2e10cd9a cf4f 4f31 bfbb 9d9c4f7ff731

pon

デザインと出版してます

デザインと出版してます。ブックデザインが一番好き。紙選びはワクワク。地方のコンテンツを発信しています。

20

コメントした本

山陰の神楽写真集

最初神楽のイメージは派手でどことなく装飾過多な印象でしたが、本誌で紹介されている神楽は土着的で神事としての要素が強く私の印象を変えてくれた。人に見せるためではなく神々への奉納を目的とした舞いはとても神秘的で美しい。宮中での御神楽とも違う地域ごとに根付いた異なる演目や舞いも興味を誘います。

5か月前

未来ちゃん

本屋さんで不思議と目が行き 、手に取ってしまう。表紙だけでそんな力がある写真集でした。中身ももちろんステキ!

約2年前

15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de141c0978 c438 4536 85b8 352c66db0bb0F8f5d940 370c 447f b7f8 4d2f70c5af968886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d71869772806f96 416c 40fa 844c f9564f6f232612461c6f 508a 4709 b49c 08b3c839e2ef13ac0a4f 0900 4dcb 8d4a 2db827509c52 18
後藤総合車両所 PHOTO BOOK

こういう工場系の写真集は大好き!鉄と職人を感じる。

2年前

みんげいクッキー: かわいくてなごむ47都道府県のほのぼの郷土玩具アイシング

かわいい!かわいい!

2年前

6b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69b1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de0f57de70 272b 416d 9887 8654e83c61638b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad07ea0f0fc dcf4 445b b0b7 69b0cf4d06b7
ぐりとぐら

ビッグなサイズって夢がありますよね。カステラとか卵とかフライパンとか。ぐりぐらぐりぐら。

2年前

50a64c46 0ddd 4b2a ab93 31d5ca06eda3D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdfC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499160753eb4 3531 4b34 bf65 671ec136984dE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419092e3f6977 6df5 490a a59c a17a484dbe7b 19
KASAI Kaoru 1968ー図録 葛西薫1968

葛西さんのデザインは自分の理想や憧れがいつも集約しています。精度が高く高品質で美しいのに押し付けがましいところなんて微塵もない。そんな純度が高い作品にはいつも刺激を与えてくれます。もっと考えなければと焦燥します。

約3年前

工作舎物語 眠りたくなかった時代

当時の時代や思想を編集、デザインで寝る間も惜しみ全力で放出しつづけた工作舎の最盛期を肌で感じることができる。むせ返る熱気と個々の欲求が入り混じる世界は、どうしようもなくドキドキさせてくれます。

約3年前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa58886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d71869775ea77ef 75eb 4cd0 9831 dbd531a9c2342931a897 6b5b 4092 8c8d bcf919b1b3c49fb324e9 5bcb 419c b42f a8047a428383 14
秘密基地の作り方

読みながら、あぁコレやったなぁとか、ここも作れたかぁとか、さすがにコレはないわとか。懐かしくもワクワクさせてくれる本でした。コメントがユルくて親しみやすいです。noritakeさん好き。

約3年前

B8ff77e7 271f 4d71 b807 9f310f4de5eeF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D866a629 e8f6 49d0 9bad 3b797cbc0a867e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a5184655218 1bda 4234 a92d b901d6ca2cab
グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉

SF小説のなかで最高に好きな作品。世界を構築するシステムが美しい描写で想像を掻き立てます。糸を編むとコーディングできるなんて鳥肌ものです。

約3年前

2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder0e812377 5019 4a4b 9f61 8f482e1f71b52aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab738e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823955901a5 0d50 4efe 8c40 bec01a5d4334 8
真性活字中毒者読本―版面考証/活字書体史遊覧

組版の真髄と、文字本質が学べる一冊。中毒者と呼ぶにふさわしい4名の言葉は興奮を湧き起こします。

約3年前

蒲公英草紙―常野物語

作中に出てくる人物の個性がわかりやすく、物語に入りやすい。「しまう」や「遠目」など魔法とは違う日本の風土や文化に基づいた常野の人々の能力は、読んでいて日本的な少しの怖さと神秘的な描写が心地いい。

約1年前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db7455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe158Icon user placeholderFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c00292262c23 5b2b 4468 9d6d 325af50c031c07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169 11
スペクテイター 発酵のひみつ

スペクテイターの中で興味の触手が動いた一冊。テーマごとに一歩踏み込んだこの本はライターや編集さんの知識へのこだわりと、なにより愛情を感じます。鎌倉で食べたパラダイス・アレイ・ブレッド・アンド・カンパニーが載っておりソワソワ嬉しかった。

約2年前

Icon user placeholder5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dcE91850ca db7d 4de7 8b9b b67c53576b22
漱石 心

祖父江慎さんの装丁でただことじゃない収集欲をかきたてられます。表1の康煕字典の文字もなんとかわいいことか。

2年前

1ae534bc fd7a 4cf1 8f96 2d49ba1001e117d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9
粥百選:精進粥と中華粥とおかず100+20

装丁から惹かれました。もちろんお粥は美味しそうでした。

2年前

1eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d341A5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7
デザインのデザイン

初めて読んだ時に、日本語ってこんなに美しく多様に表現できるものなんだと思った。デザインの知識がなくてもデザインの本質が理解できる貴重な一冊だと思います。

約3年前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4bIcon user placeholderIcon user placeholderD560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bD2411a41 53e0 4487 9154 fc0c9d0906f8 23
日本のコピーベスト500

子供と一緒に音読して日本語の面白さを学んでいます。読んだ時の意味はもちろんリズムや語感は、本当にさすがです。子供たちは「なにこれー!笑」と言いながらすぐに覚えてしまいます。

約3年前

15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de48909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e9151c1bf06 5b18 48d9 b7d0 788fc4e3b965Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f
画図百鬼夜行

見ているだけで面白い。個人的にはヤマビコのキャラクターデザインが秀逸です。

約3年前

かないくん

子供と大人一緒に読んで感想を言い合いたい絵本でした。装丁、文字組さすがは祖父江さん。繊細で慎しみ深い組みです。

約3年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249915d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c0d2c4f11 41bf 4a64 ae2c 64d2715e742c11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f 24
愛書狂

鹿島さんはANA機内誌『翼の王国』 の「稀書探訪」で知ってからすっかりファンになってしまった。読んでいるとその博識っぷりとフランスの古書への愛情と執着が素敵な刺激として脳内に染み渡ります。鈴木成一さんの装丁がこれまたカッコいい。

約3年前