721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

基本、何でも読みます。スピードは遅いですけど…>_<…

151

コメントした本

2020年からの新しい学力

2019/10/06 読了 教育内容は、社会の要請によって変わるのだろう。社会の要請がこのまま変わらなければ、新しい教育内容で良いのだろう。しかし、変化の激しい世の中。すぐに要請が変わるとも限らない。その時、教育はすぐに対応できるのか? いや、学校教育が対応できなくとも、個人で対応できるよう、「想像力」「デザイン力」「自分軸」が必要なのだろう。

16日前

卑弥呼の葬祭

2019/09/11 読了 邪馬台国・卑弥呼ものは、面白いですね。何を読んでも。語られる歴史は勝者の歴史ですからね。 この人が、まだ書いていなかったことに驚きです。 そういえば『古事記異聞』、続刊出てるかな?

約1か月前

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8
狗賓童子の島

2019/09/01 読了 『始祖鳥記』を何度も手に取りながら、読むことのなかった作家。避けていた理由がわかったような気がします。鋭い嗅覚! 淡々と話が進んでいく感じです。物語の中に入っていくのではなく、横から眺めている感じ。隠岐騒動に至るまでの島民の生活が流人常太郎の目を通して描かれます。でも、グイグイ読ませます。 時代の波に飲まれる人々、せつないですね。

約2か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de16041fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9B987f9cb 50af 47a6 9bea 5edf4d5a7385
双風神 羽州ぼろ鳶組

2019/07/21 読了 明日、休みなのに任せてお酒を飲みながら一気読み。 緋鼬を消す方法は直ぐに思いついた。これに星十郎が気づかないとも思えないのだが……。 源吾ご大阪の火消しを取りまとめるところは鳥肌が立つ。 それにしても、また一人、物語から居なくなってしまうのは悲しい。

3か月前

48a16577 8d97 4cdf ae05 8bc639851982A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6561525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
弥栄の烏

2019/07/06 読了 前巻を読んでからかなり時間がたっていたのでどうかと思ったが、読み始めてすぐにこの世界に入っていた。この点は、さすがとしか言えない。 もう一度、最初から読み返してみよう。

4か月前

新装版 日暮らし(下)

2017/07/01 読了 前作のように1つの話に収斂するのではなく、1つの事件が解決することでそれぞれが抱える「鬼」が解決する。 ラストは、「あーっ」てなる(^。^)

4か月前

F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fE010de10 6f2f 479a 89c0 966ab638bf1f
新装版 日暮らし(上)

2019/06/21 読了 『ぼんくら』からのシリーズ読み。 平四郎も弓之助も健在です。新たにおとよさんも加わって…。しかし、この展開、どう収斂されるのでしょう。下巻が楽しみ〜。

4か月前

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fE9ae9575 cb95 48bd 80a7 c7a5acf6cc8f4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fE010de10 6f2f 479a 89c0 966ab638bf1f
農ガール、農ライフ

2019/06/06 読了 職なし、家なし、彼氏なし。三重苦のアラサーのサクセスストーリー。しかし、新規就農なぞ初めから上手くいくはずもなく、初手からのつまずき。途中では死を覚悟。 それでも回りの人に助けられながら自立していく。一歩踏み出す勇気、大切です。 No Book,No Life

5か月前

88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fAaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36b1d7554d0 6037 403f aa09 3e83a132e729C5449e28 bb73 41c5 ab49 07983b52a8fcIcon user placeholderD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5
決戦!関ヶ原

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

5か月前

ぼんくら(上)

2019/05/21 読了 『歴史・時代小説 読みくらべガイド』からの時代小説。そして久々の宮部みゆき。鉄瓶長屋を舞台とする連作短編集。一つひとつの事件がひとつにつながり、いよいよ同心平四郎が動き出す。

5か月前

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a4c4b4301 a2a3 43aa 91c9 bb93f0a5a673C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991B15f570f c92b 4abf be6a fbe0a3f8c5d7Picture84703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31 9
福袋

2019/09/30 読了 短編集は初体験ですが、楽しく読めました。それぞれに江戸の人々の暮らしがあって。さて、当のボクは、どのような生き様をさらすのか?

22日前

吾輩も猫である

2019/09/05 読了 猫アンソロジー。 期待したほどではなかった。 まぁ、猫に過大な期待を寄せてはいけません。 でも、猫好きの人はどうぞ、読んでみてください。

約1か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb86cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b144c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deD55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9 17
考証要集 秘伝! NHK時代考証資料

2019/08/25 読了 表題に惹かれて買ったものの、辞書的な本、読めるか不安だったが、楽しく読めた。「へー」「ほう」と新たな発見がある。新しいと思っていた言葉が意外と古かったり、昔からあると思っていた言葉が思いのほか新しかったり。また、その時代になかった草を抜いて撮影するとは驚き‼️ 子供の頃、ピストルで撃つ真似をしながら、もう片方の手でピストルの上を前後に動かす動作をしていたけど、その意味がわかったところでは思わず「へー」。

約2か月前

終末のフール

2019/07/19 読了 「死」を扱った「生」の話。自分なら…と、その状況を想像する。はたして、ここに描かれる人々のように泰然としていられるかどうか。

3か月前

6327ad74 9f14 4b3f 9e07 0d7c7c88925e49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf9F674af17 8d19 40cc a240 e524afbbc2fcIcon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda647ace1e7d d5c0 4e09 9f65 1a206cd69d834758aa1a 9752 43c7 9acd 3d207cab7bd3 132
二月の勝者 -絶対合格の教室ー(5)

2019/07/02 読了 黒木先生の秘密が気になるなぁ。

4か月前

ダイヤのA act2(17)

2019/06/21 読了 西東京大会3回戦、青道vs由良総合。 エースナンバーを背負う沢村も、そうトントン拍子には進まない。 〜エース1人じゃねぇぞ、チーム背負ってんのは〜

4か月前

我が名は秀秋

2019/06/15 読了 〜歴史とは生き残った者が紡ぐ過去である〜 秀秋、カッコいい! 関ヶ原でぐずぐずに描かれる秀秋。 こんな解釈も成り立つのか〜。 いや〜面白かった。 本を読んでいて、久々に電車を乗り過ごした(^。^)

4か月前

慈雨

2019/06/03 読了 退職した元刑事が巡礼の旅に出る。現在進行形の事件と過去の事件が重なりながら、なぜ巡礼の旅に出たのか明かされる。 モノトーンの世界でした。でも、登場人物が語る言葉一つ一つが心に響く。

5か月前

F9573ebe e6ba 4693 ab28 a2620e71aef380d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a
ぼんくら(下)

2019/05/27 読了 「殺し屋」「博打うち」「通い番頭」「ひさぐ女」「拝む男」、五つの短編の謎が「長い影」の長編で一挙に解決。 上巻を読み始めた瞬間から井筒平四郎が佐々木蔵之介で動いている(^。^) 映画化してくれないかなぁ。 『日暮らし』『おまえさん』とシリーズを読み進めたい。この『ぼんくら』をオマージュとして捧げた半村良の『どぶどろ』も読みたいなぁ〜。

5か月前

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991B15f570f c92b 4abf be6a fbe0a3f8c5d7Picture84703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31E010de10 6f2f 479a 89c0 966ab638bf1f