F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

旅好き。読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、演劇とかミュージカル鑑賞もすきー。留学経験あり。もう社会人6年目で転職して1年。本も好き、漫画も好き。コミックエッセイのコメントもよく残してます。

92

コメントした本

わたし、39歳で「閉経」っていわれました

たかはしみきさんのコミックエッセイが昔から好きで、結婚式から2人暮し、妊娠、出産、子育て、子どもとのお出かけと経てずーっと追ってきていました。 次は何テーマだろうと思ったらまさかの閉経。まさかの内容でとてもびっくりしました。 でも読んでいて「私絶対予備軍だ…!」と思いました。全然知らなかったのですが、このエッセイによると20代では1000人に1人、30代では100人に1人が早期閉経と診断されるそうです。これから結婚や出産を考える側の人間としてはたまったもんじゃありません。できることから予防していこうと、背筋が伸びる本です。

5日前

年の差夫婦はじめました。 1

友人がそこそこ年の差のある方とお付き合いをしていて、実際のところどうなのかなって思っていたら、こんなコミックエッセイに出会ったので読んでみました。 正直、同世代の人と恋愛&結婚するより色んな問題もリスクもあるんだなと思いました。でも、それでも一緒にいたいのであれば、この二人のように一つずつ計画を立てていくしかないのだと思います。 決してただのラブコメではないです。結婚相手が同年代だって年の差だって、どちらにしろ結婚するうえで大事なことが書いてあると思います。結婚を考えてる人は一度読んでみてもいいかもしれません。

7日前

メガネと放蕩娘

市役所公務員のお姉ちゃんが、長年音沙汰なかったのにフラッと出戻りした放蕩娘な妹と、実家の本屋さんがある寂れてしまった商店街を何とか再生させようと奮闘するお話です。 何が面白いって商店街のその仕組み!何でシャッターをしめるのか、何故新しい店子を入れないのか、今寂れてしまっている商店街の現状とその理由を楽しく勉強できます。 あとお姉ちゃんがどこにでもいそうな最初の一歩が踏み出せないアラサー女子な感じも好きです。自分は彼女より行動力ないので刺さるところもありますが、かなりリアルな主人公でした。 近所や地元に商店街がある人にはぜひ読んでもらいたい!商店街って今こうらしいよ!!

9日前

3825e242 399e 471e a274 40045529ccafIcon user placeholderIcon user placeholder5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beB801fb69 8df2 47de af65 b9071c9a84825faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c
ボクの針は痛くない

著者であるshin5さんのTwitterをフォローしていて、ハリネズミのフォトエッセイが出ると知り購入。 もうハリネズミがびっくりするほど可愛い1冊です笑 文章も優しく心に沁みますが、それより写真のハリネズミが可愛くて可愛くて。。笑 帽子かぶってる写真やパイナップルの浮輪でコロンとしてる写真が好きです。 はぁ〜、ハリネズミって可愛いよねぇ(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

8か月前

ガイコツ書店員 本田さん 3

1巻から大好きでずっと続きを待ってました!しっかり発売日に買いました。 私は最近まで気がついていなかったのですが、これってネットで連載してたんですね笑 そして、今巻の最後のお話が最終回の予定だったんですね笑 でも、アニメ化が決まり、連載の続行が決定したようです。とっても嬉しい((∩´︶`∩)) 本屋さんって実際は大変なんだなぁ、本好きだけど書店員には向いていなさそうだ。。なんて思った3巻ですが、それでもやっぱり本屋さんが好きです(*ˊᵕˋ*)

10か月前

おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活 四季の野菜レシピ

おひとりさまの1ヶ月食費2万円生活シリーズ第2弾。第2弾は四季の野菜レシピです。 料理をしなきゃならない時期に1作目と出会って、本当に簡単な料理が載っていてとても気に入り、最近2作目が出たので購入。 相変わらず「あぁ、これなら私でも作れそう!」というレシピがずらり(^^) そして1つ料理を作るのにかかる金額と時間が載っていて、さらにそれぞれで索引できるので、普段料理しない人でもとっつきやすいんじゃないかなぁ。今回は外食やスタバ、パン屋さんとの付き合いも描かれていて、自炊だけじゃない生活も垣間見れます。 今はまだ秋だけど、鍋料理をそのうち作りたいなぁ。。(´﹃`*)

