9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

234

コメントした本

駒子さんは出世なんてしたくなかった

会社など組織で働いていると、駒子さんに限らず誰でもある時期に来ると「次の段階」に向き合わねばならない時、いわば人生の曲がり角がやってくる。 曲がり角の先には困難や苦労もあるから角を曲がる前は大抵緊張したり尻込みしてしまう。 本書はまさに会社人であり家庭を持つ駒子さんが曲がり角でさまざまな葛藤に直面しながらそれをどう乗り越えていくかという物語。 仕事上の曲がり角と家族の曲がり角が同時期に重なり、その大変さが身につまされる。 けれど駒子さんがそうであるように、危機的状況には結局はそれまでに自分がどう生きてきたか、周囲の人々とどんなふうに信頼関係を築いてきたかということが命綱になる。 自分の味方は、一生懸命に生きてきた過去の自分なのだ。 お仕事小説は数あれど、地味な(失礼)主人公、地味なお仕事にここまでいろいろ感情移入したのは初めて。 地道に真面目に仕事と家庭を大切にしながら働くたくさんの人に読んで欲しいと思う。

3日前

Icon user placeholder458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2
弁護士アイゼンベルク

ドイツミステリ。 主人公は刑事弁護士のラヘル・アイゼンベルク。 辣腕で知られる彼女だが、現在弁護士事務所を共同経営する夫が浮気して別居中、思春期の一人娘は学校で問題を抱え、家庭はトラブル続きだ。 そんな中、猟奇的な殺人事件が発生し、その容疑者として浮上したのはもと恋人の物理学者。 そして彼女は彼の無実を信じ、その弁護を務めることになる。 元彼の容疑を晴らすべく奔走する主人公の物語と、隣国から命をかけてドイツに入国しようとする母娘の物語が交互に描かれ、やがて思いがけない形で交差する…。 タフな主人公がブルドーザーのように強気でぐいぐい障害物を破壊しながら真相にたどり着くという流れは、最近内省的な主人公の物語を読むことが多かったのですっきりする。 主人公の嘘も方便、依頼人を無罪にするためには手段を選ばず、というガツガツしたプロとしての姿と、夫の浮気や娘の問題に動揺したまに自信喪失する姿が対称的で憎めないし可愛い。 二転三転する裁判にやきもきし、複雑な事件が解きほぐされる快感を楽しむ。 これぞエンターテイメントという一冊。

13日前

わたしの忘れ物

大学で半ば無理やりに紹介された大型商業施設の忘れものセンターの期間限定バイト。 渋々働き始めた恵麻は、次々に持ち込まれる不思議な忘れ物と持ち主たちの「モノがたり」に触れ、次第に自分自身の大事な「忘れ物」に気づいていくのだか…。 「死んだ女より 悲しいのは 忘れられた女」 本書を読んで頭に浮かんだのはマリー・ローランサンの言葉だった。 何かを「忘れる」ということは、忘れられたモノにとっては自らの存在の意味を、支えを失ってしまうということなのかも知れない。 そしてそれは、とてもとても残酷なことだと思う。 廃校や廃墟、空き店舗や住民がいなくなった部屋などを見た時に感じる寒々しい気持ち、心細さ。 どのエピソードもドラマチックで意外性があり面白く読めたのだけれど、いかんせん存在感がないと自嘲している主人公にどうしても好感が持てず、残念だった。 設定上、仕方ないとは思いつつ、都合良すぎな周囲の人々にも突っ込みつつ、最後まで読んでしまった。

