9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

308

コメントした本

人生最後のご馳走 淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院のリクエスト食

本書にはホスピスで最後の時を過ごす患者さん方のリクエスト食とそれにまつわる思い出話がまとめられている。 天ぷら、お寿司、コロッケ…写真に映るリクエスト食の、なんて美味しそうなこと。 それぞれの思い出の一食、その平凡で何気ない一つ一つが最後の最後でなんてきらきらしていることか。 人は食事を食べながら、同時に思い出も蓄えているのだと思う。 沢山の食事の中で、どの食事を私は最後に思い出すのだろうかと考えると、誰と何をどんな気持ちで食べるかをこれからも疎かにしたくないと思った。

18日前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa475a5ac1d 6653 4c29 aed3 6b42701e4364
三千円の使いかた

「人は三千円の使い方で人生が決まるよ」という祖母と、父母、孫娘二人の御厨家の人々の物語。 お金、お金。 人はお金のみにて生きるわけではないけれど、実際のところ、お金がないと身も心もホントにくたびれる。 本書に登場するのは、20代の未婚・既婚の娘たち、70代の祖母、50代の母、30代の祖母の男友だち。 それぞれの人生に、共通の、だけどそれぞれに意味が異なる「三千円」というお金。 その異なる「意味」は、結局それぞれの「生き方」と密接に関わっているということを感じた。 逆に言えば、お金の使い方を意識すると、生き方も変わる。 本書はむやみに節約を説くような本ではなく、そのことを優しく伝えようとしてくれる本だった。

約2か月前

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d937b06e9 c699 4f5e acd2 74674520b3f7922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d5dc440c1 c7d0 4a9b 89e7 6d0e76efcf2eB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff26ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd256820f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520 12
食堂かたつむり

話の流れが早くてすいすい読めるんだけど、ちょっと大雑把すぎるかなと思う。 死ぬことも、生きること(食べること)も、どちらも同じくらい重要なことなので、片方だけが細やかに描写されるとどこか物足りなさがある。 どこだか分からないけれど、人のいない田舎の、山の幸、海の幸の色彩と味わいの豊かな描写が好き。

3か月前

6327ad74 9f14 4b3f 9e07 0d7c7c88925e16aa69cd 45b3 4ecf a830 5e4427419df86c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9438e700d a499 46e2 a09f a57835de165c33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholder220d9563 43a9 4180 8d1e ce437f844255 113
FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

世界は少しずつ良くなっている。 そう感じられるだけで、「世界には不幸な人々があふれて救いを待っている」と思うより、希望とやる気に溢れてくる。 変な罪悪感や居ても立っても居られないような苦しさが和らぎ、今いる場所で最善を尽くそうと思える。

3か月前

Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac56210284 c42b 444f a012 699dde075310F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbfA174cd4c 0806 4668 8940 992e2d13b877Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a99888cd725ca 2539 4ad5 8cf7 3b1985decebeIcon user placeholder 223
あなたの人生、片づけます

プロの片付け屋、大庭十摩利がさまざまな理由からモノを片付けられない4人のお家と心を軽くする作品集。 本書を読んで考えたこと。 人は部屋の中だけでなく、心の中にもたくさんの捨てられない荷物や思いを抱えている。 だから片付けられない人を変えるには、部屋にたまった不用品をただ「捨てる」だけじゃ足らないのだ。 新しい人生を切り開きたいなら、抱えた荷物は自分にはもう必要のないものだと納得し、自ら手放すことが必要なのだ! …あゝ大庭十摩利さんの指導、私も受けたい…。

5か月前

Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527Icon user placeholder3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d1ce1ed76 072c 4d7f 97bc 1d5147ad9a753221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD1f344e2 7b3f 4362 b3d2 9fc23eeec0c1 10
最初の悪い男

狂おしいまでに誰かを求めて、その気持ちがこじれて、ねじれて、間違った方向に暴走してしまった43歳の独身女性シェリルと、20歳のクリー。 年齢も性格も共通点のない2人が互いの中に同じ“真っ当でない何か”を見出し、憎しみと愛情を全身で交換しながら、つかの間の同居生活を送る。 頭の中で自分本位な空想をするばかりで、実は他人と関わることを避けてきたシェリルが、止むを得ず関わることになったクリーに愛憎が入り混じる生の感情を抱き、身悶えする姿が愛おしい。 他人と繋がるというのは格好いいことばかりではなくて、繋がればこうして滑稽で深く濃い感情のぶつかり合いを経ることは避けられない。 醜い自分が苦しく、つらく、悲しい。 でもそれは自分の頭で考えているだけではたどり着けない境地であり、誰か他人と関わることでしか得られない生の手ごたえだ。

