17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

主に理工系かなぁ。あと美術系、時々農業系。

178

コメントした本

消えたフェルメール

2000年に出版された「盗まれたフェルメール」の改訂版。ボストンのイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館から1990年に盗まれた《合奏》を巡るノンフィクションです。約20年分のアップデートが読みやすく書かれてます。

26日前

人間をお休みしてヤギになってみた結果

2016年のイグノーベル生物賞を獲得した一冊。筆者のその後も気になりますが、とりあえず、トースターを作ったときの姿勢と変わらないのがいいです。本書で分かるのは、ヤギと人との明確な違いです。

7か月前

Icon user placeholder569e1d7b 2faf 4f7f 87f5 41ef9f472d5446baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac5592921a81 2531 4064 a689 cc6d1319fd9c314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad012e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92 11
わかりたい! 現代アート

デュシャンの『泉』は100年前の1917年に発表されたのだけど、じゃあ100年を振り返ってみようと、代表的なアーティスト34組を取り上げて、解説したのが本書です。タイトルはイマイチですが内容はいいです。 各アーティストを象徴するイメージとしてイラストが1点、掲載されます。まあ漫画的ですが、よろしいかと思います。 34組のアーティストに会田誠が入るなら、山口晃とか池田学とかはいかがでしょう、という気になるけど、文庫書き下ろしなので、しょうがないか。

約1年前

脳を守ろう――脳梗塞・認知症を予防するために

講演をまとめたもののためかスルッと読めました。脳梗塞と認知症の原因と予防について分かりやすくまとめてます。

約1年前

大相撲の解剖図鑑

大相撲9月場所を目指して購入。図解で分かりやすく説明するシリーズの大相撲版です。以前、このシリーズで神社の解剖図解が面白かったので迷わず買いました。見開き単位でうまくまとめているので、読みやすいというか、イラスト中心なので見やすい。国技館から床山さんまで、しっかり解説してます。まあ歴史の解説が少なめなのが、物足りないけど、それは別の本を当たってみよう、と思う今日この頃です。

約1年前

花福さんの戦争ごはん日誌

ちょっと潰したい暇があって、目についたので購入。ドキュメンタリー系マンガです。テーマは戦中とか戦争敗戦直後の食です。どんなモノを食べていたか? どう調理したか? を調べ、実践してます。なかなか面白い。そして、戦後70年となると、近所のご老人たちから聞き書きするのも、そろそろ限界が見えてくるだろうと思われます。そういう意味でも貴重な一冊。

1年前

564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff557E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f3758960e 1c80 406d a081 1020f5238e4f440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737
老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路

最近、相続した土地の処分やら有効利用やらで、すったもんだしたおかげで、問題意識がわいてきたところで読みました。住宅過剰社会という言葉が刺さります。相続の結果、土地の有効利用を考えねばならない方や、家を建てるなりマンションを購入する方はその前に本書を読むべきでしょう。まあ少なくとも、タワーマンションを購入するリスクは十分に理解できると思います。

1年前

344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69691992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9dbC4e42195 b65f 4bdc 9dcc 973e088fe9ab889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22e3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 9
意味も知らずにブルースを歌うな! ご丁寧に歌詞とコード譜とイラストに加え、ちょっと怪しい英語フレーズ付き

ブルースは、歌ってませんが、聴いてます。聴くだけでも、意味が分かっていると、いいのではないかと思います。まあブルースの歌詞は俗語とか、ブードゥ教みたいな民間信仰みたいな、私には意味不明な言い回しが多いので、こういう本があると助かる。音楽ガイドにもなっているので、ブルース入門にもいいかも。

約2年前

ユリイカ 2017年2月臨時増刊号 総特集◎矢野顕子

矢野顕子のデビュー40周年記念のムック、2冊目。ぴあの本に比べると地味ですが、あがた森魚が書いていたり、レコーディングエンジニアの吉野金次、制作ディレクターの篠崎恵子へのインタビューがそれぞれ載っていたりして、なかなか面白い。

約2年前

谷崎万華鏡 - 谷崎潤一郎マンガアンソロジー

谷崎潤一郎の半生といくつかの作品をマンガ化したアンソロジー。描いているのは山口晃、しりあがり寿、高野文子、榎本俊二、今日マチ子など、11人の作家。山口晃ファンなので購入。山口晃は台所太平記を描いてます。

約2年前

1f29e54b 0012 44c1 a1e2 ed11b38bfcccBc308a33 fc0b 4121 af70 60e7cd67caa2Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535
フェルメール