10か月前

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholderCb03afce 248d 465e 9655 aa926485f445
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 体験編

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第4弾。第4弾は体験編です。 他のシリーズでは見て惚れ惚れする絶景が多く載せられていたんですが、この本では飛んでみたり、飛び降りてみたり、泳いでみたり、自分でアクションを起こして初めて見れる絶景や、楽しい瞬間が載っています。 この本は正直、写真よりコラムの方が読み応えがあります。だって、体験編だもの笑 体験した感想が詳しく記載されている方がよりイメージが湧きやすいです。ドルフィンスイミングも、ランタン体験も、カウントダウン体験もどれも本当に楽しそう!٩(ˊᗜˋ*)و やっぱり見るだけじゃなくて、参加するのが楽しいよなぁ、旅は(*ˊᵕˋ*)

10か月前

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第2弾。 第2弾は日本編です。 第1弾にも日本の絶景は含まれているのですが、こちらでは日本だけの絶景が記載されています。47都道府県全てとは言えるのか微妙なところではありますが、ほぼ全てを網羅されていて、日本にはこんなに綺麗なところがたくさんあるんだなと読んだ当時驚きました。 私のイメージでは日本の王道の絶景って言ったら、桜、富士山、花火とかで、そういう情報ももちろん載っています。でも、海外に行かなくても星空なの綺麗なところ、棚田の綺麗なところ、気球が飛ぶところ、船が浮かんで見えるところが日本にもあるんです。そういう情報も教えてくれて、尚且つ絶景に魅せられる素敵な写真がたくさん載った1冊だと思います。

10か月前

2b0bf842 56ac 4324 afcf 38309cde08c36cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholder22529c67 ba6c 44f5 bd05 90d2292fd7f3E12e4178 f804 41e0 ad5b 1cfabb38e69b6001fd37 d4fb 4712 96b9 e4cec836606c023f810b 8a17 4ff8 a98c 5535a201dd73 15
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 新日本編

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第5弾。第5弾は新日本編です。第2弾も日本編なのですが、そことは違う絶景が新たに載っています。 写真はいつもと変わらずのカラーで。何となくいつもよりコラムが多い気がしました。私は詩歩さんの文章が好きなので、結構嬉しかったです笑 あと絶景ポイントが、いつでも見れるものじゃなくて、ちゃんとタイミングを狙わないと見れなさそうなものが多かったかな。でも、秩父でも雲海が見れるなんて知らなかったし、近いうちに挑戦してみたい! 気軽にふらっと行ける場所ではありませんが、今まで知らなかった日本を知れる1冊になっていると思います。

10か月前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholder
女一匹シベリア鉄道の旅

女一匹シリーズの1作目。3作目のコメントを書いたので、ついでにこちらも。 私自身、ちょっとマイナーな場所へ旅行に出ることが多々あるのですが、シベリア鉄道の旅を選んだことはなく。ものすごく興味を惹かれて発売された当初に購入。 3作目と一緒で、シベリア鉄道に乗ってる間のコミックエッセイです。3作目と違うのは、観光はあくまで最初の部分でしか触れられておらず、あとはシベリア鉄道で出会った人たちとの触れ合いが描かれています。出会う人々の優しそうな雰囲気、出てくるご飯の美味しそうなこと、絵と文字も優しくて、ロシアには行ったことがないけれど、ロシアの優しさが溢れる一冊になってます。 あれから時間は経ちましたかが、今でも大好きな1冊です。

10か月前

6e3b8e7d e7bf 4949 8ebc 068bd919a300E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed467eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 10
年の差夫婦はじめました。 2

つい先日読んだ漫画の続き。 本巻は、年の差夫婦ならではのお話で、メインは子育てと介護の同時並行です。 まあ、一つ一つ分かれて書いてあるのであまり同時並行感はないのですが。。でも、子育てをしつつ親の介護をっていうのは自分の年ではまだあまり考えられないかな、と。 いいなと思ったのは、どちらについても心穏やかに書かれているところ。どちらも実際はとても大変だと思いますが、自分がそうなった時この漫画のように心穏やかに対応していければと思います。

