427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

小説も漫画も絵本も読みます

243

コメントした本

モップの精は深夜に現れる

シリーズ2作目 相変わらず清掃作業員として夜中や早朝の会社に出没するキリコ そこで出会う様々な人の悩みや不可解な事件の謎を解明する そんなキリコの家でも悩みの種が… 家事や夫と義父の世話、おばあちゃんの介護、清掃の仕事 全てを一生懸命頑張っているのに おばあちゃんにちょっと何かあると 叔母に責められ 兄夫婦に陰口たたかれ あんまり手伝わないやつに限って口出してくるのよね 毎日の頑張りがどれだけ大変かわかりもせずに そもそも他人に身内の世話させといて文句を言うなんてどういう事 お前がやれよ って沸々と怒りが湧いてきます 文句一つ言わないキリコは偉い

約23時間前

私小説

なかなか大変な人生を送ってる作者 食べれない物や飲めない物がたくさんあって(アレルギーとかではなく 体調を維持するために)身体も痩せて弱くすぐに体調を崩す 睡眠障害もあり こだわりもたくさんある 本人にとって生きにくい世の中だけど 自分で工夫しながらうまく付き合っていってるので 自分なりに幸せを感じているならいいのかな

6日前

Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1Icon user placeholderB50ad172 8f40 461e a798 4732792577e851550e70 9a9a 431a b3dc 51740c7dc3e9F9e165a3 9991 4cbc 9b77 c3050ee67c174039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25
種のキモチ

題名から勝手に主人公は種だと思い込んで読み始めたら違ってて なかなかホラーな話でした 蔵に閉じ込められた少女が大人になり 小学生の男の子ダイスケ、そのダイスケのいとこ、いとこの彼女へと連鎖していく植物化の発端となる タンポポのように種が飛び散って増えていく花は要注意です この話が実際に起こることだったら 手がつけられなくなります

11日前

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます

シリーズ2作目 相変わらずの有紗節炸裂 頭いいから事件の謎解きは 毎回良太でなく有紗なんだけど 周りの人はまさか小学生が解いたとは思わないから 良太の手柄になる その分 小学生を連れ回していると誤解されるんだけど ちょっと小生意気だけど憎めないキャラクターの女の子です

15日前

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように

シリーズ5作目 アオヤマさんの過去の話とその時に知り合った女性との再会の話 不倫を嫌悪していても心の弱さから道を踏み外してしまうことがあって それほどまでに人は頼りない生き物だけど 幸せを求めてもがき苦しむのはわかります 弱っているときに隣に誰かいてくれたら 間違った方向へといかなくてすむのでしょうか

21日前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Bfbe0e00 8adb 4f6b 8f55 93ad66afa6135a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669edCc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03b5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3D5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e9 9
魔法使いと刑事たちの夏

シリーズ2作目 小山田刑事の家に家政婦として住んでいる魔法使いのマリィ 殺人事件が起こるたびに 魔法を使って犯人を自白させようとする そもそも 事件の概要を人に話す刑事ってどうよ 実際にはあり得ないし 魔法に頼る気満々って感じ

27日前

満月の泥枕

小学生の猛流の相談でアパートのみんなや姪の汐子や菜々子と池をさらうことになった二美男 出てきた頭蓋骨を猛流の祖父に奪われた関係で 猛流の祖父や父までをも巻き込むこととなる 頭蓋骨に関係があるのではと思われる猛流のおじさんを探しに岐阜まで行って みんなが危険な目にあい知り合いの警察官に危機一髪で助けてもらって 無事東京へと帰り着いたが 今までの騒動は一体なんだったのか 過去に辛い経験をした二美男は自堕落な生活をしながら 姪の汐子と暮らしている 汐子が二美男に放った「幸せになってもええねんで」の一言で幸せはいつも側にあったんだなと思う

約1か月前

6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d727975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4ca6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837635b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe4381525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad468b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9 9
ねこ町駅前商店街日々便り

