。

徳さんのスタイルはずっと憧れで。私もそろそろパイプを燻らせながらオースチンで鎌倉あたりを流しているハズなのだが...おかしいな。

約3年前

実録企画モノ

これもいわゆる日常系?だがこれはそれらの極北に位置する孤高の作品。読者は選びます。

2年前

下町ロケット

痛快。最高のエンターテインメント。

約3年前

Icon user placeholder428451f1 2605 4506 8bc7 9952ca7ab7c8642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df749b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f7444ac639a d107 4832 9c94 e1ed88cd106aIcon user placeholderIcon user placeholder 72
希望

少し情けない青年が強烈な個性の人物達に翻弄され転げ落ちていく様は惜春を彷彿とさせやはり面白い。こちらはそれにポジティブ分量が少し多いぶん軽く読める

約3年前

黒沢清、21世紀の映画を語る

黒沢監督の構図、距離感、照明など画作り全てが好き。撮る側は感性などという朧げなものではなく理屈でひたすらに実践を繰り返すのだ

約3年前

世界自動車戦争論 1 (1)

「くるまにあ」廃刊以降久しぶりに氏の文章に接した。ヨーロッパ車のブランド力がなぜ今も衰えないのかが分かるし、クルマに限らないブランド考としても含蓄がある。

約3年前

アイデン&ティティ―24歳/27歳

この話がみうらじゅんの絵で描かれているというのが全て。いくらクドカンとはいえ映画化されて良かったのか?

約3年前

72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f23268d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523aDf294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb
壁の本

ただひたすらに壁の写真が繰り返される。しかしそのページをめくる時間たるや至福。そんな変態本。

約3年前

Bdd44aab 9802 4d79 830a 833cf9a99b7d036c90e7 3a9e 46e4 83af a2cdfb73eb51
イタリア車火焔地獄

私もアルファロメオを買って血が滾っていた頃の本。前澤氏が亡くなってしまいデザイン水かけ論が読めなくなってしまったのが寂しい。

約3年前

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻

日和らず阿らず我々に拳を振り上げ続ける新井英樹。キーチVSで一種の諦念が見えたがどうだろうか。

約3年前

11a914d5 eaaf 4a91 a799 f4e40d8348ceAda8e287 0bcd 47d2 b9a4 8f39e3041d2982af179c 42cc 43ca b6eb 8ac54972c8c1
きれぎれ

この人の本はどれも面白い。ストーリーがどうこうとかでなく、文章を読むということの純粋な快感と幸福がある。もちろん登場人物が大抵ダメ人間なのは大事な要素。

約3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2413233c45c d7cf 460f 834c 3139d33630edE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c4fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73Ffb27c8e b357 4048 813e fa968c73c4c69b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 9