Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36

tomile

読書大好き27歳

読書大好き27歳。 読み終わった本をあげていきます。

49

コメントした本

ニキの屈辱

ニキは写真を染める光に過ぎない。人間も光なのだ。

8か月前

3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b99238aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21599f01bc 4d1e 4e3b aaed d42cc3c5422048b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988807a63ad 5d2a 4e56 967f 55980bfaec41
ショートカット

柴崎友香さんの魅力が詰まった、短編集。ワープは出来なくてもどこにでも行けるんだと、読み終わるとカラダの力みが抜けてふわっと視野が広くなった。私も思いつきで遠出したりするけれど正しくそんな感覚を書いてくれていた。

約2年前

また会う日まで

柴崎友香さんの描く時間の流れが好きだ。東京での一週間のお話。

約2年前

乳と卵

女って女の身体ってコトバって面白い。何て面白いんだろう。

約2年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a94D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d50a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18feF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 45
やさしい訴え

山奥の別荘に籠る主人公の瑠璃子、チェンバロを作る新田と薫さん、飼われている犬のドナ(別小説に出てくるブラフマンを連想させる、可愛い)、美味しそうな食事、自然。チェンバロのように繊細に紡がれていく日々の幸せと切なさが丁寧に描かれていく。

約2年前

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a50287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47C27c0d60 7486 4268 a856 d2fd734e0e122f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc
人質の朗読会

日常に埋もれて見失ってしまいそうな細やかな美しさに小川洋子さんはコトバを使い息吹を吹き込んでくれる。短編集のようでありながら、これまで関わりあいのなかった人達が人質という形で出会い語っていく各々の話。どれも美しくて人の数だけ物語があるんだと思わせてくれる。

約2年前

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D2774b13 bddc 434c 9642 074af28fa92a27443808 43ee 456c 9f78 08885dbadd85C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bDec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd4 18
わたしがいなかった街で

柴崎さんの本を初めて読みました。まず文体がとても良くて、普通書かないような話の流れに関係があるのかないのかという何気ない描写まで丁寧に書かれていてとても時間を感じる。(それが狙いなのかも?)淡々と話は進んでいくようだけど、言葉や良い一文でではなく話の全部を使って表現している、すごい、と心底思った。素晴らしい作品だった。

約2年前

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a7f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10deCdba5f89 7f96 4554 a90e 3c4b0184d71b3cae0000 9f4b 4637 b56a 40e8470ce3dc3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb8f81a913 bd5a 406d 9e24 50bd171b204cB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 10
闇の子供たち

同じアジアに住んでいるのに、私は何も知らないしこんな体験もしたこともないし、実に平和に生きていると思い知らされた。グロテスクな描写は読み進めるのが恐ろしくなる。子どもは純粋で非力で、守らねばならないし私は子どもでいてはいけない。

約2年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dIcon user placeholderIcon user placeholderB8918db7 2c79 4ec8 b725 dc6dcb93698dAa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8
想像ラジオ

あの日を体験したのに、記憶が薄れてしまっている自分に気づく。忘れたくないし消えないようついでいきたい

約2年前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040937d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00Ce582979 a75b 4c2a 83f0 f11ec327136690cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a 46
次元上昇日記

インパクトあるので名前は知ってた辛酸なめ子さん、偶然本屋で目に入り読んでみた。スピリチュアルな世界にも踏み込みつつ独特の立ち位置で物事をみている。ディープな物事に踏み込んでいる割に信仰心の軽さというか、あっそれで良いんだ…みたいなのが多く面白かった。私もヌルランみたいな守護霊ぽいのほしいです。

2年前

眠れる美女

川端康成初読。 眠る女の柔らかく美しい描写があるごとに老人の硬いかさついた手だとか加齢臭だとか粘りの強い唾液なんかがリアルに伝わってくる。読んでいて始終五感を刺激される。

約2年前

Ad19af95 27c3 41fe 8eca 1045f14a1bf5Icon user placeholder843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f939De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c955901a5 0d50 4efe 8c40 bec01a5d4334Bb77a203 38d7 401d 989e 526a34e1cf3dC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b 19
華氏451度

無知が故の平穏と幸福を失っても、私はもっと色んなことを知りたい、感じたい。だから本が読みたい。

約2年前

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholderIcon user placeholderW9 ha vd normal 49
猫怪々

たまたま本屋で目について気になり手に取る。そのたまたまも縁だと深く頷いてしまうような見えない世界に触れられる本。そして猫バカなら頷きながら読んでしまうそんな本。超現実という未知の世界をくぐり抜けていくにも関わらず子猫のののちゃんに奮闘する筆者の親バカっぷりに親近感を抱き続けながら読み進める。実家の猫が恋しくなる。

約2年前

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2265a9685 662d 406f 846b 5904c4bfd526
砂の女

再読。砂地に現れる部落に男が迷いこむ。ありえない状況なのに、その描写のリアルさが砂の触感が伝わってくるようでぞわぞわする。砂にまみれた女の肌感が生々しく汗で肌に砂がまとわりつく様まで伝わってきてとてもエロティック。

約2年前

42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F64329d3 724a 460d a6ca beeb1c59dec8Ca99d3e3 ed26 49a3 89eb 09af1a975f8d640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 98
世界から猫が消えたなら

一気に読めて話も面白い。 ただ教訓臭と起承転結がはっきりしてて本を読んだ気分ではないな。と思ったらやっぱり映画監督の方だった。表紙がめちゃくちゃ可愛い。

約2年前

何もかも憂鬱な夜に

死刑制度や命の重さ、重たい内容だが希望に溢れた作品。読み終わると何か心が救われて、生きていこうという気持ちにさせてくれた。

約2年前

63acd443 5c7e 44db 98ba 52f1e52635a93461f976 7283 4644 a020 6250675cff38De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849Icon user placeholder6dc5c157 0629 4f54 8cc6 9537e8b0eee7648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b 73
「『ジューシー』ってなんですか?」

不思議なタイトルに、おじさんの表紙。どんな話なのかと思ったらバリバリの仕事ものだった。 私は所謂オフィスでは働いたことないけれど、登場人物達の丁寧な内情描写に思わず寄り添っていきすごく知っているような気持ちになった。

約2年前

82b7720f 5cf6 4e22 8fdb 48fbdf1f999c568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea
爪と目

3歳の娘が父親の愛人をあなたと呼び愛人の女を追って話は進んでいく。藤野可織さんの選ぶ言葉と紡ぎ方が恐ろしくも引き込まれる。あなたとずっと呼んでくるので自分のことのように何度か感じてまた恐ろしくなる。あなたと呼ばれる女に少しでも共感するとまた恐ろしくなる。 今まで読んだどの小説とも何か決定的に違うものが流れている。彼女の小説をもっと読みたい。

2年前

Icon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fBf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00aF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7792c6d3829 6955 4aba b6b3 a92c287975a1