843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a

0000

tokyo

tokyo

89

コメントした本

15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

まっすぐな文章だなと思った。 自分たちと自分を美化しない。 これまでのこととこれからのことを、ただ直向きに良い方向に向かうために、自分たちができることを考えて探して悩んで行動する。自然に軽やかに。 結果的に、障害があることで自分たちの本当の豊かさを探ることになったのかもしれないなと。 それまでに至る3人それぞれの苦悩や葛藤、かけがえのない出会いによる喜びは、本当にまっすぐ向き合ってきたんだなと感じた。 この人たちは恵まれている、普通はなかなかできないと思ってしまう自分がみみっちい。 少なくとも自分と自分の愛する人達に、どれだけ愛情と思いを注いで、覚悟を決めて腹をくくれるかということなのかもしれない。

7か月前

6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aIcon user placeholder56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c6dec539d 71d4 41f5 ac1b aa6f2b69326eIcon user placeholder0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a1 10
マリコ、うまくいくよ

3人の働く女性、悪意がなくても誰かにとっては不快になったり悩みのタネになったり。どれもわかるし、なんだかふつふつして、あぁ働くってホントにめんどくさいなぁと。 キィーー!ってならないのはえらいよね。みんな偉い。

8か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9937b06e9 c699 4f5e acd2 74674520b3f7F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51073520ad 76d6 42c6 a61a 577d771599c81f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faIcon user placeholderEf8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506 56
アートディレクションの「型」。: デザインを伝わるものにする30のルール

ふむふむと読んだ。改めてわかりやすいなぁと。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderB825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d496000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92051fcc823 3610 4c68 85fa b38de3ba02bfIcon user placeholder9f68bea2 f389 485d b42e 54ae996378f3 12
圏外編集者

どの業界だってバカみたいなことはあるし、それが嫌なら自分で好きなようにやるよ。(リスクも失敗もあるけどね)それが何か?みたいな。 うるせーうるせー、自分の面白いと思ったことやるんだよって。あー、爽快。そうだよなぁ。 「素人ができないことをできるかはわからないけど、素人ができない量はできる」ってところに、それだけではない自信とプロを感じた。 素人でもいいんだけど、ただの素人じゃできないよ。

1年前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff67eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a9e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd 40
往復書簡 初恋と不倫

なんともいえない会話の積み重ね。 楽しいのか楽しくないかはわからないけど、ずっと話していたい。しばらく話さなくなっても、思い立った時に話したくなる、考える前に話しかける、そんな関係。 すごいハッピーじゃないのに、とても心地が良い。 大事なことを横目で感じながら、どうでもいい中身のないことを話し続けられることの幸福さよ。

約2年前

Bbf0720c 5f05 432e b0af 65b9538cc1d653c115a0 3a83 4299 91d4 bd9e15151685Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8Icon user placeholderAd74c3c6 25d5 46f5 a4c7 6d4d33dc02300023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 143
きりこについて

私はキリコにはなれない。だったらどうやって生きていけばいいんだろうかと。 それでも私、それが私。いい加減受け入れろ、腹をくくれ。

約2年前

Icon user placeholderEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholder464938e3 95b2 43db 9726 682a03942986538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850fC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder 118
今日の人生

ホッとしたり、しんみりしたり、それも今日の人生。私であることも、きっとそれでいい。 装丁もすき。

約2年前

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Icon user placeholderIcon user placeholder3b97d3f5 99ed 4f93 9e21 0e2e465276daF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6Icon user placeholder 63
白いしるし

今まで自分の恋愛をちゃんと誰かに話したことなんてなかったなぁと思い出しながら読んだ。 当時は自分のことだけを好きにならない人といる惨めさやみっともなさを気づきたくなくて、自分は恋愛なんてしていなかったんだと自己暗示をしていたような気がする。 読み進めていくうちに、あぁ私は傷ついていたんだなと思った。すごく好きだったんだなぁ。 読み終わって、猛烈に誰かに今までのバカな盲目な話をしてバカだねぇって笑い転げたくなった。

約2年前

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6B4aeedb1 e717 48c6 8669 6127fa904669C415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715Icon user placeholder89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b4d34353f 9027 4ade 9365 7f8c5d5a4bd4 185
家族最後の日

読了。 かなわないもしかり、感情移入も没頭もせずに淡々と読む。 ...。 唯一は、他人の日記を盗み見ているような感覚。(まぁ、そういう本なんだけど) あぁこんなこと思っちゃっていいんだ。勝手だよ。何自分を繊細だなんて言っちゃってんの。この人こんなこと書いちゃったら大変だよ。 そう、嘘がない。それだけじゃなくてそこまで言わなくていいのにというところまで言ってるし、思ってる。かなわないに続いて、この本にも綺麗事はない。 読みながら、かなわないの自転車のくだりを思い出してた。 誰かと一緒にい続けることは、とてつもなく面倒だけど、やっぱりなんかいい。

2年前

84de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f44F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e95fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcIcon user placeholder 50
すべて真夜中の恋人たち

