265a9685 662d 406f 846b 5904c4bfd526

Non-tan

大学生のgirlです

大学生のgirlです。 これまでに読んできた中のお気に入りの本達や新しい本達を記録のためにせっせとポストしていこう。 美しくできた本達が好きです。 青い本に惹かれる傾向があります。

39

コメントした本

死と呪いの島で、僕らは

ホラーって怖くて今まで読んだことなかったけど、島とか因習とかそういうのが好きでつい、手に取ってしまった……が、全く怖くなくてちょっと拍子抜けしてしまいました! サスペンステイストなんだけど、科学では解明出来ないこともたくさん出てきて、ちょっと盛り込みすぎ感は否めないけど全体的に上手くまとめられてて飽きることなく読めました。 タイトルにある“僕ら”だけを信じて読み進めましたが、裏切られずに、ホラー文庫なのに、爽やかな読了感で嫌いじゃないなって思いました。

7か月前

白鳥異伝 上

主人公の美しい強さを決して無駄にしない本の構成に流石だなと感じました。 勾玉三部作というけれど、一作品目とは登場人物が違うから別の物語を読んでいるよう……なのにしっかり荻原さんの文章で美しく描かれているから一作品目を思い出してとても懐かしい気持ちになりました。 勾玉をめぐる冒険は続きますねぇ…。

約1年前

921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cBef097c9 c4ad 412f 809f 1541c31bffc2
山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎

おもしろいよぉぉぉおお! やまたん3作目! 七尾与史さんの描く探偵とか刑事は本当に好きになっちゃう人ばかり。 ユーモラスでおもしろいのにミステリの部分はしっかり面白い。最高です 一気に読んでしまって、、少しの喪失感と余韻に浸る瞬間が幸せでした。

約1年前

虹果て村の秘密

最近、「言い伝え」、「しきたり」、「因習」、などの狭い範囲での決まりがキーとなった本が気になって仕方なくって呼んでみた初・有栖川有栖さんの本!! ファンタジーではないから「言い伝え」に囚われるような感覚はなくて…そこを期待してた私にはちょいと残念だったけど、久しぶりのミステリー!!おもしろかった! 夢を持った少年少女の2人がキラキラ眩しく見えた。好きなことを仕事に出来るのはとても幸せなことなんだと教えてくれた1冊となりました…。

1年前

白いへび眠る島

秋めいた空気の中で一気読み。 話としては夏が舞台となっているけれど、神聖な雰囲気の漂うお話だから秋の少し心細くなるような空気と匂いにもピッタリだった。 三浦しをんさんの初期の頃の作品という事で、読みにくいなどのレビューも多く見られたが私には読みやすかった。 カミサマがいること、とても素敵だと思った。

1年前

13e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101baD86defdc 8e95 46a4 a305 1a4c7b232c2c4af993a5 602b 4afc b836 801447794cf07b36a71a 4570 414b 9dd6 392fba4d86ef
潮騒

『夏子の冒険』から三島由紀夫さんの作品にハマって、2作品目。 私の地元が舞台となっていて親しみのある地名などが出てきて読みやすかった。 読むと同時に瞼の裏に浮かぶ自然の豊かな描写が印象的だった。 特に、嵐の海の場面の描写はほんまに圧倒された。 他の方のコメントでもありましたが、そこらの恋愛小説よりも断然きゅんきゅん度が違いました。。。

2年前

Icon user placeholderBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff1015f227 696e 4c84 84b4 7c2812a5f481C218082a 83f0 4c03 a4d0 435a80a6c0daFe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5 51
舟を編む

このお話、時空が一気に飛んじゃう。。。 若い頃の主人公や仲間の人達を大事に読んでいて、ページを捲っていったらもつ何年後、、、ちょっと悲しかった。 まぁ、そういう本はよくあるんだけど、主人公に愛着をもって本を読む派のわたしにとっては淋しいなと感じた。 でも、辞書編集という表には出ないような話はとっても興味深かったな。

1年前

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db90074039a 6087 4388 9a14 20afd3704b3711a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fD6af925a 0bc2 41d9 bd40 2395ae705382D185318e 50c9 4d7d 9f9d 97bc12d79a70D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb23965812c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 257
夏子の冒険

夏ちゃんがかわいい。愛すべきわがままキャラ。みんなが夏子に振り回されていくところがスカットする作品だったなぁ。 最後の夏子の方向転換も“らしい”過ぎて終わりまで飽きさせない作品構成だな。 母達3人組のお笑い要員が素敵すぎるんだ。

2年前

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f28c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a670a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a887327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e0dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cb 17
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

読み始めた時は軽くさら〜っと読んでいたけど、途中から考えるところが多くなって、ラストへ行き着いた時は頭の回る速度が上がったような感覚でした。 もう一度読み返したくなる!の帯に惹かれて読みましたが、私の場合は読み返すのではなくて遡ってもう一度読んじゃいました。 女の子の行動や言動の意味が少し、わかりやすくなった気がするなぁ。

2年前

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db91bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae35e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbAa22d3ab 2666 4235 b419 09ebf7e0d6061c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a 280
夏のくじら

爽快な読後感だったなぁ。 夏になると絶対に読み返してしまう。 『空の中』を読んで高知県の方言が好きになって、こちらの作品も舞台が高知県だから、それだけで愛着が湧いてしまう。 心理描写までもが爽快だな。 とっても好きや。

