Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
Ef4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408

えむぜっとえすじー

小説、漫画、雑誌まで読んだ書籍はどんどん…

小説、漫画、雑誌まで読んだ書籍はどんどん投稿していきます。 長めの感想文は↓ https://t.co/2mUonYZj0x

60

コメントした本

517ijzgk7wl

日独がWW2勝利して、二毒歩行ロボが街を闊歩している、という設定のみでストーリーを知らずに購入したのだが、始まりからしてベスト級に面白い。ハードボイルド+アンダーグラウンド+人探し+戦争と好きな要素しか入っていない。 日本合衆国として現実のアメリカのように世界の中心となりつつある日本では1988年にも関わらずスマートフォンと酷似した「電卓」と呼ばれる機械が普及されていおり、現実2016年以上に技術が進んでいる。 「高い城の男」では勝利をした結果のみだったが、本作では経緯から描かれる。 だが、戦後40年経過した今でも日本を卑下する発言をすれば国賊として烙印を押される。 「高い城の男」と「パシフィックリム」の組み合わせを全面に出してはいるが、どちらかといえば「一九八四」を下地にしている気がしてならない。それほどのディストピアっぷりに息苦しささえ覚える。 日本テイストがそこらじゅうにあるのだが(おしろい、天ぷら、日本刀、特高)それはハリウッド映画で見られるエキゾチックに誇張された日本像となっている。(そこは個人的に面白ポイントに入ってしまう) 史実をひっくり返して、様々な過去作テイストのいいとこ取りをしているので、ある意味で同人誌的。だからこそなのかちょっと悔しい部分がある。パシフィックリムもハリウッド版ゴジラも元をだどれば日本産作品が基礎になっている筈なのに海外で実写化されると、誇らしくもあり、同時に悔しくもある。 USJでは同じ感情が芽生えてしまうほど面白くて悔しい。 とはいえ、シン・ゴジラでみどと復活をした日本産ゴジラの様に、本作に影響されて日本テイストをフルに注いだ日本人による小説ができる可能性もなきにしもあらず。。かな<終>

11か月前

3bfa8377 8b42 41b2 b274 6714ef37d8aeAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535
5139pj0bfyl

家族の中心とは食卓。 つまりはキッチンがなければ成り立たず、何百回と見てるサザエさん夕食シーンは家族として無くてはならない一番大切な事なのだと腑に落ちた。 そして、それは日本だけの話ではなく世界中共通だからこそベストセラーになりえたのだろう。 個人的には二作目の「満月」の方が愛おしくてしょうがないのだが、家族としてのあり方や生と死と愛が入り混じるリアルスティックな作品であるにも関わらず、とても幻想的な印象を受けるのは私だけだろうか。

約1年前

69126e77 d013 456a ab28 51ade97bbe009dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c75cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16F487491c c5d1 45b5 a017 250ab942843dC477fbc7 4906 444f 8822 1ae20345f0c459b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85 149
51xwfvghvql

トリックを用いたミステリーものとは少し異なる。謎が最後の最後にひっくり返される感覚がとても気持ちがいいものだけど、本作品においては人物像や周辺の環境に重点が置かれているので、『どんなトリックなのか』ということに期待していると肩透かしされてしまうだろう。 山間の町の暗い側面が見え隠れして、都会を舞台とした物語には見られない闇がある。それは純粋で深く濃く暗い。明かり一つも持たずに夜の森の中、手探りで真相を探し回る主人公ファレル。彼が時折見る過去の記憶が現在と交差するとき一瞬の光が差し込める。 大仕掛けのトリックではなく、粛々とした現実寄りの大人のハードボイルドミステリーに仕上がっている。 アメリカドラマや映画が好きな方にお勧めしたい一冊です。

約1年前

51nita5meul

淵の王をきっかけに舞城王太郎さんの作品を連続して読み始めたんですが、この作品はこれまた奇天烈で奇怪。 迷子専門の探偵ディスコが預かる事になった子供が急激に大人になったかと思えば、未来からやって来たという。 そこから連続して起きる事件と解決はこれがまた頭がこんがらがってしまう。これはミステリーなのか?SFか?いや、やっぱりミステリーか?とオーバーヒートしそうだ。 とはいえ、ノリで進んでいくストーリーに全て意味がある。これは完璧主義者のが創り上げだ小説だ。

