Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意!

149

コメントした本 ページ 2

静かな炎天

初登場時は20代のフリーターだった葉村晶(あきら)も、その後探偵事務所に勤め、退社してフリーの調査員となり、書店でアルバイトなどをしつつやがて40歳を過ぎ住宅街のミステリ専門書店〈MURDER BEAR BOOKSHOP 殺人熊書店〉の2階に正規の探偵事務所を構える(←本書の今ココ)までになった。 40過ぎの女性探偵、というとV・I・ウォーショースキーシリーズなどが思い浮かぶのだけれど、葉村晶はヴィクに比べるとかなり対照的。 空手の名手というわけでもなく、スーツ着てブルーノマリの赤いハイヒールを履く「できる女」という雰囲気もなく、事件に絡んで素敵な男性とロマンチックな関係に陥るということも残念ながら、ない。 (ただ何かと事件に巻き込まれる体質で、そのたびに満身創痍でボロボロになってしまうところは似ているかも) 本書では7月から12月まで、毎月一つずつ葉村晶が関わった六つの事件の顛末を描く。 晶は相変わらず店長はじめ強引な人たちに使われクタクタになり、誰かに殴られ、風邪をひき、四十肩に苦しみながら事件を解決している。 読者も一緒に年をとる人気シリーズ、できれば最後まで伴走したいと思っているのだが。

9か月前

D84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd37A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca5451950702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f176fb2d50 ff3b 41bf 8f11 cc5df6f99d6390cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a7a2cea3a 0bbc 4db6 b43f 803eeb689b12B3c57eee dcb4 44bd a5b7 f281d6e58148 9
ファミリー・レス

家族または家族未満の登場人物たちの家族小説。 人は皆、別々の人間なのだから決して100%満ち足りた関係にはなれないと分かっていても、「家族」という関係にあるというだけで人は相手に多くのものを求め、傷つけ、傷ついてしまう。 とは言え、本書の登場人物たちは妙に物分かりがいいかも。 それも「家族」未満の良さかもしれないけど、儚い繋がりだなぁとも思う。

9か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ad8491c8 7d79 4bfe 8cab 340eb81a809a
Dの殺人事件、まことに恐ろしきは

江戸川乱歩の作品を題材に、作者がさまざまな趣向を凝らした短編小説集。 いずれも謎ときとホラー要素がほどよく混じり一気読み。 なるほど乱歩の物語と最新テクノロジーはこんなに相性がいいのか。 「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」という言葉を思い出した。

10か月前

7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e4a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd
週末介護

介護はされる人もする人も万人それぞれだと改めて思う。 それまでの友好的な関係や気遣いのできる兄姉たち親族による介護はとても「きれいな介護」で、読んでいて安心できた。 ただ、著者を始め周りの介護者たちの工夫や奮闘に比べて、介護の中心にいるお父様の姿がぼんやりして印象が薄いような、ちょっと物足りない気がした。

10か月前

生か、死か

10年前、700万ドルの現金強奪事件が発生し、犯人4人のうち2人は射殺、1人は重傷、1人は逃亡、巻き込まれた身元不明の女性1人が車ごと焼死。 本書の主人公は重傷を負った男、オーディ・パーマー。 700万ドルは逃亡したオーディの兄カールが持って逃げたと言われ、オーディは囚人たちから度重なる嫌がらせや暴力を受けるが、苦情を申し立てることも弱音を吐くこともなかった彼がよりによって釈放の前日に脱獄をする…。 読者が本書を次ページへ読み進める推進力はなにより「なぜオーディは釈放の日を待てなかったのか」という疑問を解きたいという気持ちだろう。 その疑問を出発点に、やがてバラバラの点と点だったできごとが線で繋がり、ラストでその線が美しく儚い模様を描き出す。 その構成が見事で、事件の全貌が見えた頃にはすっかり術中にハマり一気読みが完了。 本書は2015年英国推理作家協会賞 ゴールドダガー賞受賞作である。

10か月前

90049a56 142a 4133 b389 c842e470feb60f2bbbed e24f 4d08 bfce 2339b22f411508634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
糸切り 紅雲町珈琲屋こよみ

「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ、第4弾。 第1作目で76歳だった主人公の草(そう)さんや彼女の周りの人々も、シリーズが進むにつれ身体の不調がでたり環境が変化したり。 それはあまりに静かに進行するので忘れがちだけれど、シリーズとともに私たち読者の現実世界の時間も過ぎているということを意識せずにはいられない。 さて、今回のお草さんの遭遇する事件は、近所の商店街のリフォーム工事を巡るさまざまな人間模様。 数店舗が並ぶ小さな商店街にも歴史があり、謎がある。 小商いとはいえ、いや小商いだからこそ人が人と関わる喜びと怖さは大きな店舗のそれよりも濃いのかもしれない。 親子の確執や積年の恨みや長年の執着、どんな人にも心がある以上、捨てるに捨てられない荷物がある。 そしてこの物語は人が変わらないでいることの難しさと、それでも変わっていこうとする勇気を描く。

