Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45

Reina Takahashi

岩手に里帰り転職しました

岩手に里帰り転職しました。 いつか無所属になるのが夢。

57

コメントした本

51628xdb4tl

社会人になると決まった頃、 社会人になる自信が持てなくて、 とりあえず、型どおりのことはできるようになりたい。 と思って、しがみついた一冊。 イラストがかわいいから堅苦しくなく読めました。 おかげさまで、なんとかまだ社会人をやれています。

11か月前

41y yvqdlil

行きてるだけでOK、っていうのを確認したいときに読みたい。

1年前

9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d19437c007 975d 417c abab 9115cb628414F32c249b 68cd 4fc8 b732 57dd715eca1f3d0cbb03 5b5c 496a b535 1b5c8fb7119091cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb2c6d3829 6955 4aba b6b3 a92c287975a1Fd6a805e 08fd 4c6e 9dd3 a152e61915b0 41
51ojoc%2b7dzl

海老原さんには、とあるイベントで1度だけお目にかかった。 その時は、調子が良さそうに見えたけど、その数ヶ月後に他界された。 働く女の人が病気になった時。 病気にもジェンダーの問題は確かに存在する。 残念だけど、戦う相手は病気だけではない。 そうではなくて、闘病に専念できる世の中に!という願いを込めて書かれた本のように思います。

1年前

41zw5iwvktl

南極、という、広い閉鎖環境の楽しみ方が詰まっている。 最近の私は、食べることも惰性になってる気がする。 食べる=ウキウキ。っていう気持ちを取り戻したい!

1年前

3128eq0q63l

確か、就職活動の時の小論文の書き方をライトに学べる本を探していた時に出会ったような気がします。 まずは、この本が読みやすい。ということだけでも勉強になりました。

1年前

513z4c29qnl

とらがぐるぐるまわると、ばたーになってしまう。 と本気で信じていたこともあったなあ。 絵本も読んだけど、子供の頃のほとんどの時間を過ごしたおばあちゃんの家には子供向けのソノシートやレコードがたくさんあって、ちびくろさんぼも聴いた記憶がある。 バターになるシーンの音楽がやたら怖く聴こえた。

1年前

5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f7607e6d58 bc41 4d63 becd 44642399f12689e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eB1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba121
51rrd5645hl

今の仕事についた頃、食べ物のことをもっと知りたくて買った本。 文庫本っていうのもいい。

1年前

51vdfyd7nil

装丁が可愛い! 中身も可愛い!! 美味しいコーヒーを飲めるまでのたくさんの道のり。 大事に淹れて、大事に飲もう。

1年前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826dE280e832 acff 4f57 ae25 d7f5f3cbfeaa
516aw193oql

働かないの。と胸を張って宣言できるキョウコさんが好き。

1年前

C7a7291f ee4b 4dc7 ae5c fa99dc408c9968400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88fFaff1d17 478f 4533 87ca 95acf9227d0603e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200492bfeb0 8f45 401b a708 3476485117546d7ed331 ecb0 417e b4de d995a67997fd
415hdxrff3l

昔、げらげら笑いたい時に、よく真面目に読みました。 こういう日常を面白く思えるのが嬉しい。

1年前

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af6700262ceb e827 42de bd86 ac14d32025858a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f475de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d63a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89F0ac9ddf 9f46 46ee 8509 7838edc735a3 17
516aykpdddl

旅の途中、能代を通り過ぎて、 冬にバレエのレッスンに向かうバスを待つコンビニで、 クライマックスを読んだのを思い出した。 バレエは、これ以上頑張ってもどうにもならない自分の限界地点に来てた、というか、努力できないな、って気持ちに支配されていたから、 この人たちは、なんでこんなにかっこいいんだろうか、と思ってた気がする。

約1年前

8ec15998 31fb 4322 971a 681e35d99deaB07b52bc 8112 4408 ad61 9327639e17133a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f438bc0ee50 4b05 42a5 91c8 aa4b132d04baDaca3577 c1a2 4f0c a442 0d6e0bef136507b543fc ec9d 4bf5 a906 7e96afe4ac5f7c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84c 14
51cwcjprcdl

何か新しい発見をする。という宿題に対するかわいい答えたち。 大人になると、目線が高くなりがちで、いろいろなものが見えてるつもりになる。 忘れたくないことや忘れちゃいけないことを思い出そう。

1年前

41f264c6tbl

倚りかからないで生きていきたい。と心から思う。 だけど、今は何かに寄りかかりたい。 いつか、足るを知って、背伸びしないで生きられるようになるだろうか。

1年前

C42b6c13 357a 4df7 8168 77c3a8daceca88a97642 6673 44f3 a95f e9b55f8732abDd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a61112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d5
51hqrk1rvel

女の人の幸せって? 価値観の違いだけでは片付けられない時代の話だけど、今もまだ未解決。

1年前

51%2bkg1fzn l

ほんとは、現代にも、縁切寺みたいなところって必要なのかもしれない。と思う。

1年前

93ee1fd1 e4bc 4d1a 8bbb ef6fab54cc5d53c2cab6 3ef5 4493 b724 d463351d3daf
51z49vvg76l

妙に丁寧な言葉遣いが余計に恐怖を誘う。 でも、レストランに山猫軒っていう名前を付けるなんて、おしゃれ。

1年前

4798581c a703 4097 b3a0 2250982a7b058f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa4fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73Cf927e92 6b9d 4644 88d0 bf15d4cb1e88D9f0ed67 32dd 4159 af88 fce1077fa26cE1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2961714b0 fd98 4bcb 8395 381a7e7704dd 10
21enjfrjfpl

行ってみたかったなあ。

1年前

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7
41cf5aj30bl

悩みと迷いの坩堝にはまっていた時に、ある人から、そんなこと考えてたら山椒魚になっちゃうよ、と言われて読み返した。 なっちゃうよ。というか、いろいろなものを許せるようになるまでの通過点なのかもしれない。

1年前

4b43b316 6655 41bf 98f4 c02c783513fc11d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7A510baff 88df 4b36 9c32 a7013789134c8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7eEd541ad3 2249 4ed9 83cf e28c1d2c0c6b979e3066 09a9 4e1b 861e 7e6d745183ec 9
51 ra%2bjr1ul

芸能人というより、女優という職業の普通の人っていう感じが伝わった。 だから、この人が出演する作品が好きなんだなと思った。

1年前

30935920 8950 4d2d a868 ed7392bcf89aCf927e92 6b9d 4644 88d0 bf15d4cb1e884e331b82 2b2f 4238 ba18 06881065d0444f8b1464 527a 420c 8d6f 31fb19fc67243add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb71be520a 5897 4c18 bf30 3d806553ce79Ea74e932 c741 462e b408 16365561098c 13
516ul3ae ul

タイトルと表紙の絵がステキだなと思って買いました。 元々は、自費出版の作品だったようですが、広く出回るようになったおかげで出会うことができて、とても良かった。 昔は、女の人にとっては名前は呼び名に過ぎず、ただの女だったという悲しみと寂しさが、このタイトルには込められているんじゃないだろうか。 そこから、女の人にも名前が当たり前に与えられるようになったけど、社会に出てみると今度は肩書きの方が前のめりになって、再びアイデンティティが失われかけている気がする。 それは、たぶん、男の人も同じ。 名前があり、名前で呼ばれる、ということは、思う以上に素晴らしく、大切で、難しいことなのかもしれない。

1年前