Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

濃厚

163

コメントした本

41dkkxjtyxl

どんな人間でも英雄や聖者とは限らない。踏み絵を踏んだキチジローの、踏んだ者の言い分が苦しくて辛く、この小説を読んだ人間にしかわからない感覚にさせられます。 司祭の人間味が見え隠れするところや、教会の神と違い日本人は人間を美化したものを神と呼ぶ根源的な違いが最後あたりでわかってきて、それが興味深かったです。

9か月前

405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d730dbe77a8 a5b5 48fa b6ab 0caf48931637642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7436a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feaeAce3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1c9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe43 68
51s18upubnl

意味のないことをして、 でもそうしないと人に価値を持ってもらえないような気がする、そんな話です。

9か月前

Icon user placeholderB3c57eee dcb4 44bd a5b7 f281d6e5814879bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985647c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8efCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e6329e03e5d 6a8c 49f6 b909 765b244978704819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d 12
41rfnwzrgal

夫婦は顔が似るというのは昔からきくことですが、そういうことだったのかと納得しました。 劇団の方が書かれているので、やはり終わり方が小説とは違うなと感じました。人と似てしまい堕落してしまう恐怖があり、石を置きたくなりました。

9か月前

C9019971 3512 4763 9c77 16ef5840772aAbcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd8ba47c41 8d13 4110 85ca 92671c6360db9fa90857 1dfb 4b0c 84ab 964bc96d3e12A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6 37
41j8jtkj3hl

林先生の体験したことが元になってる一冊でした。反感もありそうですが自分の言葉で書いてあるのが好感でした。DQNネームをつける親は子供に対する思いの込め方が少しずれているから、まともな名前の子の方が成績がいいというのは合ってるような気がしました。

10か月前

512ph4jytgl

リーダーは一人一人に向き合うことが必要なんだと思いました。 自分はリーダーになれないタイプですが、個人の強さがあってこそいいグループになると思うし、大きなグループでも協調性があることがいいことではないんだと思いました。みんなで目標確認も大事です。 AKBのリーダーとしてすべき仕事は自分が好きなAKBと他人が好きなAKBの共通点、つまり両思いになるポイントを探すことです。そこを探さないとメンバーもファンも、みんな幸せにはなれないそうです。 説得力のある一冊ですし、スピーチもジョブスやオバマを見て練習してるたかみなの努力も知れると思います。

10か月前

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8efA58acab5 735b 40e7 82b1 8ea406fe484b7e2b90b8 fa5d 4399 8138 efcee20171cf
41b0zrh5hll

最後のゾッとするところがすごく好きで癖になります。 レンタル世界は、先輩の気持ちもわかるし、現実はどこに存在しているのかと考えさせられました。 ままならないは、人間だから人生何が起きるかわからないのかと感ました。あと、新しいことや新技術が嫌がられるのは今までの自分のやり方を否定されたと思うからで自分の人生はただの一例にすぎない。というところが印象的でした。

約1年前

Icon user placeholderAd38bb73 d5b8 4fdf a4d3 115d189e17ca88eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe2234ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb603e29b79f c08b 4ed4 8361 39c5eb8fda7599abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60315c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa 25
419a915q1bl

友人から、自分に似ている人が出ていると言われて読みました。出てくる絵が見たことないのに頭に浮かんできました。とくにまじまさんの絵は、欲しくなりました。 恋愛の話なのですが、恋に落ちる時の距離を保ってる描写が好きです。 この本で絵画作品に対する見方も少し変わってきて、 エゴがあって見ることは全然悪いことじゃないし、赤は赤であり続けるだけで、見る人によって違う赤になるだけなんだと思いました。 勢いのある主人公が西加奈子作品らしいと思いました。

11か月前

D044f0df 7be3 45c2 8dc5 8d30ac19223dC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65693f3def c09b 44c5 a99c cc17f46010040287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e476dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791bDf88329d b440 48ee bab5 f06b12c792f2 75
41k5mwqspol