6日前

さめない街の喫茶店

主人公はスズメという名前しかわからない。年齢も、どこから来たのかも何もわからない。記憶喪失とも違う摩訶不思議な状況で、不思議な街ルテティアに迷い込む。 ルテティアの人々はとても優しい。そんな街の人に呼応するようにスズメの作る料理がとても優しい。何もわからなくてもそれでも何も困ることはないと、優しい人々に美味しいものを振る舞う物語です。 スズメの作り出す美味しそうなお菓子と街の人が作ってくれる美味しそうなご飯は本当に本当に自分で作ってみたくなる…!もう匂いが本から漂ってくる…!現実世界でスズメに出逢いたい!!

8日前

F518366e 98c4 461f 839e d2bcd474e2ecIcon user placeholder53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e20ccc15a0 4812 4adf b693 8e3646af2e7dIcon user placeholderIcon user placeholder9da95b2e 9635 45ca 88cb 66ee2d06b8ad 18
三人屋

美味しいご飯が出てくるご飯がもともと好きなのですが、あらすじを読んだら「朝昼晩で3姉妹がそれぞれの時間帯にそれぞれ違うお店を出している」という面白そうな文句に惹かれて、読んでみました。一つ一つはなんてことない素朴なご飯なのにとっても美味しそうで、ご飯の描写が上手です。登場人物についても実在しそうな弱くてひねくれててそれでも優しさを求めてしまう人ばかり。嫌な空気を纏う回もありますが最後は人の大きな優しさを感じる物語でした。

約1か月前

515ec073 8e79 4fde b30b 6e52bf9836acD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8
世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話

本屋さんで一目惚れして買った一冊。 本作は、全世界にある書店(ほぼアメリカだけど笑)にまつわる短いお話を、そのお店のイラストとともに紹介しています。絵が温かみが溢れていて、本当に素敵なんです。 ここで紹介されていた本屋さんの中に、留学していたところの本屋さんがあげられていて、もう大興奮笑 でも、本屋さんの中は全然思い出せなくて笑 またそのうち行かなきゃー(^^)笑 他にも船の本屋さんとか、ハリーポッター階段のモデルの本屋さんとか、屋外の本屋さんとかたーくさん紹介されているので、やっぱり旅行に行ったら本屋さんは覗かなきゃダメだな、なんて思いました笑

9か月前

C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb196d2e566 ed48 4f26 a12a 2d7d49f2243a751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59dD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef319886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c639debcd 0dab 4134 8500 ba86c4fece06Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5 36
おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活

おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活シリーズ第1弾。 先日2作目について書いたので、こちらも。 2作目同様に、お安く簡単に自炊しましょーというコミックエッセイです。この本が出た当時、頻繁に料理をしなければならなくなって、ここからいくつか作ってみました。生姜焼き、ささみのトマト煮、肉味噌とか。全部簡単に美味しくできたのでよく覚えてます(^^) 今は自炊の必要がなくなったのですが、お家で美味しいご飯が食べれるっていいよなぁと思うのです。そしてそれは安いに越したことはない笑 簡単にパパッと美味しいものを!と思った時に開いてほしい1冊です( ´ ▽ ` )ノ

10か月前

Icon user placeholderFe02d713 137e 4a4d 98aa 11fca04f68403541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50D9405a75 a2fe 452a 9aed eadb1a2530cbB1445e90 41b3 4dfe 85a0 da05fc4e930e158e842f b43a 4f7f a8fa 7ff30466cab4F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 14
ヨーロッパたびごはん

絵が綺麗で美味しそうだったので、思わず購入笑 実際背景の絵が綺麗でそれぞれの国のご飯も美味しそうでした。 著者は旦那さんと一緒にドイツで暮らしています。お二人でちょこちょこ旅に出ているようで、そこで出会った美味しいご飯を紹介してくれるコミックエッセイです。 コミックエッセイって特別なシーンでしか手の込んだ背景とかあまりないイメージなのですが、この本は全ページ細かなところまで描き込まれていたように思います。人によって好みは分かれそうですが、私はこういう作風が結構好きなので、楽しんで読めました。あと何より、ご飯を美味しそうにかけるこの画力も素敵だと思う! お店自体は有名なところではなく、市場や地元に根付いたお店がよく出てくるのですが、それもまた旅の醍醐味だとと思うので、ヨーロッパへ旅行に行く方は是非一度読んで見てください(^^)

