91578284 af2c 4bd7 b5c3 7c5867009509

Qunihico

図書館で本を並べたり、本を直したりしてい…

図書館で本を並べたり、本を直したりしています。

35

コメントした本

自転車日記

人間万事漱石の自転車!? 「人間万事塞翁が馬」のもじりで、吉凶先の分からぬ漱石の自転車がロンドンを迷走。只々、自転車に乗っているだけなのに、おおげさな表現の数々でクスクスと笑いを誘います。

約3年前

家守綺譚

移ろう季節を丁寧に感じる。それは、日本語の持つ美しさの再発見。言葉って面白い。美しくユーモラスな表現がそこかしこに。気持ちがいい本。

約3年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bE93d00c4 0812 4363 94ba 3d6396a1925d 58
半市場経済 成長だけでない「共創社会」の時代

近代的自由とは、時間の私的所有をもとにし、未来の自己決定ができる自由。しかし、私的所有がゆえに紙幣と交換可能な時間になる。 時間をお金で買う。つまり、自由をお金で買う。乱暴に言えば、自由はお金でしか買えない。 このままの意識で良いのだろうか。疑問を投げかける。 「共有された時間」の中にある自由。自己充実の結果として感じる自由。

約3年前

羊と鋼の森

穏やかで静かな文体。読みやすくも奥深い内容。私が捜し求めていた本を一冊見つけた喜び。ふつふつと。目に見えぬ美しさを求めて羊と鋼の森へ。

約4年前

E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d888d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254f32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78afIcon user placeholder7133f3dc d379 4bcf 9acc f8c84cd05c0f38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2 311
ニシノユキヒコの恋と冒険

ひとりでいるのは寂しく、ふたりであり続けるのも怖くなるなら、いったいどこを目指していけばいいのやら。 宇宙の外側には何があるかな。何もなかったら、どうやって宇宙を優しく包み込むことができるのだろう。 ニシノユキヒコという愛おしく身勝手な宇宙。

約4年前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee08F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972faf8e98 f0e0 4697 ba80 9eccbc8365b12c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267 27
また君に恋をした

《哲学者のラブレター》 何度読んでも胸が詰まる。 二人の関係性、彼の生き様、そのどちらにも強く惹かれる。

約4年前

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25B0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c632
ノラや

「庭の隅の地の底で、姿はもうなくなっているに違いないが、一たび生を享けたものに、その跡が遺らぬ筈はない」 素敵な一文。

約3年前

61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a10350970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder91cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBf247541 821c 4c81 837f 4fbd24863c8a 15
ボタニカル

植物に寄生される病、ボタニカル病。その専門家である樹木医の話。 コホっと咳をした時に綺麗な梅の花を出す人や、肩からすっと花を出す人。症状は人それぞれ。病であるが、美しい印象すら与える。 体ではなく心に巣食う病のようで、患者の望みや、苦しみなどの精神状態に関係した植物に寄生される。治療を受けることを拒否する患者がいるのは、植物の優しさを心の拠り所としているからなのか。 ミステリーの要素もあり、植物が好きになる一冊。何より斬新な設定が見所。

約3年前

人並みといふこと

<人並み>それは、変化し続けるフワフワ暖かフトン。 漫画の神様・手塚治虫氏が「真似が出来ない」と語った漫画家・しりさんのエッセイ。 ちょっと最近疲れたなぁ、と思ったらこの1冊。

3年前

だいたい四国八十八ヶ所

「だいたい」の中に楽しさが詰まっている。知識に裏打ちされた愉快なお遍路本。

約4年前

漁港の肉子ちゃん

そう、恥をかいて生きていけばいい。とても励まされた一冊。

約4年前

1cb3f366 9b41 439f 806a b9c844c1517dEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a64dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e950ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ffB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32A8bf77b4 e9e9 4cc2 8c21 f3b88c27a17a3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771 126