5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745

La gazette du Livre

とても偏愛に満ちた書籍ばかりを連ねるやも…

とても偏愛に満ちた書籍ばかりを連ねるやもしれません。古本で購入したものなど。

91

コメントした本

MARCH 3 セルマ 勝利をわれらに

ジョン・ルイスと仲間達が非暴力の名の元、戦いつづけた公民権運動。グラフィックノベル3部作。

18日前

MARCH 1 非暴力の闘い

50年前には、アメリカ南部の黒人には選挙が無く、非暴力のもと、戦った人々の物語。

18日前

ラカンの殺人現場案内

フランスの哲学者、精神科医のジャック・ラカンがもしも刑事だったら。というフィクション。

2か月前

WILDER MANN

ページをめくる度に、ワクワクする。

3か月前

A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad0139adb4b7 b773 4426 8516 b2265b16f8b0D5d0a73b 31a8 4b41 889a ff94979914487ec11bce 0b90 4ecc 86c7 9e1c1c5fe98c49b6d724 5241 4e30 a3f8 218f351d0b4e 13
ルーヴルの猫 下

ルーブル美術館の9番目の芸術作品は漫画。松本大洋の作品は、絵画、映画を凌ぐ。

5か月前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholderIcon user placeholder 10
ランド(1)

人間の本質を見つめる山下ワールド。『あの世』と『この世』と。その果てには何があるのか。

9か月前

星の時計のLiddell (1)

すごく久しぶりに読んでみる。内田善美最高傑作。漫画というカテゴリーに入りきらない美しく丁寧に描き込まれた本、ストーリー、絵。今や、1万円近い値段で取引されている。作家本人が行方知れず、復刻を望まれていないからか。そうか、この本は棺桶に入れて、あの世まで持っていくべき本なのだ。宇宙も人も全てが美しく繋がっていると。もう、一作品、草迷宮も素晴らしい本だった。確かに私は持っていたはずなのに見つからない。あの本のあの山の中にあるはず、私の側に居るはず。

10か月前

64d80464 472b 4469 9f98 387fb5670e9498fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860082e2a16 ce88 40f6 bb7a e13787d30064Fc8a2458 e243 4f16 a619 507a78ad405e
大坊珈琲店

ドキュメンタリー映画『A film about coffee』の大坊さんの所作が、あまりにも美しい。この本も大坊さんのように静かな佇まいがあり、美しい。

11か月前

53d97948 fc4f 427c 9974 bf0ba1af6c660d2cb25e 94a8 4694 b929 90d079b2cd09515af6c3 d417 4d4c 9d63 55a5e0f20080D1cb1347 38a3 4076 8c92 1286495e1cc5Bcd9e566 3d4e 4e46 b67b faad248c03e2Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b 10
MARCH 2 ワシントン大行進

容赦のない暴行、殺人、残忍な警察、死という恐怖に苛まられる人々。それでも戦う。

18日前

そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所

「花腐し」で芥川賞を受賞された松浦寿輝氏の本に初めて出会う。装丁も挿画のフィリップ・モーリッツも、何より作品のタイトルもそそられる。ドストライクの男性に出逢えた気持ち。手に取り、静かな時間を過ごす贅沢。心豊かになられる本。

約1か月前

醜聞美術館──反神聖・反体制・エロティシズム…時代に挑み続ける芸術

芸術とエロスとグロテスク。古典から現代美術まで、醜悪醜聞に惹かれる。

3か月前

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

図書館の新刊コーナーで見つけました。 読むのが楽しみ。装丁も良い。

3か月前

5a72606a bf61 4a2c 8f1d 8835952853dc15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c20b3ca64 90c5 4491 9ab0 a02b41db9cbb639debcd 0dab 4134 8500 ba86c4fece06Icon user placeholderC185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1
ルーヴルの猫 上

ルーブル美術館を舞台にした不思議な物語。佳作。ノスタルジックな装丁、紙の肌触りも心ときめく。

5か月前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c80bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d0547749886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaIcon user placeholderEb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1 9
わたしの兄の本

モーリス・センダックの遺作。翻訳は柴田元幸氏。どんな時代になろうとも確かなモノ。

9か月前

Icon user placeholder57c3878d d9b1 4361 ab1c ede466e4bcba
カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ

美術館はもちろんだけど、寄り添うようにあるカフェにも、ぜひ、行きたくなります。

11か月前

(099)お化けの愛し方: なぜ人は怪談が好きなのか

久々の荒俣節。相変わらず面白いなあ〜です。

11か月前