10d1e572 09a2 4473 a760 d02c8a74b4d5

eri

旅・海外・マラソン・山に不真面目に注力中…

旅・海外・マラソン・山に不真面目に注力中。気がついたら朝、またやっちまったぁ〜!な本に出会える事を願って今日も本屋巡り。

14

コメントした本

楽園のカンヴァス

MoMAに今すぐ行きたい‼︎ アートをテーマにしたフィクションがこんなに面白いとは思わなかった〜!やはり旅には美術館が欠かせない。 1万円選書の1冊。いい作品と出会えてよかった。

2年前

E418a093 2a1a 409c 942b 5d3791930b3dC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b47834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283cIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4 158
MAZE 新装版

舞台は西アジアの某国。なんとなくトルコを彷彿とさせるが、続編ブラックベルベットの舞台はトルコなので、こちらはもしかするとシリアかも。 4人の登場人物がそれぞれ目に浮かぶように生き生きと描かれている。ただっぴろい砂漠にいるはずなのになんとも心許ない密室感がなんともゾクゾク、ワクワク感をそそる。終盤手前までは一気に読んでしまうが、終わり方がどうもあっけない。再読だがラストを覚えてなかったのはこのためか。 恩田陸作品特有の不思議なうやむやで煙に包まれたような終わり方。嫌いじゃないんだけどな〜中盤までが秀逸だったため、少し残念感が否めない。

約3年前

Icon user placeholder8f275109 ffe4 4b67 bb66 46d0d5b931a59b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
デューク

ふわふわとした感性、地に足がついていないようで、でもしっかり生活のスタイルを持っている文体が好きだったなぁ〜。 江國香織を読むきっかけになったお話。ジェームスディーンに似た犬 なんてこの人しか書けない。

約3年前

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Ba27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689ad13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c73e1806ac f9ab 4746 a69e f9e7479911fa04276c70 d768 4372 b9a6 11440b31dfe7B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
ぼくは勉強ができない

素敵な男の子を見つけたくなったらこの本を読むべし。時田秀美は私たちのそばにいる。ただ気付くかどうかは私たち次第。 "心に発生した言葉を、そのまま語り、足りない部分を体で補う、体で語ることを知っている男は素敵だ。" そうさらりと言い放つ山田詠美の最高傑作。

約3年前

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faAd644118 7f1f 49ce b22d 06b59957371f86bf7621 50cc 4707 8f5a 446fd08c5b2b96c6ea9f fcf8 401d 9dbd 3e68f133b3c23f4901aa d34e 4cae b651 ec6f5edea37662eec5fc e3b0 4557 9a2d a5785cccb4c4076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567 124
深夜特急〈3〉インド・ネパール

この本以来カルカッタという地名が頭に強烈に焼きついて離れなくなった。ここに慣れてしまえば、どこへ行っても大丈夫だろうと地球の歩き方にも記してある程の都市カルカッタ(現コルカタ)。 沢木さんを追うこと20年、ようやく訪れたコルカタの地は、もちろん当時と比べようもないが、まだ深夜特急の名残を色濃く残していた。出来るだけ目立たぬよう通りを歩いているつもりだったが、すぐに数十の視線に晒される。結婚してくれと真剣に迫ってくるハンサムな青年。バクシーシと付いて離れない老婆。かじ棒を引くものは現在コルカタにしか存在しないリクシャー。窓もワイパーも付いていない公認タクシー。乗客が溢れ落ちそうなおんぼろバス。ヒンドゥー語とは違った怒鳴るようなベンガル語。マザーテレサが開いたマザーハウス。10数キロの道に2時間以上かかる渋滞。 インドというとバックパッカーの聖地、ガンジス川のイメージ一辺倒であったが、いやはやインドは広い。

約3年前

81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f46a340e4 101d 47ee 8b09 37d2fc2cd270B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b7026539994e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f28f93e7c0 d3e3 4a41 8541 e0a5b6fb8deeAe3a6998 21e3 4d8f 8c43 bb678e980b86Icon user placeholder 20
なるほど知図帳 世界2013

仕事の合間のちょっとした空き時間に見るのは危険。手が止まらなくなること必至。 世界の情勢が大まかにすんなり頭に入ってきて世界の国々に思いを馳せてしまう。 世界⚪︎⚪︎ランキングが特に秀逸。女性CEOが多い国とか肥満度とか。世界って楽しい〜。

