6ad2a32e 9d2a 416b b167 0d13bc4202da

早川洸

もっとたくさんの本を読みたいです。

もっとたくさんの本を読みたいです。

68

コメントした本

兎の眼

大学を出たばかりの新任教師「小谷先生」が、生徒たちに打ちのめされ、苦しみながらも正面から向き合おうと奮闘する話。17年間教師を務めた著者の信念のようなものが感じ取れる力強い作品で、とても感動しました。

約2年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24111ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df626f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8A5b04a21 ff5a 40fe 85e7 ee3128b45cb0A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b320a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8B4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c37306 17
そうだったのか!日本現代史

わかりやすい説明でお馴染みの池上さんが、戦後日本史について教えてくれます。情報量が半端ない上に、興味深いコラムが充実しているのが嬉しいところ。文庫の値段に手に入るのが素晴らしいです。

約2年前

85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4bAcaa0494 01b5 49ee a1eb e72422242b5d
調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論

日本のフレンチレストラン最高峰の「コート・ドール」で料理長をする著者が、23歳で単身フランスに渡って始めた修業について、時系列で語った作品。厳しい環境を生き抜いた人の言葉の熱量はすごいです。

約2年前

4f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cDb368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba14ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aeccB531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c5705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c58315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7 18
獄中記 (岩波現代文庫)

微罪容疑によって逮捕、接見禁止のまま512日間拘留された異能の外交官が紡いだ獄中の記録。塀の中という閉ざされた環境で、冷静に思索できる著者がすごすぎます。「獄舎から見た国家」という章が特に面白くおすすめ。

約2年前

092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f99f15f256 6e0f 41a3 a651 bbcdbb195531
そうか、もう君はいないのか

数多くの経済小説や歴史小説を生み出してきた著者の、亡き妻との絆の記録。淡々とした文体で語られることで、妻と過ごした何気ない日常が幸せだったということを強く感じました。素敵な夫婦です。

2年前

Icon user placeholder4f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cIcon user placeholderE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd3488630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 24
命売ります

自殺に失敗し人生に絶望した男が、新聞に自分の命を売る広告を出すという話。命を売り、様々な危険な目に遭遇していく中で、「命」というものに対する男の考え方に変化が訪れます。夢中になって読みました。

2年前

9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e5508046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a99c34dfb 21d9 496d 9296 290523ef6837De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b073bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c 78
本を読む本

学術書や教養書などを読むときの、実践的な読書の技術を解説。「本を正しく批評する」章が勉強になりました。「この本から得られるだけ得たい!」という必要に迫られた学生や社会人におすすめです。

2年前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfIcon user placeholderA66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014Dcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b73461f976 7283 4644 a020 6250675cff38F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4 32
クレーン男

クレーンが好きすぎてクレーンから降りれなくなった男の話。街の栄枯盛衰をクレーンの上から眺める男に、独特の哀愁があります。装丁・挿絵も素敵で、「紙の本ってやっぱりいいな」と改めて思いました。

2年前

11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a41769dbe19df e154 4208 bbe4 03e90152563b2931a897 6b5b 4092 8c8d bcf919b1b3c4774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8
翼はいつまでも

青森の中学に通う補欠の野球部員が主人公の青春物語。米軍放送で聴いたビートルズが彼を変えることになります。良いことも悪いことも、今になって振り返ると全てが大切な思い出だなあとしみじみ思いました。

2年前

C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88Icon user placeholder75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec039a8e2156 a6a1 45c7 b075 9923354c3717A47019b1 060b 40c6 8787 87bcec84a1b96c7402ed 3579 4dfc a87a 69aa5469cce7
かもめのジョナサン:

飛ぶ歓びをひたすらに追求したかもめのお話。人と違うことをするのが偉いわけではなく、人と同じことをするのが悪いわけでもなく、ただ自分が楽しんでいればそれでいいんだよと教えてくれます。

2年前

71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee412c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acfB67f9947 1751 4b41 a19c eea827b4760953faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e214c0edd3 6e44 4de9 819d d6953398359336bb5a01 d282 4579 ab26 1dc05ba650c4C971a050 39cb 44ec 81d3 4aa3e529e41b 14
話すチカラをつくる本

話が相手に伝わらない要因を解き明かし、伝わるコミュニケーション法を教えてくれる本。発信内容ばかりに目が行きがちですが、その前段階で正しい「問い」を立てることが大切だと気づかされました。

約2年前

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1196da2a6 8a8d 4412 8e82 aef121342768D3052dd2 76a6 438d b175 a42d35e87de2
神の子どもたちはみな踊る

阪神淡路大震災後の日本を舞台にした6つの短編集。心の中にあるけれども自分でもよく分からない、そんなぼんやりとしたものをつまみ出されたような、不思議な気持ちになります。

約2年前

Picture63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b780b7168 abfd 4ced 8404 a0c19227b0128f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 31
文庫 戦争プロパガンダ10の法則

紛争時において、世論を操るための巧妙かつ効果的な手法である「戦争プロパガンダ」の基本的なメカニズムを解説した本。人々の心を動かす「広告」を悪用したらこんなに恐ろしいんですね。

約2年前

30de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689cF4c04298 3f33 4105 b5af 41d6d8093f30
こころの処方箋

「ちょっと疲れた」というときに読むのがおすすめ。4ページのコラムが55個収録されており、読むと次第に心のゆとりが生まれてきます。押しつけがましくないので、身構えることなく読めるところが好きです。

2年前

89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd291ac7bba4 f354 4e9c ab89 1a58810128f12c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affC4cc33aa 7a43 4b98 9e80 179a4ac4d640Icon user placeholder 25
塩狩峠

自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描いた物語。信じるものがある人が見る世界に触れられた気がしました。色々な意味で衝撃的。読後しばらく脱力感で動けなくなりました。

2年前

Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affD828e49f ea03 402a b23d 850076d1bb3f9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f2d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d36a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae 34
火花

芥川賞受賞作。「笑いとは何か」という、芸人ならではのテーマになっています。描写の多彩さと、登場人物の言葉の熱量に圧倒されました。どうしても書かずにはいられなかったというような、著者の思いの強さを感じます。

2年前

E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe059f573bb a20f 44d2 af1e e1e4a56278302c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e772476a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3ee77e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56e0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422 283
人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣

「友達たくさんはいらないし、仲良くなれなくてもいいや」などと言ってられなくなってきた今日この頃。ほんの些細な心がけが重要であるということを、この本は教えてくれました。

2年前

ホンの本音

本にまつわるエッセイ集。日常生活で感じたことや起こったことに付随する形で本が紹介されているところが好きです。話の中でたくさんの本が登場するので、気になった本はチェックして後で読んでみようと思います。

2年前

地を這う祈り

スラムでの苛酷な生活を露わにしたフォト・ルポルタージュ。目を背けたくなるほどショッキングな写真も多く載っています。この現実を前にして、偽善がどうとか言ってる場合じゃないなと改めて思いました。

2年前

強いカラダ・ココロ・アタマをつくる はたらく人のコンディショニング事典

コンディションを常に良い状態に保つために実践すべき、「カラダ」「ココロ」「アタマ」の鍛え方を専門家が解説。具体的で簡単なものばかりなので、楽しんでできるのが嬉しいです。

2年前

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf63fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bB0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c632