9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

252

コメントした本 ページ 2

アックスマンのジャズ

禁酒法の発行間近の1919年4月。 暴力や人種間の争いが蔓延するニューオリンズの街に、斧を持った殺人鬼アックスマンが現れ、「ジャズを聴いていない者を殺す」という予告を新聞社に送りつけ、住民たちを恐怖に陥れる。 ホラー映画のあらすじではない、なんとこれ、実在の事件だと言う。 この事件を題材に作者は魅力的なキャラクターを創造。 黒人女性との結婚をひた隠して生きる刑事、その師匠でマフィアに通じて刑事の職を失った男、探偵志望の混血の若い娘、それぞれが独自に犯人を追い詰める。 これにルイ・アームストロングを思わせるルイス・アームストロングというコルネット吹きが協力者として登場し、ストーリーの合間に魅力的な演奏を繰り広げる。 盛りだくさんの要素を盛り込んで、混乱するかと思いきやストーリーはスマートに大胆に進行し、読み易い。 ただ異なる人種が入り乱れ無法地帯と化すニューオリンズの街は活気と猥雑さに満ちて、まさにジャズそのもの。 この街こそがこの作品の主人公なのかもしれない。 英国推理作家協会の最優秀新人賞受賞作。

5か月前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192D3e796ab 5978 434a b358 9cc624e8a9f7
謎まで三マイル モース主任警部

モース主任警部の若き日のTVシリーズを視聴して、ついモースのオックスフォード時代の話がでてくるアレは何だっけ?と本棚を探して再読。 いやーやっぱり面白い! 頭と手足の切られた死体から、次々に湧き出るモースの直観と推理。 これは誰の死体なのか? たった一つの質問に、書いては消し書いては消される可能性のパズル。 個人的にシリーズ屈指の名作だと思う。

5か月前

許されざる者

スウェーデン・ミステリ界の重鎮の代表作で、CWA賞、ガラスの鍵賞など五冠に輝いたというのもむべなるかな。 主人公は、物語の冒頭で突然脳梗塞で倒れた元国家警察庁長官ラーシュ・マッティン・ヨハンソン。 命拾いをしてゆっくりリハビリに励むはずが、思いがけない主治医からの頼みで、迷宮入りとなった25年前の少女殺人事件の真犯人を探すことになる。 北欧ミステリらしい硬質な文章が、人間味にあふれた主人公、心配する妻やかつての相棒、破天荒な兄や捜査を手伝う義弟と謎めいた青年などの登場人物たちを軽快なテンポで生き生きと描写する。 死を間近に感じるヨハンソンが、一刻も早い事件の解決を願いつつ、一方で曲げてはならない刑事としての信念や正義のあり方を再確認していく過程が胸に響く。 また若い頃なら読み飛ばしていたような、さりげないシーンに表れる夫婦の心の機微や家族の温かさにも涙腺が刺激された。 最近読んだ本の中ではピカ一の面白さで、本邦初と聞き、出来ればシリーズ最初から読みたかったかなあとも思う。

6か月前

アルテミス 上

「火星の人」のテイストそのままに、次の舞台は月。 挑戦するなあ、著者。 重力が地球の1/6という環境で、まさに縦横無尽に飛び回る(文字通り)大活躍で月面都市アルテミスの危機を救うヒロインはジャズ・バシャラ。 優秀な頭脳を持ちながらも男を見る目のなさが祟り、父親に勘当され月面都市アルテミスの最下層で暮らす彼女が、科学知識やエンジニアとしてのセンスを活かして月面における殺人と陰謀の謎を解く! それにしても、「火星の人」でもつくづく感じたが、宇宙空間ではかくも人間というのは弱く脆い存在なのか。 それでも人は宇宙を、新しい世界へ旅立つ未来を志向する。 だからこそ、人は多くの知識を学ばなければならないし、そしてさまざまな考え方を持つ他者と衝突せずに共存する知恵を学ばなければならないのだと考えさせられた。

