2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってます

ソーシャル系の企画・広報やってます。書く仕事もしばしば。ジャンルは問わず、1年で100冊読破目標。が、2016年未達(40冊くらい)。20172018年はほぼ離脱状態。そして2019年こそ読書しようと思い直したところ。コメントが可愛くないのがたまに傷。

82

コメントした本

LIFE DESIGN――スタンフォード式 最高の人生設計

ワーク・ライフ・バランスの4つの分野は健康、仕事、遊び、愛。遊びとは、純粋に楽しむためだけの活動を指すと言う。4つのゲージを埋めるんだけど、ちょっとこれ、遊びが異常に少ないかも。純粋に楽しむことだけど考えてみようかな。

約2か月前

Icon user placeholderC3aaf1ec b243 4cc1 ae6a fb37eb0a098aE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 13
暗幕のゲルニカ

読み出したら最後、一気に読んだ。9.11の時代と、1937年にピカソが描いた絵画ゲルニカが生まれた時代。物語はこの時代を交互に進み、どちらも目が離せない展開が進んでいく。 これまでピカソのパーソナルな部分に触れたことがなかったが、天才は多くの女性を虜にしてきたようだ。本書の中心人物の1人、ピカソの愛人ドラ・マール。彼女の立ち位置や振る舞いを理解する女性は少なくないのではないか。ピカソの才能に惚れ込み、彼の隣にいる権利を獲得するも、それが永遠に続かないことを理解し、でも本心では自分だけを永遠に見てほしいと願う。悲しくも、人生を変えてしまう出会いに、人は逆らえない生き物なのだ。愛に執着する姿は醜い。ドラは、自分を保つために、自らピカソの元を離れる決意をする。 そして、911時代の主人公。911で最愛の夫を亡くし、MoMAでゲルニカの展示に命をかける女性。ヨーコヤガミ。日本人でありながら、スペイン語が堪能であり、芸術の力で戦争に立ち向かおうとする。数々の困難が彼女に降りかかるが、びっくりするような展開で話が進み、どんなフィナーレを迎えるか最後まで楽しむことが出来た。11歳の時にゲルニカを見た彼女は、またドラと同じく、ピカソに出会い、運命が決まった女性の1人である。 私もゲルニカを見た記憶がある。(レプリカかもしれないが)なんて恐ろしい絵なんだろうと思った。しかし、この物語を読んで、次に対峙する機会が持てたなら、思うことは少し違うだろう。ピカソが、戦争や暴力、テロと戦うために描きあげた。ゲルニカは、誰のものなのか。それは私たちのものである、と誰もが気付いたなら、世界は変わることが出来るかもしれない。芸術の力とはこういうことなのだ。きっと。 2019.04.07

6か月前

1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dIcon user placeholder7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47c2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7495155e0fb 314e 4b27 8b11 62e3c634ac0bIcon user placeholder 60
アファンの森の物語

長野の黒姫にあるアファンの森。ニコルさんが、日本の森のためにどれだけ情熱を注いで守り、育ててくれていたのかが分かる。人の手で壊された森は再生ができる、同じく人の手を使って。彼の活動に感謝の気持ちを持たずにはいられない。 私たちは目の前の利益を求めすぎている。投資も、森も、最初から利益を求めてはいけないのだ。 森での生活描写から、クマやウサギやフクロウなどが姿をあらわす。新の豊かさとは、こーゆー生活ではないだろうか。いつか訪れてみたい、アファンの森へ。 27章、ひとつ、一つが短くてとても読みやすかった。 2019.01.25

9か月前

おいしい器の使い方 料理上手16人のおうちごはんとふだんの食卓

器が好き!と言っても人それぞれ好みがあるんだなぁ。気になったのは、吉村和美さんの鮮やかなお皿。自分の好みは本当に移り気で統一感がない。書籍の中で言うならば料理家のtottoさんの大胆な色使いや個性的な大皿が好みであった。 お皿と盛り付け、ちゃんと勉強してみたいものです。 2019.01.25

9か月前

Icon user placeholder989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7
赤い薔薇ソースの伝説

