656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d

Sho

本はシアワセ!本に溺れてしにたいわ。

本はシアワセ!本に溺れてしにたいわ。

135

コメントした本

小泉今日子書評集

その人が見える書評集っていうのがありそうでないのでおもしろい。自然体なんだろうなあと思わせる文章。自分と同じ本を読んでたりすると親近感、読んでない本に興味が湧いたり。

2年前

Icon user placeholder26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426975657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b011c38f34a 5510 4d2c 8bc6 3213e20d9895Ab4ae268 e48a 4bee bb96 94e728092d9b 17
B&D

深いなあ…何気ないところがゆるそうで深い。帯のコピーからして刺さる。猫村さんも逢沢りくもいいけど、これ読んでほしい。

2年前

3fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a0B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d2118101ca14 de7b 4469 b986 baa333552b8fFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a04276c70 d768 4372 b9a6 11440b31dfe7 8
落下する夕方

青春っていいな、って思ってしまう。変なことを真面目に考えてたりするものだって。微笑ましくもなんだか不思議な読後感の良い本。

2年前

6e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998fB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90eEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9A021efde 236c 4c38 9150 d46c55b626ceF87cdb16 34df 47e1 89c9 2df2ceeedacfB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5Ae26bdd4 0942 4117 9de7 a102a9551810 68
きらきらひかる

何度読み返してもぐっとくる。他の本もすごいなと思うけれど原点的なものを感じる。

2年前

08f81433 e9c8 44aa b61d d679eb2ef131D6fb1769 3064 421e 89d0 f3028b3e00c7369b3bfd 48f6 4f9b 906d dcb7e6a759d5Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d18016ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d358329b149ba8 5f14 465f 82f6 f70d586b85bd 112
八十日間世界一周

子供の頃読んだワクワクがなつかしい。

2年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249915838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf9823d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1
世界一うつくしい植物園

ため息きものな景色、何も言わずみてるだけでいいのだ。

2年前

27ac0756 c5ad 4e62 a2aa 0c23f57748c1A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c28c251e4e 893d 4551 910f b76dda2bb65f
春琴抄

いつ読んでもあまり古臭く感じない谷崎潤一郎。実験的なかきっぷりで場面が浮かぶ妄想させる面白さ。

2年前

1b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdadD6c06ac6 c99b 4e3c bb1b fb256c9f8dab3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e2E4641e26 70e4 4bc4 a64a dbddb81eee067f9b3aa2 0645 4b95 8599 b88c573f9d4cA59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4a3b56a9f3 561c 4401 892e b5e901ca4e3e 51
逢沢りく 下

不思議だけど温かい。受賞納得の作品。

3年前

D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752026f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8441eeb00 70ed 4f8a 952a ea945c6d742aIcon user placeholderC9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb211764d80464 472b 4469 9f98 387fb5670e94 33
蝶のみちゆき

想像できる展開ではあるのだけど、胸が詰まる。

3年前

0d2c4f11 41bf 4a64 ae2c 64d2715e742c8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e
トットの欠落帖

ちょっと行き詰ったときに、お腹をかかえて笑いながらよんでほしい。

3年前

僕とポーク

ほしよりこはどこからこの発想がでてくるのだろう?不思議だけどなんかストンと落ちる。ジワジワくる。

2年前

Icon user placeholderEfb55701 9823 4955 9628 b09635b10d9fAad4f1d8 ca07 4b33 aa58 f7e524cfe4e139adb4b7 b773 4426 8516 b2265b16f8b0
読書は格闘技

本が読みたくなる本。なんちゃっての押し付けな書評本も多いけどこれはなかなかのおすすめ。

2年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113A971fc21 d0fd 4075 91fc eb1e666a499560c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dE1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8B0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c632Picture978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 9
神様のボート

現実的じゃないよなあと思うところはあれど、こんなにひとのことを好きになれたらいつ死んでもいいやっておもうくらい、気持ちのどこかでわかる気がする。

3年前

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de16ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4daF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4D2f024c8 a737 47dd b069 d187df332fd7Icon user placeholder0cec2929 6538 40f7 a5ec 89e6d4d59e41 86
ジヴェルニーの食卓

なんだろうどこから来るんだろうこのリアリティ。印象派好きな人の感想がききたくなる。

2年前

3825e242 399e 471e a274 40045529ccaf5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder293f1ef3 b048 4310 8d10 504c88a273e9B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8eA76b3b5b c2b8 431c b326 88beea67e44bBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 76
僕の隣で勝手に幸せになってください

あー、そうそう、わかるよう!っておもうところの切り取り方がステキ。

2年前

846c7e3a f470 4a1f be22 45fc385611adFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b92748553faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Icon user placeholderIcon user placeholderA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c 33
楽園のカンヴァス

美術好きな人には一度は読んで見てほしい。なんともうらやましくなる世界。ミステリーとしてもなかなかよくできていて、ひきこまれる。

2年前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc25604239b 12e6 4a4b 9df0 2f159b5cffc4Icon user placeholder07acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589E418a093 2a1a 409c 942b 5d3791930b3dC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b47834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c 162
君の膵臓をたべたい

出たときに読んで、ジワジワくる衝撃。思い立って読み直して、わかってるのにまた来るジワジワした衝撃。爽やかとも違うなんだろうふしぎな感覚。

2年前

187a945f 0f3d 47ab a8b1 0dbb17191506416b6f36 7943 4b8c a077 7acbc57313c0F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9263634ab a80a 457b a0e0 2217287c7feeF9f7780e 014f 4422 bcd2 66688f6fdb65A1b69106 33a1 4929 9077 6a60d6074d86063b1631 ea21 40b4 af96 a7ad390ccf1b 575
逢沢りく 上

猫村さんとは違うけど相通じるやばさ。なんだこの自分の中にたまる涙。

3年前

Ef4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a04526726f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b81c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75200b02c911 36ec 4e00 8722 3c2f5a4f0637562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a 52
THE BOOKS green 365人の本屋さんが中高生に心から推す「この一冊」

自分がいいと思ってる本がのってるとうれしかったりするものです。

3年前

Df3c68ab ec42 4c65 a3bd 50aed3c0d2bb5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1622b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e71ad2eff2 e094 424d a3a2 0c1ee0fa4fc141c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd405da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd 14
窓ぎわのトットちゃん

教育とか社会とか、いろんなことを考えるけど、何よりも圧倒的に黒柳徹子本人が楽しんでいることが伝わってくるところに強さを感じる。

3年前

36f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62ea2b0bf842 56ac 4324 afcf 38309cde08c32c7408d8 1022 4af0 9132 0cd37bcebd2938391b43 def9 4029 a3d7 6938e8c9b40e60585978 3d33 4c55 9707 f816a3c3dd30A58acab5 735b 40e7 82b1 8ea406fe484bD77c02dd 32db 4f9b 9551 437bd2d1e99e 9