6か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de50c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeIcon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f478c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd 45
魔術師ペンリック

ビジョルドの新作は五神教シリーズの新作。 なんと本シリーズは2018年のヒューゴー賞最優秀シリーズ賞を受賞したとのこと。 今回の主人公は、田舎貴族の三男坊でお人好し美男子のペンリック。 本書は彼が偶然にも、あれよあれよと言う間に10人の女性と2匹の動物を宿した「魔」を受け継ぎ、彼女らの助けを借りながらやがて一人前の魔術師へと成長していく姿を描く3つの中編が収められている。 魔を管轄するのは曲者、庶子神であるから、当然ペンリックたちが遭遇するのも、ひねくれた変わった事件ばかり。 その度に彼とデズデモーナ(10人の女性たちの総称というか…)の名コンビが難事件を推理し解決する、というミステリー要素と、さらに過去のシリーズよりコメディ色が強い作品になっているので読みやすさはピカイチだと思う。 末っ子らしい愛嬌と素直さ、けれど意外と芯の強いペンリックは、老獪な女性(たちの集合体)デスデモーナも心を許し、厳格な王女からも信頼を得る、と熟女たちを陥落させるツボをしっかり押さえている。 そして複雑な設定と奇抜な登場人物たちを、自然にしかも無類の面白さで描くビジョルドの「読ませる力」に惚れ惚れする。 未訳作品もあるようなので、続編に期待。

7か月前

F21566a4 02fc 4938 b8fb aa87195e32730b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108b
手のひらの音符

主人公は服飾業界で働く40代の女性。 彼女は、天職とも思っていた大切な仕事を失う危機に直面し「これから」を考えるために過去と向き合い始める。 そこから新たな目標を探す現在のパートと、貧しい中で助け合って生きていた幼馴染や恩師、級友との過去のパートが交互に描かれるのだが、どのエピソードからも主人公たちが真面目に、健気に生きてきたことがじわじわと染み入るように伝わってくる。 真っ当な人が真っ当な生き方をするからこそ、ままならない運命にもがき苦しむ。 現実もまたそうであるからこそ、読者は心から登場人物たちの幸せを願わずにはいられない。 他人の幸せをこんなに素直に願うことができる、読者をも幸せにする本だと思った。

8か月前

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa9241d0973a 25be 473f a7f0 871aea3e22b63e13db21 0b9e 4fc7 b41e 05da2c3f46d0E68ce569 3964 4a76 9086 14f7083ea19fIcon user placeholder9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 14
老後の資金がありません

街行く人はみんな平穏な毎日を過ごしているように見えるけど、でも私も含め多かれ少なかれ「お金」に振り回されている。 だから普通の主婦である篤子が、娘の結婚、親の葬儀、介護、リストラ、と次々に現れる人生の「まさか」に貯金を取り崩し、老後の恐怖に震える姿は他人事とは思えない。 外面を繕っていた篤子が、見栄や意地を捨てて本音をさらけ出した時に見えた家族の本音や友人たちの苦労。 そして手に入れたお金に振り回わされるのではなくて、自分でお金との距離やスタンスをコントロールする力。 それは人生の「まさか」に直面した時にうろたえないための極意でもあると思った。

8か月前

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa9274f3c7c2 627a 4c2e 9081 ab68e139c4bcCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a274745d5ac 1fce 4935 bc20 6da358c1e1a8Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder 35
北海に消えた少女

ジャーナリストのノラは、取材帰りに古道具屋の店先に陳列されていたスーツケースを購入する。 そこに入っていた30年前デンマークからイギリスに渡る船旅の途中で失踪した少女たちの写真。 迷宮入りとなったこの失踪事件に興味を持ったノラは、これを記事にするためかつて少女に関わった人々を取材するが、そこでこの事件が当時世間を騒がせた連続少女監禁殺人事件と関わっているのではないかと気づく…。 人気の北欧ミステリ。 ところが主人公のノラがさっぱりして楽天的、ブルドーザーみたいに次々にトラブルに突っ込んでいくという北欧のイメージを裏切る力強いキャラクターなので、不気味で残酷な殺人事件や「羊たちの沈黙」のレクター博士を思わせるようなサイコパスと怖い要素満載なのに、読後感は非常に爽快。 幼馴染の男性との恋愛の行方も高校生か!とつっこみたくなるほどじれったく愉しい。 デンマーク人から見るイギリス人を茶化したような目線も面白く、シリーズ次作が楽しみ。