私が大好きなお店の料理人(女性)からオススメされた本。1月から12月まで主人公が作るメキシコ?スペイン料理のタイトルから始まる。料理の手間暇を感じながら、官能的であり、生きること、生と性をつなぐものが料理だと感じる。 物語の展開はえー!と思うことがたくさんあって、現実離れしとファンタジーなてんかいもある。例えば、涙で洪 部屋が水浸しになったり、料理に魔法がかかったり、鳥たちの喧嘩が竜巻を起こしたり。笑 理不尽な母親からの圧力、しきたり、選択権のない不自由さを感じながら、愛とは本能的なものなんだと。現代にはない感覚でみんなが愛を知り、掴み取って行く。抗えない感情に出会った時、迷わず、正直になることが、幸せではないかもしれない。それでも、手を伸ばしたくなってしまうもの。 読み終わったあとは、手の込んだ料理を作りたくなってしまった。出来ればそれを1人ではなく、好きな人と一緒に食べたい。 2019.01.19

9か月前

雪の女王

美しい表紙と物語。寒い冬に読み返したくなる。

9か月前

逆境のビジネス略歴~山口豪志編①~

同じ歳でこの経験値!!すごいなぁ。山口さんに以前「お前の強みは?」と聞かれ、口ごもった。また再びこの問いを投げかけられた気分だ。ちゃんと答えられるようにならないと。 ひたすらに素直に、一途に、仕事を楽しんでいる。たくさんの人に愛されている山口さんの魅力が伝わる自叙伝でした。 2018.01.11

9か月前

いま世界の哲学者が考えていること

哲学とは、一体どーゆーことなのか。wikiには「人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。また、経験からつくりあげた人生観」と記載があるが、本書を読んだ印象は、あらゆる側面から物事を多角的に考えることのように思う。 今の時代、何でもGoogleに答えを求めてしまうけど、人間の本来の強さは自ら考えるところにある。21世紀の技術や課題に対して、哲学で考えてみるアプローチが面白い。が、普段哲学に慣れ親しんでいない身としては、難しくもあった。 2019.01.03

9か月前

3caf36fc ea46 4dec bedb 793072a4cc4fIcon user placeholderB825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d49605ce10757 12a5 4945 bfe1 5cc7e164a4e32bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a0675acbd6 f8e8 4edf 9f73 bdf31870496b56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487 37
ずるいえいご

英語の塾の先生に勧められた一冊。めずは簡単な英語で話せるよ!というマインドセットから。今年はどんどん英語を話していきたい! 2019.01.01

10か月前

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

年の瀬に読めてよかった。最初は淡々としたお茶を習う日々が綴られていて、主人公と同じく、お茶の真髄がよくわからなかった。でも、後半から開眼していく主人公の目線がとてもとても美しくて。こんな風に世界を見てみたいと思った。 一番印象的かつ、涙したのは、一期一会の節。p180)いつでも会えると思ったお父さんが急死してしまって。今ある当たり前がいかに尊いことなのか。 「だからこそ、私は強く思う。会いたいと思ったら会わなければいけない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分ち合おう。幸せな時は、その幸せん抱きしめて、100%かみしめる。それがたぶん、人間に出来るあらん限りのことなのだ。」 最近、色んなことを難しく考えて、素直になれてなかった。それがとても苦しかった。来年のテーマはもっと素直に。そんな気持ちになりました。 2018.12.31

10か月前

206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a533fa3ffa a8ad 4bde 91b0 a58742fb956b35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9Icon user placeholder616e7612 a056 463a af8d b830a96b5d5c73c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742 137
タイコたたきの夢

「ゆこう、どこかにあるはずだ もっとよい国 よい暮らし」。苦難の旅の先にはどんな一体どんなステキな場所にたどり着くのだろうと読み進めていたが。。。 今よりもっといい暮らしを求める人はどこにでもいるし、みんなの心の中にある想いなんだろうなぁ。 自分はタイコ叩きになるだろうか?町に残るだろうか?タイコ叩きは自分1人じゃないことに安心しているかもしれない。それが勇気になる時もある。でも、暴力になることもある。人間は分かち合うことがどうして困難なんだろう。 子どもが読んだらどんな感想なんだろう? 2019.0817

