Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

TOKYO / 1990 漫画をよく読みます。たまにくる活字欲。

159

コメントした本 ページ 2

小泉今日子書評集

ずっと気になっていた一冊。 もともと好きな女優さんではあったけれど、更に好きになった。 彼女の選ぶ言葉が好きだ。 書評の脇に小さく書かれている一言もこの本の魅力の1つだと思う。

1年前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ddf156b4 e2b5 4edd b726 13588d30c16c26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c75657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b011c38f34a 5510 4d2c 8bc6 3213e20d9895656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d 18
かくかくしかじか 5

こういう先生に私も出会いたかった。

約2年前

057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a945543d474 6380 4c2f b69a f80530976777965ae3b4 601e 447a b26d 5777e7981b204a2bd710 92f7 4f89 bd89 05f002e0d526Ea4c9baa 908e 404f 8144 70c6f019ae20Aba29b70 3e1b 4601 b347 7f98c79bb58985d39a16 4e4f 4d03 a53f 015734075e04 18
いつかティファニーで朝食を 1巻

やっと読んだ。ご飯マンガ好きな人はぜひ。私も朝ごはん開拓しよっと

約2年前

Icon user placeholderA444fd3c ad34 45c2 ad71 8f041a012350052bc5a9 fbd2 4874 9dd1 7f33228c58589c551108 52e6 4a92 8bd8 195b9430b9adA35760da b891 4a01 8129 01436f87ea1d6ca0bc97 7664 4bd7 9176 6f930478708fF0aaf217 4b30 4f38 aee9 76abe429fc29 8
ダンジョン飯 1巻

友達にすすめられて。 一気に九井さんのファンに。声出して笑った。

約2年前

99bdefdf e4cd 4c4a bbae 2c938b47b772Icon user placeholderB129b7b2 cc47 4840 83e0 aa01aad0dc5bEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1Daf569fc 9bc6 4a07 89c8 e1ea0d0ebad4024669f5 1bb4 4b26 9372 f8094cf5f21e49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 51
夜は短し歩けよ乙女

すれ違う2人がなんだかかわいくて。まだまだ2人を追っていきたい気分だわ。

約2年前

86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518Icon user placeholderA5ad5441 0ade 4cc6 ad6a a0ecb4081491A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2981679bc c461 4c91 8ecf 1320d145d1549ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dIcon user placeholder 161
パリの国連で夢を食う。

この人の書く文章がすきだ。 一気読み。

約2年前

69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb39fe78b1 42a3 400d bfa8 5f21d59a91f34f0c1db2 02ee 4bf4 b103 14eb1cdcd6f07762ca02 cda2 4461 a67f 257023c22ee1 12
今日は、自分を甘やかす いつもの毎日をちょっと愛せるようになる48のコツ

共感できるところ、普段自分が実践していること、重なる部分がとてもあった。 言葉がとても柔らかくてすんなり入る。

約2年前

B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767B59c3c72 e570 471f b3d9 053b2aa65bbe3d2b30bf 60e2 4dfa 94fe cbca04ab8401A550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24A9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451eD9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581 22
いつか別れる。でもそれは今日ではない

夜に、雨の日に、ひとりの日に、また、読みたい。

約2年前

Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea84083a5a 1350 45bf bb71 e8bfe1970860Icon user placeholder7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b0000234a41 46c8 4151 a3fa cdd538ee9495Icon user placeholderDc5e4470 7fcd 47d3 8e5d d7b8e4d23f92 235
巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

バタたっぷりのオムレツが食べたくなる、そういう本

3年前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326171e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b 20
中村好文 普通の住宅、普通の別荘

もっと、中村好文さんに家を設計してもらいたくなる本

3年前

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9568e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c13376266 2fef 4f05 80c4 7c30a9789670
わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

知世と茉奈と飯田ちゃん3人の友達になったような気分で読んでいた。 みんなそれぞれに事情があって。なんて嫌な奴だと思っていた知夏にももちろん。 この先どうかみんなが幸せでありますように、と願わずにはいられない。

約2年前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621Icon user placeholder3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f0 25
さよならソルシエ(1)

この人の作品はいつもマンガ感が少ない。小説を読んでいるような。

約2年前

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1)

散歩好きにはオススメ。この人のはどれ読んでもハズレなし。

約2年前

1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa402404b0 ea7c 4351 a942 d55b2ecdd309A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326131b5486a c4f7 48eb aa2d 05a1fe4b736710acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c1633D9abab4d 4111 486b 8164 80a033c3111cAf143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f 12
式の前日

少女マンガと一括りにするのは何だかもったいない。少女マンガ苦手な男性もきっと読みやすいと思う。

約2年前

0638706d a2eb 4ab4 9d0d c4d05a939d5b742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad744bb1eaf 2cdb 40ce bca8 1b90ebd3386003df68cd 9acc 4ada 8439 89adab76498d492bfeb0 8f45 401b a708 34764851175461769b06 f8cd 43c0 ae54 8f0992742e38
小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし

すきな建築家がたくさん載っている。 わたしもこんな設計をしたい。

約2年前

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e516cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a923ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea40Cf2f2b28 0681 4f12 9f2c 6af3bf71ffa6014253d4 6080 4951 9119 24735184a6968e56d571 b5e9 40eb 8f73 cdc295a23650 14
晴れたら空に骨まいて

川内さんの書く文章がすきだ。 * 散骨がテーマであるのに読んだあとは晴れやかな気持ちになる。(この表現があっているかはわからないけれど)

約2年前

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9E4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b5227714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0
花のベッドでひるねして

こんなにも失うことが切ないなんて、なんと幸せなことだと思ったのだ、この一言につきる。

約2年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b23c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1e3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d30402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 13
パリでメシを食う。

なんでもない普通の話。それがいい。いろんな人についオススメしてしまう、そういう本

3年前

740a9282 a5d1 442e 87e3 6de14d78a0cbIcon user placeholderIcon user placeholderC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Db65aad3 165c 4dd2 accb d5243cc1b558937b06e9 c699 4f5e acd2 74674520b3f7A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a 60
私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

日々の食事を見直したくなる本

3年前

Ada2923b d590 4ba5 b44b a8caf1f8497a71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e959de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9F179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff3