Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

本、読む人の横顔も好きです。珈琲、おかし、本 があればどこでも幸せ。好きな本は平気で5回ぐらい読みます。

80

コメントした本

51cyhooueul

つれづれ、穏やかな毎日。 穂村さんに通ずるような部分を感じ、自分とは違う考えになるほど。となった。

14日前

41m4ppma3zl

丁寧に、美味しそうに描かれている食事風景。憧れを感じつつ、自分もまた、食における幸せを感じている日々を有り難く思えた。様々な幸せが見える。こんなに簡単に、料理が、食材が美味しそうに想像できる本は他に無いと思う。リアルすぎず、比喩的でもない。内容も、表現も素敵だと思った。

29日前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65A325154a a9cd 442f b75b 193af01b5cac94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c1320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe172106345 b50e 4add 8b7f b75f9f636a24Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7 52
511v%2bq0tvyl

事実に忠実であるからこそ、噛み砕きにくい様な部分を感じ、難しい、と思った。理解しながら読み進めるより、知識を入れていくイメージで読んだ。ただ、これだけメッセージ性を持った本は初めてかも。芯が通った内容だと思った。”芸術の持つ力”に対するメッセージ。また、ピカソという人物について。

約1か月前

568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dEfb2fa19 33b3 4f9d ba24 6582749e7ee5Cef6176c 98d3 466f ae61 5dbed5df7820De6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad445807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1 22
51c%2bdygci4l

24歳。25歳まであと1年。身につけていきたいこと、こういう視線で、考え方で居れたらいいよ、みたいなことが書いてある。基本に忠実。普段スルーしそうなことを拾い上げ、丁寧に書いてある。取捨選択は自分で。と思うけど次の日から感覚が違う。影響されてるんだろな。作者のことは名前しか知らなかったけど素敵な方だなあ。と思った。

4か月前

9ac8932c 8680 4ce3 81ac b2820f90912c5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1fDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554
51hoebf7ezl

どのページめくってもびっっっしり。コインロッカーで産まれたハシとキク。それぞれの目線を通して、経験を経て。目まぐるしい世界に翻弄されるのか、世界を翻弄させるのか。1980年初版。2017年でも充分読める。がっつり読書したい人に。読み応えあります。

4か月前

06ba9ff7 673a 4bbf aaf7 df87a9ef435f3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82fE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d6dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791bB0cbcc59 1285 4231 8031 9bc0f61e71ef 32
41q7xp1l1ql

現代社会。 どこにでもありそうな話、リアルだと思った。意識して生きていかなければ、と何かに駆られる感覚を持った。

6か月前

5e7cb889 5eaf 4107 821e ac25adff9649F5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c12Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60396b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b588630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c8d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc183 70
51zeuofg rl

じとり、じとり、と音がする。逃れたい気持ちとは裏腹に吸い込まれていく。

8か月前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bA1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c70b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d76f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa 75
51mswfpx5ml

柔らかくて、寂しくなる。 ところどころ、ページの最後の一文が良い。たぶん、ハッピーエンドなのかなあ。 いつかまた手に取ると思う。

9か月前

8819ef64 91d0 4e81 b1c4 a73cf82d2b0a5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6Fe43a628 2b3a 4ce6 9bca 96ee125309df34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6094ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa 39
41oy1r57vxl

可能なのか...信じていいのか不安になりながら読み進めた。香月からの手紙を読むのが一番楽しかった。結末に関しては、何とも。

10か月前

B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791b28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef3181e4f682 8e6d 4f66 bddf 4d6a24619724Cf9134ff 53c0 4a6f a094 0a873610ce52B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243 19
51xm8gt2g3l

主人公はサラリーマン達。沢山の葛藤を見て、自分の父と少し重ね合わせてしまった。世のお父さん方、いつもおつかれさまです。と声をかけたくなる。煩悩も垣間見られるのでおもしろかった(笑)

11か月前

91cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb25b9f30c 0dae 45f2 99ba 957cfe3afcfb90f6b286 7836 493e b0d5 4bd9739068d228bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d211
41rg67w91jl

女性教師の死を多方面から推理。 まずは、クラスの子供達が犯人を探す。次の章はその犯人と思わしき人物の目線から。その連鎖で物語が続く。幾つもの視点から眺めると犯行自体が多面性を持ち始める。 気になる、気になる、でサクサク読めました。

14日前

6cb987f6 b4ae 4c60 99e9 f8869242e347F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124B87d5eed c442 4bc4 acba 3b4fc707bf189e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
51noajpnoal

世界音痴という題名そのまま。世界に対して音痴。 なにか、狂っている。 作者も、読者もきっとずっと分からない。なにか。 日常の細かすぎる、うんうんわかるー。的な所から、この人何言ってんのぶっ飛んでんじゃないの。的な所まで。幅広な視点でクスクスじんわり笑える。 宙ぶらりんになった足元を、ところどころにある”歌”が地上に降ろしてくれる。

約1か月前

789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bb34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe2fda01a9 7556 466c bf92 75dc28b01e915ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb9003ad9516 5af0 44e1 8878 936f6201f077 26
51krs7mj%2b6l

穂村さん好きなのでじわじわとしながら読んだ。

約2か月前

60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485E49ccf3d 1a82 4348 a897 b15914fa7504309e23d1 2ec6 4943 91de 38899819fe1fBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03E1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c24ee37b3 d336 4ae0 9ee6 87bc0b59a256 42
51z fglonnl

”日常”好きにいいと思います。夏の昼下がりとかにアイスたべながらゴロゴロしながら読みたい様な。そんな雰囲気。かわいい、面白い。

4か月前

62641d40 8225 4b31 8c35 c7c404b985f7C2ddccda cd8e 4a9f 8ada b03e408e23ba98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686032c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f668a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6B1ab7525 19bf 4a17 b3fd a6eb9c7fbe90961714b0 fd98 4bcb 8395 381a7e7704dd 9
41o%2bkkpr5pl

ディープな1冊を。 紹介してある本の中に”絶版”とかある。そんなの古本屋でもし見つけてしまったら...と、考えるとわくわくそわそわ、してしまう。期待を上回る深さと生半可じゃない内容。 古本好きに良いと思います。

4か月前

Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb4e3a4c63 08ba 43a2 b52c 02ebacf6d6ae3e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf06887c9c0eff 5a0d 4f39 a6d5 eb097b0c1351 33
41ghtm1c2il

神に人生を弄ばれ、1日にして様々なことが主人公の身に起こる。でも、どんな逆境に立たされても予想外の結果を起こす。それでもやっぱり、運命は変えられない、のか。面白くてかなり笑えるけど、大事なとこはクッとくる。いい本。

7か月前

4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d635356eed120 4264 4b9d b3ee 8a4fa43a4606C7d1a9c2 3f3f 4c55 ade7 a40b93fb2e4b5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f
51%2bpx9t8vnl

読み易かった。時間もかからずスラスラ読めた。すとん、と落ち着く場所が人によって違うだけでそれをとやかく言う必要なんて無いのだな。人と形は違うが、彼女は幸せを手に入れた。と思う。読者の望むハッピーエンドと主人公のハッピーエンドはきっと違うけど、それもいっか、って思えた。主人公があまりにも冷静すぎてシュールな部分が面白かった〜(笑)

10か月前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00160c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbA0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456efBc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5bFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485 186
41awjivj5wl

やっぱりいいなあ、と思える。気が向いたらパラパラと読む形で進めていったけどそれでもつながる。

10か月前

8f927ae5 81af 44c7 93f0 a1f7956e3b9a9bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b2B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f40c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad78a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f46d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e 47
51jib5%2bhpjl

ヤクザが出版社。案外可愛い。皆大切にしたい物は一緒で、アプローチの仕方が違うだけなんじゃないかと思った。

10か月前

9ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b665df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd543a90241f 368a 479d b478 4026c384e02b7d9d00ec caf5 4cf6 aaf2 62048a4b367aEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6A2bb65ce 302d 4b26 a15d 87d88b924a8a078ff63d ae7a 475e 96ec 7cc0e65a41cb 10
51%2b7hvas7xl

朝起きたら虫になってた、って所からスタート。ぶっ飛んでるなと思った(笑)違和感を持ちながらも、なんだか先が気になってしまって読み進めた。古い作品だからか言い回しが独特。そこに魅力を感じたし”含み”を多く感じた。1人が変わることで周りも変わっていく。気がついたら全員が変身していた。

12か月前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fDecb3530 dca2 4b25 8442 42032994de3c5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f006b57b4 fea8 4d00 ac9e c75f9078ff522b7cc37e be2d 492e 8edb fe70557bb3a03bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de0b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d7 57