約2か月前

自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体

最近、個性と障害の違いってなんだろうと思っていました。この本では、自閉症スペクトラムは病気ではなく、そういう種族だと説明がありました。つまり、そういう人、と言うだけで、別に変なわけでもないし、人それぞれ変なところはあるもんだと思うと、誰もが自閉症スペクトラムの可能性があるのではないか。 誰しもが、人との違いやうまくいかないこと、悩むことはあると思う。ただ、自閉症スペクトラムの人は性質上、その壁にぶち当たる可能性が高く、その結果生きづらいと感じてしまうのかもしれない。 ここにきて、改めて平等という言葉の難しさを感じる。みんなに同じ教育を受けさせることは、一見平等に見えるけど、みんなと同じではうまくいかない子どももいる。その子に特別な対応をすることは、平等ではないけれど、きっと正しい。でも、ほかの子どもの目線に立てば、なんであの子は特別対応なんだろうと思うことだってあると思う。先生は、色んな子どもをみるなかで、一人ひとりに合った対応をしてあげれたら一番だけど、40人のクラスの子に対してそんなことをしていたら、先生の身はもたないだろう。そして自閉症スペクトラムの人は相手に合わすことが出来ないけど、そうではない人は彼らを理解してあげることが求められる。 障害がある子もない子も一緒に学べばいいと思っていたけれど、一概にそれがいいことではないんだ。誰の立場に立つかによって、良し悪しが変わるから、なんとも難しい問題だ。 2019.03.02

8か月前

8e492e1d 9089 4c2a b1f3 7f1a12b4751eD5143a78 bdca 49ae a83b 38c78633f68bIcon user placeholderIcon user placeholderD69cbbab fc13 4d5c a6d5 32109ad53a1cIcon user placeholderIcon user placeholder 12
ダルちゃん (2)

ダヴィンチニュースで紹介していたのをみて、読んでみた。主人公のダルダル星人、ダルちゃん。物語を読み進めるうちに、ダルダル星人が他にも姿をあらわす。きっとダルダル星人と言うのは、本当の自分を隠している人間のことであり、そんなに数は少なくないのかもしれない、と思った。 自分がいることを許される場所があること。それは 当たり前のことではないし、みんな居場所を一生懸命探している。でも、そのために自分が我慢したり、苦しんだりすると息が詰まってしまう。 ダルちゃんが「自分を幸せに出来るのは自分だけだから」と、大きな決断をするシーンがある。自分の幸せは、人が決めることではない。自分が何を求め、それを選び取る勇気を持つことを応援しているように感じた。 最後はサトウさんが幸せになってよかった。^_^ 2019.01.25

9か月前

38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2F190f51d 087d 4fca 8979 3e35de8abba3Ba27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689adAd74c3c6 25d5 46f5 a4c7 6d4d33dc023034bc9a6c a785 44a4 9da7 a6511e30baef4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7 13
お金の大事な話~「稼ぐX貯まるX増える」のヒミツ~

お金に弱いため、読んでみた。 お金を生まないものが負債。車や家は負債になるので、ローンを組んで買うものじゃないと。(売るつもりの家や家賃収入を得られる物件は別)お金を生むものが資産。これは借金してでも買ってよい。 筆者のルールは労働収入は生活費にあてる。贅沢品を買いたい場合は、利益を得る資産を買ってそこから得たお金で買う。不労所得は別に切り離しておく。なるほど!なんだけど、これだとしばらく何にも買えないなぁ、私。笑 以下は共感したのでメモ。 資産を増やすには、まず自己投資=学ぶこと! 仕事を通じてどれだけ学べるかが大事。 2…19.01.20

9か月前

77d8e409 deef 478a 8baf 9f23a1c44078D6d204fd cd56 4370 a282 3fdd309cf024Da101cca 5a3d 4e19 8a29 f55d6ce117cbF01d1ee8 a4a3 4792 91f8 5bb34b10b2658a74f61d e629 4d90 a67b c280b2ddd36c
そして誰もいなくなった