11か月前

脳が壊れた

脳梗塞で倒れ、一命はとりとめたもののさまざまな機能障害を発症、その後も後遺症に悩まされつつ厳しいリハビリに耐え、現在もライターとして活躍している筆者が描く病前病中病後のリアル。 本書を読んでいると、病気をしたことがまったく取り返しのつかない不幸なことだとは思えない。 むしろ人生は短く、その時々に起こった出来事を「いいこと」「悪いこと」に簡単に仕分けしてしまうのはもったいないことなんだと気づかされる。 闘病記録だと思って本書を読んでいたけれど、そうじゃない。 これは一人の人間が脳梗塞をきっかけに自分の身体について考え、生き方について考えた結果、「脳が変化すれば身体が変化し、そして考え方が変わり、やがて人との関係が変わり、生き方が変わっていく」ということを記録した貴重な本だったのだ。

11か月前

783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
ゴールドフィンチ 4

1〜4まで読了して。 美術館でテロ事件に遭遇し最愛の母を亡くした少年テオ。 彼はそこで瀕死の老人のと出会い、その指示で瓦礫と粉塵に包まれた現場からある名画を持ち去ってしまう。 名画とともに変転する彼の運命。 母を死に導いたことに対する罪悪感と、善を希求しながら悪へ悪へと魅かれる自分の生き方に自己嫌悪を感じながら、やがて彼は愛する友と絵画を巡る破滅的な事件へと巻き込まれ…。 あとがきによると、本書は「十年間で五、六冊出るかどうかの稀にみる傑作」(スティーヴン・キングのレビュー)「オリヴァー・ツイストの再来」などと絶賛され、2014年にはピュリッツァー賞を受賞している。 なにしろ文章がとても意味深で、何度も読み返したり意味を反芻したりで時間がかかってしまったが、それだけの奥深さがあり、読み応えは十分だった。 自分はどうしてこんな自分なんだろう?という人間の根源的な問いが何度も繰り返され、その問いと主人公がたどり着いた答えを私は今も考え続けている。

12か月前

窓際のスパイ

英国情報局MI5の役立たずスパイの溜まり場、別名「泥沼の家」がある誘拐事件に巻き込まれる。 誘拐されたのはパキスタン人の男性で、英国人の誘拐犯たちは48時間以内に彼を斬首し、それをネット上で公開すると宣言。 これが実行されると、当然ながら先進国とイスラム急進派との間で血で血を洗うテロ合戦に発展しかねない。 この事件を利用して古巣に戻りたいと考える「泥沼の家」の元アル中やコミュ障のネット中毒、昇進試験で大失敗した主人公リヴァーらスパイたちの暗躍。 またMI5本部のNo.2レディ・ダイとリヴァーの喰えない上司ラムとの丁々発止の駆け引き。 スパイものにありがちなすべての出来事に裏の裏がある意外性と、私刑まで2日間というスリル満点の展開がたまらない。 今どんな境遇にいようとも、スパイの誇りと人質の命を諦めない彼らを読者は応援してしまうだろう。

約1年前

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある

日本における自殺希少地域は、全国自治体上位10位中9つが「島」で、唯一の標準的コミュニティである「町」が徳島県海部町。 筆者はこの町で自殺予防因子を探索、最終的に以下の5つの特性を予防因子と考えた。 ①多様性を重視する。 ②人物本位主義を貫く。 ③自己効力感を持ち、政治参加にも意欲的。 ④援助希求への抵抗が小さい。 ⑤人間関係が固定せず、ゆるやかにつながっている。 ここ20年間、若者の自殺率が世界トップだというこの国で、私たちは何ができるのか考えるヒントをもらえた。

約1年前

7e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a51C045a5fe 0c06 4266 8013 48f0506756e7276db534 1c89 428a 9498 4d785d43e9e8Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61D4eb5dc9 cf44 4e15 9147 424831770d70
これからお祈りにいきます

2作収録の中短編集。 「サイガサマのウィッカーマン」 主人公のシゲルが、身体の一部と引き換えに願いを叶える神さま、サイガサマの祭りに嫌々関わるうちに家族や周囲の人々への刺々しい思いが変化していく姿を描く。 人が自分の身体の一部を犠牲にしてでも叶えたい願いとはなんなのだろう。 作中登場するサイガサマに願いを叶えてもらったとおぼしき人たちの静かな諦念が、その答えを教えてくれる気がする。 「バイアブランカの地層と少女」 主人公は、彼女からふられそうだし、実家は貧乏だし、シャツをズボンに入れてしまうクセがあるし(いやいや)で、さえない毎日を送っている作朗。 しかしその元凶はおそらくなにかと余計なことを心配しすぎるという性格にある。 そんな彼が、アルゼンチンに住んでいる少女と知り合い、地球の裏側にある見知らぬ広い世界を想像するにつれ、少しずつ未来を語り始める。 どちらの作品も若い男性が主人公で、強い自意識と劣等感、怒り、不安などにかられていて、見ていて少ししんどい。 けれど彼らが他人とのふれあいの中で、ささやかな希望を見つけ出す姿に救われる。 どんなにさえなくても、どんな境遇にいても、どこかに希望を見つけ出す力を持つ人を描くのが、本当に津村記久子さんは上手い。

