9ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a5

heureka1002

49

コメントした本

翻訳できない世界のことば

トナカイが休憩なしで疲れず移動できる距離だとか、シャツの裾を絶対ズボンの中に入れようとしない人だとか、言葉の定義にその言葉を使う人たちの文化が現れているのがすごく楽しい。 言葉って文化の中で生まれてるんだなーと思う。

5か月前

Ec84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb39F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15fE6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8A44b76da 93a8 4762 b65d 75360242e4ddCf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf65caedb4e 73c8 4acd 9153 ff4f20c0d201 107
1984年

10年位前に読んだけど、なんか今の日本みたいな感じがする。

6か月前

5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465ddB3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d2312414721248 300e 4250 8018 eecc0a8186ed7601548d c431 4c98 9ee3 d79c1ed65f449b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d8ba55b3a 697b 4c2c 8328 73cb51ed2cf7
はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内

さらさらっと読めるけど、奥が深い。何度も読み返して、考えるということを考える。 とても好きな本。

約2年前

66feff89 7503 4093 b855 5506bddb18689a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55B4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c37306A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bC03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3 16
オーデュボンの祈り

いろんな人たちの小さな選択が、未来を創っていくんだなーと思いました。

約3年前

36149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd4f7cac40 e799 4142 a185 22cc27cd40115920b1ba b31a 4eb7 88dc f3328626c084A64335ed ab91 47bf 88a1 4f78255167d86b59208a 65bd 4df9 9c71 e760fae7dad7Icon user placeholderF47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b3 154
西の魔女が死んだ

あんまり期待しないで読んだら、いい意味で裏切られた感じ。

約3年前

986f828a 15ac 44f1 b8fc 63e14c6cb24dIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderC33c1e51 bba5 4cfe b834 3624c7f452c333d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869025107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38 386
ラッシュライフ

エッシャーの絵をそのまま文字にしたような、そんな感覚の小説だな、と。

約3年前

220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef4E678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26cB51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e235797dc9 002f 4e81 a9f7 7058e54bec7aC185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb150a64c46 0ddd 4b2a ab93 31d5ca06eda308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 73
霧のむこうのふしぎな町

こどものころ大好きで何度も読んでボロボロになった本。

6か月前

Fc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada2671112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d54b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab
世界から猫が消えたなら

久しぶりに気になって再び読んだ。 初めて読んだ時とはまた違った気持ちが湧き上がってきた。 いろんな経験が、ものごとの見方を変えていくんだな、と。

10か月前

4a09651a d81f 4cb8 b531 c7b65c680642Fbd75f5b fb47 4945 abff 8028535db92eB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bfIcon user placeholderCea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b87C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55Bf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559e 292
星の王子さま―オリジナル版

人生に行き詰まった時に必ず読み返す特別な本。多分小学生の時に買って数十年。書き込みだらけでぼろぼろですが。いろいろ訳は出てるけど、内藤濯のが私には一番しっくりくる。 どの部分もすごく好きだけど、金色の麦の穂が揺れてるのを見ると、王子さまを思い出すってところがすごく好き。

約3年前

821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c4E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderAfd10188 190e 446d bb74 02c90e328766927b68d8 fdab 4c7f a050 3a130cd10f52 75
恐竜物語

中の絵も素敵。 霧笛がよかった。

約3年前

知覚の現象学 1

どうしても序文のポールとピエールの件で睡魔に襲われてしまう。

約3年前

神との対話 25のコア・メッセージ

読むなら神との対話そのものを読んだ方がよいかな、と。やや冗長な感じがした。

約3年前