約1か月前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213
ヌヌ 完璧なベビーシッター

パリのアパルトマンの一室でベビーシッターが2人の幼児を殺害し自殺を図った。 「完璧なベビーシッター(ヌヌ)」 雇い主からそう呼ばれたルイーズがなぜそのような凶行に及んだのか。 そして物語は陰惨な事件の起こった冒頭から、夫ポールとともに妻ミリアムが弁護士の仕事を再開するためにベビーシッターを面接するシーンへと転じる。 面接のその日から子どもたちに好かれ、シッターばかりではなく、美味しい料理、自宅の整理整頓まで完璧にこなす女性ルイーズ。 子どもたちは彼女を「わたしのヌヌ」と呼び、慕う。 そしてポールとミリアムもやがてルイーズなしには自分たちの生活が成り立たなくなってしまう。 では、ルイーズは?彼女は何を考え、何を悩み、何を望んでいたのか… 悪魔は突然現れるわけではなく、たいていはその人の内面で眠っていて、あたたかい人間関係だけがそれを抑える力になる。 それが得られない境遇にいる、またはそれを断ち切られた時、悪魔はその人の中で育ち外界に牙を剥く。 私たちには「事件」が起こって初めてその残酷さが目に見える。 初めて…本当に?いや、本当は分かっている。 ミリアムも気づいていた。 ルイーズの寂しさ、寄る辺のない心細さに、そしてその不安定さに。 複数の人間の身勝手や自己保身、心の弱さ、様々な要素が重なって、惨劇が起こる。 おそらくは私たちが目にする多くの「事件」もまたそうなのだろうと思う。

約2か月前

いま見てはいけない

表題作の「いま見てはいけない」をはじめ、語りの見事さにひきこまれ一気に読んでしまう。 「あーそっちに行ってはだめ」と主人公に何度も声をかけたくなるが、一方で結末がどうなるのか知りたくて仕方がない。 上手い作家だなぁ。

2か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117A16c3265 00ea 44e1 bba2 1bf64b42edd49727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120 14
コールド・コールド・グラウンド

1981年、イギリス連合王国の一部である北アイルランドの首都ベルファスト。 当時の北アイルランド地域は、イギリスとアイルランド、プロテスタントとカソリック、ナショナリストとユニオリストという相反する存在が互いに自分の是を声高に主張し殺しあう場所だった。 そこで起こったのは体内に残された楽譜、別の誰かと交換された被害者の手という猟奇的な連続殺人事件。 事件を担当する巡査部長ダフィは、カソリック教徒で、また大学で心理学を学んだという警察隊の中の異分子で、その宗教的、政治的に微妙な立場は、捜査を困難なものにする。 IRAやUDR、UFFと言った名称が頻出するので巻末を確認しながら読み進めたが、慣れてくると苦にはならない。 それよりも各陣営の主張や立場を理解するに従い、犯人探しだけでなく「こいつが悪い」と名指しできないこの紛争の複雑さと矛盾に満ちた政治や宗教の問題についても考え込んだ。

3か月前

エヴリシング・フロウズ

主人公のヒロシ、その友人のヤザワ、フジワラ、そして野末、大土居…中学3年生の彼らの荒波に飲み込まれそうな激動の一年間を描く。 時には面倒くさい母親の恋愛問題や別れた父親の死、友を襲ういじめや暴力、そして親からの虐待。 無力で非力な自分に失望しつつ、自分ができることを精一杯考え、やろうとするヒロシの姿は、損とか得とか考えずに身体と心を動かすことができたその頃の自分を思い起こさせる。 本作品に限らず、著者の作品に登場する人物たちは優しく、自分の生きる小さな世界で誠実に毎日を積み重ねている人だけに備わる「確かさ」を持っている。 比べて近頃、いい年をした大人がテレビで、SNSで、果ては国会で嘘ばかり言っている。 なんだか現実の方がフィクションみたいだ。

3か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24122b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7
屋根裏の仏さま

写真だけを頼りに新世界アメリカに旅立った日本人の「写真花嫁」たち。 彼女たちを待っていたのは、写真とは似ても似つかぬ花婿や、約束された住まいや仕事とはかけ離れた過酷な境遇、そして差別。 懐かしい故郷、母の元には、帰ろうにも帰れない。 ここで生きて行くしかないという諦めと覚悟を、今度は戦争が引き裂く。 一人称複数の「わたしたち」だけで書かれた物語に、ただただ圧倒される。 まるで詩のように、心地よく、さざ波のように繰り返すたくさんの「わたしたち」。 かつて確かに存在した私の同胞たち。 その手を取って慰めてあげたい同志たち。 最後に、日本人花嫁たちだけでない別の「わたしたち」が語り手となり、気づく。 世界はたくさんのたくさんの異なる「わたしたち」で出来ている。 どれもかけがえのない大切な「わたしたち」で。

