05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38

ひでぽよ

文字が血管を流れて海へと広がるような読書…

文字が血管を流れて海へと広がるような読書。

52

コメントした本

さよなら、ニルヴァーナ

(文藝春秋 412頁) 『ふがいない僕は空を見た』で骨抜きにされて以来の窪美澄作品。 わずか七歳の女の子を惨殺した十四歳の少年A。そして過去・現在・未来と続く何かしらの因果関係によって その少年Aと運命を共にしてしまう数人の登場人物。何とも救われない物語。苦しく、辛く、耐え切れぬほど虚しく。 しかし、…希望する。 人々のそれぞれの感覚には何かしらの繋がりがあり、実は共鳴しない部分など 無いのかもしれない。しかしそれはあくまで奥深くに流れる“何か”であって、表層的な部分の違いは明確にある。この作品はややもするとその明確な違いがなければいけない表層的な部分すらも漠然とさせてしまう危うさもある。 こんな残虐な物語に希望を感じてもいいのか?人の腹をかっ切り中身を出して見ることと、人の中に鬱積したもどかしさを芸術的・文学的に表現することを繋げてもいいのか?この作品を読んで希望を抱く人間は、確固たる正しさの信念がある人か、少年A等のように常に頭の中に流れ続ける “ニルヴァーナ” と葛藤している危うい人なのではないか。 この本を読みながら何度も挫折しそうになり、しかし何度も希望を見て、最後の最後に音を立てて希望が虚しさに飲み込まれ、しかし窪美澄の独白ともとれるラストに自らを立て直す。それは、 決して心の中に灯された希望などという美しいものではなく、常に手首の輪ゴムをパチ パチと弾き 必死に歯を食いしばり力の入らぬ痙攣する脚で 踏ん張り立ち続ける意地のようなものだ。 窪美澄の不器用さ、生き方の下手くそさに私の父・母性が刺激される。また他の作品も読んでみようと思ってしまう。体力と精神力を必要とする作品だが、気になる方は是非。

6か月前

F1907be0 ddbd 495c 9da3 153c2f7b0d07670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd69651c5cfbf 1ee9 41b2 8969 7476f08646e788d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254f63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c6124f6a504 c5c4 4125 b864 6196e5ad6fcc 49
ぬるい眠り

(新潮文庫 315頁) タイトル『ぬるい眠り』を含む9編の短編集。 厚皮が剥がれ真っ赤になった皮膚のような江國香織の繊細さや脆さは、人間として また女性としての強い魅力でもあるが その開き直った自由を個人的にグロテスクに感じてしまう時がある。要するに痛々しく感じるのだ。 しかしその、強がりにも見える痛々しい自由に 僕は何度 励まされたか分からない。今作は “世の中で生きる江國香織” が感じられる。現実からの逃避ではなく、文句を垂れ嘆きながらも 現実をシニカルに生きようとする強さが感じられるのだ。(作中にもあるが、それは “弱さにも見える強さ” である) たまに呆れますが、女として大好きです。

約1年前

Cc10a8a3 4ef4 467d 9453 83dc40b93939000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8274ef593 e7c4 4c9b bcae e7b91250e7daEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147 32
幸福論

(岩波文庫 317頁) オプティミズム(楽観主義)とは こう言う事なのだろうと思う。彼(アラン)の喋っている事は非常に感覚的な話で、根底に宗教や思想や哲学があるようには見えない。彼の言葉の根底にあるものは、ただ「生活」のみである。よってこの本は “生きている”。個人的見解としては、哲学書や自己啓発本などは、どれもだいたい “死んでいる” 。「これを用いて あなたはどう生きるか?」という感じ。しかし今作は違う。「こうすれば幸せになれるから、やってみなよ!」という何とも直接的で、そして生き生きとした少年のような面白さがある。 憂鬱な気分を変える、 自分の大好きな音楽のような。 自分の大好きな香りのような。 自分の大好きな時間のような。 そんな力をこの本は持つ。 人生を背負えるほどの力はない。 しかし、日々の生活を幸福にする力はある。

