454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

読んだ本の記録。

92

コメントした本

PK

これはもう一度読まないとわからない。。 付箋をしっかり掴んで、考えて、読むのが好きな人はすごくおもしろいと思う。ムムム

10日前

B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa965757b6 50e2 418e 8b33 a8e9f7b5aff57654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1fCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709333d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 42
星がひとつほしいとの祈り

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

3か月前

47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Cfc58a72 6cff 473c 8bf1 a01fe04cc01b434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90Icon user placeholderA32217f4 73c8 4ee8 8888 e996dbfb9d18A4d658a9 0b4c 4ffc bb9f cecf9661a3842d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311 23
ナイルパーチの女子会

文庫化を待ち望んでいたので見つけてすぐゲットしました。ちょっと読むつもりが展開が気になって気になって仕方がなく、のめり込むように読んでいました。 心を抉られる場面が沢山ありすぎて書ききれませんが、個人的には栄利子がガラスに映る自分の姿を見つけたところでサアッと血の気が引きました。これまでのシーンを思い返すと全てが違って見え、より恐ろしくなるような衝撃でした。。 栄利子も翔子も求めるものの終着点は同じ。言葉にできない自尊心や疎外感や社会カーストを全て栄利子や翔子が発する言葉、行動で示していて突き刺さりました。本物の衝撃作です。柚木麻子、他作品も読んでみよう。

5か月前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda83D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bEbd142ef 988c 43e4 bc30 62c5c4356de7E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f0074039a 6087 4388 9a14 20afd3704b37F31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c641bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387 30
神様のボート

葉子は狂っていると思いますが人生をかけて愛する人に出会えたことは羨ましいかもしれません。草子の身体的な成長と共に心もだんだん成長して、ママの想いと自分の想いと現実にどんどんついて行けなくなってしまう、そんな心情の描き方がリアルで悲しかったです。だからこそ最後は救われて良かった。

6か月前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4D2f024c8 a737 47dd b069 d187df332fd7Icon user placeholder0cec2929 6538 40f7 a5ec 89e6d4d59e412d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9 84
人生相談。

自分は登場人物が多いと名前を覚えきれないので、アレ?この人さっきも??と気付く度、何度もページを戻していました。全てのエピソードが新聞に掲載されている人生相談からスタートしその返答で終わるのも面白い。そして短編集と思いきや実は全部繋がってるのがすごい。だからこそ混乱してくるのだけど。笑 人物相関図と概略図を書きながらもう一度トライしたい。

8か月前

Icon user placeholder6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Icon user placeholder56b0d7c3 a68a 4d43 bd8e 37afdd67e913 17
桐島、部活やめるってよ

なんとなく喋らなくなっちゃった同級生。何故かハブられている友達。クラス内の上と下。サッカーの授業。高校生の感情って忙しい。日々事件だ。大人になってからじゃなくて高校生のとき読んだら、もっと感情移入してただろうなぁ。

9か月前

605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e15c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869022c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholder50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1 86
母性

主観的に、私は「母である」という人と、「娘である」という人と、「母でもあり娘でもある」という人とで読んだ感想は違うんだろうなぁと思いました。互いに愛するあまりの行動で母娘がすれ違ってしまうのが悲しい。でも親子ってそんなもんかもしれない。

10か月前

4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc9020d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e527274abdfc 073b 4006 a145 bed9250f1d5f382728d6 20e2 4a79 8c6a 3f2d3fa357a2Cb1ef377 f0ed 4213 a44f c6766b9546365faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c 92
夏を喪くす

読み応えある短編集。キャリアを積み、仕事も夫も恋人も手に入れた女性たちが思わぬ異変にぶち当たる。20代も30代も40代も人生のターニングポイントがあって、どんな状況であれ前向きになる勇気を持てる主人公たちは強いなぁと思いました。完全な結末は描かれていないため、ある意味清々しい。

10か月前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33111589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849811fbc55 7a7c 4a1e ab1c 69693b5ae14cPicture7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfIcon user placeholder 21
間宮兄弟

こんな幸せもあるよねと。悠々自適って言葉がぴったり。最高。 2人は彼女が欲しいだろうけど、これからもずーっと兄弟で一緒に暮らし続けてほしい。笑

12か月前

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74PictureE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea5b3be43a d7d4 43b8 8aac 78e587c4226c79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c888630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 18
本日は、お日柄もよく

まさか政治ドラマになるとは、冒頭から想像していなかった展開で、、、こんな話だったのね。笑 こと葉、あっくん、がんばれ!ワダカマいいヤツ!とどんどん感情移入してしまい、5回くらい涙滲みました。いい話でした。

約1年前

Icon user placeholder0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a2ccb25e3 0dc1 4360 8c5a f06b2cb9c62047b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Icon user placeholder0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4386d940a 86d7 4f64 8916 9e0d885103ae 203
ガール

男世界における派閥、昇進争いやプライド、メンツの張り合いに晒され、なあにが男のメンツだ!!!と憤慨したことのある女性は多々いると思う。そういった方に特に同感してもらえる作品。 そして、女同士のビミョーな距離感の計りあいとかガールの潮時を向かえつつある女の心情の変化が凄くうまく描かれていて、またまた同感しかない。 この物語に出てくる女性達は皆まっすぐで、自分に正直で、全力で走っていてカッコいい。

