F57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c

coh3y

79

コメントした本

ご本、出しときますね?

2017.05.17 人気作家さんの考え方や個性が見えて面白い。 テレビ番組を書籍化したものなのでサラッと読めて通勤のお供にオススメです。 毎回トークテーマに合った1冊を紹介してくれるので、新しい本との出会いもあって読書好きには1冊で2度も3度もおいしい感じ。

1年前

21a3a820 08a8 4ff4 891e 70ec812df7fb8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda645cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Edcd869d b717 48e7 88d8 8a04119e2b17Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82 12
生命の暗号

2016.09.16 生物学や遺伝学の本という認識で購入したが、読んでみると、科学者のエッセイという印象。

約2年前

35f513d9 0a49 4e51 a2df 9a9be2183997151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24178f9c1db 1a99 4056 b763 a5196229e1a8
夜は短し歩けよ乙女

登場人物が皆愛くるしい。

約3年前

8fcaf0da 77c7 4afd 8ee6 f3672ed4fc153575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bF0b55a11 3650 4c0c ba49 9c53b8f32c87A11727a7 c5d5 45b7 954e 4f3ef679b646B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 490
数学入門〈上〉

何故現在、算用数字は10進法なのか。時計は60進法なのか。 加減乗除の定義とかなにか。など、普段何気なく使っている数や算術。その抽象的で無機質な印象のあるものが、人間がつくった人間くさいものだと思える話がおもしろい。 代数学や幾何学の成り立ちやその歴史的価値、有用性もわかる。 数学とその歴史の本。

約3年前

A59c712a bbfb 47b4 ac04 9e58610879ddF958ed51 641d 4d66 b489 8519c3a146de
夫のちんぽが入らない

2017.05.09 「私は目の前の人がさんざん考え、悩み抜いた末に出した決断を、そう生きようとした決意を、それは違うよなんて軽々しく言いたくないのです。人に見せていない部分の、育ちや背景全部ひっくるめて、その人の現在があるのだから。」 最後の頁のこの文章が響く物語だった。 自分もその人の過去や他人に見せない現在がある事を忘れて、軽々しく傷つける事を言ってしまっているかもしれない。 苦しい物語だったけど、読後には少し他人に優しくなれるかもしれない。

1年前

4793b482 d9ae 49cc a4c2 6d27f6946c25D05045a1 60ae 4f74 9001 300ca26831abC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76Cc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b8892f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b51c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b72e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9 159
完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

ダ・ヴィンチで連載されていたコラムをまとめて書籍化した本。 文庫版での書き下ろしもあり。 ほとんどのコラムで最後の数行で、感情や思考が引きつけられるというか、持ってかれる感覚があった。 若林さんへの共感と羨望と憧れみたいなものが強くなった。 読み終えたばかりだけど、読み返したくなる本。

約3年前

52b7fc0d 3899 440d 9d78 8219f29968446ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8dIcon user placeholder6eb4f720 a3ce 4b44 8ea9 87cbe6c3be2b986d3e74 9bf1 489b 8457 b72eaaf71a76Bbd84f66 855e 46ac a809 047007f0424e6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 82
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

初めて読んだ村上作品。 会話文が英語の訳文のようで違和感を感じたけど、感情としてはリアリティがあって共感さえするところもあった。 比喩が巧みで、次々に情景や感情が頭に浮かんで読みやすく、綺麗な文章だと思った。 「表現力が豊か」というのはこういうことかなのかも知れない。 物語の余白の残り方も心地のいいものだった。 現実とそうでないものと人間の物語なのかなと思った。

約3年前

35797dc9 002f 4e81 a9f7 7058e54bec7a9b81abc1 14e5 45f5 8b14 332a3310952c406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97A9316faa 8c6c 4f2e 8766 595ca5b148a38892e6a4 72d5 4429 bf3b f93905558cfeF33fb386 d8f0 43cc b7b4 3ed5d67812afAad12195 04ed 4fd1 95b3 927eba40b4fd 123