9か月前

名もなき星の哀歌

人の記憶を自在に取り出したり移植したり、なんと売買までできる、そんな店があったとしたら…。 本書のこの魅力的な設定は、SFともミステリーともしれない不思議な世界に読者を連れて行ってくれる。 人にとって記憶とはなんだろう。 時には支えになり重荷になり…その人を形作る土台が丸ごと変わったら、その人はその人でなくなるのか…様々な問いが心に浮かぶ。 作者はこの難しい設定を、なんとか整合性を図りつつラストへと力技で繋いでいる。 お見事。 ただ、私には登場人物たちの行動や反応がところどころ衝動的、非現実的に思えて、その点では最後まで違和感が拭えなかった。

29日前

8d604283 1d7d 4783 9813 c14c148509c3E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1fE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aIcon user placeholder62463ccd 4ec3 4c2b 8f9a 337c41b63399733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 11
戒名探偵 卒塔婆くん

死んだ後のことなんて知ーらないと言いたいけど、その人に至るまでに綿々と続いて来た先祖や子孫のこと、お墓も戒名も考えておかなければならない課題の一つ。 最近、葬儀のことやお墓のことを仕事の関係で調べたりしていたので個人的にタイムリーだった。 身元不明のお墓の謎やお寺のイメージアップ作戦まで軽やかにトラブルを解決するのは高校生なのにやたら日本史、宗教史に詳しい外場君。 こんな人が近くにいたら何かと相談してしまいそう…高級和菓子の袖の下が必要だけど。 しかしいつの間にやらお寺の経営は大変なことになっているのね、コミュニケーション能力やら時代を先取りする才覚やら宗教心以外にも必要とされるものが多くて大変、とかいろいろと勉強になりました。 あんこ系の和菓子がもりもり食べたくなる、タメになる本でした。

3か月前

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6eeIcon user placeholder4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b51525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
クロストーク

恋人同士が感情を共有する手術が可能になり、主人公はハンサムで優しい彼氏と、親族の大反対を押し切ってその手術を受けたのだが、なんとその結果、彼氏ではなく別の人物とテレパシーで会話できるようになり…。 コニー・ウィリスの新作はSFチックなラブコメディ。 大人たちが右往左往する中、小生意気な悪魔的魅力の女の子が要所要所に登場して混乱に拍車をかける…というウィリスの黄金セオリーはこの作品でも健在で、「航路」などを彷彿とさせるのだけれど、本作はずっと軽く最後までテンポよく一気読み。 彼女の作品、もっともっと読みたい。

3か月前

Icon user placeholderAbeb4ab9 db16 413c b42e 9a0d46ebfb1bCee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e1531291c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea6db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb009E96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaed7e5b5510 fe27 4ed2 971e ad926d497a0a 37
蝶が舞ったら、謎のち晴れ: 気象予報士・蝶子の推理

探偵の夏生と気象予報士の蝶子、幼馴染の2人が5つのお天気がらみの謎に挑む。 どの謎の解決も雷や台風といった気象に関する現象が重要なヒントになっていて、どの作品も新鮮で、「はーなるほど」と勉強になった。 頼りない男の子としっかり者の女の子というテッパンの設定なので、会話の流れがワンパターンになっててもったいない。 せっかく気象に関する豊富な知識を持つ女性という面白い設定なので、ヒロインの人間味のようなものを感じられるエピソードがもう少し読みたかった気がする。

4か月前

08de30df 492f 4e49 9f6a eb76144ec2b70402c71d cf3c 4727 99e9 3a0620f0a05a
十二人の死にたい子どもたち

自らの手で安らかな死を迎えたいと望む未成年の子ども十二人が、廃業した無人の病院に集まる。 ところがそこに予想外の事態が起こり、固い決心の元に集まったはずの彼らは次第に死よりも「謎」に囚われ、決行は先送りに。 十二人の中にいる異分子。 設定だけ見ると「11人いる!」を彷彿とさせるのだけれど、異分子はどうやら一人ではなく、それぞれ一癖二癖ある子どもたちはいずれもキーマンであり、謎のカギを握っている。 映画化されると聞いて、それぞれ演じる俳優さんの顔を見ながら読むとより楽しかった。 私はマイさんがお気に入りです。

6か月前

24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Cc2de357 64db 4680 b11c df57566814b6E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec39a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f16e47a3fe 3e71 47f6 8873 e41e0609936bA7bc81dc 68c0 4826 84ca 88d8c99b99bbF464b46b 79ae 4ad3 a94e ceb4139bb841 94
紛争地の看護師