写真家がフェルメール全点制覇の旅をするとどうなるか? そういう本です。亡くなってしまったラッパーECDの妻でもある植本一子さんによる、一冊。実に楽しいし、目鱗な感じがする。

約2か月前

哲学的な何か、あと数学とか

本のデザインを気に入って、潰したい暇のために買いました。タイトルからは分からないのですが、フェルマーの最終定理について、歴史的な経緯をまとめたモノです。数式はほとんど登場しないので、数学が苦手な方でも、読めます。

9か月前

A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c54746480bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9204bf9608e 8e1e 42ff b5f7 aaa7021d5a69
リニア新幹線が不可能な7つの理由

JR東海のリニア新幹線の問題点をまとめたもの。最近、ニュースを聞かないので、諸々クリアして順調に進んでいるかと思っていたのですが、何も進んでいないらしい。トンネルが多いので、掘ったときに出る残土をどう処理するかが問題になっていたけど、あちこちでダメ出しをくらって後退しているそうだ。 残土処理を含めて7つも問題がある。残土以外に水涸れ、住民立ち退きとか、わかりやすいものもあるのですが、ウラン鉱床という難問もある。ルートとなる岐阜県にはウラン鉱床が点在しているそうで、もし当たりが出たら、面倒なことになる。まあ、ほとんど聞いたことのない、報道されていないことなので、勉強になりました。

約1年前

東京自叙伝

楽しめました。江戸、東京の地霊に憑依された人々が、年代順に登場して、1845年から2011年の東京を描いた小説。歴史的な事実とフィクションが混ざり合い破滅へと向かうのだけど、終わりに向かうほど、混沌としていくスピードが増して、気持ちいい。

約1年前

のらもじ まちに出よう もじを探そう

「のらもじ」って言葉にひかれて購入。街のお店の手書き看板などからいい味だしてる文字を収集して、お店の方に由来を聞き、さらに文字の特徴を抽出して、ひらがなやカタカナの五十音文字セットを作成するという企画。フォントに興味がありまして、こういう企画モノは好きなんです。

約1年前

8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fIcon user placeholder08a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0F63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cA16c3265 00ea 44e1 bba2 1bf64b42edd4493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5 10
あかるい物撮り

ときどきブツ撮りしたくなります。基本は知っているつもりですが、もう一歩先のテクニックを身に付けたくて購入。かなり実践的。

1年前

バウドリーノ(上)

2016年に亡くなったウンベルト・エーコの中世を舞台にした歴史&冒険小説。史実をもとに伝説やらエーコの想像を巧妙に組み合わせた作品。ハードカバーで持っているのだけど、もう一度、読みたくて購入。カバーが二重になっていて岩波のやる気がうかがえる。

1年前

1a9e45f2 f582 457b 8d97 d7dbf96b235cBac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38ePicture3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

赤瀬川さんは、毎月3冊分、タイトルだけで見て、1冊あたり200字程度の文章を書く、という連載を資生堂が発行していた花椿に掲載していた。その連載の1997年1月から2000年4月に掲載したものをまとめたのが本書。ちなみに何でちゃんとした書評ではなく、タイトルだけなのかというと、本書の冒頭で、赤瀬川さんは厚い本を最後まで読み切るのが苦手、ということが書かれていて、それを逆手に取った企画ということでした。

約2年前

やのぴあ

矢野顕子のソロデビュー40年を記念して、本人はもちろん、細野晴臣、糸井重里、鈴木慶一、奥田民生へのインタビューとか対談を敢行し、矢野顕子とは何者なのかを追求した一冊。いろいろと名言が多いです。奥田民生との対談で、矢野顕子が奥田民生を評して、「同じ景色をみているけど、違う丘に立つ人」というのがあったりする。カバーイラストは浦沢直樹。あと、ぴあってこういう本を出版する機能というか力があることに感心しました。いい仕事だと思います。

約2年前

BOX~箱の中に何かいる~(1)

諸星大二郎さんによる月刊モーニングtwo連載漫画の第1巻。ホラーとパズルの合体という、珍しい作品。パズル作家との合作かと思ったら諸星さん自ら作成とのこと。珍しく本の最後に「キョウコのこと」という4ページのコラムがあり、本作に登場するキョウコというキャラクターは、諸星さんの短編小説集「キョウコのキョウは恐怖の恐」のキョウコとしている。というわけで諸星ファン必読かと思われます。

約2年前

E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535