Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

本、読む人の横顔も好きです。珈琲、おかし、本 があればどこでも幸せ。好きな本は平気で5回ぐらい読みます。

94

コメントした本

41x7foezdjl

はやく続きを読みたい。 掛け合いが絶妙。 キャラクターが立つなあ、って。 引き込むとこはグッと引き込む。

21日前

2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eFabd1fa8 7167 4e96 9258 45a647ff26646304906d 5021 4275 9d30 36f4aafc94d4Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd428bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
51bmzmyvmsl

期待して読んだら失敗した。 深読みしすぎず、普通の恋愛小説として読むべし。

約1か月前

Fabd1fa8 7167 4e96 9258 45a647ff2664D5660b20 3409 4b7e b10c fffc035155a1D3f6819b fbe7 4924 9282 b09a0911bc780bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561Fcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b875956a23 3f86 4cb4 85f9 3c2b7c3e59ea84b7f078 1707 4d7a 873b 96898bbba57b 15
410zewikn8l

本当のモンスターは心の奥底からくるもの。 蝕まれていると分かっていながらも拒絶できなくなる。 男性不信になりそうな内容でした。 大丈夫だけどね。

約1か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df749240966f a7ea 4f65 b7fd e5dd7d54a7540d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446b0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34F312a7e2 1bea 479a 80b7 4bcb99dc1df123b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5937a8833f0 8d09 4a4f b286 e647094a3ded 45
51cfhw1iwzl

京極さんは、初めましてでした。ドラマ1クール程の見応えがあります。独特の言い回しがあってそれが凄く魅力的だった。厭なほど現実的で人間らしい部分と、淡々と傍観する様な視点を織り交ぜながら物語が進む。こんなにも複雑なのか!!というぐらい翻弄された気分でした。読み終わりに、ほう、と一言。

約2か月前

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baE0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe2Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449703fa157 21bc 4774 bc01 ea0e5b1abd933d0cbb03 5b5c 496a b535 1b5c8fb71190D9aa0db7 a9ca 4c6f 9e84 ace0cdb1c39bB6b66e3c fa65 4ece 91b1 7ce1c7458ce4 21
41djjdvl2sl

ずっと気になっていたものの映画化、と出ると読みたくなくなる性なので、敬遠してた。ただ、最初のページでもう、面白いのが分かる。本当に面白かった。すぐに読み終わった。ずっと読まなかった事を悔やんだ。淡々とした語り口で進んでいく分、はらはらした。様々な角度からの告白、で感覚が変わっていく。

4か月前

092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f94ed2269a 9d6a 4d17 9c79 2612fea6e406Icon user placeholderB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba460195ff cd06 4aa1 9a6f f1ab51dbd6f6F4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b0A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922 56
51an3pr6mgl

サクサク読めた!文は割とライトだけど読了感はしっかり。あっちにいったりこっちにいったり色んな憶測が飛び交うのが楽しい。叙述系。

4か月前

0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf773c24176 cc32 4ee8 93c5 e4706a8d99997e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a584703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e313a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c 15
51cyhooueul

つれづれ、穏やかな毎日。 穂村さんに通ずるような部分を感じ、自分とは違う考えになるほど。となった。

4か月前

41m4ppma3zl

丁寧に、美味しそうに描かれている食事風景。憧れを感じつつ、自分もまた、食における幸せを感じている日々を有り難く思えた。様々な幸せが見える。こんなに簡単に、料理が、食材が美味しそうに想像できる本は他に無いと思う。リアルすぎず、比喩的でもない。内容も、表現も素敵だと思った。

5か月前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922A7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac889294de 5d3d 444f a915 802c336b64f4Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65A325154a a9cd 442f b75b 193af01b5cac 56
511v%2bq0tvyl

事実に忠実であるからこそ、噛み砕きにくい様な部分を感じ、難しい、と思った。理解しながら読み進めるより、知識を入れていくイメージで読んだ。ただ、これだけメッセージ性を持った本は初めてかも。芯が通った内容だと思った。”芸術の持つ力”に対するメッセージ。また、ピカソという人物について。

5か月前

34d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840Icon user placeholderB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6eeE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4B7e90e54 42cb 4ca0 836c ae07add5f9539620f395 e7c1 42bc 985b a7b96fc9b8ba52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f 29
51c%2bdygci4l

24歳。25歳まであと1年。身につけていきたいこと、こういう視線で、考え方で居れたらいいよ、みたいなことが書いてある。基本に忠実。普段スルーしそうなことを拾い上げ、丁寧に書いてある。取捨選択は自分で。と思うけど次の日から感覚が違う。影響されてるんだろな。作者のことは名前しか知らなかったけど素敵な方だなあ。と思った。

