842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4

28

コメントした本

ヒットの崩壊

PPAPが世に出る直前の出版だったのね。あの現象と「恋」ダンスまで論説に入っていたら、2016年までの包括として完璧だった…なんてちょっと思ったり。PPAPを国民的ヒットといえるのかは謎だけどw 国民的ヒット論やなぜCDは売れなくなったか、というテーマで、いろんな人の見解を読んできたけど、とてもまっとうだしわかりやすく書いてある良書です。この本とは離れちゃうけど、この方のblogの「この世界の片隅に」のことが書いてあるエントリは出色だったので、ぜひ読んでみてほしい。

2年前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b549775184 e974 4c35 b8d8 b9130a8c15f106173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82f457e4ac1 eae5 4f58 be0d de1f294a1c96C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b96f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c2cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf8 18
夏に凍える舟

エーランド島4部作の最終章。リゾートシーズンだけにシリーズ中一番賑わいを見せる島だが、その分「帰ってきた男」の過去が重くのしかかる。名探偵顔負けのお爺さんイェルロフがすごく好きだったから、もう読めないのは寂しいなぁ。ヨハン・テオリンの次回作に期待。

2年前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192
ドルフィン・ソングを救え!

「フリッパーズ・ギターがいた、あの時代」を経験してきた人には、80年代の終わりから90年代初頭の空気感が、リアルに蘇るだろう。歌詞を引用した文体や、虚実織り交ぜた内容に、ニヤリとするものはあったが、ラスト近くのありえない展開からオチに至ると、胸が悪くなってしまった。実在の人物に重ねたくないのに、あまりにハッキリと、モデルになった人物を提示しているので…。

約3年前

Cfa6cdb2 66fa 4beb b02d 6667e25c0f86238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69909d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6E1a519cf 2da6 4bdf 8c17 ecdd5949414735b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 11
僕の光輝く世界

ある出来事を境にアントン症候群を患った高校生「僕」の、連作青春ミステリー。人間の嫌な部分もたっぷり描かれているが、アントン症候群に特有の多幸感のお陰か、深刻にならず読み進められた。

約3年前

坂の途中の家

そうと思わせないやり方で劣等感を植え付け、自分がいないとダメだと思い込ませ、離れられなくする、それを愛と呼べるのだろうか。罪状とは別のところが気になった。

約3年前

Icon user placeholder3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb84939daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 47
ならずものがやってくる

ならずものとは、不可避で無慈悲に流れていく、誰の元にも等しく訪れて去ってゆく「 」のことである。あざといくらいの斬新な文体(もはや文体ではないものも)で描かれる、イノセントの終焉が素晴らしい。

約3年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d884bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8F2c839bc b142 4633 a5ef 4b3a02e57b984b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756C60636bf be22 48e5 a535 a6350f936443 11
コンビニ人間

「普通」じゃないと、とかく日本は住みにくい。生まれつき「普通」ではない主人公が、ようやく社会との接点を見つけて、つつましく働いているのだから、そっとしておいてあげればいいのにね。コンビニの小さな空間が全世界でも、それが彼女の幸せなんだ。

2年前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73716c0c997 ad90 4dd6 9e41 d7cf3cd1698419f79f54 c4c3 4fd7 9c1f 342b960c34b4Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e94ca7e9ed 06f5 4a7e 91d3 eb1c5667a0d2Icon user placeholderFd313cad da9f 45e7 a5ad e1916b068a24 588
圏外編集者

前人未到の荒野を「面白い」ことだけ追い掛けて切り開いてきた著者の語り下ろし。 好きな部分を抜き書き→「ほんとに新しいものに遭遇したときって、いきなり『最高!』とか思えなかったりする。もちろん名前も聞いたことないし、見たこともないし、いいとか悪いとか、判断ができない。でも、出会った瞬間に、こころがざわつく。」

約3年前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff67eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a 40
あなたを選んでくれるもの

インタビューという行為は不思議だ。いつしか、自分と向き合うことになってゆく。 インタビューをしに行く相手が、ウェブサイトではなくフリーペーパーの「譲ります」欄に出している人というのも肝だろう。

約3年前

11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e92a46802 6ba2 47be a6b0 567046aa6abd8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 51
何者

刺さる、刺さる・・・。この本の中に出てくる言葉がひとつも刺さらない人なんていないんじゃないかな。己の卑小な言動を見つめ直す、いい機会になった。

約3年前

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d354675bd 2507 4ded 8766 8f5376fb0bba0f53d279 d4b4 47d2 9df8 063ec04307944f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43 213
ナオミとカナコ

よく見れば綻びだらけなのだけど、手を取り合って駆け抜ければ、その穴に捉まらないような気がして。二人と一緒に駆け抜けるように読み終えた。

約3年前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3839daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eIcon user placeholderF2ab4abc e2a3 46a2 b580 5fa93ba24c01C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446b41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9 24