Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

TOKYO / 1990 漫画をよく読みます。たまにくる活字欲。

159

コメントした本

やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問~

さえりさんの、やわらかな言葉がたくさん詰まっている本。 「未来のために今があるのではない、今の先に未来があるのだ」 思わず泣きそうになった。 何かしなくちゃ、このままではいけない、前にもっと前に進まなくちゃ、こんなはずじゃない、もっともっと何か… とこの2ヶ月ずっとどこかで焦っていたような気がする。焦っているのに、からだが思うように動かない、心が思うようについていかない。そんな毎日だったように思う。 そんな時に買ったこの本。 救われた。 「遠くを見て、それに向けて駆け抜けるだけが未来のつくり方じゃない。」 そうわたしも信じたい。

1年前

18408e5b f9e2 46e7 99b2 c9365be137737c614f67 6b1b 46b1 baf2 2e7b6cbf37304551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afIcon user placeholderA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bIcon user placeholder9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa 37
みだれ髪―チョコレート語訳

あとがきに、「意味を理解してもらうための訳というより、晶子の短歌の匂いを感じてもらう訳を目指したつもりだ。」とありちょっとホッとした。 全てを理解することは難しいけど、匂いを感じることならできた気がする。ちょっとだけ。

1年前

Icon user placeholder97973827 cd79 4f24 b572 f8917c56cffa4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b06cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f381b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57 11
まっすぐ前 そして遠くにあるもの

なぜだか泣きたくなった。 やさしさと、ほんの少しの影を感じる言葉。

1年前

97204a2e 4c23 44d4 b76c 251b8298755098c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10
黄色いマンション 黒い猫

やっぱり、私はこの人の文章が そして、小泉今日子さんがすきなんだ。

1年前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aA8c1b59c dfcb 4036 bb9e 837ac831a5b3Icon user placeholderE1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864C892b723 55c1 4b7c b528 e8ab5e69087d916d4eb8 30fa 4633 af1e c70a6cca5800135a253c 1b7b 4c5e b58f f40d8d237dea 15
かわいい結婚

ブラックだけどキュート。 やっぱり山内さんの作品がすきだ。

約2年前

Icon user placeholder1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f30402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd4454a2f17 9069 4b9f b6f2 37ab5fb9f267693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004A7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac 23
ランチ酒

今読んだのは間違いだったなあと感じた日曜のお昼時。 美味しいご飯に美味しいお酒。 最高じゃないか。

約2年前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a0056ef3346 c550 48a9 9928 ccf910b982513c84fe8f 21cc 46cd a6b2 50270ffe8337775a2c10 c78d 471c b1d7 2b3f1080df386de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247E5fd4d60 7944 41eb b722 41669c1368e708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 16
パリ行ったことないの

第一部はフィガロに掲載されていた話なだけに、かなり短めの短編集。 本から少し離れていたけど久々に読もうかなという方に特におすすめ。 * 特にすきなのは第二部。 「結婚しなくちゃ、子供が欲しいなら早く産まなくちゃ。」 27歳になる今年、イヤと言うほど聞いたし自分でも発した言葉だ。 自覚がなかっただけに何だかどきっとした。 そのあと続くように「同調圧力であっぷあっぷ」だったのかもしれない。それに気がついたら何だか少し楽になったような。

約2年前

29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fA1f84e46 dabe 4a32 935e 9409d85909be3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016114835cb c6e3 4077 9458 ccd9afd5fc92814464ab bdf6 413a 99f2 3e5bf10d2cf79eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0 65
あつあつを召し上がれ

わたしも「ぶたばら飯」食べたいなあ * とても優しい気持ちになる、なんだかお腹のあたりがほっとあたたかくなる、そんな本。大好きな一冊。

約2年前

1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a90ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholderIcon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921844c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5C0090ae7 73c7 4ae1 bb38 c0aaad78b49f 25
前進する日もしない日も

気負うことなく、意気込むことなく読める本。 わたしもそう思う〜と共感できるところが多々あり、それでいいんだよ、と言ってもらえてるような気持ちになった。

約2年前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e33880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8A7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac72efecff 9b0f 4a71 bdcc d9bd5f3db787
きれいな色とことば

取り寄せができないと言われ古本で購入。 やっと読めた。 * 最後までやさしい言葉と色で溢れていた。 毎日にはいろんな色があるんだ。 天気のいい休みのお昼、 雨がしっとりと降る夜、 そんな時にまた ゆっくり読みたい。