シャッター商店街となっているさびれた町を再生させようと立ち上がった主人公の愛美とアルバイト先の店長の信平さんと外国帰りの慎一 きっかけは一匹の猫だった 町の活性を諦め 静かに老後を送りたいと思っているシャッター商店の店主たちからは 反対の声も上がり なかなか進まない計画だった 仕事もないさびれた町から若者たちが出て行くのは仕方のないことだけど 楽しい思い出のある故郷であることが大事で 帰ろう、戻ろうと思えるような場所にしたいと考える主人公たちの気持ちが みんなに伝わり動かすことが一番なんだと思う

約1か月前

わたしをみつけて

親に捨てられ 施設で育った主人公が 准看護師になり働いている 病院の医師たちは最低でも文句も言わず ただ居場所をなくさないために必死に生きている 誰かの言葉に傷つけられても 別の誰かに救われ背中を押してもらえることもある 居場所を求めた主人公にとって 菊地さんや藤堂師長との出会いは かけがえのないものではないでしょうか

約2か月前

5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f410cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Icon user placeholder2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870D2107672 7c2d 46be a868 f98e4a3cba81
天使はモップを持って

若い女の子がビルの清掃員をしていて その会社で起こる様々な謎を 仲良くなった新入社員の男の子と 解決していく話 会社には いろんな人がいて やっぱり大なり小なりの揉め事や問題があって 嫌な思いをすることもあるけど 誰だって気持ち良く仕事をしたいはず そんな時 部屋やトイレが綺麗だったら 気分も晴れるかな キリコちゃん うちに来て掃除してくれないかなぁ

約2か月前

E323458d 7470 4a37 9b26 7b39e079358f7656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25ab
風待ちのひと

トラックドライバーの間で噂になってる 通称「ペコちゃん」 ペコちゃんに親切にした人には福が舞い込むという 須賀哲司はそのペコちゃんをドライブインから美鷲まで乗せてくことになる それが2人の出会いだった 心が病んで いっそ死のうかという気持ちの中 土足で踏み込んでくる喜美子(ペコちゃん)に辟易しながらも 少しずつ少しずつ距離を縮めていく2人 鬱陶しがられても ズカズカと踏み込んでいくおばちゃんパワーが時には必要で それが結果的に哲司を自殺願望というか現実逃避から救うことになった 個人的な意見ですが 哲司の奥さん 苦手なタイプなので 夫婦の会話の部分はイライラしました

3日前

刑事の怒り

刑事 夏目信人シリーズ 4作目 世の中 いろんな事件が多発していて 中には間違った被疑者の供述を鵜呑みにしてそのまま事件解決にしていることもあるかもしれない 夏目さんみたいな刑事さんだったら 事件の真実を見つけてくれて 本当のことをちゃんと被害者の周りの人に伝えてくれるからいいなと思う 表題作は珍しく夏目さんの怒りの声が聞こえるようだった どんな形であれ 周りの人が生きてほしいと願っている命を 個人の考えで殺していいはずがない ましてや罪逃れで 嘘をついて自分の行為を正当化するのは間違っている

8日前

E0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1e9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
さらば愛しき魔法使い

シリーズ3作目 いつも箒に乗って空を飛ぶマリィに 誰かに見られるのではないかとヒヤヒヤしていた小山田聡介 ついに雑誌の記者兼カメラマンに嗅ぎつけられて… 苗字が欲しいと言っていたマリィ 婚姻届まで用意したのに 叶わないままでよかったのかなぁ あれほど気をつけろって言われてたのに 無防備だったから仕方ないか

13日前

駐在日記

横浜で刑事をやっていて 結婚して駐在所勤務を希望し 村へとやってきた蓑島夫妻 警察官にもいろいろいるけど このお巡りさんはとっても良い人だと思う その人が幸せになるよう考え 時には事実を曲げてまで 守ろうとしてくれる もちろん些細な罪でも 報告して然るべき対応をするのが 警察としてあるべき姿なのかもしれないけど 杓子定規な対応ばかりがいいってことにはならないと思う 助けたその人が今後 正しい生活を送り幸せになっているなら 曲げた事実も正しい選択なのではないか

