Cb9ac0a1 3eb7 4e90 ab00 7b0e2820d9ff

isshi

1989生まれ。女性。出版社勤務

1989生まれ。女性。出版社勤務。今からでも小説以外の本を読んでいきたいところです。「いいね」だけは読もう本に。

3

コメントした本

美しいもの

塗師・赤木明登さん。元々編集者でいらっしゃったとは知らず驚いた。わたしは赤木さんの器のファンとは言えないけれど、この本を通して、間違いなく赤木さんの文章のファンになった。赤木さんのカタカナと、優しくうなずくような末尾の「ね」が大好きだ。全編音読するのが楽しい。登場する人の多くは手でつくる人たち、ほぼ知らない方ばかりだけれど、赤木さんを通して知れてよかった。すべての人に、好感を持っちゃうよね。

約4年前

Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326179944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e23548
オリーヴ・キタリッジの生活

またいつか読みたいと思う。 物の見方や会話のピリッとした感じ、感受性の強さに嫉妬しちゃう。 エピソードから重層的に立ち上がる、この町、彼女の人生。 物哀しくて、切なくて、愛おしく、ああこれが、(人生なんだなって、なる)

約4年前

B828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc13a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d14684bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 23
ペンギン・ハイウェイ

とっても好きなタイプのボーイミーツガール。 アオヤマくんが本当に可愛らしくて、そう感じること自体、わたしは大人目線でいるのだなと思わされた。同級生だったら、この時分では恋しなくて、後あとモテるのだね。 彼が「ぜんぜんちがう」と分かってしまったことに、やけにさらさらした涙がだーだー出てきて、カラカラになって、気持ちよかったのを覚えている。

約4年前

50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd678e62828 3fa7 414d aab9 85c74a7c543e50f87335 75ce 4511 84c5 4032eb14a50169b3c012 e0f8 4b96 b4ff 0b9ab8c917148fee7bb5 af1b 46b8 aa31 ba5f73bd49e7 149