Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
210d5601 7f6e 48d3 81ca 707e7f578035

AI_TANIGUCHI

編集者。主に文芸ジャンルです。

編集者。主に文芸ジャンルです。

38

コメントした本

クラクラ日記

坂口安吾の妻・三千代さんの随筆。アドルムと睡眠薬で狂気に向かっていく安吾を間近で見つめる眼。 学生時代ぶりに再読したがやはり最高に好きだ。バイブル

1年前

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
且坐喫茶

お茶を長く習っていた、いしいさんの茶道エッセイ。お点前から生の本質に迫る、前書きだけでも必読!

約2年前

人生の道しるべ

どう生きるべきか迷っている人へ、漢方薬のようにじわじわ効いてくる本です。

約2年前

Icon user placeholder00262ceb e827 42de bd86 ac14d320258568da6469 d234 49cf a635 03ff8dac624b3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b9923fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b6635a2b9 993a 4d05 b40d 990a616f3d98
すばる2015年5月号

多和田葉子訳のカフカ『変身』が読め、さらに何気なくラッパーのGOMESSインタビューも。

2年前

シャルリ・エブド事件を考える: ふらんす特別編集

多民族国家であるフランスの現状がコンパクトに分かる素晴らしい一冊です(「ふらんす」の別冊)。野崎歓さんによるミシェル・ウェルベックについての寄稿など。事件直後にこういう本をばっと緊急出版できること、白水社の豊かな知のパワーを実感。

2年前

D9a85c76 22fc 49f4 9aa5 1c5eb0f063968c59ac02 39d7 49b7 b831 d7598ed25621Ab979cbf 686f 427f 8801 3bcc83637e89
今の時代がいちばんいいよ

前野健太による、初の全曲弾き語りアルバム。 街をゆっくりと観察する眼と、ひとの心の普遍性にそっと触れる詩が心に残る一枚。

約2年前

低地

今年読んだ海外文学のなかで、いまのところナンバーワンの作品 (2014年刊ですが)

約2年前

64d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce3419f4122 aecc 416e afb8 df42b9ec7025Bf7835f2 b4cf 48bf b3e8 75b900d9c22aF278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c23fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5 9
悪声

ページをめくるたび初めて見る景色に驚嘆する、麻薬のような傑作長編。 目に見えないものを描いているので、その世界にチューニングが合うまで少し時間がかかるかもしれない。でもまったく難解ではないのでご安心を。 此岸と彼岸を自在に超えて、想像もしなかった景色が眼前に広がる。とくに「音」に携わるひとは必読。

2年前

ポーの話

物語にゆったり心をゆだねられる一冊。

2年前

96b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275bFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002263c3665 795c 4322 9937 796679ce67298da0d2fb b06b 43dd 92e7 cc38c60714fa
永い言い訳

自己愛が強く身近にいる人を大切にできないまま、長年一緒にいた妻を事故で失った人気作家の物語。 男の(というか人間の)薄情さや愚かさが胸にしみる

2年前

9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95F38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658c22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e743e3babf 4372 4c59 9309 be61c434b9058cca28e7 3536 41a1 a9f0 8621131a7ae6 54