469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3

dyui3

205

コメントした本

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくときみの不思議な関係が織り成す恋愛模様。読み進めるうちにタイトルの意味を理解することができた

約1年前

3058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f490961950db 0be3 4f5d afd9 68237fb114c6C46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e465703dca174 5ec8 43e9 aee0 51e941bd4dec840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7372185495e 0250 4dc2 b2bf 1c0fa65c64ce 380
火花

主人公と破天荒な先輩との話。とても読み易く、朝夕の通勤電車の中で読むことができた。

約2年前

73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bD712c206 78c0 44ff af6c 84b3d20b4d8f3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Fa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401e44836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fd 74
数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて

久々の僕と3人の少女が繰り広げる数学のアドベンチャーの世界に。今回は積分。高校時代はひたすら公式を覚えるだけだったので公式の成り立ちを理解することができた。家の本棚に全巻揃っているとカッコイイんだろうなぁ

約2年前

雪煙チェイス

ひょんな事から事件に巻き込まれた主人公。主人公に振り回される警察に、事件の鍵を握る謎の女性。スキー場で織りなす人間関係がストーリーを面白くさせている。全く無関係な感じだった千晶と根津が意外な展開に発展したのに吃驚した。

約2年前

28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a58dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6b59b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85F94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6C7ab8fdb a970 44b0 9fc0 c3793c6e85ebE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed41a58a418 9404 4011 85da d661916a181f 27
ハゲタカ外伝 スパイラル

鷲津の好敵手?であるレッドゾーンとグリードの裏側、芝野のスピンアウト作品。 大阪の町工場で繰り広げられる会社存続危機。色々な人間関係が入り混じり一筋縄では終わらない。芝野のおかげで幾多の困難を乗り越えることができた。だが...。 あと、いつ鷲津が登場してくるのか待ちわびながら読むことができた。

約2年前

マスカレード・イブ

前作マスカレード・ホテル前の新田と山岸の2人のストーリー。実は2人はコンビを組むべくして組むことになることがわかる。こっちから読んだ方が面白いかもしれない

2年前

Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea2495927d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aD822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f1231d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e05Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d548b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce 97
ダブルギアリング 連鎖破綻

なかなか破綻しない生命保険会社。同期の2人が会社の将来を決めるために獅子奮迅な?働きをする。結果は...。真山作品らしい展開にあっという間に読みいってしまう。3、4時間もあれば読み切って十分に楽しめる

2年前

86166f7f a267 4005 82ec f83bc49042379323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb40
天才

まるで自伝のような書きっぷりで作家石原慎太郎の凄さを知ることができた。 真実はここに書かれている内容のどれぐらいなのか不明ではあるが、田中角栄という政治家はアメリカにとって脅威であったのだろう。この人に続く規格外の政治家がいないことが問題なのではないかと思った。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7407b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122D18545d8 86f3 47bd 8013 679ae9ee23e3F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86 24
嘘をもうひとつだけ

初の短編モノ。展開が早いので読みやすかった。

2年前

5edfc3ec 76a2 461f a8f6 f31b3580842e45d8e1e1 bf21 4f22 b7ca f10f0d33c1f2E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917797755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb62fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf03fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec 38
ドナルド・トランプ、大いに語る

彼の発言はシンプルで理解し易いので受け入れられるのがわかる様な気がした。ただ、企業のトップとしてなら許される発言でも、大統領となるとそうもいかなくなると思う。大統領になっても過激な発言を続けられるのだろうか...形を潜めるような気がする

2年前

プラチナデータ

既に映画化されているが、観たこともなく今更ながら読んでみた。 DNAが管理されつつある中で警察の威信にかけた検挙率を上げるために導入したシステムが上手く稼動している最中に起きた事件。主人公が解決に向けて翻弄するなか、彼自身も事件に巻き込まれてしまう。事件の真相を探し真犯人を遂に見つけ出す。意外な結果に驚くが後から考えると理解できる。 結局のところスズランは何者なんだろうか。謎のまま読了。

1年前

C7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb1D53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd87d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851a837b2d32 bfd3 40bb a05d 20df8e53561c33df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fb306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d 86
ともかくカッコイイ写真が撮りたい! mini

