5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクションが好…

歴史、ファンタジー、ノンフィクションが好き 中国史関係を網羅したい

66

コメントした本

歩道橋の魔術師

なんだかずっと物語の中にいるような不思議な感じ。自分も舞台の中華商場で育ってきたかのような錯覚にも陥る。

約2年前

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae6ee54434 4c75 4e11 863f b1c41a663c2cOoebgixj normal39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bF179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff35212519c 2948 490b 82be 2161ee48a1f9 13
かくかくしかじか 5

いつも笑わせてもらってばかりの東村先生ですが、今回は泣かされました、、、 東村先生の後悔を読みながら、むしろ鼓舞されました。 後悔しないように生きたい、そして周りの支えてくれている方々への恩を忘れないように。

約2年前

03387ac7 1940 44dc bbf0 ed7a89da50f2Ad5a55e5 fdd9 427e 9932 2c9845ccb175D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a94Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269965ae3b4 601e 447a b26d 5777e7981b20 22
サラバ! 下

本当にただ圧倒されて、一気に駆け抜けた。 今でもまだエジプトの空気が、ナイル河の静けさが目に浮かんで、本当に自分もそこにいたような気さえする。 「あなたの信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」 信じるものって何なんでしょう。 私もまだまだ探し途中で、途方に暮れることもよくあって、でも探し続けることがきっと大事なことなのかもしれない。 いろんな偏見とか世間体とか、そんなものには勇気を持って私もサラバ!といつか言いたい。 西加奈子さん、本当にありがとうございます。

約2年前

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholder563ef63e a832 4a83 954f 5ff287f0c8f0A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b8473351491 78c5 42a8 90e2 9943aebdc51f49bbf312 54c1 4c9d 94de 02c39a5581dd43fba9de 306f 4619 a425 e02e6f1e91fc 132
サラバ! 上

姉の奇抜っぷりはまさに非日常的だけど、彼女を見つめる主人公の弟くんの考え方や周りの人の行動は本当に人間的で考えさせられることが多い。 舞台はイランやエジプトがでてきて、普通の場所ではないけれど、どんな家族でも抱えるような問題や悩みが描かれている。もうとりあえず駆け抜けるように読み終えました。下巻も楽しみ。

約2年前

Cc10a8a3 4ef4 467d 9453 83dc40b939392cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c583221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a88310c11 3f0c 45ad 8c22 84681d80c36034f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33e 94
人間の分際

今までの自分の悩みが本当にちっぽけに感じられる。すーっと心に入っていく人生の指南書。 社会は基本的に不公平なものだし、誰とでもウマが合うわけでもない。苦しみの中でより成長もできる。 より良い人間になりたいと思える、そんな本でした。

2年前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621Icon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f5b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3A0d83211 cc50 443f 9ed5 0c4d529184d62bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1C7ff48ab 6db1 475c a7a8 2c64c59e5911 16
最低で最高の本屋

何となく直感で惹かれて手に取ったけど本当に素敵な本だった。 自由とか働くとか、気を抜くと難しく重くなりがちなテーマをさらっと読ませてくれる。 読めば読むほど夢が膨らむ。 特に後半は各国の食レポのようでお腹も空きつつ、旅行にも行きたくなりました。 やっぱり本っていいな、そう思えた一冊でした。 松浦さんのように会いたいな、と思ったらすぐ連絡を取るようなフットワークが軽い人になりたい。

2年前

2e75bc5a 69b5 4db2 9fcd f8e10202b044Ddac820b dea9 4055 ab0a 5d8523dcf25366e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aaEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder8f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 25
ふくわらい

久々に一気読みした。もうただただ圧倒された。文字が今にも動き出しそうで言葉が生き生きとしていて私の想像力を掻き立てた。 かなり異質な体験を重ね、常人とは違う感覚を持つ主人公に周りは気味悪がっていたが、だんだんと惹かれていった。確かに私もその不気味さから思わず読み進めたが、最後にはこの主人公の自由さ、ぶれなさが羨ましいと思った。言葉は本当に奇跡みたいなもので、すべての事象が言語化できるわけではない。体が体験していても言葉に表せないその何かについても見過ごさずに大切にしていきたい。

約3年前

34f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33eEf8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba5e927d94 961a 4b67 a818 fa2aa6ec9d6469fce3f7 e4af 4a72 9806 d23d248aa9405efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 53
MOMENT

帯に”泣く”と書いてあって期待したからか、泣けはしなかった。 でも淡々としている文章ながら、現実味があるのは好き。 主人公の機転の良さや一つの事象が見る視点によって異なるのが面白かった。お気に入りはFACE。

約3年前

A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa3Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e95cbfc4f6 43e2 45f8 95f5 282f4d31ad8bA12aa876 bede 4f3d a001 9acab97c7178Icon user placeholderAfd5b4aa d213 450a 9c55 d62aec357061Dc0d2c60 eeaf 4c8b a825 fda24ead664e 49
オー・マイ・ガアッ!