4か月前

10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f794ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c20b3ca64 90c5 4491 9ab0 a02b41db9cbbA168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2 9
火定

737年 (天平9年)、都中の人々や藤原四兄弟を次々に死に至らしめた伝染病、裳瘡(もかさ)。 パンデミック小説好きとしては、(当然ながら)ウイルスという存在も知らないまま、猛威を振るう裳瘡と徒手空拳で挑む施薬院の医師たちの死闘、という構図を楽しみに本書の頁をめくったものの、ある登場人物の復讐という副テーマに今ひとつ入り込めずに消化不良。 泥くさい迫力ある描写が次々に続くことを期待していたので、ちょっと残念。

4か月前

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
晩夏の墜落 上

上下を読んで。 晩夏のある日、年齢も境遇もばらばらな11人の乗客を乗せたプライベートジェットが、海に墜落した。 その事故で奇跡の生還を果たした主人公と4歳の少年を巡り、事故の真相を探るため、好奇心を満たすため、あるいは野心を実現させるため、人々はそれぞれ思惑を抱いて彼らに接近する。 本書は、事件後この生還者2人をめぐるドラマと並行し、死者たちも加えた「その時まで」の人生を交互に描く。 それによって分かるのは、主人公も死者たちも、誰もが理由なく、善悪や貧富、年齢とも関係なく、理不尽に「生」と「死」のどちらかに一刀両断されたということ。 そのことは、多くの犠牲者を生み出す大規模な天災や事故の残酷さと、それらが起こるたびに感じる「なぜ私ではなくこの人たちだったんだろう」という気持ちを思い起こさせる。 「神は人間を、賢愚において不平等に生み、善悪において不公平に殺す」 とは山田風太郎さんの言葉。 本書を読んでこの言葉を思い出した。 こんな理不尽な神の選別に対して、人間は何ができるのか? 主人公の行動と選択は、この問いに対する答えの一つと言えるかもしれない。

6か月前

ささやかで大きな嘘〈下〉

騒々しいママたちのやりとりや我が子優先の自分本位な本音、そしてセレブママと懐が寂しいママとの経済格差や、離婚によって複雑になった家族関係…。 本書に描かれるのは嫌になるほど現代的な親子たち、主に母親である女性たちの姿だ。 著者は軽いコメディタッチでこれらを詰め込み、随所に笑いを交えてすいすい読ませてしまうけど、もちろん本書はミステリであり、殺人事件に至る深刻なトラブルと秘密が幼稚園内に存在していることを丁寧に描いていく。 例えば家族間で起こるひどい暴力や、大人と子どもの両方に起こる残酷ないじめ、モンスターペアレントの横暴や教師たちの疲弊…。 けれどニコール・キッドマンに自ら主演、ドラマ化すると決意させた本書の最大の魅力は、これが女性の友情と自立を描く物語だから、なのだと思う。 齢を重ねて感じる、大人の女性が主体的に生きるということ、そして誰かと繋がりながら生きるということの難しさと大切さ。 最後まで読むとしみじみとそれが分かる。 本当に、読んでよかった。

7日前

ゆるい生活

ちょうど身体の変化に合わせて暮らし方の見直しを考えていたので、この本に巡り会えて良かった。 数々の体調不良の兆しから漢方医を訪ね、衣食住(特に食)を見直していく著者の生活の記録は5年以上に及び、すぐに飽きがくる私に喝を入れてくれる。 人間の身体と心は日々の積み重ねによって作られるのだ、安易に時を流してはいけない、という当たり前のことを忘れないようにしなければ。

27日前

621a0f53 0d41 4ca0 a8ff 7bee48538441Icon user placeholder4c3e6f8f 242b 4d8b 9e24 891cf5ee82a83af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde7e09b85c d542 4f69 9bbd 13b746564fcfB8ff31e6 9267 4425 b36d 54e8ba13b684C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8 17
スタートボタンを押してください

