Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
01711302 1023 4eaf 95eb 7ada2e496be2

じゅんじゅん

大学・大学院で文学を研究して修士号も2つ…

大学・大学院で文学を研究して修士号も2つも持っているのに、最近ほとんど本が読めてません。本に没入するとはすなわち魂が観念の世界に飛び立つことです。夢と現実の狭間でイメージと戯れこの世に戻ってきたとき、確かに世界は深みを増しています。

11

コメントした本

51wfjy1nnsl

究極の自己実現を行った天才。古代遺跡を発掘する夢を幼少期に持ち、そのためにはお金が必要だと信じてビジネスに没頭、富を得て直感を信じ発掘したのがトロイア遺跡。また語学にも通じ、ラテン語や古代ギリシャ語などかなりの数の言語を習得している。発掘方法には批判も多いが、とにかくワクワクしながら読むことができる。語学の勉強方法についても一読の価値あり。

約2年前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86Fed224af 7dac 4599 bd00 498e1cf629ee61d1dac0 ba8d 4a22 8769 e7fda6a1a1c9
51tw7y5lwql

いろいろと難しいことは横に置いておいて、この長編が純文学でありながら優れたサスペンスの側面を持ち、読む者をストーリーテリングで引き込みながら深い思惟へと誘う傑作であることは誰も否定できないだろう。必読の近代文学。

約2年前

0287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b164d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce376d0670b 9d09 4a24 b3e1 727682c62022E17d2c6e 62ac 4bcd a998 4bc8c51023a2A7befd6f c82a 41df b51f ffdbdc5bf56a927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718 9
51 napt3z l

キリスト教における純愛について正しく理解していないと到達できない地平。極めて文学的で、河合隼雄の解説が秀逸。

約2年前

13376266 2fef 4f05 80c4 7c30a9789670Cc131137 6c75 4a32 93ba 0d561397db9b
611z%2btdxrvl

読む度に発見や気づきがある珠玉の名作。我々は全にして個、個にして全という王蟲の言葉の意味が分かる人と出会いたい。

約2年前

9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb4a014dcc b7a9 41f2 9acb 3e78d921841a42cb7525 77c4 4c3b a710 077a1206162bFed224af 7dac 4599 bd00 498e1cf629eeD537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb9acaf990 c332 4698 93c4 59ce1b1c8883 34
51ucoahmisl

人類と魂の解体と再構築を繰り返す詩篇群。始原的な生のあり方を強く求めた現代に生きる僕らの魂を内奥から震わせる。同時代にゴーギャンらがいたのは偶然ではない。その系譜ではマチスへと繋がる。昔、詩人と画家は同じ場所にいたのだ。

約2年前

41rdo0i9d7l

ここ数年で読んだ本の中で一番ガツンと来た。芸術を志した人には響くはず。

約2年前

Ca691e8c 659d 4522 bc61 0e6f55acb975D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cdAc201dbd 8e0e 4951 b2ae b59da3fbdffb
5139pj0bfyl

人生が辛く感じられる時に読むと救われる本がこれ。簡明な文体で物語が綴られており、読むとほっとする。魂の救済というテーマは吉本ばななのデビューから一貫したテーマであり、野崎歓は良くも悪くも変わらないと指摘するが、吉本ばなな本人は変えるつもりはさらさらないのだろう。 ちなみに筆名がまた吉本ばななに戻ってますね。知らなかった。

約2年前

1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f69126e77 d013 456a ab28 51ade97bbe009dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c75cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16F487491c c5d1 45b5 a017 250ab942843dC477fbc7 4906 444f 8822 1ae20345f0c4 149
41x4mvjiuol

一度犯した過ちは取り返しがつかないことを、悲しみの中で切々と感じている人には痛切に響く作品。フィッツジェラルドには良い短編が多いが、表題の「バビロンに帰る」はかなりの佳作。何度も読み返したくなる。

約2年前

41pglyt6dgl

村上春樹の真骨頂。ぐいぐい引き込まれて、いつの間にか壁を抜けているという。全巻読み終えた後は、こことは別の所に立っている。

約2年前

63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e8c7693c0 30aa 4cc8 a064 7c7493f2c07300262ceb e827 42de bd86 ac14d32025858ef78f3f 89bc 446e a263 0170ce41834232c3f1ee d5ea 4e88 acd1 1801529ff4f0Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001 42
51ya6bthjul

19世紀当時、一番神のあり方に近づいた詩人。我々は一人一人が神なのだ。 現実から<観念>(Idée イデー)の世界へと瞬時に飛翔できる精神をもったマラルメが見つめていたのは、新プラトン主義の伝統を少なからず受けた「観念」である。花、劔と言った形象は影であり、観念こそが真実である。<観念>へと降り立ったマラルメの精神は言葉に内在するリズムを読み解き、始原の語まで引き戻された意味と共に、一見するとバラバラな、しかし厳密に見れば確固たる現代フランス語文法に則り詩が構築される。マラルメにとって音楽、舞台は詩を構築するための重要な参照項であり、オーケストラの指揮者、あるいは舞台の書割を裏から見る演出家のメタ的な視点を持ったまなざしで宇宙を見つめ、観念を繋ぎ合わせ芸術を組み上げて行く。感動は計算して作れるとしたエドガー・アラン・ポーの芸術論は、ボードレールを経てこのようにしてマラルメに行き着く。すべての芸術の鍵はマラルメにある。 真の芸術家は、そのすべてを<観念>の世界に、精神も魂も没入させなければならない。そこには時空を超えて永遠の存在を約束された神性がある。 なお表紙はベルギーの象徴派画家、フェリシアン・ロップス。

約2年前

23770895 a834 4a83 b7b4 fa8e2cea13f838b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3a31282760 c06d 41af b2dd 1c67662e9c59E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2
31am2kcaaql

モデルニテです。都市の雑踏の中で自分がふと消えた気がしたら、それはボードレールの詩を正しく体験できたということです。 安藤元雄訳が一番定評あり。

約2年前

23770895 a834 4a83 b7b4 fa8e2cea13f8A6a90c6c 0984 4ced b368 5305abbeb82aB339c751 5ed9 4f7e ba6d 367c7bee4694