19日前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69635405249 a27f 4fe7 bc68 96ec2fd5e942
珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで

シリーズ4作目 今回は美星さんだけじゃなく アオヤマさんの推理の披露とかあります 猫のシャルルの話もなかなか良かったです

23日前

218650bc 089c 483e 92a2 20e17d1140dcBfbe0e00 8adb 4f6b 8f55 93ad66afa613Fe6ab853 69fc 419a 907a 005505276806Dff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca3f6f1469 a8e2 4956 8c7d f661db2f7ceeD5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e9E41d1b3a a3c8 4357 8781 2f24f24994f5 8
ぼくときみの半径にだけ届く魔法

写真の専門学校を出た主人公の須和仁 友人が有名なカメラマンになっていたり 周りがどんどん仕事を取っていたりする中 売れない自分だけが取り残されている ある日偶然とった写真に写っていた陽(はる)と知り合い 彼女の家へと写真を時々見せに行くようになって 仕事が舞い込むようになった 難病とたたかう彼女との恋は 普通の人たちが当たり前のようにできることができなかったりしてる分 純粋ででもとても脆い だからこそ綺麗な気持ちで幸せを噛み締めている彼女を守り続けて愛し続ける主人公との恋は応援したくなります

約1か月前

6c291222 5e63 4bb0 a0d4 78934d198d4098a53d93 2739 46ac 9293 f7c43d63c11c10439ba4 db1b 474e 9052 db9c243b9ebe
額を紡ぐひと

主人公の奥野夏樹は額装師 彼女が依頼された額を作るときは その品物に関する依頼人の過去や秘密までをも知ることとなる よりふさわしいものを作る為に 彼女にくる依頼は風変わりで 宿り木だったりインコの鳴き声だったりいるはずのない妹との仲良しだった時間だったり それでも依頼人の心が晴れるならと額を作る 誰でも、傷つけたぶん傷つく、傷つけられたぶん傷つけてしまう 後悔に身動きできなくなってしまった人たちが少しずつでも前に進んでいけるなら 主人公の仕事は間違っていないと思う

約1か月前

震える教室

6話からなる連作短編集 凰西学園高等部に入学した真矢は お母さんが小説家だという花音と友達になる 彼女から お母さんの依頼でピアノ室の怪を調べることになったから一緒に行ってほしいと頼まれ 協力することにした これが今後の出来事の始まりとなる 学校という場所にはどこにでも 怪というか七不思議というものがあって うちの学校にも夜になると音楽室にある音楽家の肖像画が笑うなんていうものとかあったなぁって懐かしくなりました ただそれは実際に見たり聞いたりしてないからであって 経験してしまうとホラー 主人公たちも何度もそのホラーを経験することになるのよね 学校って怖すぎ!

約2か月前

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c
聯愁殺

突然 見知らぬ男性に殺されかけた主人公の一礼比梢絵(いちろいこずえ) 何故自分が襲われたのかわからないまま 4年の歳月が過ぎ ある日当時関わった警察官が〈恋謎会〉メンバーであるミステリー作家や私立探偵を集めて検証してくれることとなった 犯人は思いもよらない人でした 登場人物たちの名前がみんな変わってて 覚えるまでが大変でした おバカなもので(泣)

約2か月前

春待ち雑貨店 ぷらんたん

4話からなる連作短編集 ターナー症候群である主人公の北川巴瑠が 辛い自分の運命と向き合い 学生時代に雑貨店でバイトをしたことをキッカケに ハンドメイドアクセサリー作家となって 自分のお店を切り盛りしながら日々を過ごしている お店には不思議な出来事が舞い込み 巴瑠はひとつひとつに寄り添い 優しく解きほぐしていく うまくいかない人がうまくいっている人の足を引っ張るのは よくあることだけど うまくいってる人にも悩みや辛い運命があって 唯一大事にしているものを拠り所にしている場合もあるのに 何も知らない人が妬みだけで 嫌がらせをするのは 自分勝手だと思う

2か月前