ゲームにまつわる12の作品が収められたSF短編集。 ケン・リュウ(「紙の動物園」など)や桜坂洋(「All YouNeed Is Kill」など)、アンディ・ウィアー(「火星の人」など)といった有名どころの作品は当然ながら、本邦ではあまり知られていない作家の作品もどれも個性的で魅力的だ。 これはお得感ある。 私にとってSFはどれも、現実にはあり得ないという前提からか、どこかせつなさを感じる物語で「お気に入り」の物差しもせつなさの質と量が基準になる。 その基準に従って、上記の3人の作品以外でいくつか本書から挙げてみると、 「1アップ」 「猫の王権」 「キャラクター選択」(一時期私もこういうマイルールでゲームをプレイしてました!) 「アンダのゲーム」 かしら。 ゲームにまつわるとは言ってもビデオゲームばかりでなく、どの作品で取り上げられるゲームも千差万別、荒唐無稽な設定で難解なルールもあったり、そのもどかしさがまた面白い。

約2か月前

2d8198c1 1600 48f1 87c7 bdb334078bf7894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356d9148469b e980 4b89 ac6b 247c6345b17dE9c257e5 bb3f 408b aa77 35d5517937d2De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a67df4434 6981 4a85 b6a5 9f0bcbf04f063d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1a 21
カラヴァル 深紅色の少女

領主である父親に虐待を受け続けるキャサリンとドナテラの姉妹。 そんな2人に届いた、年に一度、世界のどこかで開催される魔法のゲーム「カラヴァル」への招待状。 数日後に結婚式を控えたキャサリンは躊躇するが、ドナテラを探すため過去には死亡した参加者もいるという「カラヴァル」のゲームに参加することに。 このゲームでは、すべての謎を解き最初にゴールしたものにたった一つ願いを叶えるというのだが…。 謎と魔法、狂気、地下通路の死体、麗しい美青年たちとの恋と裏切り…。 これでもか!というほどトキメキの要素をてんこ盛り、視覚的表現が豊かな文章、to be continuedなラストも含めて、ハリウッド映画を観たような読後感。 2018年本屋大賞、翻訳部門1位作品。

2か月前

4cd7dca0 a476 4b31 904c 2a5278840ae9892201cc 0ffe 4478 9240 06c17705c96f92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf5593d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad44cc37a3a 0138 4e78 9261 bcb5694412765e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41 16
僕が殺した人と僕を殺した人

1984年、台湾。 兄を亡くし両親とも別れて暮らすユン、牛肉麺屋の太っちょのアガンと弟のダーダー、そしてジェイ。 中でも同級生だった13歳のユンとアガン、ジェイは義兄弟の契りを交わし、それぞれの危機や苦境に互いに助け合うことを誓った。 13歳の真剣さで、彼らはともに遊び、踊り、喧嘩し、その同じ真剣さで殺人を計画、そして結果、ある人物が死んだ。 その事件が義兄弟たちをバラバラにし、後にそのうちの1人は連続殺人犯となってしまう…。 友と結んだ誓いがある時は絆になり、ある時は重荷になる。 少年時代が輝いていればいるほど、代償として重荷はひときわ過酷なものとなるのかもしれない。

2か月前

41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73Icon user placeholder42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3 10
アックスマンのジャズ

禁酒法の発行間近の1919年4月。 暴力や人種間の争いが蔓延するニューオリンズの街に、斧を持った殺人鬼アックスマンが現れ、「ジャズを聴いていない者を殺す」という予告を新聞社に送りつけ、住民たちを恐怖に陥れる。 ホラー映画のあらすじではない、なんとこれ、実在の事件だと言う。 この事件を題材に作者は魅力的なキャラクターを創造。 黒人女性との結婚をひた隠して生きる刑事、その師匠でマフィアに通じて刑事の職を失った男、探偵志望の混血の若い娘、それぞれが独自に犯人を追い詰める。 これにルイ・アームストロングを思わせるルイス・アームストロングというコルネット吹きが協力者として登場し、ストーリーの合間に魅力的な演奏を繰り広げる。 盛りだくさんの要素を盛り込んで、混乱するかと思いきやストーリーはスマートに大胆に進行し、読み易い。 ただ異なる人種が入り乱れ無法地帯と化すニューオリンズの街は活気と猥雑さに満ちて、まさにジャズそのもの。 この街こそがこの作品の主人公なのかもしれない。 英国推理作家協会の最優秀新人賞受賞作。

