E8970e52 599b 4a7a 8254 2682e70cdbec

nyawo

歌野晶午、伊坂幸太郎、道尾秀介、乙一など…

歌野晶午、伊坂幸太郎、道尾秀介、乙一などミステリ好き。 綾辻行人「another エピソードS」読書中。

12

コメントした本

死神の精度

死神の浮力を読んで、読み返したくなって久し振りに再読。 恋愛で死神から死神対老女の流れが凄く好きだったなぁと思って読み返したら、恋愛で死神ってこんな良い話やったっけ?!ってなってしまった。。 「自分と他の人が同じことを考えたり、同じことを言ったりするのって、すごく幸せに感じるんですよ」 このセリフを共有しているのが胸に突き刺さるなぁ。 あと、伊坂幸太郎が描く老女って凄く魅力的。 魔王でも感じたんやが、言葉選びが可愛いんよね。

2年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b4335797dc9 002f 4e81 a9f7 7058e54bec7aE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabIcon user placeholderE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24Icon user placeholder 193
ガソリン生活

主人公は緑のデミオ。 緑デミ視点で、持ち主話を聞いたり、他の車と会話したりする日常(事件は起こるけど)のお話。 緑デミが可愛い‼︎ 車輪の数が知性に比例するという設定で、車たちは電車を尊敬し、自転車や2輪車とは会話が出来ない。 でも自転車とはいつか分かりあえると思って挨拶し続けるところが可愛い‼︎ 車慣用句もまた秀逸‼︎ 「開いたバンパーが塞がらない」とかとか。笑 ちょっとした会話が面白いのは流石。 色々都合良く進んじゃうので、初期の伊坂さんが好きな人には違和感あるかも。 ミステリと思わずに読むと、心がほっこりします。 車に乗る人には是非読んでもらいたい作品です‼︎

約3年前

2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b52716bcd9 35bf 4f69 ad1e 81b1e4f863745e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0376b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 75
陽気なギャングの日常と襲撃

短編がキレイに繋がっていくところが読んでて気持ちいい。 前半の短編だけでも充分読みがいあり。 久遠の恐怖新聞。笑

約3年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bIcon user placeholderIcon user placeholderEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51Icon user placeholder3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9 50
密室殺人ゲーム王手飛車取り

ネットで知り合った同志が、1人ずつ実際に殺人を行い、その際用いたトリックなどを残りのメンバーが見破れるか、という話。 1つ1つの殺人のトリックはもちろん、ラストへの話の流れも面白い‼︎ これを2007年に単行本出してると思うと面白さ倍増‼︎

約3年前

71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a5f3f7c7e 2655 4e02 bde0 3381d239c0ca07501b92 1ba8 4407 9b1b b1019ce7eead8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a657377ce a324 491f b7c9 d459b0ff89e7 20
透明カメレオン

ヒロインのキャラ、ぶっ飛んでんなぁ。笑 って思って読んでたけど、主人公もぶっ飛んでた(無敵モードの時とか。笑)。 そんなんやのに、最後は泣かせる話。 登場人物がとっても魅力的でした。

約3年前

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dD81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4ca27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c413fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a013bd1e0c ea86 4133 90b1 2018be09a67642bf60f8 8b07 442b 9be5 c7022528da1f 11
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングシリーズ3作目‼︎ この4人のやり取り、安定してるなぁ〜。 前作、前々作も読み返してこ。

約3年前

De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262aE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bIcon user placeholder3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf990668aba 9e2e 482e bb0c ac1bf7ce7613Icon user placeholder5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77 83
死神の浮力

死神シリーズ。 「先に行って、怖くないことを確かめてくるよ。」 お父さんのこのセリフに感涙。 話の本筋に、父とのエピソードが深く絡んでくるところとか、ほんと、凄く良かった。 千葉さんは相変わらずで、楽しいな。 超人的なことやってるのに、主人公達がさらっと受け入れちゃってる感じもまた良い。 タイトルも、そういう意味!?笑 って感じでセンスの良さに脱帽。 仕事熱心な千葉さんにあやかったタイトルになってるのね。 久々に死神の精度の方を再読しよっと。

2年前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7973bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b 27
陽気なギャングが地球を回す

裏の裏をかく成瀬が素敵過ぎる! 今読み返しても楽しめる作品なのはさすが。

約3年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b430f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbb3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaIcon user placeholderIcon user placeholderD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 2595413885914eda2539 a779 4259 b0ae 761827e67725 121
失はれる物語

表題作が切なすぎる…。 いわゆる白乙一な話。

約3年前

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e173613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae6842997ca4da4 a863 4a4c 9991 6c64b2952d1cB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1C3659d29 bd5d 4334 9063 68f5cb4121f63b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7716a1aac0a cbbb 4b5d 9f7f 5b9b20a00138 88
アイネクライネナハトムジーク

ミステリじゃないのに、伊坂幸太郎作品だなぁ〜と思わす素敵な人物描写。 斉藤さんに会いたいな。

約3年前

97e138a0 59fa 498f 89fc 83dbbe5ed0ff7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e13b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7712c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBa27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689adC33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b 138
首折り男のための協奏曲

全部別々の短編として書かれたらしいのに、単行本にする際、綺麗に話しが繋がっていて、もう感服。 読み切ると、タイトルに納得。

約3年前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholderDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 20
葉桜の季節に君を想うということ

歌野晶午好きになった一冊。 読んだのめっちゃ昔やけど、今だに好きな小説1位。

約3年前

71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecIcon user placeholder9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945305e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71Icon user placeholder2a2522bd 6997 4a45 8128 0d34f37f8afbE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab 205