ちょうど日本の島旅へ、初めましての人たちと行く時に、これを持って行きました。笑 現実の旅は実に朗らかな楽しき旅になったのですが、この本の中では、1人また1人と死んでゆく。最後まで、誰が犯人だったのか分からない。兵隊が減っていることから、だれかが犯人であろうと思っていたんですが。密室ならぬ、密島。島から出れない。ワケありの参加者たち。精神的におかしくなるのもしょうがない。人は、脆く、自己中心的であると思わざるおえない。読後感は、爽やかではない。でも、このストーリーを考えたアガサクリスティーはやっぱりすごいし、面白い。日本で言うなら宮部みゆき的?と思ったのは私だけだろうか。

9か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e978e9a484f 7cf0 4495 abb4 e2a1b9b4490b0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e930a554a 2042 4df5 aa48 a83aea322d67A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Ddac820b dea9 4055 ab0a 5d8523dcf25328ece855 8c59 4a30 a7a8 46b41169348c 138
クルアーンを読む カリフとキリスト

イスラムを少し勉強してみたいと思って読んでみた。キリスト教も、イスラム教も、ユダヤ教も基本構造や性質をは一緒で、アダムから人類が生まれたとしているなんて知らなかった。 また、イスラームは死んだあと、天の使者に生前のことを聞かれて、ちゃんと答えられないといじめられた後寝ちゃうそうです。で、最後の審判の時にむくりと起き上がる。 予言者や偉い人はそのまま天国へ直行できる。 ジハードは、死んでいるように見えるが、死なずに天国に行けるという。だから、喜んでジハードで死ぬ人がいるそうです。 キリスト教はイエスを信じるか、そこが一番大事なところで。ユダヤ教は、それが出エジプト。それぞれお祭りがあるが、イスラムはそういうことはない。 衝撃だったのは、最後の審判の日、ペット(全ての動物)がどうなるかと言うと、生ゴミとして処分されると言う!ひどい!!涙 2018.01.05

9か月前

お金を貯める100のコツ―「貯める力」をつければ一生お金に困らない!

サクッと1時間くらいで読める。最近引っ越しに伴う出費が激しいのでもらった本書を読んでみた。無駄な手数料を払わないのは、節約の基本。コンビニやカフェの回数を減らす。など。引き落としを月一に留めているのは間違いじゃなかった!笑 印象に残ったのは「教育費は親の趣味費です」。子どもにお金をかけるのは、子どものためではなく、自分の満足のためなんだとか。笑 お金とは程よく付き合っていたいのもである。 2019.01.03

10か月前

変身

グレゴール・ザムザ。こんな言いにくい名前なのに、彼の名前が忘れられない。 「ある朝自室のベッドで目覚めると、自分が巨大な毒虫になってしまっていることに気が付く。」 こんな恐怖なこと、あるだろうか。いつ、ザムザが元の姿に戻れるのかと。家族と理解し会えるのだろうかと。心待ちにしながら読むも、切ない終焉を迎えてしまう。。。 誰かが、この話を現代に訳すならザムザは引きこもりのことだろうと。それを究極にデフォルメして、表現された物語だと言っていた。そんな解釈をすると、たか違ったものの見方が出来る。 2019.01.01

10か月前

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfIcon user placeholderC70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec048d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd 141
世界のはじまり

美しいターラーブックスの書籍。古布が原料の紙の質感、シルクスクリーン印刷、糸で製本され、この世に一つしかない手作りの一冊が生まれる。色使いやイラストもインドの民族の美意識を強く感じる作品だ。 年末に読んだせいか、1番気になったなは、「時」の章。昼と夜、始まりと終わり、生と死、男と女。正反対の存在は、両方合わせて全体を成すと言う。違うからこそ、惹かれ合う。この世界の宿命なんだね。きっと。 2018.12.30

10か月前

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a417645122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c89d4e86b 4871 4ebd 8172 179f38e7cb3c