人と仲良くなる。誰かを好きになる。なんとなく、なんでかわからないけど、一緒にいたいとか話したいとか、その反対もあって。 自分の感情や存在がどこか他人事のように感じたり、なんで自分はいるんだろうとか人知れずぼうっと考えたりして、気づけば周りから随分離れたところにいるような気分になったり。 誰かにとっては嫌いで無意味、誰かにとってはとてもとても大切。そんなところでホッとする。 人と関わるのは、いつだってギリギリなのかもしれない。男も女も。 私も「くっきり、どうですか?」って聞きたい。

8か月前

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Cc0a6a0c 56f8 4fae 9105 bc862804331d3cf67b6c 4863 48d0 a14f f6c0d0ee755d3b97d3f5 99ed 4f93 9e21 0e2e465276daF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a00d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0 255
ここは、おしまいの地

本の中に絶えず漂う哀しみと愛おしさ。 こだまさんの書く文章は本当に好きだなぁと。 本の中に私がいる。ずっと「どうして自分なのか」と迷う私のかわりに、こだまさんが言葉にしてくれている気がした。 こだまさんが幸せであったらいいな。

1年前

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c65a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f768d40626 4601 4883 9a85 74361a8bde57D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b67a4da19 f67e 4437 80e7 764ce119951a62ed7732 5974 40ec 98d7 cd79f75533d0F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 33
超釈 日本文学の言葉: 名言名句辞典

超訳系はあんまり好きじゃないんだけど、次に読む本を選ぶ目的で。 宮沢賢治の言葉はやっぱり好きだなぁと思ったし、大江健三郎の「彼らは自分たちの地獄を確認し、「本当の事」を叫んでそれを乗り越えたのだ」はゾワゾワした。 樋口一葉も読みたいし、永井荷風も宮沢賢治も読み直したい。 物語の前後もわからないのに心にグッとくる言葉ってすごい。

1年前

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c37c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f67eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8aA306b33d 92d6 49a9 a62c a2e01b7dbaec
いのちのエール - 初女おかあさんから娘たちへ

野菜も生き物も、いのちが移るとき一時透明になる。

約2年前

センス入門

背筋伸ばして朗らかに生きます。

約2年前

990955f9 ed52 4796 8172 00610c34d61cE142bcbb 1caf 4073 85f6 ea67a358aabe0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326174912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4 42
いのちの車窓から

元気になりたい時、自分の思いがわからなくなった時、星野さんの本を読む。 ページをめくるたびに、心が少し軽くなるような気持ちになる。 心は朗らか、ちょっと悲しいことがあっても、気づけば顔がほころぶような。 ベッドの脇に置く。明日はこうやって過ごせますように。

約2年前

56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c49dff1b6 4b02 4925 bda0 8cd014519c603c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9cD9736957 aa8b 481c 9e90 cd5f3f71bcf26e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998fA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b 116
私のなかの彼女

心にいるかつて憧れや羨望できらきらしていた大好きだった人。才能の無さやそれが自分にとってどれ程大きくてなにかを犠牲にしたいたのかと気付いて、その結果なんにも大したことなかったんだと気付いた時の圧倒的な虚しさ。主人公だけじゃない、みんな誰かのせいにするし、所詮はそれぞれの物語の中で生きている。 頭を思い切り殴られるような虚しさ、ジリジリと締め上げられるような違和感、全編にわたる所在無さ、あぁ私をどうしたいんだ。 読む時期が悪かったのか、読んでるうちにしんどくなってきて、なんでこんなに苦しみながら読んでるのか、読まなきゃいけないと思ってしまうのか、ナゾの苦行のようになってしまった。 いつか万全になってまた読む。

約2年前

Icon user placeholder865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2199abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd6038f81a913 bd5a 406d 9e24 50bd171b204c61ec2bc0 997b 4e41 bfd2 e0819b8cf1b4 8
聖の青春

まさに将棋に命をかけた人生。自分の人生に命をかけるということ。壮絶な環境の中で、ただひたすら純粋に、ユーモアと愛に溢れていて、どんな場面でもなんだか泣きそうになってしまった。 読み終えた後はなかなか言葉にならなくて、今出てきた言葉も薄っぺらく嘘くさく感じる。 私はこんなにもなにかに愛と思いを注げられるのだろうか。

約2年前

4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a2Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c338136d98 c94e 430d a53d f2f109280f1f3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a2ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba63133270e 30cc 4284 b017 9912ef43e149Fc178239 1c1b 4b20 aea5 b12804f5458c 25
DRAFT宮田識 仕事の流儀

日々のモヤモヤと不安。くじけるな、腐るなと奮起させてくれる一冊。デザインは嫌いになりたくない。

2年前

B9e0e8c8 1377 4014 8749 fd3fc47c87fcBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd
夫のちんぽが入らない

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。 ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。 奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。 あぁ、なんて優しい人なんだろう。 どうかこだまさんがシアワセでありますように。 時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

2年前

37e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd6184de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f440f2a5473 5875 4d8b 8370 3fb294524e9004b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbDf851b61 fde5 4147 9e79 686ef2ff004762ed7732 5974 40ec 98d7 cd79f75533d0 167