1年前

516532af 12e8 45f2 9f3d 0daae676f528B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca6ec982d9 36b6 4b4b 807e fa82bc1351e6
51ngt72i3el

古川日出男さんが案内する近未来の日本。 縦横無尽に駆け巡る人間、馬、鯨、菌、歌、東京、島、カウボーイ、少年、青年、少女、母、父、子。無造作で莫大なイメージを脳へとダイレクトに流し込まれてクラクラしてしまう。

1年前

51x6xstzsql

通り過ぎていく多くの人々。 その大半は自分とは関わり合いののない人間。それでも一人一人が生きていて、浅くも深くもある人生を送っている。 当たり前のことだがそれを再確認してくれる一冊。

1年前

Da0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d87096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b
51dcpqncb9l

「女の味を覚えた」その一言が熊の恐ろしさを増幅させ、同時に嫌悪感まで抱いてしまう。 永きに渡り受け継がれる、受け継ぐとは何なのかその理由が分かる。

1年前

15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf2Ea17ea14 9ba2 44ae 9d91 018ccac374e5F6681818 7653 4de5 a3d8 ab5efc3548f6D4d51a36 dfb8 4632 811a 623121ba329263f96a65 d98d 4348 9ef4 7ce2a382db2b8502e147 b34e 4d58 8bbd a3974774bb107d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7 13
5191jpxaoel

共感できる部分と出来ない部分がある。 中には完全に共感できる人もいるだろうが、だからと言って変人というわけではない。 人間がたった1つの考えしかないのではなく、人間の数だけ多様な考えがある。

1年前

B0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f68Fd4c7ef6 0173 41ae 93f2 3e70ca5ed415560e3a9b 7ae2 4429 8eff bc16cfd4f561Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aaDdbac697 d8d8 49d3 bf65 944267dcd7a9Ecd0ac37 465d 4193 abbf fdc26ebbcdec 51
41f60xful9l

ロンググッドバイよりも若く、相変わらず腕っ節は弱いものの恐怖心の欠片も無いような振る舞い。 ハードボイルドとはこの事か。

1年前

PictureD2622641 382e 404b bca9 bbeed625b6a3206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a597a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c
61fvexxobrl

遺伝子操作によって生まれた半獣半人の子供たち。その姿は神話を思わせる美しさを持ち、同時に人を殺す事に特化されている。 子供たちは生産者によって戦争ツールとして売りに出され、その手で、その牙で命を絶つ。 五十嵐大介氏の繊細なタッチとハードな設定が狂おしいほどマッチしている。恐ろしい漫画が出てきてしまった。

1年前

Bedd1243 ee63 4363 b36d 67da4811cca1364c4739 6f8a 4cf1 bbf2 e876cbe1b47b31e7b81a 0737 4473 b357 80a9f96b93224714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2F67a58ad d731 4233 a620 485ea92874bc22322742 0fb9 47b8 99c1 98207a0d04d1Picture 13
514nza8tvjl

勝手に奥泉光さんは純文学の人だとばかり思っていたのでSF小説を出した時には思わずハテナマークが頭に浮かんでしまったが、読み始めてみればエンターテイメントに特化している。 「我輩は猫である」とおきまりのフレーズから始まった物語は古臭さとSF的未来のミックスに一行目から惹きつけられる。 故人をトレースして本人さながらの動きをするアンドロイド、ネット世界にトリップする人間、そしてそこにジャズが組み合わさる。 電脳世界+パプリカのような夢世界は押井守監督案件、もしくは亡くなってしまったが今敏監督案件。