2年前

狐笛のかなた

好きです。今年に入ってから読む本はどれも自分の中の好きを越えてくる作品ばかり。 その中でもかなり好き、『狐笛のかなた』 それぞれの変えることのできない運命をそのまま諦めるのか、もがくのか、によって先をこんなにも明るく照らすことができるのかとはっとさせられました。 小夜と野火の2人の場面は哀しくキュンキュンして涙が止まらなかった。途中から2人が幸せならなんでもいい気さえしてくるほど、この2人の空気は心地よく私を震わせてくれました。 今まで読んだ本達の登場人物で、野火が1番かっこよかった。これは惚れますね。 シリーズものじゃない所も読みやすくてgoodだな。

約1年前

Icon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c39a4c3906 fb14 475c 80a5 75dcabab8e0492dc6cf3 2a45 4ff1 ae73 441a453f9449 35
珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように

もう5作目なのね…… 本当に大好きで、登場人物とはもうなんか知り合いなんじゃないかって錯覚するくらいに入り込んじゃうような設定と愛しさがたまりません。 宇治十帖がまた魅力ある題材となって引き立ててくれていると思いました。 そして、美星さんとアオヤマさんのまっすぐな所にずっきゅんでした、、。

約1年前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Bfbe0e00 8adb 4f6b 8f55 93ad66afa6135a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669edCc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03b5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c347447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55 8
空色勾玉

凄かった。 本の中なのにこんなにも広い世界を築くことができるのかと…ため息がでた。 主人公が見ている景色が次々と色づくように脳裏に再生される様は読んでみないとわかんないから是非読んでほしいと思いました。 鳥彦という登場人物に凄く惚れた。恰好いい…鳥だけど。

約1年前

921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c296724550a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a82f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d458f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573D27612f7 482a 4cfe 84af f5be4ad6430e 28
沼地のある森を抜けて

一つ前に読んだ作品、『白いへび眠る島』で日本を舞台にしたファンタジーにどハマりしまして、、読んでみました。 先祖代々伝わるぬか床をキーにして展開されていくストーリー。不思議な感覚を感じさせると同時に、生きること産まれてきたことなど、現実的な話も伴う今まで読んでこなかったような作品でした。 興味深くおもしろいけれど考えさせられる内容なだけに少し難しかった。でも、そこは梨木香歩さんの技量が凄い、どんどんページを繰っていって直ぐに読破。 また読み直したくなる日が来ること間違いなしだと思った。

1年前

Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d829c0e168 065d 4336 9132 f09c09852483F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d571247762ca02 cda2 4461 a67f 257023c22ee1600a3fbd bb93 408a 9968 2e7a13cdcfd1
夜明け前に会いたい

ずっと読みたかったけど、行きつけの本屋さんになくって我慢してた本。 現実はそう上手くいかないんだ。と思わされる中盤のお話に息が苦しくなった。 もう少し読み応えがあったら心にも厚みがでたのにな。と思った。

2年前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f41c38f34a 5510 4d2c 8bc6 3213e20d9895
春琴抄

私にとって、初の谷崎さんの作品。 一言で言うならカナリスキ。 耽美的の意味がこの作品を読んで理解できた。 そしてもっと耽美派の作品を読もうと思った。 物語ではないけれど逆によく春琴の事が解る。 構成がとっても面白いな。

1年前

サマーウォーズ

ほんまに大好き。 わたしの1番好きな映画、、の小説版。 なんどもなんども読み返したいし、なんどもなんども心地よくなれるお話。 心はあたたまるし戦いは場面ではうるうるするし、大好きだ。 かずま君はかっこ良すぎだ…

1年前

934af529 fc03 4195 a05a 358725b22e907460bca6 a8c7 406a aa6f 34e3f5d1928aA7bcc1aa d569 4f6e a068 c557d267053a8dff3b77 9921 4b63 bf09 8d730762667fE1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c3192efb1 0be3 4e90 9ee7 e9792a0438b00f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217c 15
小説 言の葉の庭

2冊積んでるのにも関わらず…読んでしまいました…しかもテスト期間……おい。 後悔はしてませんけども… この作品、とにかくべっぴんさんです。 鮮やかな緑はまさに青葉のようで綺麗です。 極め付きは花布が金色ってところにやられたなぁ。 途中に挟まれる万葉集の和歌にも心惹かれました。

2年前

514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a6021a89863 1c9d 4d60 9c0a 7fa74a7f8e25B189e8fd 9c83 4394 b422 34e15ce12d6aD537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52F4104f79 c929 4596 a21d ed35645e0de05990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b986ba4ff0 3621 4a0b b381 e1460fcb3ee6 13
クジラの彼

何も知らずに『海の底』、『空の中』を読む前に『クジラの彼』を読んでしまって少し後悔してしまった。 私も潜水艦をクジラみたいって言えるような感性を磨きたいなぁ。

2年前

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fEa343304 7b84 4168 bfe8 6d421fa8953dBf3de470 7411 47f6 89d1 f87ea836dca20dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccCd863559 7d55 4c99 a158 053c1751ff92F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac9a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409 86
空の中

『海の底』よりも『空の中』の方が好みかなぁ。 この作品で高知県の方言好きになった。 細かいけれど、表紙のメモリが書いてある部分が好き。

2年前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4Ea343304 7b84 4168 bfe8 6d421fa8953d642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affFa29322d 8c9a 4c15 895d ebe76b97d36fBf3de470 7411 47f6 89d1 f87ea836dca2F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 67