ここ最近で、一番納得のできる本でした。東さんはやはり現代と向き合っている人だと思います。 まず、人間は皆自分の能動性を信用しすぎています。環境によって人間が動かされていますl マークグラノヴェター「弱い絆」によって自分がしらない自分自身の適性を発見できる可能性があります。ネットは強い絆になってしまうので、弱い絆を見つけるためにリアルが必要になります。 いくら情報があふれていても適切な欲望がないとどうしようもありません。今の日本人は新しい情報への欲望が希薄になっています。 本当にリアルな情報はツイッターには書いていません。ネットに情報があふれているということになっているけど実はそんなことなくむしろ重要な情報は見えない。なぜならネットでは自分が見たいと思っているものしか見ることができないからです。そしてまた皆自分が書きたいと思うしかネットに書かないのです。 震災の話で、福島の記憶を後世に伝えるために軽薄さや無責任さが必要になります。深刻だからこそちゃんとコミットしろと言われるとみんな腰が引けてしまい被災地にも行けなくなります。 世の中の人生論は二つに分けられており、一つの場所にとどまって今ある人間関係を大切にしてコミュニティを深めて成功しろというタイプのものと、一つの場所にとどまらずどんどん環境を切り替えて広い世界を見て成功しろというタイプのものです。村人タイプと旅人タイプ。でも本当はその二つとも同じように狭い生き方なのです。進めたいのは第三の観光客タイプ。村人であることを忘れずに自分の世界を広げるノイズとして旅を利用する事です。 そして、物的証拠を残すことも必要になります。宮城の震災では、船などを処分してしまいました。しかし、人の記憶は曖昧で、物がないと後世に伝えて行くことが難しくなります。福島観光課計画で、ミュージアムを作るという案は別の本で見たことがあったのですが、他の国の事例をみてベストだと思うことをしようとしていたということがわかりました。

11か月前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75209bd5a1ee 66cc 4b23 8365 f95930ad2611Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d86afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Ea217238 471a 43de baf2 5d449492cb0580d78a8d 4fad 404b bcde 000f7c2392e3E280e832 acff 4f57 ae25 d7f5f3cbfeaa 29
51twj8q1rbl

シュルレアリスムについて非常にわかりやすい入門書です。まず、シュールレアとリスムで分けて考えられていたものが、どうしてかシュールとレアリスムだと思われています。なのでシュルレアリスムがシュールで、非日常というイメージがあります。しかし、本当はシュールレアリスム=超現実は現実の延長線上で、現実にあるもののことです。実は主観ではなく客観の概念なのです。 全体を通して読みやすく理解しやすい内容でした。おすすめです。

約1年前

51c3x9wr36l

読みながら泣きそうになりました。自分の中に己の力で建てたビルを持てばどんな事にも動じないということや、楽しいではなく嬉しいことをみつける、夢を見つけんじゃなくて輝くことが大事などといった所に強く勇気を貰いました。夢がない人ややりたいこたがない人にも読んで欲しい一冊です。ここ最近の読書で1番響きました。

8か月前

51fm1fm20hl

命を売りますと広告を出した男の物語です。命を買ってもらってもなかなか死ぬことができなかった男の行く末

約1年前

Icon user placeholderD86defdc 8e95 46a4 a305 1a4c7b232c2cB0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f68Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bC8ccabe0 bc1e 41fa 8343 54dd243acf4fEd17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f 67
41pb632j4rl

名前につられて読んだのですが、なんと説明していいのかわからない小説です。でも暗い感じではなく、どちらかといえばハイな小説なんだと思います。

9か月前

68b919a1 d2ed 42bb b7ba e260c78827e211d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160
51utkn38ntl

説明は一切書かれてない絵本なのですが、見たことあるようでない世界で新鮮な気持ちで読めます。何と言っても映画のようなコマ割りと、次の展開が不安になるようなストーリーの進め方で一気に読めます。 なかなか映画でもこの世界は作れないですし、絵本だからできたことなのかと思いました。

9か月前

C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa45804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9abA66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd0144578feab adde 4ebf 8706 7ee3a6a60be038aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31 17
41%2b1mrw gwl

