00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

大学生 22歳

125

コメントした本 ページ 2

i

「アイはこの世に存在する」 この解答に至るまでの、長い長い証明過程の話。 西さんは「どんなに遠い国のことでも、事件や社会現象の中で自分に無関係なものは何1つ無い、ということを書きたかった」と言っていた。それをこんな視点から伝えられる西さんはやはり天才だなと思った。 「渦中にいることで語る権利を得る」という考えの傲慢さと、「渦中にいなくても想像して苦しんでいいのだ」という答えと、そこに愛があるのなら、という条件と。 ソートフルに生きなければ、と改めて思わせてくれる作品だった。

約1年前

D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8Ef93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070aeCf88d82e 9abb 4d57 8570 52df3225d04bAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157182c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f18943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a83e53e229 5b45 40b3 b480 3775ccfc3f27 187
新潮 2017年 04月号

「劇場」読了 2作目とか関係なく、いい作品だった。 面白さと悲しさと醜さと希望が織り混ざっている感覚。 沙希を無視して原付乗り回すシーンは「何で私が持ってる1番汚い部分をこうも巧みに言い当てられるんだろう」と思った。私にとっての太宰治は又吉直樹だと思う。

1年前

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Bdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12B5040b4e c90d 4ea8 84ad 4fbb866a6760A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b578210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8 12
人間小唄

日本語が、言葉が、文字が、自分で動いて踊ってるみたいだった。言葉の解放。

1年前

0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8Ee4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0fC2ddccda cd8e 4a9f 8ada b03e408e23ba2cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf85da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c0A580a0ab c5a6 47f3 b9a1 ba81869658edDa10b101 e52f 44af bdc8 6002e3401c47 13
コンビニ人間

いや、いやいや。こんな文章どこでも読んだことない。SFホラーを読んでいるのか、現代社会学論を読んでいるのか、はたまた人類学の本を読んでいるのか分からなくなってしまった。 どんな感想もこの世界の内側からなされる時点で無意味なのではないか?「すごい」としか言えない。 村田さんは『ご本、出しときますね』で動物としての人間に興味があると言っていた。この作品もまさしく人類をその外側から分析して作り上げたフィクションなのだと思う。こんな視点からここまで完成度高く書ける村田沙揶香さんは化け物だ、 と思いたいけど、村田さんも人間なのだ。人間、計り知れない。めちゃ面白い。そしてこわい。

1年前

A9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696dC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399Icon user placeholderC6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf08d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc1831bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387 371
ロートレック荘事件

よみ終えてすぐ読み返したくなる一冊。あっという間だった。 最後の最後で、今までの?がすべて!に変わる瞬間がとても気持ちいい。ミステリはあまり読んでこなかったけど、こんなに楽しいなんて。

2年前

3bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed17561955De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b00539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeC4459762 9962 413f 93cd 178e390ec04f3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cB58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3 22
ふる

おばあちゃんと重なって、牧野のおばちゃんのことを思い出した。西加奈子の書く文章は、その隙間隙間から昔触れたことのあるような感覚を思い出させる引き金があるように思う。

2年前

1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a397581051 b1dd 4248 83bb 683e4334ab43238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d699037495ab9 42fb 4265 b08d 88f5a175ffc07d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00028543f5 3565 48d9 aaae a29c99e3df036443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea 26
うつくしい人

誰にみられるための自分なんだろう。

約1年前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f741f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d218943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a840f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f166097d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b34D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31 35
笑いのカイブツ

お笑い以外何もない「生きる才能」が皆無なツチヤタカユキ氏の半生。彼曰くお笑いから足を洗うための「遺書」 彼はこれからどうやって生きていくんだろう。 「うまく生きよう」としすぎて芯の部分が侵されそうになったとき、この本は、ツチヤ氏の生き方は、心にめちゃめちゃ響くと思う。 読後併せてオードリー若林さんの社会人大学人見知り学部卒業見込も読み返した。

1年前

26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Icon user placeholderF6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa1971f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45227e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a513e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf068807c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea50 9
しろいろの街の、その骨の体温の

私は中学生の頃、何故かスクールカーストの頂点にいた。ここでいう佐久間さん。でも同時に、「みんなを上から観察する」自慰行為をやっていた気がする。うる覚えだが。 原因はやっぱり容姿に自信が無い、自尊心がいつ脅かされるかという恐怖からだったと思う。 この自分なりのエピソードがあるから、余計に結佳のことを見るのが怖かった。 終盤の怒涛の昇華には、涙が溢れて止まらなかった。私にはまだこれはできていないな、こんな風に生きれる日が来るのかなと思いながら読んだ。 西加奈子さんの解説もとても良かった。

1年前

C26c862a cd52 4929 b1eb cb305f921c838a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fBcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc213B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849De6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06b75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03 21
黄金の服

映画『オーバー・フェンス』に心動いて購入。 映画は、『オーバー・フェンス』の舞台背景に、題にもなっている『黄金の服』の人物像を加えて、すこし人間関係に色を足したような内容。 三作とも「青春」がテーマ。 まだ自分の人生に腰を据えて居ない、どこに据えるべきかを決めかねている登場人物たちの、先行き見えないモヤモヤを描いている。 私の状況下と近い部分がたくさんある小説だった。 進みたいけど、どこに進めばいいか考えるのが難しい。これだと思うものがぽろっと見つかるのではという期待を捨てずにいられない。 今一度将来の方を見てみると、越えるべきフェンスは遥か向こうにある。 そのフェンスに気づかないふりをして生活する日々を、私はいつ辞めるのだろうか。覚悟を決めるべき日はもう近い。

1年前

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

共感。共感の一言。 いじることはできるのに、いじられることができないのは根本に自分に自信が無いからだって所なんてもう突きささりまくりだった。 若林さんが自分を見つめまくった一冊なのだと思う。真面目でネガティヴで考え込みまくる芸人若林さん。 読了後思わずオールナイトニッポンの若林学部を聴いている。

2年前

C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef93526f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b80cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18 63