163c2225 ac93 4fc3 98d3 2c5b0f4b8182

1かわ

おやすみ

おやすみ

27

コメントした本

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版

これをハリーポッターの「正史」、即ちハリーポッターシリーズの正統後継と認めるかどうかでポッタリアンの間で意見が分かれているのは知っていたのですが、成る程。 恥ずかしながら本を開くまで小説だと思っていたのですが脚本形式なんですね。 ローリング女史が描く「親子」にはいつもハッとさせられます。

2年前

91a07300 faf4 4b74 b5a5 24daa4519575A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b63a89a5e e95e 43cb 8bac a6b6f0e9a7702d143670 80a1 4865 95d9 4623a47dbbf5A9ebcb54 57d6 4ac5 8066 1cddacc2e9c4743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d 70
夜行

四畳半神話や夜は短しのような、所謂「森見節」全開の作品も大好きだけれど、『きつねのはなし』に通ずるホラー要素を持った作品における森見登美彦の間合いをたっぷりとった文体も好きです。 五感に訴えかける比喩表現や絶妙に不穏さを伝えてくる、不安感を煽る独特のリズム。本当に引き出しの多い人なんだなあと今回もしみじみ思わされました。

2年前

878ca455 eced 41c4 be27 dae634229bca92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c14d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e4310b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd190970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b108a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de 183