3か月前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192D3e796ab 5978 434a b358 9cc624e8a9f7
謎まで三マイル モース主任警部

モース主任警部の若き日のTVシリーズを視聴して、ついモースのオックスフォード時代の話がでてくるアレは何だっけ?と本棚を探して再読。 いやーやっぱり面白い! 頭と手足の切られた死体から、次々に湧き出るモースの直観と推理。 これは誰の死体なのか? たった一つの質問に、書いては消し書いては消される可能性のパズル。 個人的にシリーズ屈指の名作だと思う。

3か月前

許されざる者

スウェーデン・ミステリ界の重鎮の代表作で、CWA賞、ガラスの鍵賞など五冠に輝いたというのもむべなるかな。 主人公は、物語の冒頭で突然脳梗塞で倒れた元国家警察庁長官ラーシュ・マッティン・ヨハンソン。 命拾いをしてゆっくりリハビリに励むはずが、思いがけない主治医からの頼みで、迷宮入りとなった25年前の少女殺人事件の真犯人を探すことになる。 北欧ミステリらしい硬質な文章が、人間味にあふれた主人公、心配する妻やかつての相棒、破天荒な兄や捜査を手伝う義弟と謎めいた青年などの登場人物たちを軽快なテンポで生き生きと描写する。 死を間近に感じるヨハンソンが、一刻も早い事件の解決を願いつつ、一方で曲げてはならない刑事としての信念や正義のあり方を再確認していく過程が胸に響く。 また若い頃なら読み飛ばしていたような、さりげないシーンに表れる夫婦の心の機微や家族の温かさにも涙腺が刺激された。 最近読んだ本の中ではピカ一の面白さで、本邦初と聞き、出来ればシリーズ最初から読みたかったかなあとも思う。

4か月前

アルテミス 上

「火星の人」のテイストそのままに、次の舞台は月。 挑戦するなあ、著者。 重力が地球の1/6という環境で、まさに縦横無尽に飛び回る(文字通り)大活躍で月面都市アルテミスの危機を救うヒロインはジャズ・バシャラ。 優秀な頭脳を持ちながらも男を見る目のなさが祟り、父親に勘当され月面都市アルテミスの最下層で暮らす彼女が、科学知識やエンジニアとしてのセンスを活かして月面における殺人と陰謀の謎を解く! それにしても、「火星の人」でもつくづく感じたが、宇宙空間ではかくも人間というのは弱く脆い存在なのか。 それでも人は宇宙を、新しい世界へ旅立つ未来を志向する。 だからこそ、人は多くの知識を学ばなければならないし、そしてさまざまな考え方を持つ他者と衝突せずに共存する知恵を学ばなければならないのだと考えさせられた。

5か月前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Ae7048e8 b4f1 4287 959d 937b328ff3e53e223e12 b768 4f8d 9a12 56e64761437847e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a08046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a
ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉

ラジオ番組で、ポール・オースターが全米のリスナーに、彼の番組で読む実体験に基づいた短い物語を募集。 すると彼の元には4000を越すストーリーが寄せられたのだという。 その中から選ばれた179の作品がこの文庫版のⅠ、Ⅱの2冊に収められている。 全てを読み終わると、まえがきにあったポール・オースターの言葉が胸に染みてきた。 私たちにはみな内なる人生がある。我々はみな、自分を世界の一部と感じつつ、世界から追放されていると感じてもいる。一人ひとりがみな、己の生の炎をたぎらせている。 本書に収められたさまざまな境遇にある人々の物語を読むと、私たちの生活はバラバラに存在しているのではなく、人種や国境、性別、年齢などを超えた共通の基盤のようなもので繋がっているのかもしれない、と信じられる気がする。 どの人にも語るべき物語がある。 私たちは、その語りに耳をすまさなければならない。

6か月前

0dfba27c f5f9 41c2 8baa 278f418a4b1f02bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f07a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb9501087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 19