今までデジ一眼でシーンに合わせた絞りとシャッタースピード、ISO感度など意識してこなかったけど、とてもタメになった。カッコいい写真を撮るための知識として凝縮されている一冊だと思う

約2年前

告白

事件関係者が各自の視点で事件について語り、事件の真相が段々と分かってくる。被害者である担任の初動を違った形にしていれば結果が違ったんだろうと感じた。

約2年前

1593dfdc b60d 433c 9e37 cd24b8109c8fEe29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e6238253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholder86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c5188210a06b 7b39 4f5f b609 46898f3858a494c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90 186
お父さんが教える 13歳からの金融入門

子度向きに書かれているから入門編として読むには広く浅くて丁度いいかも。これからは労働賃金が上がりにくくなるので読んでおいて損しないと思う

約2年前

Icon user placeholderBbb6f78b 0d7b 4cad a89c 36f05d88e2c7Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d65ca2451 a67f 49f4 a312 77de792d6c1e706886d4 5a3f 41bb a1e9 169af9fb4da442e52128 333b 4bf4 b2d8 16ef4c9539717bd7133f b54d 4025 8ba0 f3c0c50f2b3e 32
イニシエーション・ラブ<特別限定版>

トリックに気付かなかったので再読したらとても怖い話だった。 たっくんが変わったなぁと感じてはいたけどそういう変わり方とまでは気付かなかった。

約2年前

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff88eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe225804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab995cf149 14e7 49bf bd47 a80e3e976cf3Abac7821 ba1f 4b12 a824 e026a5559b39D4889a21 752a 4a93 8c4e ddb6b9568766Df5c7ce8 68e0 4b99 a090 53fedca619bf 9
マスカレード・ホテル

連続殺人事件の次の犯行現場とされるホテルで巻き起こる様々な人間関係。ホテルマンに扮する刑事と刑事をホテルマンとして指導する彼女。互いの立場の違いで幾度も衝突するもいくつもの伏線が張られ、結末までの見事な展開には脱帽。時間を忘れて読みふけった。

2年前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1Akiaivjyeuyp25rambwaCfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbB6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aE1cee4b1 3328 454e 8fb0 fc36297c5bf0 223
白銀ジャック

ある事件をきっかけに事件はは進んでいく。犯人の目論見は何なのか、スキー場は誰のものなのか、色々な思惑が交錯しつつ解決の方向に進む。意外な結末が待ってはいるが、次に繋がる形で終わりをつげて良かったと思う

2年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd699d0b463 c42f 4437 811a b42a6fc81c923e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832 45
赤い指

ごく平凡な家族に訪れた悲劇。ちょっとしたボタンの掛け違いにより悲劇が。老人介護、ひきこもり、猛烈社員など日本の問題を詰め込んだ内容となっている。自分がその立場になったらどうするか思いながら読み進めることになったが、やはり罪は罪、処罰は受けなければならないという結論になった

2年前

03fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51D78b18a1 ed32 4860 90e5 27e6f15e8d506ce9369d 6820 4dd9 8aca 6a2c7ed5388fE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8b 47
私が彼を殺した

被害者を殺した加害者が誰なのか明かされぬまま終わる。読者が謎解きをしなければならず難易度は高い。そのため巻末に解説が付いている程。 容疑者は3人。だれも動機はある。しかし、被害者は殺されても仕方がない人物だと思うが殺人は殺人。一体誰が犯人なんだろうか、注意深く読み進めなければならないので読むスピードが遅くなる。そういった意味ではとても楽しい読み物だったと思う

2年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec03fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be2bf87866 cf1e 4cd1 aa00 e52552d5734dF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79766b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aAb3c115f d76e 4529 a719 6b05724d3d8d 40
ウソはバレる―――「定説」が通用しない時代の新しいマーケティング

題名にインパクトがあるが、従来のマーケティングが通用しなくなってきていることが書かれている本だった。嘘も方便ということはなく、とてつもないしっぺ返しが待っていることがわかった

2年前

9004abf9 1158 4529 a6d3 67967e486ddbB07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c