約2年前

Icon user placeholder574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdfF970847e f3de 4f2c 9ad9 5dbc115c28beE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba2515c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2faA3fe9208 07e2 4d6b 982b bbb4100f07db2e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf0078841 24
独立記念日

「昨日までの私にサヨナラできる一冊」 この帯にひかれて購入。 大好きな仕事を突然辞めなければいけなくなった4月。つらくて悲しくてどん底だった頃から少しずつ少しずつ前を向けるようになってきた今、出会うべくして出会ったような、、、大切な一冊。 * 「この本によれば『自由になる』っていうことは、結局『いかに独立するか』ってことなんです。ややこしい、いろんな悩みや苦しみから」

1年前

6d4b7c55 ad76 46a5 afc0 423d3b2ed8073ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD798ca4f 847e 462d aa53 2cd6c84756e9E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bE91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf1b6144f5 51b5 4072 aba3 8badef78069e5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 33
詩集 エイプリル

銀色夏生さんの著書を買うのは2冊目。 キラキラと輝く光、というよりは 鈍くだけど確かに感じる光、を言葉に感じる。

1年前

小泉放談

友人にプレゼントするならこれ!という本が一冊だけあるのだけれど この本もそのうち、その一冊になりそう。 * 心に残っている一節。 「あれが起こったことによって、私はこれを知った」と、いいほうに取るようにしていました。雨が降ったからそのあとに虹が見えた、みたいに。 ここを読んで、ああやっぱり私はこの人の書く文章が大好きだ、と改めて思った。

1年前

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b7ce25014 d8a1 4bb4 a34f 9e110e8518b22f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf94d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e 9
母ではなくて、親になる

この本を読んで、男性学に興味をもった。 * 作者が言うように女性の地位が低いとは決して感じなかった、ということは私も感じていたことなので、同じように感じている人がいるんだとなんだか嬉しくなった。 * (私の場合は低いと感じることもまだあるので「決してなかった」とは言い切れないが。) 「性別でカテゴライズされずに社会参加したい」という信念や「みんなが生き易い社会になればいいな」という思いには激しく同意だ。

約2年前

C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb466cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c6e61bd15 5708 45e2 8584 8b78821f1a9355726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eD7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0
私、子ども欲しいかもしれない。:妊娠・出産・育児の〝どうしよう〟をとことん考えてみました

この本は子どもに焦点があるけれど、どんなことにも同じことが言えるんじゃないかな、と感じた。 「どんな選択をしても、それぞれ幸せになれる道があるよね」 私もそう思うし、これからもそう思いつづけたい。

約2年前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673B747ac13 5c65 4e19 89fe 84ea0121dc556afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a889e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 9
東京の夫婦

声だして笑って、勝手に寂しくなって、そういう本。 よい。また読もう。

約2年前

19c6ff86 fb41 40d1 8d30 e24ee12cd21cC2f081ab f47e 4d23 aff1 82175b72e1c3B1596a4d b2a1 4596 9123 04e6d43ff721E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864Da825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743cF3bb3eed 318e 496b 8ada 1303c7daa60a991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8 34
さきちゃんたちの夜

よしもとばななさん独特の柔らかい文章がやっぱりすきだ。 * どのさきちゃんの話もすきだけれど1番は、 「さきちゃんたちの夜」 その中の「全てが面倒くさい。でも、つまりはそれが生きていくってことなんだ、それがわかるといっそう面倒くさい。」 この一文がなんだか気に入っていて、とても印象に残っている。 ここの「面倒くさい」には何だか嫌な印象がない。何となく心地よい雰囲気のある「面倒くさい」だなあ、と思った。

約2年前

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aD3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fIcon user placeholder597efd8b 4927 40e8 aba8 bd7b71010c89 50
往復書簡 初恋と不倫

わたしにもしもキャスティングする権利があるのならば、三崎明希は満島ひかりに決定だな。

約2年前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Bbf0720c 5f05 432e b0af 65b9538cc1d653c115a0 3a83 4299 91d4 bd9e15151685Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8Icon user placeholderAd74c3c6 25d5 46f5 a4c7 6d4d33dc0230 143
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

大人ほど、自由な心があっていいもんだ。 そうだよね、自由でいいんだ。

約2年前

43109ea8 d661 4456 b359 a01ecf24872a223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd96cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c74f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d2099a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d31d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e053506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc 218
泣き虫チエ子さん 愛情編

いいな、こんな2人。 憧れちゃう。

約2年前

3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b7455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe158F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79727714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874Ae0ec3fc f571 40c3 a54d 39a766cadca8B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85f488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91 16