1112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d5

emi_t

出版・広告代理店→書店員→駅舎古本屋ひな…

出版・広告代理店→書店員→駅舎古本屋ひなた文庫 http://www.hinatabunko.jp

98

コメントした本

霧のむこうのふしぎな町

ピエロの柄のついた水玉の傘を追いかけて霧の谷の森を抜けると現れたのはふしぎな町。気ちがい通りのでの風変わりな人達との夏休み。 小さい頃にピエロの傘がとても印象に残っていたのだけど、お話はすっかり忘れていた。読み進めるうちに町の人達を思い出して、そう言えばそういう人が出てきた!と知り合いに会ったような気分に。今読めてよかった。

2年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9209ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a5Fc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada2674b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)

吸血鬼ものが好きなので古典も読んでみようと。 ドラキュラ伯爵が凶悪な化け物として描かれているかと思いきや案外人間味が感じられて面白い。 書簡体で書かれているため登場人物の心理描写が細かく物語に引き込まれる。

約3年前

Icon user placeholderBf1e1472 c4ff 4b24 a9d2 585f29fe1dc2Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c702cb42f27 d95d 4b5b a8b2 bcbdba5780a77b9d39a8 0da2 4795 a8e6 f95eb7ba35bb
大きな鳥にさらわれないよう

密やかで、ささやかな生活の中に託された希望と逃れ難い絶望。長い長い月日を通して断片的に描かれる人類未来の黙示録。 母たちの愛は永遠。

約3年前

8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fdA4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea89b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f729336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e4635c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 29
いちばんここに似合う人

哀しいのも、つらいのも寂しいのもみんな貴方だけではないのよ、そんな風にこの短編たちは優しく囁く。

3年前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e7f5831bb 02d1 4395 95ba b7454785134892a46802 6ba2 47be a6b0 567046aa6abd84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae71852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd66435febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e47d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf 33
君たちはどう生きるか

熊本地震を経験している今、書名の通り、試されている気がする。 一つの指針を示してくれる良書です。

3年前

1b7f9dde 4b5d 4d09 9c50 a8ade4a2000dF483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108fEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Icon user placeholderC904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f0271443c9090d a138 485c bc7f 5cc52f7c7df4 155
岡崎に捧ぐ 2

とにかく懐かしい。ただ笑って面白いだけじゃなく、あの頃友達とのやり取りの中で感じた微妙な感覚まで思い出す。

約4年前

Ee405de9 bf9d 4f1d a430 1ccb2ed4134dD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd534361f8 d576 4120 830c 1556b826df0b16d99cb4 09dd 4cd7 9e93 d1148a5232a766ff98d0 31a0 41bb b04f 941e232adc10E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef 8
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン

高校の時付き合っていた彼が課題で書いたこの本の読書感想文をなぜだか私がもらった。 誤字脱字の多い感想文だったけど、私もその後この本を読んで家族について、彼の感じたことが分かった気がする。 そういう思い出。

約4年前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfe1c1fcf0e 647e 4a22 8917 c04b1f4528c881ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8B2c0c87d f356 42ab 86da e65f635efc3d86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518 54
本にだって雄と雌があります

勝手に本棚の並びを変えたりすると、本と本がつがい、新しい本が生まれる…! 書物で繋がる家族四代の物語。 私もいつか羽の生えた白い象に乗りたいものです。

約4年前

A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f0d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720bB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5Icon user placeholderIcon user placeholderB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 18
ムッシュー

押しが弱くて色んなことに巻き込まれるムッシュー。それでも飄々とやり過ごすムッシュー。とても微笑ましい。 所どこに挟んでくる(いろんな人が、いるもんです)にくすりと笑う。

約4年前

E16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a
夏子の冒険

気まぐれなお嬢さまが熊退治に燃える青年に出会い、ついて行くと言いだした! ドタバタコメディのような冒険譚。 脇役もそれぞれいい味だしてます。

約4年前

Bd14b43e 0d10 429c 82ad 400cc9d3fe57Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fIcon user placeholder01618b86 7d51 4f4d babe 0b8e4ba6ce342fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 26
ソナチネの木

魔法のじゅもんのような言葉たち。唱えると不思議なことが起こりそうな空と草原と音楽の唄。 安野さんの絵は神話のよう。大切な一冊になった。

約3年前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920
パーク・ライフ

物語が始まるまえ、どのシーンから物語が動き出してもおかしくないのにその一歩がない。それもまた物語。

約3年前

772b5811 77bf 48bb 94e0 6b889776975093767bec f45d 44fd b1a9 e4478e084284Fa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae25b21271b 662f 4f5f b626 609821d5a3f37a6b8ad1 bfdd 4132 a4af d854919dfd99340d0e7d 6228 472f bea0 b932de23bc4e0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 53
新潮 2016年 08 月号

エッセイ『生きている限り潰れない本屋』を掲載してもらっています。

約3年前

巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))

星の継承者をめぐる物語の完結編。登場人物の全てに見せ場があって飽きることなく最後まで一気読み。

3年前

2cc15121 f368 42ab 9585 ac81fa0f34ab2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a14d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431Dc1fbd20 af0d 4bf2 a240 bfce758a3fceC183958e 6d67 4025 a791 a3b8b6488135Icon user placeholderA1d2f246 e8f9 4a3a a31c b88c8d3fa463 15
眠れるラプンツェル

昨日も、今日も、明日も、その先もずっと暇な生活という危うさ。 専業主婦の汐美ちゃんが12歳の男の子に恋をし、そこから何かが崩れはじめる。 苦しくて、痛くて切ない。 しかし最後には未来が残る。

3年前

Icon user placeholder80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fF2e7a8ae 3929 4a40 aaf5 ad91a20299edFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5
ガニメデの優しい巨人

『星を継ぐもの』の続編。前作で謎のままだった内容が明かされる。ハントとダンチェッカーのコンビが再び読めてうれしい。 そしてガニメデの巨人は本当に優しい。

約4年前

2cc15121 f368 42ab 9585 ac81fa0f34ab7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431C183958e 6d67 4025 a791 a3b8b6488135Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderA1d2f246 e8f9 4a3a a31c b88c8d3fa463 23
さがしもの

本との付き合い方って色々あるね。 『旅する本』みたいなお付き合いができたら素敵だなぁ。

約4年前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Icon user placeholderCba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5b6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112 75
ガリバー・パニック

九十九里浜に突如、博多弁を話す土木作業員姿の巨人が現れた。コミュニケーションが可能と分かった時政府や社会はどのように対応するのか現実味的に描かれる。 博多弁がいい味出してます。

約4年前

東京タラレバ娘(1)

つ、つらい… タラとレバの言葉にえぐられる… でも読んじゃう!

約4年前

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c3Adb973b1 5e56 4072 9201 21a3653ecf2aDc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f37789Af79f273 0d9d 4dd6 a55b b6f1095dd189052bc5a9 fbd2 4874 9dd1 7f33228c58580a818270 dad5 4dfb b74b ce5bb850dd9a 17
GINZA 2014年 12月号

美しいコートと本を眺めているとコートを選ぶのも本を選ぶことに似ているかも、と感じます。 小川洋子さんの小説の場面と、少女マンガに出てくるコートファッションを表現した写真は再現度高めです!

約4年前