10か月前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa68603e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 ホテル編

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第3弾。 第3弾はホテル編です。 著者である詩歩さんの言う通り、私にとってもホテルは寝るための場所であり、安ければ安いほど魅力的でした。(とは言えできれば安全安心な綺麗なホテルがなおよし笑)けれど、色んなところで色んなホテルに泊まるにつれ、やはり高い方がいいホテルに違いなくて、尚且つ特典が多いことがわかってきました。特典は、料理が美味しいとか、部屋数が多くトイレもたくさんとか、ホテルによって様々ですが、絶景が特典のところもあります。そんなホテルが収められている一冊です。世界中の様々なホテルが載っています。 世界中のホテルが載っているけど、私が一番行きたいのは星野リゾート笑 星野リゾートも素敵な写真が載ってます!あと、インフィニティプールはシンガポールのあの有名なホテルだけではないんだなと思いました。最後に載っているインフィニティ温泉にいつか行ってみたいです(*ˊᵕˋ*)

10か月前

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ、第1弾。5弾を先日購入したので、せっかくなので1冊目から読み返してみることにしました。 5作目と比べてみて驚きました。5作目はずいぶん情報量が増えたんだなー!と笑 基本的なシーズンとか行き方とかそういうものは変わらず記載されているけれど、1作目の方が少しシンプルでした。そして、こちらの方がそのシーズンに行けば見れそうな、そして雄大な大自然がメインの王道絶景が多いように思います。って言ったって、行くのは難しいですけどね笑 日本の絶景もちょっと含まれているので、初めてこのシリーズを手に取る方にはやはり1作目が一番いいのではないでしょうか(^^)

10か月前

F5ad837f e27c 4c48 b929 e8a0fb0fdab2926485dc 74c3 49b6 8657 15353b06887366acd6b8 0e64 429b 8736 e53e11089f99243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc57f2b2e65 8fbb 4f3a ac4a d3b03f83111d95ada2e4 a73b 4a08 9585 fcd73dc4de66Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 14
女一匹シルクロードの旅

女一匹シリーズ2作目。1作目で、織田さんの絵と文章が大好きになり、2作目も発売されてすぐに購入しました笑 本作は、中国からトルコまで渡り歩く様子が描かれています。女一匹シリーズ全てに言えることですが、観光地を紹介しているのではなく、そこで出会った食べ物や人々を切り抜いていているので、どこどこの観光地が有名とかはあまり分かりません笑 でも、その場その場で体験する公共のお風呂とか、その地独特の食べ方とかそういう文化を教えてくれます。 そして何より、人の暖かさに一番焦点が当てられています。私が好きなのはカザフスタンで出会う人々。あとがきにも書いてありますが、言葉がわからないはずなのに普通にコミュニケーションを取っていたそうで、本当に楽しそうな絵が並びます。 それぞれの国にとても優しい印象が伺えて、いつか行ってみたいなって心から思える作品です。

10か月前

女一匹冬のシベリア鉄道の旅

女一匹シリーズ3作目。1作目から好きで、いつの間にか新作が出ていて、慌てて購入しました笑 1作目と変わり、今度は日本から電車と船とシベリア鉄道を乗り継いで、首都モスクワへ向かいます。計3週間にも及ぶ旅の様子が、1冊にまとめられています。 1作目との大きな違いは、シベリア鉄道で途中下車をするところ。度々途中下車し、ロシア観光を楽しんだり、現地の人たちと触れ合ったりされています。特に素敵だと思ったのは、ロシアのおばあちゃんアイドルグループに会いに行くところ!おばあちゃん達も素敵で格好いいんですが、そこで出会う家族が素敵すぎる。 ロシア人って今までの人生で出会ったことなくて、何となく冷たいイメージが強いんですが、このシリーズを読んでからは、いつかシベリア鉄道に、いつかロシアに行きたいと思ってます。ご飯美味しそうだし!笑

10か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69618cf8b0a 4280 4bf2 bb9f 5f61d13f9c19