1年前

6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5Icon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Adb68917 43d5 4a73 aea5 607ea09a9041640c4f2a 6148 4eab 8cdb 0eaeb75961665f53d24a f95e 4fb8 9f27 19ffaccefd4f 15
友情について

(岩波文庫 131頁) 主人公は 親友スキーピオーを亡くして間もないラエリウス。娘の婿達との会話劇。友情について語る。 「善き説得をなす友人の感化を友情における最高の価値とすべし。」 激動の人生の中で、キケローが、 「幸運により、あるいは生まれながらにわしが授かっているもの全ての中でも、スキーピオーとの友情に比べうるものは一つもない」 と言い切ってしまうほど友情とは至高の宝。 本書ほど実践を要するものはない。友情についてを知るだけに止まることは、言葉を覚えて口に出さないようなもの。愛に溢れている。愛でいっぱいになる。それも厳格な愛。徳が源泉の愛。良書。

1年前

ヴィヨンの妻

(新潮文庫 173頁) 表題『ヴィヨンの妻』他短編七編、全八編。 (至極愛を込めて)どれも本当にどうしようもなく情け無い男が主人公。太宰治そのものである。 女房子供が居ながら家にはロクに帰らズ お金は酒と女に使い込み、苦しくなっては悲劇の主人公のように崖っ淵の自分に陶酔し「死んだほうがいいのだ」などと言いながら、それでいて申し訳なさそうに女房に細心の愛情を見せる。 こんな陰鬱な物語なのに笑える所が沢山あるし、 本当に情けない男で 苛々しそうなのに どこか恨めず、むしろ危なっかしさに ついつい手を差し伸べてしまう自分が居る。人を “怒らせない” のが本当に上手い。 「疎開先から東京の三鷹の家へ帰ってきたのは、昭和二十一年、彼の眠去は同二十三年の六月である。この三年間に、『斜陽』『人間失格』の二長編をはじめ幾多の短編を発表しているが、ここに収めた八編はすべてこの期間のものの中から選んだ。」『ヴィヨンの妻・解説(亀井勝一郎)』 この三年間は本当に奇跡。面白かった。

約2年前

177b809b 985a 404f b508 9671a88f4672F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af186818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841Icon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Efc5b6cb 5675 4d40 9eb5 1a0c90312dd0B15ab106 bc5d 43d4 8bce 1b295fe7e3cf 41
「甘え」の構造

(弘文堂 328頁) 欧米・西洋文化が、古来からの日本文化との“調和”とは言い難い“侵食”に近い形で来日している昨今。日本人が今まで自然と解釈してきた人間関係や社会と自分との繋がりに、「ズレ」が生じてくるのは当たり前だ。 その「ズレ」の間に『甘え』という言葉を仲介させれば、あら不思議、違和感や謎がドンドン解けて行くではないか…。 日本人は元々忍耐強く楽観的なのが文化なのだ。あまり思い悩む必要は無い。強がってるけど 皆一緒。 彼の根底には宗教(土居先生の場合はキリスト教)があるからこそ、どんなに悲しい未来が垣間見えたとしても決して「希望」を失わない。むしろ変革の情熱を感じる。だからこそ面白い。傑作。

約2年前

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a1c13f92f d750 475d 80be 4c461e72920bCfe8c7c4 8aac 4905 b8b9 6ab81ff133f26d3930ad 85fe 4feb b023 e8e40e204aa7C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54C65c5a9d 7736 4260 8804 10f826cbcf6935b13c1f 1ffb 45a4 a628 bde3ec9e11b0 11
君たちはどう生きるか

