Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

本、読む人の横顔も好きです。珈琲、おかし、本 があればどこでも幸せ。好きな本は平気で5回ぐらい読みます。

86

コメントした本

512j3hftkxl

何もかも憂鬱な夜に ぴったりな本だと思った。 思ったより酷な内容だったけど、寄り添ってくれるような、不思議な本だった。夜更かししながら読むのがいいと思う。

約2か月前

9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db20006206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c53e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 51
51pnillo3bl

じんわりした。綺麗すぎなくていい。 ちょっと変わった2人、やりとりがすごく好き。 日常が思い浮かぶ。

約2か月前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c288630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cIcon user placeholder1e5429e9 841c 4bb1 9aa6 0f887dd19903B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daB610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a4B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 10
51zfxh5nepl

結構グロテスク。あまりこういうのを読まない分、刺激的だった。うわあ、と思いながらもズンズン読み進めてしまう感覚(笑)終わり方に衝撃。内に秘める闇の深さを知る。

約2か月前

B989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f46665d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc649f3f90 d3a0 4eba 8441 c5be6ac265e82466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e2236cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974537fcf704 8c07 467f bcfa a16fba82e5ae840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 49
41rg67w91jl

女性教師の死を多方面から推理。 まずは、クラスの子供達が犯人を探す。次の章はその犯人と思わしき人物の目線から。その連鎖で物語が続く。幾つもの視点から眺めると犯行自体が多面性を持ち始める。 気になる、気になる、でサクサク読めました。

2か月前

6cb987f6 b4ae 4c60 99e9 f8869242e347F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124B87d5eed c442 4bc4 acba 3b4fc707bf189e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
51noajpnoal

世界音痴という題名そのまま。世界に対して音痴。 なにか、狂っている。 作者も、読者もきっとずっと分からない。なにか。 日常の細かすぎる、うんうんわかるー。的な所から、この人何言ってんのぶっ飛んでんじゃないの。的な所まで。幅広な視点でクスクスじんわり笑える。 宙ぶらりんになった足元を、ところどころにある”歌”が地上に降ろしてくれる。

3か月前

789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bb34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe2fda01a9 7556 466c bf92 75dc28b01e915ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb9003ad9516 5af0 44e1 8878 936f6201f077 26
51krs7mj%2b6l

穂村さん好きなのでじわじわとしながら読んだ。

4か月前

8aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485E49ccf3d 1a82 4348 a897 b15914fa75045dcc60b8 4707 48e7 8e40 3a67c65f1ac2Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03E1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c 43
51z fglonnl

”日常”好きにいいと思います。夏の昼下がりとかにアイスたべながらゴロゴロしながら読みたい様な。そんな雰囲気。かわいい、面白い。

6か月前

5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b62641d40 8225 4b31 8c35 c7c404b985f7C2ddccda cd8e 4a9f 8ada b03e408e23ba98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686032c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f668a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6B1ab7525 19bf 4a17 b3fd a6eb9c7fbe90 10
41o%2bkkpr5pl

ディープな1冊を。 紹介してある本の中に”絶版”とかある。そんなの古本屋でもし見つけてしまったら...と、考えるとわくわくそわそわ、してしまう。期待を上回る深さと生半可じゃない内容。 古本好きに良いと思います。

6か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5934ee129cb 1c12 4919 9c34 fe08b62687b5E9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b87721ff227 6404 486e a136 194741a375b492b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c86889294de 5d3d 444f a915 802c336b64f4B531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c5 43
41ghtm1c2il

神に人生を弄ばれ、1日にして様々なことが主人公の身に起こる。でも、どんな逆境に立たされても予想外の結果を起こす。それでもやっぱり、運命は変えられない、のか。面白くてかなり笑えるけど、大事なとこはクッとくる。いい本。

9か月前

4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d635356eed120 4264 4b9d b3ee 8a4fa43a4606C7d1a9c2 3f3f 4c55 ade7 a40b93fb2e4b5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f
51%2bpx9t8vnl

読み易かった。時間もかからずスラスラ読めた。すとん、と落ち着く場所が人によって違うだけでそれをとやかく言う必要なんて無いのだな。人と形は違うが、彼女は幸せを手に入れた。と思う。読者の望むハッピーエンドと主人公のハッピーエンドはきっと違うけど、それもいっか、って思えた。主人公があまりにも冷静すぎてシュールな部分が面白かった〜(笑)

