34b89f9a c5d6 4a25 af41 a5a81560d103

ゆっこ

簡潔にまとめるのが気持ちいい

簡潔にまとめるのが気持ちいい。読書メーターもやっています。

33

コメントした本

猫町 他十七篇

この既視感。一度も見たこともなく二度といけないけど、この夢の世界。異国への、異次元、来世への憧れ。

2年前

Icon user placeholder16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c32c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86F940121d f36a 4d88 a643 ac9b8b6be7498b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaDbc0a58e 0d9f 4f4e 915e 4fc610bc3bb3 9
白河夜船

夜と死とお酒と夢。無意識、潜在の領域。自分を見つめて、探して、感じて。あれだけ、静かじゃないと、探し出すことができないのかもしれない

2年前

Icon user placeholder29ca499b b7c3 42a5 9daa 62cdf29cbea6D30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8e0a3d1452 5ad9 4f23 a3ad 85e54cbe0bc453e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0f 26
月の砂漠をさばさばと

さきちゃんとお母さん、ずっとは続かないけど、それよりもずっと受け継がれる。お母さんが作る出来立ての夕飯の湯気のような温かさに触れたい人へ。

2年前

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67Icon user placeholder22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f09dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed 29
インド夜想曲

無意識の領域の本心。夢に見て自分を知る。

約3年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dEd17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f3872bc0c 74da 4d32 9c5e 5372c82aab89B4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4 14
東京タワー

恋愛になると年齢は、仕事や生きる術の経験や慣れのような単純さは失われ、何もかもを失い自分のことを全くわからなくなる時がある。ひたすら自分と向き合い相手を思う。誰にも満たされない孤独があるのだと思い知らされる。

約3年前

536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a2C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800dB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 23
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

彼が世界中を旅した情景に感じた、ささやかな喜びや孤独や哀愁は、小説を読んで私も感じたと思う。使い道があっても無くても旅は良い。

約3年前

73c0ff7d abd5 4b2a ad84 584dad2dc67c79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8e7feea44e 704e 48cf 9272 d842a7e0e2df978b6559 0357 4f22 a9f8 108e8e53bcdf8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8b014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 27
琥珀のまたたき

末妹を亡くし、母親に家に閉ざされた、鉱石の名を与えられた三人の兄弟。オパール、琥珀、瑪瑙の創造力は、どこまでも強く儚く自由だ

約3年前

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bC7282453 1e6d 4251 89af 86d8ceb038c21525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4962e52b5 ada6 4862 ac7c 975346ca3434Icon user placeholder2b16e9a5 9244 4528 b235 387715e782ee6aed883f bd64 485d 86ba c0b50412f886 12
職業としての小説家

普段読んでいるときに感じること、走っているときに感じることを、村上春樹の経験、物語を通して一体化できる。ひとりじゃない

約3年前

1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3Ef493691 aa4e 4c7d 918f 51593b45171b28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601Icon user placeholder8e139999 5411 4431 9288 2405a03ed261Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f 49
雪沼とその周辺

寒い雪がしんしんと降る日に。日常を曇りなき眼でみると、孤独も温もりもすぐ近くにある。

約3年前

8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589d81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba576f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aaDc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393bFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de507c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea505dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f 19
役にたたない日々

捻くれ者の我が儘な佐野さんが大好きだ。役立たずな日々でも、大丈夫だ、佐野さんがついている。

約3年前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2
悪童日記

戦争の時代に生まれた双子。最強の二人は、とても強く残酷で優しい。これほどに強い結びつきの二人の別離。第2部へ。

2年前

8d604283 1d7d 4783 9813 c14c148509c30b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1aeAb51b55f 5dd0 41d8 a5b8 d01cf8b629de5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d380c26fe92 ccd2 4876 b29f 52c3fec2967c2deaf962 e4c5 4ca4 a539 51cb0bda5405Bbef2fe4 9909 446b 9369 dd4356e6c137 108
悲しみよこんにちは

まだ十代のサガンが書いた愛や嫉妬は、ガラスの十代よりもよろしく哀愁よりも、ずっと世知辛くて狡くて賢い。

約3年前

0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a8544666fd775b7 9e5b 4b48 8306 3f00ddce56c42a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d1dbef9fd 9497 4125 a78c 79d2f9be5508Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8 48
カンガルー日和

4月のある晴れた日に100%の女の子のことを考えてみるなんて、男子でなくてもうきうきしてしまう。きっと、どこかにいると思う

2年前

69a4e54c d97e 4756 96e4 5bbd095d863b214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5bAc8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed684bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Icon user placeholderC218082a 83f0 4c03 a4d0 435a80a6c0daB51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2 32
星の王子さま

誰かと比べないでみると、私はかなり幸運で、あの人は素晴らしい人だとわかった。

約3年前

878c12ae 9732 40db bbd8 bd5fd26703fbC6527445 8329 4482 bddd b87a7e82c111Icon user placeholderIcon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be79ef8000 98db 44de bc68 d960a50d045fIcon user placeholder 41
マイ・ロスト・シティー (村上春樹翻訳ライブラリー)

失わないと核心には触れられないことがある。

約3年前

2fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f9151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2413ffb11d8 ff11 40e4 b7be 114985f31e6853b0558b 33d5 4886 b47e 19cabba99351Dc5634f7 5411 41d7 a54f 8eb5f7a47994
忘れられた巨人

どんなふるいにかけて、記憶は残っていくのだろうか。愛情と憎悪、愛情が勝るといい。

約3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Cb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a04e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc312e7492 85a7 4c97 8b6e f2f2d7b9070eD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c 70
穴

さすがの芥川賞。穴も黒の獣も子供達も義兄も、恐らくセミの鳴き声もメタファーだ。誰にも見せたくない不穏で恥ずかしい羨望を穴に向かって無音で叫ぶ。

約3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2411ef91f4f bed0 4609 a65d f25b8021766c3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb69d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b5df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd54A306b33d 92d6 49a9 a62c a2e01b7dbaecDd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a6 9
村田エフェンディ滞土録

全ては持ち合わせているはずだ。磨くか錆びつかせるだけかは、自分次第。

約3年前

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f57e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37D9c98ba1 8646 4df2 aad2 872f69030f5bFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c0026ba86173 ebc2 4534 9e6e 45d909910ffc8f8c2d45 5f81 4ed6 95f6 083035159d54 18
キャベツ炒めに捧ぐ

雪とふきのとうの景色。君みたいな景色だ。と言うぐっとくる言葉が所々に散りばめられている。

約3年前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacE60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698ca4899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aaC747d501 7774 43df 8ac2 c996e57013d6Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e638d788a16 5772 4a7e bc8c 819f46337058Cd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b2585 10
チーム

プレッシャーにも勇気にも変わる襷のバトン。勇気に変わる時は、自分だけでは出せない能力が爆発する。

約3年前

166b36be 9be8 45b6 92df 0898c96211e2Icon user placeholderD6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc3743379840497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d3384b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22abFbd93bc1 a3f5 46e6 bc5c 3273e8cc7c8528bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 11