面白くて一日で読み終えてしまった。 まるで自分の中学時代の“あの感覚”をなぞっていくような、何とも懐かしい物語であり、大切にしていた心を思い出させてくれる優しい物語。 人間臭い哲学が大好きな僕は この物語が大好き。個人的に浦川くんが好き。お母さんも好き。叔父さんはお堅いから嫌い。お堅い所は同族嫌悪かしら。でも優しい所は好き。と言う事は そこは同族ではないのか…。 知識も大切だが、知恵こそが最も大切だね。 最後に宗教に触れた所が好評価。それも仏教徒とギリシャ人の交流の歴史に触れた所が。宗教の根底には共生と調和があった事を知らなければならない。 「僕は、すべての人がおたがいによい友だちであるような、そういう世の中が来なければいけないと思います」 それにしても 良書というものには、灼熱の太陽よりも眩しく強く輝く “希望” が付き物であります。本書はまさにその通りの逸品。 もっともっと 沢山書きたい事もあるが、 このへんで。 この本の推薦者に感謝を込めて。

約2年前

1b7f9dde 4b5d 4d09 9c50 a8ade4a2000dF483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108fEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Icon user placeholderC904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f0271443c9090d a138 485c bc7f 5cc52f7c7df4 155
風に舞いあがるビニールシート

短編が6篇収録。全編通しての主題は「大切なもの」。それぞれの物語の、それぞれの男女の「大切なもの」。それは明確に言葉にできる場合もあれば、明確にする必要のない場合もある。 個人的には『ジェネレーションX』が好き。 「誇大広告じゃないか」と言うクレームが入り、出版社の男と、広告を出した玩具屋の社員の男の、二人がお客に謝罪に行く為、車に乗って長時間ドライブする話。その車中でのアツくも笑える 元球児らしい友情の物語。 その他の物語も、毎回、ラストの落とし方がカッコよすぎて、(恥ずかしさを含んだ)鳥肌が立つ。言葉選びが独特で面倒臭い時もある。が、官能的なシーンは上手すぎて読んでて熱くなる。特に“不空羂索観音”の愛撫はさすが。 森絵都さんの本はこれが初体験。今作が面白くて、彼女の作品に「もっと触れてみたい!」と欲情してしまう。まるで “魅惑的なふくらはぎ” のような一冊。

2年前

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a500a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76Icon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 72
デミアン

私の愛する詩人の一人ヘルマンヘッセの過渡期的、岐路的作品。初作『郷愁』で感じる純粋さや明るさは影を潜め、世間への懐疑、宗教への懐疑、人間への懐疑、自己への懐疑と、全てを疑う事で“自分自身”というものを確立していく。 タイトルにもなっているデミアンとは「悪魔的側面を内包する神もあるべきでは?」というような考えを持ったカリスマ性を備える奇妙な少年である。主人公シンクレールとその少年デミアンとのひょんな出会いから物語りは二転三転していく。 ヘッセ自身、戦争を経験し「今までの幸福が不確実な地盤に立っていた(高橋健二)」ことを痛感し、自己自身の内部に真の幸福を追求し始める。それが『デミアン』以降である。 とにかく不思議で、共感する部分が多々ある私からすると少し「怖い」作品とも言える。ヘッセのファンは必見と言っても強引ではない。

約3年前

68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaEf2bfba1 b495 4f87 845b 37ee3e8a3b01C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bC70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholder4d240468 59c6 4329 9461 4d7dba7b293b 38
ファウスト〈2〉

様々な知識をもってしても、この作品を完璧に読み終えるのは一苦労ではないだろうか。真理をついた名台詞が毎頁ごとに出てくる。 生と死と自然と人間など、究極の課題に向き合った最高傑作の第2部(完結)。

約4年前

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfC621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e22760224b 0579 4316 9b41 66e609af29ceCd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee23827cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 8
隠者の夕暮・シュタンツだより

(岩波文庫 204頁) 教育に思いがある方は是非とも御一読を勧める。また、家庭での子育てや 教育の現場など、子どもと関わりながら読み進める事をお勧めする。行動が伴ってこそ初めて読める本である。 また、 「隠者の夕暮」(7〜41頁) 「シュタンツだより」(45〜102頁) と、本編は比較的短い内容だが、 その後の「訳注」「ペスタロッチー略年譜」「解説」(103〜204頁)を読んでこそ より深く理解できるため、読んで心から良かったと思う。 「希望と期待が目標とならねばならない」 子どもはもともと“自然”に従順である。 大人は、“自然”であること、そして厳然たる親であり主であり師であること に命懸けの努力を惜しんではならない。そのために重要なのが信仰である。何度も何度も読み返したい。子どものための名著。