7か月前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Ae7048e8 b4f1 4287 959d 937b328ff3e53e223e12 b768 4f8d 9a12 56e64761437847e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a08046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a
ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉

ラジオ番組で、ポール・オースターが全米のリスナーに、彼の番組で読む実体験に基づいた短い物語を募集。 すると彼の元には4000を越すストーリーが寄せられたのだという。 その中から選ばれた179の作品がこの文庫版のⅠ、Ⅱの2冊に収められている。 全てを読み終わると、まえがきにあったポール・オースターの言葉が胸に染みてきた。 私たちにはみな内なる人生がある。我々はみな、自分を世界の一部と感じつつ、世界から追放されていると感じてもいる。一人ひとりがみな、己の生の炎をたぎらせている。 本書に収められたさまざまな境遇にある人々の物語を読むと、私たちの生活はバラバラに存在しているのではなく、人種や国境、性別、年齢などを超えた共通の基盤のようなもので繋がっているのかもしれない、と信じられる気がする。 どの人にも語るべき物語がある。 私たちは、その語りに耳をすまさなければならない。

8か月前

0dfba27c f5f9 41c2 8baa 278f418a4b1f137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f07a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb9501087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 19
港湾ニュース

彼に配られるのは不運なカードばかり。 子供の頃から彼を忌み嫌う両親、彼を裏切り続ける妻、やっとありついたのに真っ先にリストラされた仕事、暗い海風が吹く寂れた故郷と、岩場に危なっかしく立つ先祖代々の荒屋。 中でも一番役立たずなカードは不器量で不器用な自分。 主人公クオイルは、妻が交通事故で亡くなった事件をきっかけに、人生の巻き直しを図るため、故郷であるニューハウンドランド島へ、2人の娘と叔母とともに移住する。 そこにいたのはクセは強いが愛すべき住民たち。 自分を笑えるユーモアと、隣人への優しさがあれば、人生はまだ美しく、チャンスはやってくる。 体の奥から勇気が湧いてくる物語。

9か月前

Ank: a mirroring ape

古代エジプト語で「鏡」を表すアンクと名付けられたチンパンジーをきっかけに、人は暴徒となり殺しあう。 これは何なのか、パンデミックか暴動か。 原因を究明しアンクを捕獲するため奔走する霊長類研究者とサイエンスライター、そしてパルクールのプレイヤーである少年。 人類とチンパンジーなどの霊長類とを区別するものは何なのか。 そしていつから、どこからその違いは生じたのか。 読了後、一気に旅をしたような、そんな気持ちになる。 私もまた私という個人であって、同時に人類という種族、運命共同体の一員であることを再確認。

10か月前

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69fIcon user placeholder384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46afDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa9200a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935 26
降伏の記録

ものが見え過ぎる幸せと苦しみ。

10か月前

98512388 a01d 49e8 9551 05024e554157Icon user placeholder3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec357c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b881b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57D8485b64 0a86 44ba 85a6 c925a1cbdc2f 21
教場

警察学校で学ぶ警察官の卵たちに起こるさまざまな事件。 って警察内部で、傷害だの薬物だの脅迫だの殺人未遂だのの事件が次々起こること自体がまず「大丈夫なの?」と心配になる短編集。 警察という一種の「ムラ」の、その時々の訓練内容や独特の風習は興味深く読めたのだけれど、どの陰惨な事件も同期の友と思っていた者同士の間で起こるので、人間不信はより深まる。 狭いところに大人数で押し込められ、思考と行動を規制され、命令され、ふるいにかけられるとこんなことが起こります…そんなことを伝えてくれる作品かも。

11か月前

510fc288 8e1b 40bd b2c8 61268d6ff97bBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa105c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c76efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376A46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb 18
カフェでカフィを

誰かとお茶してお喋りして。 人が2人以上集まるとそこにはドラマが生まれる。 16話のショートストーリーは、どれも独特の台詞とアングルと表現(擬音の使い方面白い!)で、新鮮な驚きと発見にあふれてる。

