9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf

morganfield

福岡市のおっさん。 音楽好き

福岡市のおっさん。 音楽好き。 ニュー・ソウル、レゲエ・ダブ、UKギターバンド〜ニューウェイヴ、ブリストル・サウンド、シカゴ音響派、モッズ、ミニマル・テクノ、アシッド・ジャズ、男気R&R…etc が好いとります。 本のことはよー分かりません。笑

228

コメントした本

惑いの森

2018.06.07 中村文則ファンとしては手に取らずにいられないショートストーリー集。 変わらぬ陰鬱さと、やけっぱちのユーモア。短い中にも中村節が散りばめられてます。

約1年前

0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a8e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9fBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d37906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 19
サラバ! 下

2018.05.30 人や家族との関わり方は、成長とともに表向きは目に見えて変わって行くが、人生として見てみると関わっていない時間のみが変わっているのであって、実は本質は何も変わってないのではないか。 人との関わりに勇気をもらえた気がした。

約1年前

88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74Icon user placeholder144bc41c 5546 4f9c 944b f80c96cc1cef33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a 92
サラバ! 上

2018.03.13 ようやく読めた。と言ってもあと中と下巻の二冊残ってるが。 歩とヤコブの言葉にできない情、心のつながりがジワジワと拡大していく様に惹かれる。

1年前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a88310c11 3f0c 45ad 8c22 84681d80c360Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a67e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619603338b4 baec 4f04 b1f8 a822a230aabb 92
私とは何か――「個人」から「分人」へ

2017.12.27 自分というものを考えるとき、ふと感じていたことがこの本でしっかり整理されてて、納得しまくった一冊。

1年前

15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa121a1a62 4c6d 44af be64 920b2de709ddE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f49eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 113
すべて真夜中の恋人たち

2017.12.14 気がつけば人を好きになっていた。なぜ好きなのか自分でもよくわからない。説明できない事柄なんて山ほどある。

1年前

C27e21a7 e3af 4bee ac3f dca25ffa1c9d6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a62feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Cc0a6a0c 56f8 4fae 9105 bc862804331d3cf67b6c 4863 48d0 a14f f6c0d0ee755d 259
円卓

2017.11.06 大人になるにつれ、鈍くなっていく感覚。退屈な日常にも捉えようによっては大事な何かが詰まってる。ワシも随分と感じることに疲れた大人になったものだと気付かされた。

1年前

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aD186e399 1304 4e82 b92c a815c9d4787f3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29C40bc51c cd12 463a b8ba 15ae7b3e858066840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c 66
読書の腕前

2017.11.02 本は受け身では入ってこない。もっと本を読んでいこう。

1年前

断片的なものの社会学

2017.10.30 前から読みたくてやっと購入。 他の人の感想にもあるように、この本から何かを得るとかそういった類のものではなく、作者の主観で色んな人、物事との距離感がタイトル通り断片的に語られてる。 これを読んで自分も作者と同じモヤモヤを感じる人は多くいるはず。

1年前

03f9b415 8ee9 48b4 81c9 f764b974bac6D9429e6d a22d 4bf6 8cdf e7e857719efaIcon user placeholder253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholder6b2f4708 df5d 4b01 9c0b e3293a756f6fIcon user placeholder 169
うつくしい人

2017.10.26 自分探しの旅なのか、自分忘れの旅なのか、いずれにせよ自意識過剰な人間には、ぶっきらぼうな人間に目覚めさせられるんかな。

1年前

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a67906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fFbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21eaF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 83
Aではない君と

2018.06.20 我が子が犯した殺人という罪と向き合う親。殺人を犯した我が子と向き合う親。重い。

約1年前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a37c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c14951c5cfbf 1ee9 41b2 8969 7476f08646e780b16a28 f36e 4370 bc4e 028dd93089df184d6fab a8ad 437a 8455 42469be15b051831d34b d79c 4d8f 923a e08ad80c3148 38
羊と鋼の森

2018.06.02 静かなる情熱。五感で感じる大切さ。森の安らぎとピアノの音色を同じフィーリングで感じ取れる主人公の感受性。 「感覚」って難しいけど素敵と感じた一冊。

約1年前

E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d888d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254f32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78afIcon user placeholder7133f3dc d379 4bcf 9acc f8c84cd05c0f38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2 311
サラバ! 中

2018.05.29 クールにそつなく過ごしてきた少年歩。サブカルライターとして「誰かに合わせて」生きてきたことから卒業した矢先、家族の問題が続々と… 下巻が楽しみ。

約1年前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614bA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae45373351491 78c5 42a8 90e2 9943aebdc51f49bbf312 54c1 4c9d 94de 02c39a5581ddD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6 92
日本辺境論

2018.02.20 日本ってどんな国なのか、日本人ってどんな性質なのか…さて、これからどう世界と向き合って行きましょうか。

1年前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae684C7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dF58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be94f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eFfcb6635 3673 4a2c a264 800ba9415806 27
R帝国

2017.12.14 この国への痛烈な批判。中村さん、テーマが大きくなるにつれ、小説としての面白さが薄くなっていく印象が・・・

1年前

Icon user placeholder5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b14d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fb35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf93b767da c161 4ca5 978f a90f99e9769fB98d5186 6e16 44db 849c 31247722c512D59b3adb 2ab9 420d 9ed0 8dd4e62a56b6 78
いまモリッシーを聴くということ

2017.11.29 うつむきて股の下から人を見ぬ 世の有さまの倒が見たくて

1年前

C25e4b67 738c 4143 a02f 43951068dbcfBede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c6183fc246b a0c3 4e99 aad3 3b4be506060bC650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f447e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62aD12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea 8
パンク侍、斬られて候

2017.11.04 意味の分からん圧倒的な迫力。クセになる。

1年前

キネマの神様

2017.10.31 コテコテなテレビドラマに惹き込まれるごとく読了。 友情、家族、そして映画への愛。 上手く行き過ぎやろ?は無し。笑 エンターテイメントの醍醐味です。

1年前

D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d0264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8af7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84902f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cbIcon user placeholder 101
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術

2017.10.27 情報とうまく付き合うにもトレーニングが必要。もっと読んでもっと書いて、もっと話して…上手くなるかな…

1年前

29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abcE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740065849271 36ae 4822 8e11 f99b95e99f713e223e12 b768 4f8d 9a12 56e64761437806173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fIcon user placeholderIcon user placeholder 28
フーリガンの社会学

2017.10.19 族としてのフーリガンを解説してる本と思いきや、その族、現象にターゲットを当てた社会学の本だった。本家イングランドのフーリガン現象と作者の母国フランスでの現象を徹底的に分析。いわゆる「労働者階級のやること」ではなく、集団としての行動に関して詳しく書かれてる。

約2年前