12か月前

箱男

(新潮文庫 238頁) 誰もその存在を認知も不認知もしない箱の中に暮らす男の話。《箱の製法》材料: ダンボール空箱 一個 ビニール生地(半透明)五十センチ角……。と、特に得体の知れぬ箱ではない。 「見ることには愛があるが、見られることには憎悪がある。見られる傷みに耐えようとして、人は歯をむくのだ。しかし誰もが見るだけの人間になるわけにはいかない。見られた者が見返せば、こんどは見ていた者が、見られる側にまわってしまうのだ。(36頁)」 この物語を読んで感じた異常性は または共感は そのまま現代社会の我々に返ってくる。 変な本です。

1年前

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a93767bec f45d 44fd b1a9 e4478e084284Icon user placeholderIcon user placeholder002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b710970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a04917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c 39
犬とハモニカ

(新潮文庫 197頁) 表題『犬とハモニカ』他5編。計6編の短編集。 江國香織は学ぶ為に読むというより、 張り詰めた生活の中での息抜きの為、 分かり合うことはない“異性的な”存在との ほんのひと時の深い恋の為に読む。 人間関係の中での不気味な完全なる一致と、不気味な完全なる不一致。個人的に『ピクニック』がとっても大好き。江國香織は、人間の皮膚の匂いと至極ロマンチックな恋を共存させる秀才。

1年前

754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b080402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a008aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870A97e75d5 e067 4c06 84ff 3618b32d33c08a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4488ff2e5 7ae1 4561 9f4f ba169c255fda 25
きらきらひかる

(新潮文庫 213頁) 恋愛小説。お見合い結婚をした新婚の2人。一見なんの変哲もない普通の夫婦。しかし妻はアル中で情緒不安定、旦那はホモで恋人が居る。それを認め合った上での結婚だったのだ。 自分達だけの幸せな時間。 自分達だけの幸せな空間。 自分達だけの幸せな習慣。 そんな聖域に 様々な人が干渉してくる物語。 普通には成れない人間なのに、普通に対しても誠実で居ようとする睦月に 感情移入してしまった。 江國香織という女性が好きになった。 私は読書は嫌いだが 恋は好きなのだ。 やはり読むなら女流作家。所以は如何。 私は読書ではなく恋をする。 読み易く 浸り易い 大好きな逸品です。

約2年前

Icon user placeholder95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b119389bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0f03384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c51Icon user placeholder1c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea 17
新たな地球文明の詩を: タゴールと世界市民を語る

(第三文明社 351頁) インドの政治哲学・女性問題の専門家であるバラティ・ムカジー博士と、SGI会長の池田大作会長の対談集。主にインドの詩聖と言われるタゴールについて語り、タゴールの人柄や思想・哲学・宗教を軸に、現代社会の政治や哲学・思想・宗教・科学等々、多角的に語り合う。 タゴールという偉大な詩人について詳しく知ることができる。彼はどんな批判や束縛にも屈することなく人間讃歌を詠い続けた。人間と自然と宇宙は “一” であり また “全体”である。人間を心の底からこよなく愛し続けたタゴール。老いたタゴールの写真を見ても、目は少年の輝きを全く失っていない。 愛と希望と信頼に満ちたタゴールの詩は、現代社会にも人間を愛する人々の生命の中に脈々と生きている。大好きです。

約2年前

江戸川乱歩傑作選

漆黒のブックカバーに赤字で書かれた『江戸川乱歩傑作選』(新潮文庫)。 奇怪な本の外見、その裏腹に テクニックに満ちた幻想的で唯一無二の物語。 非常に面白い。純粋に楽しめる爽快な推理小説から、変態性に満ちたグロテスクな怪奇小説まで、江戸川乱歩の美味しい所取りな一品。 まるで自分が殺人を犯しているかのような錯覚に陥る文章。それ故、少しずつ謎が解ける事にワクワクしつつも、それが恐怖でもある。ユーモアと魅惑に満ちた傑作選です。 とても楽しく、危険な世界。 さぁ、心の準備はできましたか。