ノンフィクションと書いてあるけど、本当にノンフィクションなのかと疑わしくなるところもあります。ダリのドキュメンタリーや知っている情報とはかけ離れたダリの姿で驚きはありました。 ダリは美術界から金を摂取し続け自分の絵の金融資産価値が急騰するのをみたいためだと公言してたそうなのですが、それも一種のアイロニーだと思いますし、変態で金の亡者みたいな扱い方をこの本ではしていて、少しそれは違うかなと思いました。 確かにお金遣いは荒かったかもしれませんし、性倒錯者だったそうですが、あくまで個人の意見ですが奇人ではないんじゃないかと思います。 本の内容としては ダリのニセモノを売っていた著者の男が主人公です。 ダリは歴史上最も贋作が多い画家でその贋作作りのほとんどにダリ本人が関わりその事実を隠そうとしませんでした。アシスタントに描かせたものにサインだけしたり、アシスタントがサインしたものなど、殆ど出回ってる作品が贋作ということになります。 ダリの作品を金のために得ようとする人達は、偽物を本物だと言ったりして儲けていました。 サインしている本人が承諾しているのだから贋作ではない?のかもしれないとも考えられます。

10か月前

51b%2butkajpl

話もですが、描写がとても好きです。 蜃気楼の表現も墨汁を垂らしてジワジワと滲んでいくなど、わかりやすい上に奇妙な情景が浮かぶところに惹かれました。 最後の大槻ケンヂの解説で、乱歩の暗所閉所は母体回帰願望であるなど好き勝手な面白い見解も必見です。

11か月前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b001b7c00 bdb8 4cea b0c1 b718f667c199560e3a9b 7ae2 4429 8eff bc16cfd4f5619acaf990 c332 4698 93c4 59ce1b1c888386818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d84145a74694 0482 498f 9ace 077ad93511cd5838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982 12
51wzkqwcufl

求愛型が1番怖かったです。わかってる振りで全然わかっていない、自分のやっていることを正しいと信じて疑わないところなど、インタビューのニュアンスでゾッとしました。その一方で孤立したらそうなる可能性は誰でもあるのではないかと感じました。 加害者のカウンセリング、ストーカー予備軍のカウンセリングによって防げる被害もあるはずなので、これは知ってほしいと思いました。

11か月前

41npgqltzhl

和菓子ミステリー?です。和菓子が食べたくなるのはもちろん、まんじゅうみたいな主人公に癒されます。デパートでバイトしたことがあったので、デパートのバックヤードを思い出しました。

11か月前

5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed4899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aaE7b5bdda 0617 4ecd a762 6d327a7fec29E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01474404aa10 f481 42c9 8ddb 183891074fc99ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b66A1350ea0 cda0 4270 addd b5e3f951cc24 47
510sp rkjul

数学は単に結果を導くためだけにしているように思われていますが、直感や感覚などという曖昧で頼りないものを大切にしていることがわかりました。 「人間もまた自然法則に従う一つの機会に過ぎないのだとしたら、どうしてそこに自由な意思を持つ魂が宿るのか」という文が印象深かったのと、荒川修作の死なないための哲学が魅力的でした。

11か月前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1696b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44A32b6bec 1fa4 4ee7 9849 51ec8311dbb3883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040933bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc66296f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c 26
41dv3zoai0l

原始人が自然を変形し支配するために魔術を用いたのが芸術の最も古い起源です。 ギリシャにおいては芸術は技術のことでありまた模倣でした。それに対し近代の芸術館は技術に概念に対しては天才の概念を、模倣の概念に対しては想像の概念を持つようになりました。 現代の抽象絵画のサイズが大きいのは、アメリカ社会の中で抽象絵画は見るものを包み込むほどの巨大さによって壁画の伝統を鮮やかに復活させたという一面がありました。 色彩については、私たちはついにそこで育ち呼吸してきた風土の影響から逃れきることはできないのではないのだろうかということを考えさせられました。

11か月前