約1年前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535
51i6e1c8nbl

ルソーという画家について正直あまり知らなかった。 画像検索してみるといくつかは教科書などで見たこともあれば、巧いとは思えない日曜画家的な印象をうけてしまう作品もあった。 作中のキーとなる”夢”という表題された作品も初めてだったが、作中では発表された当時笑い者にされていたことに驚いてしまった。 生まれる遥か前に描かれた作品がいまなお残っている、ということにロマンを感じてしまう。しかしその時代の空気感や詳細についてはわからない。今であればノンフィクションとして本になるだろうが

約1年前

Icon user placeholderFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c0025cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Icon user placeholder330c743e 1176 4f9b bb09 efbe967ff1cc3d0cbb03 5b5c 496a b535 1b5c8fb71190B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee 112
41wmfzcr0cl

中島らもの半自伝的小説。 とにかくアルコールを含んでから読もう。 時に恐ろしく何故か爽やかで、現実的であるにも関わらずどこかこの世では無い世界のようだ。

約1年前

4c1e3ad3 f2fe 4223 8b65 fd251e62c5beA1a7853d b225 46af a441 79d2ff2082bf15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf279944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e235482521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee39F62a482c 28ff 49eb 8937 36fd60cec3977c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4 30
51eywvhmspl

個人的にはヒットしなかったものの、笑いを除かれた本作は今までとは異なる万城目ワールドがある。 夢を見ている人、夢をあきらめた人どちらが読んでも琴線に触れるだろう。

1年前

90049a56 142a 4133 b389 c842e470feb671be520a 5897 4c18 bf30 3d806553ce79E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6a0fcb38d0 fe2c 4697 9a13 83cc59c626b23093beb7 8006 419a afcb 85a34b18a5567d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb 12
512ploaabrl

とことんフィクションのはずなのに現実よりも現実味を帯びている。嘘っぽくならない日本人の日本人感が絶妙。そして「本当にこうなっていたかもしれない」とあう薄ら怖さもある。

1年前

E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8C7ea8fa9 6e2f 4817 8cec 4368563e72e401f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a326714Ef6e85dc 7be1 48e6 8225 c32a0a38c9343fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a01629c4fe a3aa 4477 9b84 3e89b8c1bf262b7f5262 413e 48cf a754 5576cbe66c49 17
51bfhm1mlzl

四本足は良い 二本足は悪い

1年前

440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb858Ee9def6f 327c 4ccf a0fa f25ecabd77ddB2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b75cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc2767be50 ba1f 473b a7ae 265aefc0c1e9266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf9aaf8e8b 803a 4103 9d98 c4ac7ca9530f 8
61uf2mczobl

スペシャルなボディを持つ二人組の探偵リジー&クリスタル。 二人に舞い込む事件はどれも怪奇的であり、二人もまた… パロディとしての面白さとエンタメ的な楽しさを掛け合わせた作品。

1年前

48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd9698899e0f4a3 c14f 48c8 b653 b2ff5fd23c95
51a37bqugdl

かめくん、君はいったい誰なんだい?

1年前

51wgw17abnl

最初はゆっくりと、中盤から終盤にかけて怒涛の如く畳み掛けてくる。 夢を文章にするとそのおかしさが理路整然される訳ではなく、より混乱を極め読み終わる頃には脳みそがジンジンとして今夜寝るのが少し怖くなる。 恋愛として、スペクタクルとして、恐怖として読む事が出来る一冊。

1年前

5804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab11d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0Aa7ad5ad e0b5 4c99 af6b 11224a964a5aC13ad2aa 0abc 4a7a b501 04c97f4556b4B94ea14d 626d 4890 bc2b 4c22d2cad0ebD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
51suhndnxpl

ほのぼの宇宙人による地球調査ものの側面を持ちつつ、宇宙人から地球を見る事で普段見慣れている風景が異化される。それが自然としていてギャグとはまた違う。 抜け感のある絵柄が押し付けがましくなくカッコ良い。 妙な力の抜け方があるにも関わらず、次のシーンにはゾクッとしたり、惹きつけるセリフが出てくる。個人的に1巻から名作な臭いがしてたまらない。

1年前

A1a7853d b225 46af a441 79d2ff2082bf32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f6605be7eea 16b3 4b0a a029 0e432d12fa60C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373