約2年前

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceC70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04C6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc8Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709346c0b3c7 e547 4294 b0b4 48334552513f1fc36915 d6e1 4dad b7b3 6ed05186a467Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 64
友情

誰にも教えたくないし、皆に知って欲しいという両極端な感情の混じる「青年の為の 青春の為の」大傑作。短編だが大作を読んだような充実感。 ゲーテの『若きウェルテルの悩み』が青年に「これは私に向けて書かれたものだ」と錯覚させるように、今作『友情』も青年の情熱を鷲掴みにする。 「あまり幸福すぎる時、彼は一種の恐れを持つ。人間にはまだあまりに幸福になりきれるだけの用意が出来ていないように彼には思えた」 なんとも明るく楽しい台詞の掛け合いで、恋の憂鬱や歓喜を面白可笑しく描く。人生様々あるが、「あんまり心配すると損しますよ。」 真実の友の存在は偉大。傑作です。

2年前

Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e41c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75202760224b 0579 4316 9b41 66e609af29ce5b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b26443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea 11
可愛い女・犬を連れた奥さん 他一編

三篇の短編。 『犬を連れた奥さん』 旅先で出会った“犬を連れた奥さん”と主人公の恋物語。困難を熱情で乗り越えた歓びの先に待つ漠然とした不安を描いたラブストーリー。 『可愛い女』 街じゅうの誰からも愛される愛想の良い明朗な可愛い女の話。彼女はすぐに人を好きになり、その人を“自分自身”として生きていく。誰からでも愛され、愛する者へは全魂を捧げる。現代日本では大いに嫌われそうな女性の話。しかし全ての人に愛される人柄なのだ。純真な女性を描いたこの物語。“女性の崇高な人生”が詰まってる。傑作としか言いようがない。 『ヨーヌィチ』 三篇の中で一番好きです。気味が悪いほどに現実味を帯びていて、ただただ庶民の(仕事・恋愛・人生の)盛衰を描いた作品。夢も希望も感じられない虚構小説らしからぬ作品。この現実世界こそ最高の劇場であり、一人一人の人生こそ最高の劇である。チェーホフはそれを取り上げてくれた。それも詩的に、美しく、コミカルに。個人的に強い優しさを感じる作品。 誰かの人生を 回り燈篭を眺める感覚で楽しめる作品。久々の胸踊る物語。

2年前

044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d77965af4a47 6844 4897 8fd5 1beb1a2ad7d8
鍵・瘋癲老人日記

これを官能小説だと言う人の気持ちも解る。それくらい官能的な作品。しかし、ここまで精密に画策された物語と、夫婦各々が《隠れて記す日記》をお互いに盗み見る事で夫婦の会話が行われる《陰険さ》と、その中に確かに《日本の美》が内包している作品というのは稀である。 ミステリーの要素も多くあり、江戸川乱歩に影響を与えたのも頷ける。表現方法、心的描写が何とも素晴らしい。ストーリー自体がとにかく面白い。 谷崎潤一郎、私のとても大好きな日本紳士であり、共鳴させられる変態です。

3年前

9427ac7a 2db9 4f7d 8407 cdaa2064546aA5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7
ファウスト〈1〉

全ての知を学び尽くした誰もが尊敬する博士は、法学や医学などに飽き足らず黒魔術などにも手を伸ばしてしまう。 そうして呪文により死神メフィストフェレスを呼び出し、至上の快楽の為に死神に魂を預ける…。 ゲーテ自身が一生涯全てをかけて創り上げた難解な作品の第一部。

約4年前

D798ca4f 847e 462d aa53 2cd6c84756e971e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfIcon user placeholderC621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholderAe8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e2 16