12か月前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85f441eeb00 70ed 4f8a 952a ea945c6d742aIcon user placeholder58ef167a 2943 4871 aedb 7dcfccb4205956c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16fIcon user placeholder 14
エヴリシング・フロウズ

主人公のヒロシ、その友人のヤザワ、フジワラ、そして野末、大土居…中学3年生の彼らの荒波に飲み込まれそうな激動の一年間を描く。 時には面倒くさい母親の恋愛問題や別れた父親の死、友を襲ういじめや暴力、そして親からの虐待。 無力で非力な自分に失望しつつ、自分ができることを精一杯考え、やろうとするヒロシの姿は、損とか得とか考えずに身体と心を動かすことができたその頃の自分を思い起こさせる。 本作品に限らず、著者の作品に登場する人物たちは優しく、自分の生きる小さな世界で誠実に毎日を積み重ねている人だけに備わる「確かさ」を持っている。 比べて近頃、いい年をした大人がテレビで、SNSで、果ては国会で嘘ばかり言っている。 なんだか現実の方がフィクションみたいだ。

5か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24122b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7
屋根裏の仏さま

写真だけを頼りに新世界アメリカに旅立った日本人の「写真花嫁」たち。 彼女たちを待っていたのは、写真とは似ても似つかぬ花婿や、約束された住まいや仕事とはかけ離れた過酷な境遇、そして差別。 懐かしい故郷、母の元には、帰ろうにも帰れない。 ここで生きて行くしかないという諦めと覚悟を、今度は戦争が引き裂く。 一人称複数の「わたしたち」だけで書かれた物語に、ただただ圧倒される。 まるで詩のように、心地よく、さざ波のように繰り返すたくさんの「わたしたち」。 かつて確かに存在した私の同胞たち。 その手を取って慰めてあげたい同志たち。 最後に、日本人花嫁たちだけでない別の「わたしたち」が語り手となり、気づく。 世界はたくさんのたくさんの異なる「わたしたち」で出来ている。 どれもかけがえのない大切な「わたしたち」で。

6か月前

10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f794ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2 9
火定

737年 (天平9年)、都中の人々や藤原四兄弟を次々に死に至らしめた伝染病、裳瘡(もかさ)。 パンデミック小説好きとしては、(当然ながら)ウイルスという存在も知らないまま、猛威を振るう裳瘡と徒手空拳で挑む施薬院の医師たちの死闘、という構図を楽しみに本書の頁をめくったものの、ある登場人物の復讐という副テーマに今ひとつ入り込めずに消化不良。 泥くさい迫力ある描写が次々に続くことを期待していたので、ちょっと残念。

6か月前

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
晩夏の墜落 上

上下を読んで。 晩夏のある日、年齢も境遇もばらばらな11人の乗客を乗せたプライベートジェットが、海に墜落した。 その事故で奇跡の生還を果たした主人公と4歳の少年を巡り、事故の真相を探るため、好奇心を満たすため、あるいは野心を実現させるため、人々はそれぞれ思惑を抱いて彼らに接近する。 本書は、事件後この生還者2人をめぐるドラマと並行し、死者たちも加えた「その時まで」の人生を交互に描く。 それによって分かるのは、主人公も死者たちも、誰もが理由なく、善悪や貧富、年齢とも関係なく、理不尽に「生」と「死」のどちらかに一刀両断されたということ。 そのことは、多くの犠牲者を生み出す大規模な天災や事故の残酷さと、それらが起こるたびに感じる「なぜ私ではなくこの人たちだったんだろう」という気持ちを思い起こさせる。 「神は人間を、賢愚において不平等に生み、善悪において不公平に殺す」 とは山田風太郎さんの言葉。 本書を読んでこの言葉を思い出した。 こんな理不尽な神の選別に対して、人間は何ができるのか? 主人公の行動と選択は、この問いに対する答えの一つと言えるかもしれない。