約3年前

ごんぎつね

子狐ごんがいじらしい。「ちょっ兵十のおっかさんの葬式だったのか」とそっけなく言いながら、魚や松茸を運んだごんを想像すると涙が出てくる。 愛知にごんぎつねの里があります。

約3年前

B67f8f01 6186 46d2 af19 3cbfd65a37a34758095e fc68 41d5 85f2 689a6cef68b05b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca93d1da4c5 abd7 490b a90c d29d91a90a63552c801f 5843 48b0 bf68 86a4bc8c816815fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
嘘つきアーニャの真っ赤な真実

いわた書店さんの一万円選書の中の一冊。 地図を片手に一気に読了。中東欧の複雑な近代史が、こんなにすんなりと堅苦しくなく、そして日本人の自分にも身近に感じられるのは希代の名エッセイストと名高い米原万理だからか。 解説でも述べられているが、アーニャの章の愛国心についてのくだりは、一度異国に出たことのある人なら誰もが「わかる!」と胸を締め付けられるだろう。秀逸。 この本に出会ってよかった。21世紀に入った今、中東欧を、特にバルカンを旅したくてたまらなくなった。当分は地図を見て妄想に励もう。

2年前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5cDe9c0578 cca2 4bb1 a42f 6a40bbefdaf5D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810D542d47c 6fab 4cfd b7a6 30fa256a96c71f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc24Icon user placeholder 34
そうだったのか!現代史

たとえばチェチェン弾圧やシャナナ・グスマン大統領についてどれだけ詳しく説明できるだろうか。 現代史って新聞やニュースで分かっていたようで、実は詳しくは知らなかったりする。 そういううやむやをちゃんと押さえておけば、新聞を読むのも、旅に出るのも段違いに楽しい。 丁寧な文章に、池上さんのわかりやすい解説が入った大人の教科書。パート1も含め現代史を広く網羅してます。 チャプターが細かく分かれているので、移動や待ち時間が多い海外の旅にオススメ。 関空TSUTAYAで出国前に購入。

約3年前

しょうぼうじどうしゃじぷた

車好きの人が選ぶ「心に残る本大賞」をあげてもいい位、この本を好きな男子は多い。時代を超えて愛される絵本。 働く自動車ってかっこいい〜!

約3年前

魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン

魔法使いやドラキュラとはなんだか違う心惹かれる存在の魔女。 小学生の頃この本を手にとってワクワクして眠れなかった。絵や説明はリアルに細部までこだわっていていつまで見ていても飽きない。子供向けというよりは、大人がむしろ楽しめるクオリティ。 何度も何度も手に取って汚れているが、今ではうちの教室の子供達が毎年夢中になってこの本にかぶりついている。時代を超えて手に取られる最高の魔女入門本。 ハロウィンの時期には必読。

約3年前

0449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f7127714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874Eecf5624 b3d8 4659 9e1b 158340ab067231568b70 b1b1 45fa be0e 286f049bcf374844ca23 ada1 4086 b54f 83274c2a01c81a8344a9 7c43 4d18 82d8 ff4d68e2951c3a848d7f c836 4d90 8520 8095cf00cfe2 19
旅に出たくなる地図 世界

大人のための地図帳。鳥瞰図が素晴らしい。すでに訪れたところを見るもよし、これからの旅先に思いを馳せるもよし、脳内旅をするもよし。眺めているだけで、いつの間にか次の旅先は決まってしまう。まさに「旅に出たくなる地図」。 これは永久保存決定。

約3年前

What I Talk about When I Talk about Running

NYのSOHO近くにあるStrand Book Storeで平積みされていたので購入。軽く一周した限りでは村上春樹以外の日本人作家の作品は平積みはおろか店内に見当たらなかった。 “Pain is inevitable. Suffering is optional.” 村上さんには遥か及ばない鈍足へっぽこランナーだが、この言葉をマントラに走ること、そして人生を楽しんでいきたい。 Life is like a marathon!

約3年前

レベル7

安定の宮部みゆき初期作品の一つ。 20年以上も前の作品にも関わらず、古さを感じさせないのは、絶妙な登場人物の心の機微の宮部さんらしい丁寧な描写からか。時代背景は変わっても人は変わらないということだろう。 「電話の遠くでかちりと音がした。ライターだろう。」何故かいまだライターの音を聞くとこのフレーズが出てきてどきりとする。

約3年前

43a35d5b 6983 40d3 85c3 a2f7f2a63556Icon user placeholderE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffaIcon user placeholderB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a523b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 47