浅田次郎の趣味をただただ詰め込んだ本。 作者がカジノについて語る部分が一番面白かった。 とりあえず確かに年に数回はラスベガスでカジノにふけるなんて正気じゃない笑笑

約2年前

ヨチヨチ父 とまどう日々

視点を変えるとはこういうことか、とすとんと腹落ちしました。 育児と言うとどうしてもお母さんの大変さに目がいってしまうけれど、お父さんもたくさんジレンマを抱えている。 みんながお互いに思いやって育児ができたらいいなあ。

約2年前

414e61b7 b363 41f6 a863 4ac875433e5a89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe30dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc032d1d58 75dd 4190 bba4 659406a51d59Icon user placeholder5f34e3ea f884 4c5f 9be1 f0336fdf7bda43281e1f 106a 4e0e aa13 956c8e451337 30
逆襲される文明 日本人へIV

いろんなテーマに関して3ページ程度で書いてあるのでとても読みやすい。 ただただ塩野さんが言いたいことを言っているが、それが本当に面白い。 難民、原発、女性の生き方など現代の日本社会にある問題に対する塩野さんの意見を聞くと、なるほどなと思うものばかり。 そして歴史に学ぶことが必ずしも改善に繋がるわけではないと本人もおっしゃっているが、やはり例に出されるローマ帝国はすごいなと再び実感しました。

約2年前

08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff20394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118eIcon user placeholderB67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a2255965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bIcon user placeholder 11
「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート

電車の中でニヤニヤが止まらなくなる一冊。 日本を絶賛しているわけではなく、様々な批判も含まれているが、全てに作者のユーモアに溢れた皮肉が散りばめられていてとても楽しい。 お気に入りは日本人がとても正直な国民だという主張。 どんな人でもウソはつくが、日本人は正直だ。 なぜならホンネとタテマエの違いを嬉々として説明する。 また中判にある海外新聞の東京特派員ならではの悩みが意外に突き刺さる。 とりあえず私も彼がオススメしてくれた東京”裏”スポットに行ってみたい。

約2年前

Icon user placeholderB6a5c19f a130 41a7 b416 b5332a38e71a7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b3cae0000 9f4b 4637 b56a 40e8470ce3dc
ドキュメント サラリーマン

高度経済成長期後のサラリーマンの等身大の姿。現代の病気と思っていたうつ病なども当時からあったと知り、やっぱり日本人は真面目なんだなあとしみじみ思ってしまった。 モーレツサラリーマンなど今では死語になっているような単語にも触れて昭和を垣間見ました。

2年前

いけばな 出会いと心をかたちにする

授業の関係で手に取りましたが、ものすごく読みやすくもっと華道に興味を持ちました。 ”花はいけると、人になる” 冒頭に引用された草月流初代の書かれた花伝書も読みたくなりました。

2年前

何者

就活真っ只中の中で読むと確かに心が重くなって、何とも言えない後味が残る。 いらないプライドを捨てて何者でもない「自分」をさらけ出すのは勇気がいるし、怖いとも思う。 でも周囲の目にとらわれてがんじがらめになる度にもっと「自分らしく」なりたいとも強く思う。 何言ってるか分からなくなったけど、しんどいことも多い中でも就活はやっぱり「自分」を見つめ直すいい機会なんじゃないかな、と前向きにとらえたい。

約3年前

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb902cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58565cc56e 453e 4444 9f4b 93ddbbeafcc887396794 c080 4398 9c2e db733cba76c7376d857b 263a 4712 987d e1db28f8adbaE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42 224
マリーマリーマリー 1

これを読むとちょっとダメ男もいいなと思ってしまう。 直感で生きている、自由で素敵な新婚カップルの話。

約3年前

Icon user placeholderA7864e22 1b2d 45ee 95cd 0e754c95c849Eddf49ba 0bb2 4e6a 882f 708daa35bd4e