12か月前

6210b55b a559 4fe6 9419 55dfdd817aa4006b57b4 fea8 4d00 ac9e c75f9078ff527cd26ebb ff38 4410 9cac 725cf9c93fa823c1a4e4 b77d 4a1d 914b a51edf94a3e995ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef1488fa777 5208 42d1 a780 fcf82b0a4342D59b722c 7730 44db af95 b9fe5a3563ce 223
41djjdvl2sl

ずっと気になっていたものの映画化、と出ると読みたくなくなる性なので、敬遠してた。ただ、最初のページでもう、面白いのが分かる。本当に面白かった。すぐに読み終わった。ずっと読まなかった事を悔やんだ。淡々とした語り口で進んでいく分、はらはらした。様々な角度からの告白、で感覚が変わっていく。

約2か月前

4d712129 d1e8 47b5 9bf7 ffb4e20c6dd195ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef19a49ad8e 7802 41d9 a664 8ac3c00284280102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34Be702c39 77a6 491b b4d8 8a255159b7f51a58a418 9404 4011 85da d661916a181fE101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd 46
51an3pr6mgl

サクサク読めた!文は割とライトだけど読了感はしっかり。あっちにいったりこっちにいったり色んな憶測が飛び交うのが楽しい。叙述系。

約2か月前

73c24176 cc32 4ee8 93c5 e4706a8d99997e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a584703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e313a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cC0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc 14
51cyhooueul

つれづれ、穏やかな毎日。 穂村さんに通ずるような部分を感じ、自分とは違う考えになるほど。となった。

2か月前

41m4ppma3zl

丁寧に、美味しそうに描かれている食事風景。憧れを感じつつ、自分もまた、食における幸せを感じている日々を有り難く思えた。様々な幸せが見える。こんなに簡単に、料理が、食材が美味しそうに想像できる本は他に無いと思う。リアルすぎず、比喩的でもない。内容も、表現も素敵だと思った。

3か月前

A7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac889294de 5d3d 444f a915 802c336b64f4Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65A325154a a9cd 442f b75b 193af01b5cac94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c1320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe1 54
511v%2bq0tvyl

事実に忠実であるからこそ、噛み砕きにくい様な部分を感じ、難しい、と思った。理解しながら読み進めるより、知識を入れていくイメージで読んだ。ただ、これだけメッセージ性を持った本は初めてかも。芯が通った内容だと思った。”芸術の持つ力”に対するメッセージ。また、ピカソという人物について。

3か月前

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4B7e90e54 42cb 4ca0 836c ae07add5f9539620f395 e7c1 42bc 985b a7b96fc9b8ba52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dEfb2fa19 33b3 4f9d ba24 6582749e7ee5 26
51c%2bdygci4l

24歳。25歳まであと1年。身につけていきたいこと、こういう視線で、考え方で居れたらいいよ、みたいなことが書いてある。基本に忠実。普段スルーしそうなことを拾い上げ、丁寧に書いてある。取捨選択は自分で。と思うけど次の日から感覚が違う。影響されてるんだろな。作者のことは名前しか知らなかったけど素敵な方だなあ。と思った。

6か月前

9ac8932c 8680 4ce3 81ac b2820f90912c5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1fDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554
51hoebf7ezl

どのページめくってもびっっっしり。コインロッカーで産まれたハシとキク。それぞれの目線を通して、経験を経て。目まぐるしい世界に翻弄されるのか、世界を翻弄させるのか。1980年初版。2017年でも充分読める。がっつり読書したい人に。読み応えあります。

6か月前

9437c007 975d 417c abab 9115cb6284143e5a861f ddb9 4a39 9299 7c48f216d222047665a9 9974 462f a98f ba30f581ed153e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82fE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 34
41q7xp1l1ql

現代社会。 どこにでもありそうな話、リアルだと思った。意識して生きていかなければ、と何かに駆られる感覚を持った。

8か月前

Ec9c9d47 ef31 454d 9f0f 0aa8517d290260c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d5e7cb889 5eaf 4107 821e ac25adff9649F5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c12Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60396b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5 72
51zeuofg rl

じとり、じとり、と音がする。逃れたい気持ちとは裏腹に吸い込まれていく。

10か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593970c24ba 836d 439c 84f5 ed43be83f8d0705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f92466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bA1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e 80
51mswfpx5ml

柔らかくて、寂しくなる。 ところどころ、ページの最後の一文が良い。たぶん、ハッピーエンドなのかなあ。 いつかまた手に取ると思う。

11か月前

8819ef64 91d0 4e81 b1c4 a73cf82d2b0a5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6Fe43a628 2b3a 4ce6 9bca 96ee125309df34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6094ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa 39