453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d

IRIS

絵本・食・詩・ショートストーリー・ノンフ…

絵本・食・詩・ショートストーリー・ノンフィクション 場合によっては洋書も好きです。

406

コメントした本

コレットのにげたインコ

ブックサンタ2019の一冊にしました。 ・子どもしか登場しない子どもたちだけの世界 ・クリスマスとは関係ない ・家族関係や話が登場しない ・明るい配色とデザイン ・クスっと笑える箇所がある 以上、選んだ基準です。

約22時間前

陰者の告白

ドラッグについての書物は中島らもしか読んだことがなかったのだけど、イマオさんは更にむかしむかーしの日本で長い間ずっと薬物中毒だった。 自分の言葉で回顧的に振り返るということは意味があることを強く感じた。 どういう方だったのかなという好奇心で読みましたが、更生された後の生き方も面白い。

14日前

演劇とは何か

30年経てもずっしりと重みある真のグローバリズムが書かれている。 ギリシャ悲劇や不条理劇など分かり易く解説してある。 富山の利賀村へ行きたくなると思います。

約1か月前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1
うどん対ラーメン

お笑いとして衝撃絵本でした。六大さんのシュールレアリズムは大人も虜にさせる。

約1か月前

ジャスト・キッズ

この本を読むまで、彼女がかつて書店員だったと知らなかった。彼女が詩人、ロックシンガーになっていくことが納得できる内容。ロバートメイプルソープとの20年というより、Pattiの20年。 ノーベル文学賞授賞式でとても緊張していた彼女を理解できる一冊。

3か月前

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae75d143a93 54d7 40d1 b75f 7543ef55d3b78f8ff3b1 5c1f 4f93 b825 7499161e3668
小さなトロールと大きな洪水

なんとも言えない、ムーミントロールの初版の挿絵の愛くるしさと多種多様な登場人物。そして、大きな洪水。作者は第二次世界大戦の混沌としたなかでしたためた、ムーミントロールの第1話は奇しくも8月の下旬という設定。この物語には癒しに包まれているのはそんな背景があったからかなのか。 ムーミントロールの大きさも想像しやすく書いてあります。

4か月前

02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106440dbc66d3 3d3b 4c07 8010 d812425c8b96C85b5578 7021 4f6d 8879 129e7b2a43b2
美味放浪記

生粋の放浪者の檀一雄の美味いものエッセイ。 世界も日本も全く色褪せない食材。 食べものを地元民が呼んでいるように書いてある。

5か月前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012C1ba28f8 2bc9 44d2 9a9f 7a5e21ea4c78703d898c 8fa6 40cd abb0 50d637a650fb52b11262 3cf9 4d71 bd3d 185f6d37e5f9
ぼくのたび

ホテルのフロントで仕事をしているぼく。そしてどこかとおくへ行きたくなる。 みやこしあきこさんの絵のトーンはやさしさに包まれているようなダークさ。

6か月前

そばですよ

立ち喰い、文化遺産認定の一冊

7か月前

あの人のおうち餃子

餃子のスペシャリストの家庭で作る餃子レシピ。そして、餃子のコスパにも驚かされる。 一般的な日本の焼き餃子以外の餃子の様々な包み方もコレで更新できる。個人的にタレと水餃子の勉強に。

9か月前

92ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3afC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Cb402116 2a02 4cf9 b1f0 2ec70dc02b146279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a1d08e73d cecb 4055 b52a be7e7482aefcE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fIcon user placeholder 18
かきバターを神田で

シリーズ全て読んでいるけれど、今回がいちばん食の好みや普段気になっているトピックが多かった。 食に関わることならば宗教的行事のラマダンまで平松眼で書かれている。 個人的に世界に誇る故田部井淳子さんエピソードも嬉しかった。

約23時間前

5728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
逃北 つかれたときは北へ逃げます

北という地に時に出掛けたくなる衝動。 遠くまで来たけど侘しいような寂しいような。 グリーンランドについて知りたい方へも。 北のエッセイの名著。

16日前

73531ab8 c98f 4b28 8a09 175746431891Dcfa85d7 63bc 49c4 9922 b2430a161c34Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66
わたしのいるところ

ラヒリ初のイタリア語で執筆した長編小説。 それはほぼ登場人物で有る女性で40代の大学講師の生活。 まるでラヒリ自身のエッセイのような読み易さ。 海外文学にとっつきにくい印象を持ってる方には特にオススメ。それはそれ程あなたの日常と変わらないかもしれない。

約1か月前

494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecefBe95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cb8eaa37d7 5e67 4405 b8e1 1cc2c1ff5af8C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dAea66d04 475e 4255 a2d1 836bc9f54ec2Icon user placeholder 11
抽斗のなかの海

私はこの作家のエッセイがずっと読みたかったのだとそう思わせてくれる内容。 彼女の中高生時代の過ごし方ががいかに現在の作家を作ってるのかがよく理解できる。

3か月前

293f1ef3 b048 4310 8d10 504c88a273e9A365d493 3156 47d6 a808 50bed03c2682E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4
すべての、白いものたちの

新しいジャンル。節がたくさんあって、とても雰囲気がある作家。書店のレビューはアテにならない。もっと早く読むべきだった。

3か月前

46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11eC49cdc77 3a49 4dc3 9e52 196e1b7ed926B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 8
絵本といっしょにまっすぐまっすぐ

小さな本屋メリーゴーランド京都店の鈴木さんによるエッセイ。 四日市の本店でアルバイト始めてから本屋でのエピソードと被るように絵本紹介が筆者のことばで1ページ毎に連なっている。良著。

5か月前

ローラとつくるあなたのせかい

ローラ・カーリンの1人ひとり、あなたはあなたと価値観を包み込んでくれるような圧倒的世界観。

6か月前

元カノのキスの化け物

著者はイタリア人の日伊翻訳家。母国語以外での詩の創作に惹かれた。

6か月前

霧のむこうのふしぎな町

小学校の図書館がメルヘンになったことを思い出させてくれる一冊

7か月前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2Bed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4b2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febF8740eb8 4fe5 4433 8b79 9cc19eaebe8fC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 87340561321353c4b7f7 e11f 4901 803d 14d7c9ca6ee9E007a519 8ae9 4dd6 ab3d d02ba3da56c7 12
ボルネオでオランウータンに会う ケンタのジャングル体験

ノンフィクション絵本。子どもへ親と行動しない初めての旅行の前などに良いかもしれない。オランウータン会うという主の目的以外にも、人との付き合い方を知ったり、他の生きものにも会える。充実したボルネオ旅の紀行絵本です。

10か月前