F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬/80'…

広島出身/精神科医/カープ/競馬/80'名曲/ドライブ、旅行/エディックス

83

コメントした本

田村はまだか

ようやく読む機会に巡り合ったよ。いつまでたっても現れない田村を待ち続ける同級生たちそれぞれの過去を描きつつ…田村はなぜ来ないのか、田村は来るのか、田村は居るのか。

29日前

4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f027140402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a0070823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f257fb417 b5c6 4eff a179 2de89323a9dbIcon user placeholder01ffa45a 8d0f 46bb 8959 f4b7c29566b9 12
仮病の見抜きかた

タイトルだけ見ると、患者のウソを見破るコツのように思えるかもしれないが、そうではない。仮病に思えるような症状が実は稀な身体疾患だったり、患者の心の中に適切に入り込むことによって正体がわかる症状だったり。そんなショートストーリーで構成される。最初のうちは稀な疾患をたちどころに当てる出来過ぎの名医のように思えるが、当初の見立てが違っていたエピソードも含めれていて、なんかホッとする。患者、症状、疾患そして医師である自分自身への向き合い方を再認識させる好著。

約2か月前

新章 神様のカルテ

いつも言ってるけどこの作者の情景描写がとても好き。患者と家族と友のことを第一に考える医師が大学病院という理不尽の塊に身を置いてどうなっていくのか。理不尽の中にある大学病院の欠かせない役割にも触れ、地域医療の課題を問う。

4か月前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab675b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa30428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b365ce936c 3105 4242 9ffe be6478b7ed05687209d1 a652 4449 946e 049464bfe9399ccbcde5 a026 4162 b137 4503833c7b2c 13
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯

これほど奇想天外な解剖医・外科医が実際していたとは。最期まで既存の枠に収まらず学界と社会を振り回しながらも高い賞賛を得たハンターの生き様は刺激的。 ただ、解説は読まなきゃよかったと思うくらいヒドイ。

5か月前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cCf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf6F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
モンスターマザー: ―長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い―

文庫化していたので購入。なぜかこの事件はリアルタイムの記憶が自分になかった。母親側は裁判でことごとく負けたにもかかわらず、母親からの賠償金は未だに支払われておらず、弁護士からの謝罪広告も出されていないそうで、事件を終わらせない意図がうかがえていっそう虚しい気持ちにさせる。

7か月前

38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2E4f48709 401d 4265 b418 6514a8bf85cfIcon user placeholder63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc3026Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184C7540407 f1b1 4d80 9296 6420952a4a50Icon user placeholder 20
医者の本音

医師として、ほとんどがうなづける内容。医師という特殊な職業の人間の日常について真面目にかつユニークに描いている。最後は「命」「死」について読者に大きな宿題を与えてしんみりした読後感に浸れる。

7か月前

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6Icon user placeholderF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c
ブラック・ジャックREAL~感動の医療体験談~

石坂啓、小谷賢一、わたべ淳の前半3作が特に秀逸でした。

8か月前

サバイバー

【二回読む小説】ある日突然崩壊し壊滅してしまった首都東京。生き残ったわずかな人間たちのさまざまな行動を中心に描かれる。四章で構成されるがそれぞれの物語が微妙な接点で繋がっている。絡まってくる人物を知るために二回読みたくなる本である。

9か月前

イエロー・フェイス―ハリウッド映画にみるアジア人の肖像

25年前の本であるが、日本を含むアジア人がハリウッド映画でどう扱われてきたかを設定、キャスティング、表現などの側面から考察している好著。ステレオタイプとプロパガンダが主要テーマになるのだが、戦前戦中、経済摩擦、ベトナム戦争などあらゆるフェーズにおいて日本未公開を含む多数の作品から丁寧に解説してくれる。

11か月前

獄中で聴いたイエスタデイ

来日中に大麻所持で逮捕拘留されたポール・マッカートニーとたまたま同じタイミングで拘留されていた筆者が奇跡的に接点を持ったことを中心に語る自伝モノ。ポールとの共通点や相違点をやや無理やり絡ませているのが気になり、途中から自伝の箇所は飛ばし読みして出所後のポール絡みのエピソードのみ読んだ。