シリアなど世界各国の紛争が起こる地で、国境なき医師団の一員として看護師の仕事に就く著者の現在と、今に繋がるこれまでを描く。 やりたいことと、やらなければならないこと。 人生でこれが一致して、しかもそれを仕事にできるということは幸せなことだと感じた。 けれど一方で著者の場合は、その仕事はなんと過酷であることか。 助けた人の明日も定かではなく、助けても助けても次々に運ばれてくる犠牲者たち。 著者は、私たちの代わりに行ってくれているのかもしれないとふいに思う。 何か、私もできる限りのことをしなければと強く思う。 どうか著者を始め医療者の方達がみな無事でありますようにと祈る。 戦争が起こる理由を知りたいと思ってきたけど、それはもう後回しでいい。 罪のない市民が手足を失い、親や子を失い、家を失い国を失うことに正当な理由があるのならそれが知りたい。

7か月前

なにたべた?―伊藤比呂美+枝元なほみ往復書簡

自分に、誰かに、なにかを作り食べさせてあげたいと無性に思う本。 毎日何をしなくても、食べることだけは人は続けているのだと気づく。 こうして日々のミクロな積み重ねを読むと、人は健気だなぁと思う。

7か月前

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a05f34e3ea f884 4c5f 9be1 f0336fdf7bdaIcon user placeholder7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e182d3e6d a64a 4126 8f16 670bbdfab2d8
出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

著者はヴィレッジヴァンガードの店長(当時)の女性。 彼女は結婚生活が行き詰まり夫と試験的別居をする中で、会えた人にピッタリの本を勧めることをプロフィールに登録して出会い系サイトXにデビューする。 その変わった自己紹介にサイト上では次々反応があるのだが、もちろん中にはナンパ目的の人や変わった人もいて、その出会いはどれも刺激的なものとなるが…。 「本を勧める」とあるので本がメインと思いきや、本はあくまで小道具に過ぎない印象で、そこは期待はずれ。 果たして70人のうちの何人がオススメされた本を手に取ったのかな?そしてその本はその人の心を動かすことができたのかな?個人的にはそんな人が一人でもいればいいなと思う。 山と山は出会わないが、人と人は出会う。 山は自分からその姿やあり方を変えることは出来ないけど、他人や本との出会いは、人が自分を変える「触媒」になりうるかもしれない。 出会う前と出会った後、主人公の心の変化に、そう思えた。

8か月前

4f903d1f d37d 44df 878b 2ff6e40afc3b41bfd0ff 8b16 4ec5 b6a2 13ca682588002afd6398 c421 4ab4 983a 073b5b7c34e0Icon user placeholder92ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3af39a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f1F017edca 3276 4072 b767 bfe9f0204402 399
天龍院亜希子の日記

「天龍院亜希子の日記」だけど、生身の彼女は出てこない。 主人公は天龍院亜希子のもと同級生で、そのインパクトの強い苗字でもって彼女をいじめていた男子の一人。 現在彼はさえないサラリーマンとして些かブラックな人材派遣会社に勤め、偶然彼女のものと思われるブログを発見し、なぜか時々アクセスしてはそこを覗いてしまう…。 もと同級生ふたりが、27歳になり誰かの人生に責任を負ったり、不毛な関係を絶って何かを始めたり、人生の新たな段階に入るその時にたまたまこんな方法でニアミスしてしまうというのも、現代のネット社会のリアルなんだろう。 自分は自分だけで生きているわけではないということ、自律的に生きていると思っているその日々は、実はどこかの誰かの支えで過ごしていたのだと気づくこと。 主人公が無為な時間を過ごしていた日々から、誰かのために頭を下げ、誰かの努力を支える態度へと変わっていくことは、それが必ずしも報われないとしても、人生の違うステージに彼が立ったことを意味しているような気がする。 ブログで断片的にしか知らないもと同級生の幸せを彼女の知らないどこかで祈る。 そうできる彼に変わる、一人の男性の変革の時を私は本書で読んだんだなあと思った。

9か月前

Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393bC0f76190 cf7b 441e a008 34357e3c8477
ディス・イズ・ザ・デイ

青い空と緑の芝生と大好きなサッカーチームがいれば、人生なんとかなる。 今日もなんとかやり過ごすことができる。 つまりそういうこと。

9か月前

Cfebd938 c45a 44fb a987 bef6eeb5e143Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fcF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aIcon user placeholder