3か月前

B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e242a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dIcon user placeholderB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90eA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f08f73de7 afa2 4a08 b4e1 de3c7dfd02240402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 23
整形前夜

加齢とともに驚異を驚異のまま受け止められなくなり、また驚異エネルギーを抑える「私」の支配力は強まっていくので、驚異を共感性に変換するということが起こる。だから詩や短歌から小説へ移る書き手は沢山いるのに、その逆は皆無だそう。なるほど。。。 3分の2くらいは言語表現者である穂村弘の、残り3分の1は43歳にして初めての海外旅行(グアム)へ行きアタフタしているほむほむのエッセイです。 私はどちらの側面も好きです。

3か月前

40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890163c2225 ac93 4fc3 98d3 2c5b0f4b818236e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575cBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1Ac201dbd 8e0e 4951 b2ae b59da3fbdffb 10
コンカツ?

キャラクターが違う4人の女性による、それぞれの恋愛。結婚って何を一番大切にすべきなんだろう。決めてって何?収入?ルックス?体の相性?全部揃い過ぎててもダメだし全く理想でないのもダメ。難しいなぁ〜とつくづく。染みる。 自分自身一度ナンパされて付き合った経験があり、男女の恋愛においては本当にいつどこで何が起きてどんな人と付き合うことになるのかわかんないなぁ〜〜.......と思う。 これからこんな風に悩まなきゃいけないんだろうか。それも楽しいけれど、最終的には主人公のようにささやかな幸せを見つけたいな。笑 25〜30歳の全女子、読むべし!

5か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder69fce3f7 e4af 4a72 9806 d23d248aa94089f45d32 1440 4cfc 8ae6 6dcaf1a28a35Lbb1pwey normalIcon user placeholder 30
ウォーク・イン・クローゼット

人間の心情をこんなにも分かりやすく描けるのがすごい。全く共感できなさそうなプロフィールの主人公であっても、読んでいるといつのまにか「うんうん、そういうこともあるよなあ。分かる。」ってなってる。

8か月前

86a624fb 953e 4b91 92b8 52fd6a10e77dF0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e052230cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa7328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f027714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874 16
冷蔵庫を抱きしめて

荻原浩、初めて読んだけどめちゃくちゃおもしろかった。 まず1話目のボクサーのお話。やられてばかりだった母親があるきっかけでボクサーになり、DV男にやり返す!展開がおもしろすぎて、、スカッとしないわけない気持ちの良いストーリー。かと思えば奇妙な世界観に引き込まれてしまう、???な話もあり全てカラーの違う短編集です。 20代、30代の独身女性を描くことに苦手意識があったので頑張りましたと解説にありますが、頑張ればこんなに同感できる女性心理を描けるのが凄い。

9か月前

588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119ef297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a35405249 a27f 4fe7 bc68 96ec2fd5e942
カフーを待ちわびて

原田マハにまた泣かされた。明青の心の優しさが切なくてピュアで不器用で大好きです。あとやっぱり登場人物が何だかんだでみんないいヤツ。笑 カフー、おばあ、ナカユクイ、ガジマル、.....沖縄の風景が沢山浮かびました。

9か月前

8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8bA4d658a9 0b4c 4ffc bb9f cecf9661a3842d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311Aeed2958 1787 4ea1 af34 d3d9f5deea4fA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Icon user placeholderIcon user placeholder 47
すべて真夜中の恋人たち

登場人物がワーッと語り出すと、そんなの分かってるんだけど、でも、受け入れたくなくて、それなのに突きつけてくるなんて、しんどいよってなってくるんだけど、読むのは止められない。的を得ているからなのかな。三束さんのことを忘れるまでの短い描写でさらに胸がキュッとなりました。

10か月前

7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e527F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c41e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder 158
豆の上で眠る

読み進めるにつれ単純明快になっていく、はずもなく。グッと強く引き込まれるような作品ではありませんがモヤモヤと引きずってしまいます。行方不明の2年間の描写が長く、その内にラストの予測ができました。読み疲れました。。。

11か月前

4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af2ba24464 9f10 41f3 a8ef 20253e9e43ec425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed106Icon user placeholderB6b88bf0 7e0b 49e6 b187 a76802c260ac27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 77
憤死

綿矢りさのセンスが爆発している。いい意味で、もの凄く気味の悪い文章だなあと思いました。 解説より、 あのときの「こども」が置き去りにされた場所に今もなおぽつんと立って「おぼえていますよ」と永遠に呼びかけている まさにそんな感じ。奇妙すぎる。

12か月前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad53146904 20c2 4356 9ec3 e52a39a8bbdd7184d4e3 7117 4bf3 bd51 67711cb134a1562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a
即答力

松浦弥太郎さんの考え方は自分にとって為になるというか、社会での上手な生き方を教えてくれる気がする。共感することもあれば新しい教訓もある。 〝呼ばれる人になる〟〝誰もやりたがらないことを率先してやる〟〝先手を打つ〟〝自分からおもしろがる〟 これらのことは私も普段から気をつけています。

約1年前

D5863304 76d1 47fe a6fb 48f11f3b63d3D9c0ac17 abd2 4602 a322 67eecac49b87Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f571941e4 2a7c 42b8 980d 652171f1833f