Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393b

Joe

Joe

Joe

13

コメントした本

416e0iybkfl

掲載当時の連載期間は2008~2010年。 日本での政権交代、アメリカでの大統領選は、当時リアルタイムに作品に反映していったのだろうか。 政権交代直後に読むのと、今読むのとでは、感想が大きく異なるだろう。

13日前

Bbedf2f4 ec67 4762 ad69 ce7a7aa9780d12a74bf5 ca22 4b9d ba62 674f1edfd78aAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00194ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d0d1bf5d5 a33b 4950 ae04 258a2d4bd5e158c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4cc 109
31a82j8l8wl

娯楽作品。下ネタ多め。

22日前

05568384 ab95 4018 86d5 f621d1ac22bfC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbFde97e63 084b 420f 83e6 70a12951ba1b0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c
41ju89mlyll

学習塾を物語の核として、理想と現実の間で葛藤する人達が描かれた小説。 登場人物のほとんどが、理想をもって、全力で生きている。 こんな風に、出し惜しみなく生ききることのできる人が、現実にはどれくらいいるのだろう。 そんな羨望を感じながら、夢中になって一気に読んだ。

3か月前

0ba9c308 95c0 49cf 96cd 16a395c0bdd8Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4A0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456efCa7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4F0a300ed 3ad8 4125 a4d2 b2a209fddf5d 38
514ixfgdzbl

続きが読みたくてワクワクする山場があり、おもしろい小説である。 中盤から、自己啓発本じみてくる。 勝つためには長期的に見て有利な位置に居続けることが重要である、ということに主人公が中盤のカジノでのブラックジャックの場面で気づき始め、終盤の決戦の場面でそれを実践する。 眼前の勝ちや負けに振り回されることなく、負けが続くときも、確率的に有利になると信じる行動を徹底して選択し続ける精神力を、 だがしかし主人公は持っている訳ではない。 主人公は、信じただけ。 信じた相手が、精神力とそれを支える知識と処理能力を持っていた。 将棋が強い人、企業経営ができる人ってきっと、耐えることと信じることができる人なんだろうと思った。

5か月前

41iugezhdnl

文句無しに面白い本でした。 文章の上で繰り広げられる漫才そのものが面白くて何度も笑った。 ウーマンラッシュアワー村本大輔が、 最高月収340万だけど、10年やってきて、テレビに出だしたのがここ2年くらい。 その年月で割ったら月収8万程度。 もっと貰わないと割に合わない。 と自身のラジオ番組で語っていたが、まさにそれ。 夢を叶えるとは、そんなリスクを負ってまでやる価値があることなのだろうかという問いかけを感じた。

約1年前

6a6373c6 9495 4a45 912c 05f0f2149d9e88eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe22B366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d3PictureBd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb4493e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b8ae69db1 c5c3 4ec9 8044 493df6726218 193
51lasvagddl

よくできてる。 時を止める能力×主人公の人格 が完璧に噛み合っていて気持ちよく読める。

約1年前

61apsnxwkpl

コインロッカーベイビーズに似た爽快な読後感でした。 物語を貫く大きなテーマは、 時間は化物 ということ。 自分はそれを、 影響力の大きさ、コントロールの効かなさ だと解釈した。 この本には共感できる点が非常に多く、 それはもっと幼いころにこれを読めていれば違った人生が送れたかもしれないと思わせる。 でも、自分のこれまでの時間と経験が共感を可能にしたのであり、 それなくして上の過程は成り立たない。 そういう意味で、コントロールが効かず、かつ影響力の大きいのが、 時間という化物なのだと感じた。

1年前

6a6373c6 9495 4a45 912c 05f0f2149d9e535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb3fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a00e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e16443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea8d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc183E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909 74
41lpfriydgl

のめり込むタイプの小説ではないが、 淡々と読み進むことで心が凪ぐ。

18日前

6f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aaFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de507c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea505dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d58a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4629ef3a3 0581 4dd9 8fe7 65dd7ea573a7 17
61x3y2isg6l

2年ぶりに再読した。 2年前の感想を読んでも、共感できなかった。 2年という時間が、今の自分と2年前の自分を大きく隔てているのだと感じた。 それは、この本のいくつかあるキーワードのうち、「時間」と「隔たり」に意識が向いたから生まれた感想だ。 今の自分がこの本の中でそこに注目することは、なるほどそうだろうなと納得する。 そういえばここのところ、自分の変化について常に頭の中にあったような、そんな気もしてくる。 歩のお父さんのような幸せに、憧れる。

28日前

6a6373c6 9495 4a45 912c 05f0f2149d9e535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb0e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e16443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea8d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc183E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419092a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b 62
51j8mm1ljfl

中小企業の社長を主人公として、大企業の不正を暴く勧善懲悪のストーリー。 大企業とその社員が抱えるリスクと、それに伴う心労が他人事とは思えず、主人公側に感情移入しきれなかった。 しかし、中立の視点で読んだにも関わらず、終盤のカタルシスに心地よさを感じた。 大企業の失墜ではなく、野心家個人の失脚に慰められたのだと思う。 自分が平凡な大衆の一人だから、その現実を肯定されるような気がするのだろう。

3か月前

Bbedf2f4 ec67 4762 ad69 ce7a7aa9780d4ac592c1 c442 4773 91be 4871de22835966a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51aC72ea412 349d 4b17 b67b 50371ec6954236461992 b39e 475e a0a8 630bcd6c4e39D10e12b3 5ff3 4fb4 865f 95459982fdcb 30
51td1v1q9bl

タイトルからの想像に反して、新選組について書かれた小説ではない。 新選組の話がほとんどを占めているのに、読後感は吉田貫一郎個人にフォーカスしている不思議。 新選組を切り口にして、人間の本質を断面図にしてみせた小説だと思った。 地に足の着いている、歯車の噛み合った良書でした。

8か月前

Be95840f 5606 4072 a020 b33d213213c99a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b15661525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad477bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462bDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c5ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a327fbf53 3c9c 4d0f b199 4cd476c70d36 13
41tua53mrbl

ネットワークビジネスと一般的な営業職との間にある差は、すごく小さいのではないかと考えさせられた。 清濁がごちゃごちゃになる読後感が心地よい本です。

約1年前

65e6d28d eb72 4528 8374 ee308b2abc74983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f49c5e4fad 3236 4ac2 850f 0211209769649ffb32c1 66ed 447f 8396 850561f24677
41sfdgs0kdl

どんでん返し系エンタメ

1年前

10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b84703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31E3694df3 1876 489a ac2f 241db0ffe47bEcbb725c 698c 4995 9709 570c4885e616B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df76cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974540fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890 104