13db1965 8de1 4b92 bf13 8447f946a3f5

yuk

いま読んでる本をアップするよ

いま読んでる本をアップするよ。過去に読んだ本の感想もたまに載せてます。

33

コメントした本

文學界2016年6月号

「コンビニ人間」。しまおまほさんの連載小説も。

2年前

わが記憶、わが記録 - 堤清二×辻井喬オーラルヒストリー

さらっと読み飛ばそうと思ったのに、興味深い事象が次から次へと出てくるので、じっくり読み込んでしまう。政治と経営と文化、その全てを横断した希代の人であった。

2年前

あなたを選んでくれるもの

「断片的なものの社会学」と偶然同時に読み、テーマの符合が印象的だった。インターネットを使わず、フリーペーパーに売買広告を出した人を訪ねていく。ネットウォッチでは決して出会えない人生がたくさんある。ミランダ自身への人生への葛藤につながっていく描写にもはっとさせられた。

2年前

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e92a46802 6ba2 47be a6b0 567046aa6abd8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 49
かなわない

「愛はこういうことだよ」

約3年前

0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeIcon user placeholder50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc1A64cd30d 82d8 4029 bab9 6b73456360b17759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a74d6d95bf e59b 41d6 9c35 95384762fce3 68
錦織圭 リターンゲーム: 世界に挑む9387日の軌跡

数多ある錦織圭関連の本で一番読みごたえがある。著者がきちんと取材し自身の言葉で書かれている。

約3年前

言葉尻とらえ隊

週刊文春の連載約3年分をまとめたもの。ちょっとしたニュースや記事で引っかかった言葉についての考察が面白い。うまく説明できない違和感の正体を言い当ててくれる痛快さがある。

約3年前

A8e6d8a4 b7e5 4bf2 b620 9d09fd5db3b7Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66E8e7e2ba e49e 43bc aa83 236425f94fc530de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689c
小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代

料理研究家の歴史はそのまま女性史にもなるのだ。

3年前

874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826d9a2b6729 e01f 4069 bba9 990f4241283036fbaa35 0b5f 49b0 9f36 e6cf02108fb68b3e0218 d4bc 47f9 aa64 8b7b4c365a11A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a31973fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bPicture 8
東京の台所

台所の話をしているといつの間にか人生の話になる。

3年前

C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac993bda658 fc81 494f bf4a 84e93cd1b4b4F940121d f36a 4d88 a643 ac9b8b6be7492cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf8PictureE3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2 16
ホームシック: 生活

石田さんが亡くなってしまった今読むととても平和に思えるけど、これはこれで相当ドタバタだった結婚出産の顛末。記録。

11か月前

540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C8ab4ca0 717e 41de af3d e9585900837389e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
堤清二 罪と業 最後の「告白」

偉大な父の業を背負った息子の物語であり、経済と文化を横断した経営者の物語でもあり、生きた軌跡がそのまま昭和史にもなっている。

2年前

A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aaBa04f00c 86ab 471c b0b0 d93bd80a6645
節約する人に貧しい人はいない。

節約ノウハウ本に見せかけて、中川さんの人生が詰まっている。人は他人と比べたり、虚栄心で無駄遣いをしがちで、贅沢をせず地に足を着けて生活するよう説いている。フリーランスとしての仕事での人付き合いのノウハウもある。巻末の生い立ちがあることで切実感が増しているのもいい。

2年前

疲れない脳をつくる生活習慣

健康に生活するためのノウハウが科学的見地から書かれている。瞑想、姿勢、睡眠、血糖コントロール。ジョコビッチの例がいくつも出てくるところが印象的だった。

2年前

断片的なものの社会学

ゆるやかなつながりのあるインタビューと散文集。まさに断片。「街の人生」はインタビューをそのまま収録することに主眼があって冗長さが特徴だったが、こちらは筆者の心情の描写も多く、感動がある。事象を無理に一般化せず、断片を断片として扱い、そこからゆるやかに立ち上がる人の営み。

2年前

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe5764d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce3818d25d5 1b01 426e 8e61 12d45e70c328Icon user placeholderD59b3adb 2ab9 420d 9ed0 8dd4e62a56b6Icon user placeholder 158
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

コンテンツ量産が求められる時代に必要とされる技術が丁寧に説明されている。

約3年前

022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c82ed440e6 5da7 42a0 8ba6 7bb876da7d50
被差別のグルメ

内臓料理のホルモンの語源は「放るもん」ではない!という筆者の強い主張に説得力がある。

約3年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dBede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4
人生で一度は食べたいサンドイッチ

ちょっとくせのあるサンドイッチ店ガイド。サンドイッチの名店の店主へのインタビューを一人称で私小説風に書いている。少々センチメンタルで読んでいて恥ずかしくなるが、それぞれのサンドイッチや店に対する思い入れが伝わる。

約3年前

きのう何食べた?(10)

表紙と最初のエピソードを本書発売日の梅雨どきにあわせているのが粋である。主人公が先輩のように慕う佳代子さん家族との雑だが愛情にあふれたやりとりが好き。

3年前

581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e85Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb58405fc4a 89d7 4a7d b4ba 857ea7ee07a989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e61c9d7e2 a637 400c ae47 375b213aec3a6353b96c d22d 4587 8752 003b064d54c072cbfe68 3ca1 4af3 a947 ac3545fb9a4a 19
埼玉化する日本

高感度消費も日常の消費も気軽に選べるところに「埼玉化」の理由がある。

3年前