8か月前

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a896c75e19 b8fd 4660 9d62 c95f2fb5908c9ac8932c 8680 4ce3 81ac b2820f90912c5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1fDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554 8
41na n2ud3l

養老孟司がどんな人かも知らずに読んだ。独特な視点で説いていく。”死”に関する考え方や向き合い方が変わる。生=死 をわかりやすく。

28日前

51v%2babqw05l

一つの事件をノンフィクション作家が追っていく。 同じ職場、同級生...本人の証言、不可解な表情。 どこから見るのが正しい? どれが犯人の本当の姿なのか。 クライマックスの時に突然ばちん!と切られた様な感じでした。後に残っていたのは割と長めの解説...!! うわあ、やられた。 これが好きな人には「プリズム」がおすすめ。

約1か月前

07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169F312a7e2 1bea 479a 80b7 4bcb99dc1df128bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4Cfa6cdb2 66fa 4beb b02d 6667e25c0f86670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858 12
41t43drdcll

今朝読み終わった。通勤電車で手に取り、ベッドの中でも。主人公と周りの友人たちとの日々。季節によって、章が分かれている。大学1年生から、卒業まで。色んなことが起こるけど彼らにとって、それは日常でしかない。人生の一部分、ひと握りの思い出。 ”思い出は作ろうとするものじゃなくて、気がついたら思い出になっているもの” こんなに、リアルに日常を描けて、あー、わかるわかる。ってなるのは伊坂さんだから。ふっ、と日常のよさに気がつく。ほんとに好きな作家さん。 あと、私も麻雀を知ってたらなあ。と思った。

約2か月前

772c80bb 38db 46d3 9cdd 83dcd0ebcdabFabd1fa8 7167 4e96 9258 45a647ff26646ba86173 ebc2 4534 9e6e 45d909910ffcC9fd7e93 a96f 40f7 a00a 1d312bccfdcf883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e0409351aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb122b34e24 9d93 4736 b025 eb773a6c5fa0 90
512j3hftkxl

何もかも憂鬱な夜に ぴったりな本だと思った。 思ったより酷な内容だったけど、寄り添ってくれるような、不思議な本だった。夜更かししながら読むのがいいと思う。

4か月前

5acb2393 5a07 4cea b472 39b5f31161a59911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db20006206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c53e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f 52
51pnillo3bl

じんわりした。綺麗すぎなくていい。 ちょっと変わった2人、やりとりがすごく好き。 日常が思い浮かぶ。

4か月前

48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c288630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cIcon user placeholder1e5429e9 841c 4bb1 9aa6 0f887dd19903B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daB610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a4 11
51zfxh5nepl

結構グロテスク。あまりこういうのを読まない分、刺激的だった。うわあ、と思いながらもズンズン読み進めてしまう感覚(笑)終わり方に衝撃。内に秘める闇の深さを知る。

4か月前

7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f009b7e494 6ab2 4afe b328 9e314b3c1406263611a2 9b23 43a9 8a55 2d85ef2564ff78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaedD55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9B989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f46665d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc 54
41rg67w91jl

女性教師の死を多方面から推理。 まずは、クラスの子供達が犯人を探す。次の章はその犯人と思わしき人物の目線から。その連鎖で物語が続く。幾つもの視点から眺めると犯行自体が多面性を持ち始める。 気になる、気になる、でサクサク読めました。

4か月前

6cb987f6 b4ae 4c60 99e9 f8869242e347F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124B87d5eed c442 4bc4 acba 3b4fc707bf189e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
51noajpnoal

世界音痴という題名そのまま。世界に対して音痴。 なにか、狂っている。 作者も、読者もきっとずっと分からない。なにか。 日常の細かすぎる、うんうんわかるー。的な所から、この人何言ってんのぶっ飛んでんじゃないの。的な所まで。幅広な視点でクスクスじんわり笑える。 宙ぶらりんになった足元を、ところどころにある”歌”が地上に降ろしてくれる。

5か月前

Default profile normalBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b4b8d60b3 e1d9 4069 9dbe 101fd09670614a014dcc b7a9 41f2 9acb 3e78d921841a789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bb34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe 30
51krs7mj%2b6l

穂村さん好きなのでじわじわとしながら読んだ。

6か月前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75208aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485E49ccf3d 1a82 4348 a897 b15914fa7504C9019971 3512 4763 9c77 16ef5840772aBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03 44
51z fglonnl

”日常”好きにいいと思います。夏の昼下がりとかにアイスたべながらゴロゴロしながら読みたい様な。そんな雰囲気。かわいい、面白い。

8か月前

5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b62641d40 8225 4b31 8c35 c7c404b985f7C2ddccda cd8e 4a9f 8ada b03e408e23ba98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686032c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f668a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6B1ab7525 19bf 4a17 b3fd a6eb9c7fbe90 10