8か月前

パリのすてきなおじさん

おじさん好きを自称する金井さんとパリ在住の案内人広岡さんのパリ、おじさんを訪ねる旅。 一見軽い調子に見えるが、実際にはテロや移民問題で揺れるフランス、パリの現在が垣間見える貴重なレポートで、一人一人のおじさんとの触れ合いに「多様性」という言葉が何度も頭に浮かぶ。 みんな同じフランスという国に住んではいるけれど、人種も宗教も職業も年齢もばらばらなおじさんたち。 どの人にも語るに足る物語があり、どの人も自分らしく生きるという気概を持ち、どの人も人に優しくすることの大切さを知っている。 もちろん人選の妙はあるとは思うけれど、あとがきにあった案内人である広岡さんの 「この旅は、人間というもの、生きるということの破片を集める旅だった。」 という言葉が本書の本質を表しているような気がする。

8か月前

Ad0646b7 a1a9 4ee0 a3d0 8b1ec36b4b468862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c11103715ba 381f 43b4 a50b 69e3f739eb9f375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2283f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460bIcon user placeholder 13
チャヴ 弱者を敵視する社会

イギリスの貧困層の若者たちを揶揄する「CHAVS(チャヴ)」という言葉を軸に、加速度的に経済的格差を広げる現代社会で起こるさまざまな現象を読み解く。 格差が広がる過程では、それと同時に人と人との間の心的距離も広がり、その結果、人々の親しさや共感は急速に減退する。 それは相互扶助が働かなくなり、人が孤立し、見捨てられる社会だ。 著者の口調は穏やかながら、根底には、一旦貧困に陥るとそこから這い上がることが著しく困難になるという残酷なシステムを作り出した者たちに対する怒りと、見捨てられた人々に対する共感と労わりの気持ちが溢れている。 この本を読んだ多くの人が言うように、我が国でも同じ状況が既に進行しているのではないかと危機感を覚えている。

9か月前

Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa12e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2fIcon user placeholderC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e7529464afb 595b 402c a513 a16191529b21C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 11
蜜蜂と遠雷

直木賞・本屋大賞受賞作、遅ればせながら楽しく読了。 それにしても、この著者の本はいつも別の漫画を思い起こさせる。そのエッセンスというか。 そのために読んでいてそれらの作品のイメージが邪魔してしまう時があり残念。 コンクールで演奏されるピアノ曲一つ一つの視覚的なイメージの喚起力が素晴らしくて、本当に音楽を聞いたつもりになる。上手いなあ。 それにしても、バルトークの3番は本当に美しい。

10か月前

53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f25b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8feC3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415Icon user placeholderDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6C83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da5 426
わたしを離さないで

運命を受け入れつつ、自らの命の重さになんとか小さな声をあげようとする子どもたち。 幼い頃から教師たちの手によって慎重に染みこませた受容の教育の恐ろしさ。

11か月前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6Icon user placeholder135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971Icon user placeholder0dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cbD647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928df5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe 221
ブロークバック・マウンテン

誰もいないところなら、人を愛することは単純なことなのに。

11か月前

体の贈り物

主人公は、ボランティア団体からエイズに罹患した人々をサポートするため派遣された女性。 そして本書は、彼女が患者たちの家事、掃除、買い物、調理などを手伝いながら過ごす日々を淡々と描く短編集だ。 相手は精神力、体力の落ちた病人でもあるので、主人公はサポートする人の瞳を見つめ、その声に耳を澄まし、表情を観察し、身体の汗を拭い、手を握り、抱きしめる。 しかし時間の経過とともに病気は進行し、やがて訪れる別れは、主人公の心から希望を削ぎ落としていくことになる…。 このボランティア団体を主催する女性が疲れ果てた主人公に言う。 「もう一度希望を持ってちょうだい」 私たちは、この世で生きているつかの間、他者と視線を交わし、言葉を交わし、触れ合って、そうやって最期まで互いの体を通じて「贈り物」を交換することができるのだ。 たとえ死が間近に迫った人であっても。 多分、そのことに人は「希望」を見出せるのだと思う。

12か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c973de1256 17a4 4d9a 895d f8544061d5414f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e74689e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 8