7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0

かなで

・映画好きです

・映画好きです。最近は新しいのしか見てないけど。 ・音楽好きです。特にロックに偏りますが。 ・小説好きです。最近は恒川光太郎さんの小説が好きです。 未読の方の目にも入る可能性を考え、なるべくネタバレしない感想を心がけます。

103

コメントした本

闇の中の男

H30.6.18読了。 「このけったいな世界が転がっていくなか」 自分ではない、誰かがひとり闇に沈んでいくことがないように、せめて寄り添うことができればと。 誰もが想っていて、中々上手くいかない事を実践している人たち。 共に闇に沈むリスクは予想、理解していながらも。 心がきつく締め付けられました。

3か月前

A83fb2de a6ab 4fc5 97bc 9a56d5d846a1Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1412521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee39F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124825104de 01ff 4e63 a032 acce0d92d3b4E72a569b 81cb 4496 acc3 ac11d91c2064F2c839bc b142 4633 a5ef 4b3a02e57b98 12
双生児

2017.12.18読了。 最後がしっくりこない…。時期跡取り決めに関しては、ブラフだったのだろうか??

9か月前

アノニム

H29.6.19読了 新しいものを生み出して行く過程でのスリル、その過程を創り出されたものをあくまでスマートに守るスリル。 楽しく読めた一冊だと思います。

1年前

0c9e5b34 e634 45da 8420 13ba465719a4Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31171791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849 16
誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

2017.4.17読了。 ノンフィクション小説はほぼ初めてでしたが、洋楽鑑賞が趣味の自分には中々楽しめました。 ライターさんの、登場した人物の心理描写はとても細かく描かれていて、楽しめて読めたのもひとつ。

1年前

Icon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0B81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbdE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6Icon user placeholder6791b162 7631 4630 a1e8 f1fa105719f120f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520 97
暗幕のゲルニカ

H28.12.10読了。 史実と現代をフィクションとして絶妙に織り交ぜた部分は素晴らしいと感じます。ただ、ラストのキャラクター部分は楽園のカンヴァスと被っていると感じたので、そこはちょっと残念。まぁ、そこがなければ話が進まないんですけどね…。

約2年前

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb902529ec fd5b 4d87 a8d6 84ae7a22f7e3C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a7412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca214 45
スリープ

初読でラストへの展開が納得いかない気がしたけど、2度目からは伏線の回収出来たので納得出来たかな。 近未来のテクノロジーがモノを言う背景での心理描写は、若干疑心暗鬼に陥りました(笑)

2年前

F57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c47d8aefa b447 4535 8951 02a227b233099f59cfe0 823d 48b7 8914 21196452ff1e68462dd2 cee6 4f96 b23f 39fc2f3bbc2582a8744e d643 4919 b398 95f1e9750a03508358e5 ec1d 43e5 949e 7ca7abc337e1
天帝妖狐

個人的には同収録のA masked ballが好きです。

約3年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fIcon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c8F2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b7Icon user placeholder8800e290 f4c9 44e1 b56e ed78b16b4ace 21
デス・ナビゲーション

立ち読みで一気に読了してしまったひとつ(すいません) ロケーションが殆ど地元だった為にさっくり読んでしまった記憶が…

約3年前

ICO -霧の城-

小説を読んだ後に初めてゲームを触ってみましたが…このゲームの中での世界観を一切崩さず、壮大かつ緻密な肉付けが出来ているこの物語は素晴らしいと思います。ゲーム、小説両方をぜひ味わって頂きたい!

約1年前

C82ef0d1 397a 4035 bf94 76e77d8afd09A3c7218f 1cc3 40a9 9893 34f9f8bf1466433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d41382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad40b98f3bf 07f7 4bd7 9a10 d1c639f31b32D6382d7e 1e0a 4674 b837 0dea415d7445 10
無貌の神

H29.5.6読了。 白っぽい霧にずっと包まれているのに、周りの者は狂気と共に鮮やかに描かれている。

1年前

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bF38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b8637d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b440ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf716bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad 14
サロメ

H29.1.22読了 各々が自らの執着や形に出来ない精神を、愛とか宗教観とか、そういったステレオタイプな感情と評している。感じがしました。

1年前

75801eab ed09 42c7 bb87 14aaac2af77dC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953F22fe1a7 af8d 461e aab1 086600cdf03547b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585 70
デトロイト美術館の奇跡

H28.12.1読了。 こんな感動が実際に起こったなら…と涙を禁じ得ない作品だと思います。

約2年前

Icon user placeholderB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538Icon user placeholder89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 31
ヘブンメイカー スタープレイヤー (2)

待ち遠しかったスタープレイヤーの続刊! 今回は現地の人々との関わりも深く繋がり始めて前巻より更に読み応えのある話になってました。 またこのシリーズが読みたいです!

2年前

賢者の愛

2015.10/17読了。 気まぐれに手にした本でしたが、ほんの数年前を思い出しました。 私は痴人の類であろうから、この本の主人公のようには上手くいかないだろうと思い、やめることにしましたが…

約3年前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Icon user placeholderC444ad1b cf62 4e61 a93e d69a6867a9b500c9dbaa 548b 4bb2 8b88 323e57910ea2B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df77afc49fd 4299 4bf6 8c4e a0e5167998fcA6803606 5e9e 4361 b985 537d0671a405 13
夏至祭

学生時代に読んだ本。 長野まゆみさんの本を初めて手に取ったのはこの本。 子供の頃に持ってたその時代特有のキラキラしたものが見え隠れする。今読んだらどう違うかな?

約3年前