12fc177e e3d4 4ad3 8ff5 8bebf20e21b3

ぐうたら兼業主婦(2014年5月第1子♂…

ぐうたら兼業主婦(2014年5月第1子♂発生)。育休明けたて。濫読なのに育児に追われて読書どころではないのがくやしい。ラノベ経由の国産SF育ち、30過ぎてノンフィクションの面白さに目覚めたところ。

7

コメントした本

かわうその自転車屋さん 2

キュートな動物たちの、ほっこりと見せかけてガチな自転車マンガ。自転車詳しいダンナはにやりで、ビギナーのわたしは感心しきり。まあとにかく、かわうそ店長がかわいいのです。

約3年前

文庫 セレモニー黒真珠

葬儀屋を舞台にした短篇連作。主人公笹島の存在感がとにかく良くて、暗くなく能天気でなく、火葬場の煙突のひとすじの白い煙みたいに爽やか。あと喪服メガネ木崎が素晴らしいです。

約3年前

コウノドリ(10)

妊婦希望の無痛分娩経験者なので、否定的な描写にはモヤモヤした。世界観がリアルで好きなマンガだけに残念。

約3年前

9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef
目の見えない人は世界をどう見ているのか

「目が見えない」ことから始まる身体論。見えない=死角がない、のは大きな驚きでした。筆者の、いい意味で興味本位の、見えない人と対等なスタンスが好ましかった。

約3年前

4a12f49e aa2e 4c80 a95b ba7128e27528887c2a86 6f03 443f ac33 f4eb8156b95d4867c8fa 8635 419c 95d7 68fb55ecd71dB81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbd563d35c1 cd84 442e bc22 abfd54b1af18434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a904b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060 34
ちはやふる(29)

ヒョロくん見せ場巻。ヒョロ君だからできたこと、に優しさと説得力があって、だからこその強者の孤独が際立つ巻(かるたの強者もまた別面では弱者なんだけど)ちはやふる、脇役のひとりひとりにちゃんと熱い血と涙が流れてるのが好き。

約3年前

8405fc4a 89d7 4a7d b4ba 857ea7ee07a989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e7160f6b1 78e0 4fbb baf2 42202c46fe3115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c6655220 1486715648 normal95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5ddE37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef 8
絶対可憐チルドレン 43

高校生篇に入って松風くんも馴染んで、息抜きっぽい話が多い。椎名高志世界は絶対的な悪人がほとんどいないのが好きだ。

約3年前

王妃の帰還

お嬢様中学の2年生1クラスの、コップの中の嵐の物語。大人からみればみな愚かでしょーもないのだけど、そういえば中学時代はこんなことで死にたくなったりしたし、閉じた人間関係は絶対だったか、と苦く思い出す、けれどイラっとする。すべてを吹っ飛ばすラストシーンが美しい。

約3年前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b1c38f34a 5510 4d2c 8bc6 3213e20d98952aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab72ba5b665 c481 474d b49e 2c4b10dc544e38b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286caE51a8847 dd98 49a7 ab19 1f64eb7a881d 8