約1年前

野性伝説 羆風・飴色角と三本指 作:戸川幸夫 画:矢口高雄

木村盛武氏の「慟哭の谷」は以前読んだが、同じ三毛別羆事件を取り上げた戸川幸夫氏の「羆風」を劇画化。自然を描かせたら右に出る者がいない矢口高雄氏の華麗な筆致を得て、序盤からラストまで戦慄が止まらなかった。羆の本能、性格、心理状態まで細かく描かれている傑作。

約1か月前

ニムロッド

文藝春秋にて読了。繰り返し太字傍点で出てきたキーワードが何を指すものだったのか。

3か月前

29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc71543868 ad9a 4be5 a376 0029b7fa134eIcon user placeholderF43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfeD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholder 75
幻の国を売った詐欺師

19世紀に中米に架空の国をでっち上げて土地を売り国債を上場させた史上最大規模の詐欺師の実話。これだけの稀有な題材なのにいまいち引き込まれない文章、読みにくい文字ピッチで本として非常に残念でもったいない。

4か月前

なぜ、ナチスは原爆製造に失敗したか〈上〉―連合国が最も恐れた男・天才ハイゼンベルクの闘い

ハイゼンベルクを中心に、原爆開発に関わった物理学者たちの行動を追ったノンフィクション。ページボリュームや登場人物の多さから読むのにかなりのエネルギーを要した。下巻を読むかどうかはしばらくしてから決めたい…

6か月前

もし部下が発達障害だったら

上司を対象読者にした発達障害の書籍は希少であり、事例を通して具体的にわかりやすく書かれている。もちろん当事者や家族が読んでも役に立つ内容である。

7か月前

5be8cf4d 45aa 4434 81c8 2a4263b30f09Icon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1
アナザー・マインド ×1捜査官・青山愛梨

ひとりの女性の精神疾患が殺人事件の謎を解く鍵となる。

7か月前

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

#地元がヤバい本 衰退した「地方」を再生させるためにやるべきこと、やってはいけないことが小説形式で理解が深まる。過疎地にありがちな「人口を増やす」という無駄な政策には全く触れず、地域のしがらみや補助金という「麻薬」を振り切って地域内・地域外の人を巻き込み協働していく様が生き生きと描かれ、100を超える注釈も具体的。また、出来上がって軌道に乗った事業をどうやって維持し、次の世代に引き継いでいくかも大切なポイント。「未来が面白いと思えないならば、未来のことを決める立場にいてはいけない」はまさにその通り。

8か月前

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eCe2d667b 9eb1 4b40 b2b5 20dbb3d8eabe850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfeF4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186
毒

毒と薬は表裏一体。同じ物質でも濃度や用途などによって毒にも薬にもなることがわかりやすく書かれている。毒による事件や事故は背景も含めてかなり詳細に記され、著者の力の入れようがわかる。大麻に関しては、なんで必ずしも生活に必要でないものを違法なものをわざわざ合法化したがる人たちがいるのかと、その裏に何かあると匂わせており、ユニークである。

10か月前

虐殺器官

学会のシンポジウムで作者がテーマに挙げられていたのを聴いて初めて作者のことを詳しく知り、遅まきながら作品を手にした。SF小説自体ほとんど読んだことのない自分にとってミステリー性を帯びたとても新鮮な作品だった。ラストの主人公の行動に至る心理がわかりにくかったのは小松左京の批評と同感でちょっと惜しまれるが、近未来に決して絵空事とは言い切れない世界に入り込ませてくれる傑作である。

約1年前

96f02de3 0437 436a a3dd 3957e39e5c1219044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616 59
新薬の狩人たち――成功率0.1%の探求

ドラッグハンターたちの格闘の記録。彼らの着想と執念と奇蹟のおかげで今の私達の健康がなされていると思うと感動すら覚える。中でも登場人物が目まぐるしくリレーで繋がれるピルの話と、真の開発者がナチス権力のために黙殺されたアスピリンの話は秀逸。

約1年前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c13976c75 a143 46b8 b347 3db9ca2444ab978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c21ee74e27 23aa 42e3 8787 1620f1c712cb