37448392 1099 4c24 8649 8c17cc8c2aa6

しみずゆうじ

大学生

大学生

28

コメントした本

反論が苦手な人の議論トレーニング

読みやすくわかりやすいが、いかんせん話が長い。議論・ロジカルシンキングは実践あるのみだと思うので、基本的なノウハウさえわかればいいと考える人であれば、わざわざ買うほどのことは書いてない。立ち読みで十分。

2年前

就活エリートの迷走

就活関連本というよりは、現代の若者論として読みがいがあった。就活生向けではなく、就活の歴史的展開について知りたい人向けか。最終章の就活改革提言は蛇足感。個人的に一番なるほどと思ったのは、主観/客観と日常/非日常のマトリクス。

2年前

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

あまりにも年功序列制度の問題点にこだわりすぎていて、読んでいてもたれる。若者がすぐ辞める現状は、年功序列制度が原因の部分もあるが、それ以上に、若者のメンタリティや就活システム自体の問題にも起因していると思われる。年功序列制度の問題点を知りたい人にはおすすめ。

2年前

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる

企業の英語公用語化には多少なりとも嫌悪感や違和感を覚える人が大多数だと思うが、その理由を語るのはなかなか難しい。それを一冊の本にするほどの内容をもってやってのけたという意味では、本書は大きな価値がある。しかし、どこかで聞いたような話が多いのも事実。

2年前

沈みゆく大国アメリカ

アメリカの医療(オバマケア)が、実はとんでもない悪法だったという話。世界の仕組みは、実は思ったほど正義にかなっていないし、平等でもない、ということに気づくきっかけになった本。ラジオ版 学問のススメで著者が語っていたものを聞き、大きな興奮を覚えて本書を読んだが、筆致がどうも自分には合わず、推敲されてもいないように感じた。内容が興味深いだけにもったいない。

2年前

63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e4f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc5E4a12636 8e00 4f1e 8113 af75866ad5e387fd6900 ee05 4d42 83b7 146c5554a720
高校生のための論理思考トレーニング

横山先生の三角ロジックは元ネタがあるのでしょうか?こんなに論理的思考を上手く体系化したものは他に類を見ないと思います。予備校教師らしいインプット&アウトプットのトレーニングに紙幅の大きな部分が割かれています。個人的には、前半の、横山先生の真骨頂である英語論と日本人文化論について、もっと詳しく書いて欲しいと願っています。

2年前

日本人の英語

数十年前の本とはとても思えません。すべての学生・教師に読んで欲しい本です。日本人は英語は技術だと思っている。英語は思ったよりも生きたコミュニケーションのための手段であり、イメージが大切な言語のようです。

2年前

Bbfd43c7 a06b 4d65 b822 80694813e6e9699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b13Dcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b7Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df740e9fecb4 db9c 45d3 b572 8ca2c6746dbc93fe35dd d335 4133 888c 4dd0b072ea62 10
養老孟司の“逆さメガネ”

「ああすれば、こうなる」批判、身体感覚論、変わる自分と変わらない自分など、養老先生のエッセンスがこれでもかと詰め込まれた作品。まずはここから、という感じで誰にでも読んで欲しい本です。

2年前

日本辺境論

この本がベストセラーになったことに救いを感じます。日本人のメンタリティは、外側の「他人に気を使う」「他人の目を気にする」というかたちだけが残ってしまった本質の欠けたものになりつつあります。日本人の思考様式、行動様式を忘れてしまわぬよう。辺境性を意識することこそが最大の生存戦略でしょう。

2年前

5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400B23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438cF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5 18
日本人の精神と資本主義の倫理

良くも悪くも茂木健一郎。日本人の精神を表す言葉として「ピア・プレッシャー」が登場するが、やはりこれが日本人の思考を制限する大きなリミッターであろう。議論の場、真面目に話す機会が切実に必要である。「ネットで学ぶ」ということを初めて意識させられた作品だったと記憶している。

2年前

20代のための「キャリア」と「仕事」入門

就活関連本では一番参考になった。就活生向けの内容は前半のみだが、短い中にまとめられた筆者の考えに共感しきり。ぜひ大学生向けに講演でもしてほしい。

2年前

2a40b4b2 0078 44a6 9123 1ebad6a3b33e7a1d0815 ab7d 4b53 a673 335572c339da3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
就活のバカヤロー

就活生のモヤモヤしているポイントをかなり的確に突いてくる。知的な筆致でないのは就活生をターゲットにして読みやすくしたためだろうか。もう少しコンパクトにまとめて欲しいが、流し読みするにはちょうどいい内容。

2年前

コンサル一年目が学ぶこと

社会人向けというよりは、就活生向けという感じ。構成は、とても読者のことを考えて整理されており、たいへん読みやすい。短時間で読み、特に参考になると思ったポイントは日頃から意識して実践するという使い方になると思う。前半はかなり面白かったが、後半で失速した印象。

2年前

15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb908a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597A48a8827 68c5 4369 958c ae82cee057e9
沈みゆく大国アメリカ

前作に比べると文章がかなりまともになった印象を受けた。前作を読んでいなくても理解できるよう補足があるので、こちらだけ読んでもよいと思う。

2年前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd160bd471ab 8b71 4bc3 9926 3a330a463b29
TEDトーク 世界最高のプレゼン術

帯に偽りなしという感じです。どうしても翻訳された言葉に引っかかるところが多いので、原著でいつか読みたい。プレゼンは日本人が自然に体得できるものではなく、ハウツーを教わって実践し学んでいくものなんだなと思いました。

2年前

80bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455Icon user placeholderC3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f213908
憲法の力

伊藤先生は文章を書くのが本当に上手いです。ぼくはこの本で日本国憲法の美しさを知りました。もちろんこれだけのページ数で深い議論が行われているわけではなく、主に改憲と平和主義に関する内容が扱われているものの消化不良は否めませんが、これぐらい知っておけばというラインはクリアしている気がします。憲法問題の議論というのは答えがない哲学ですね。

2年前

頭がいい人、悪い人の話し方

特別、新しく学ぶようなことは書いてありませんが、自戒になります。

2年前

大学受験に強くなる教養講座

こんなに知的好奇心をそそられる本は他にありません。横山哲学が存分に発揮されており人を選ぶ感はありますが、さすがの説得力。教養を忘れた学生におすすめです。

2年前

「空気」と「世間」

脚本家の著書ということで、経験談的な部分が大きいことは否めない。ときに説得力に欠ける主張も多い。下手な引用がわずらわしい。しかし、席取りおばさんの「世間」と「社会」など、なるほどと言わざるをえない興味深いエピソードが盛りだくさん。日本人ならば、ぜひ読むべき本。

2年前

9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c54746438f86b66 592c 488a b0f0 b374ac1f9fcbF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Dfbcd904 29e3 41d0 b62e 6b27cbb64843C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf9f99e6ba 62f0 4777 9c98 abb3497924ec 9
なぜ人を殺してはいけないのか―新しい倫理学のために (新書y (010))

哲学的に最もセンセーショナルな議論のテーマである「なぜ人を殺してはいけないのか」に関して、示唆を与えてくれる本。答えのない問いというのもあってよいのだという立場から、ある疑問を問い方を変えて考察していく。少々強引な議論も多いが、美しい言葉遣いが目立ち読んでいて感嘆する。

2年前