9か月前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f843acee9 79eb 40e9 816a 05eb45c4739c9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e556efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d8370959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b34B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 8
女子的生活

世の常識とか、良識とか、当たり前と闘う主人公「女子的男子みき」。 彼女がさまざまな事件に遭遇し、敵?をなぎ倒して闘う姿は清々しくて痛快。 だけど、ふと思う。 いや、そこまでして口汚く罵って闘わなくても。 みきが普通に心穏やかに過ごせる世の中になればいいのに。

9か月前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc3Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe
余命18日をどう生きるか

大阪にある病院のホスピス病棟で20年以上がん看護専門看護師として働き、死について深く考察を続けた著者。 大切なのは、毎日の暮らしの中で「死」を身近に意識して、準備し、その瞬間まで生き抜くこと。 患者さんの実例が他人ごとではないと考えさせられた。

10か月前

15のわけあり小説

「小説職人」という言葉がぴったり! どの作品も予想を超えたヒネリの効いたオチ。 あー楽しかった!

10か月前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910f2bbbed e24f 4d08 bfce 2339b22f4115D8b47ba6 d1b2 46a1 9c4c 399a976e1695
貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える

「貧乏人は自己管理能力が低い」というもっともらしい言葉を述べる人がいるので、検証のために読んだ。 わかったのは、ある人が貧乏であるということは、その人の自己管理能力が低いという薄っぺらで個別的な理由ではなく、将来に希望を抱けない環境にいる人は計画的に生きるということができず、その結果、自己管理能力も衰えてしまうということ。 つまり「貧乏」を解決するためには、人が希望を抱くことのできる明日、来週、来月、来年を提示できる社会が必要だということ。 そうして初めて人は将来のために自分を律して計画すること貯蓄することを行うことが可能になる。 原因と結果は容易に反転し、個々人の性格や環境などに責任を帰することは簡単で、わかりやすい結論に飛びつく人には飛びつく理由があるのだと考えさせられた。

11か月前

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbIcon user placeholder0e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158fFed224af 7dac 4599 bd00 498e1cf629ee9b8ebee0 e88c 4d36 ae5e 0ca11752b0aaCff76814 06e1 4872 bb8e 63c31c0a3d59
ブルックリン

なぜ人は一つの道しか選ぶことができないんだろう。 なぜ私たちの時間は一方向にしか進まないのだろう。 アイルランドからアメリカに移住したエイリッシュ。 会話をするのにも気後れし故郷が恋しく仕事にもつまづいていた彼女が、やがて勉強し、恋を知り、少しずつ新天地に自分の足場を固め始める。 ところがそんな彼女に最愛の姉が亡くなったという知らせが。 仕事もなく、夢もなく、恋をする相手もいないまま離れた故郷だったが、都会から戻った彼女には仕事や縁のなかった求婚者が現れ、なによりも姉を亡くし一人きりになった母親を見捨てる勇気が出ない。 さて、主人公はどちらの国を選ぶのか…。 人生の分かれ道は、選択せず都合の良いところだけをつまみ食いすることはできない。 私たちは選んだ道を、晴れの日も雨の日も風の日も歩き続けなければならない。 ならばその道で見える景色を楽しみ、道程を満喫しよう、道連れを心から愛そう。 そう思う。 映画も素晴らしい。

11か月前

のっぴき庵

大部屋女優や斬られ役、犯人役ばかりの端役男優たち、彼らの老後を救うべくラーメン屋でひと財産を稼いだ富夫は伊豆半島の先端にもと俳優たちばかりの老人ホームを作る。 彼らが静かな老後を過ごしてくれれば…と願った富夫だったが、一筋縄ではいかない彼らはそれぞれ「家出」や「かなり遅咲きの結婚」や「競馬」などトラブルを起こしては富夫を驚かせる。 たくさんの過去と人間関係を築いて生きてきた人々、ましてや彼らは芸能人としてさまざまな濃い感情体験を積み重ねた人々だから。 死ぬまで人は悩み、惑い、笑い、泣く。 人生で同じような体験を重ね、複雑な気持ちを理解し合える仲間とそれができる幸せをしみじみとかみしめる作品。

11か月前

花に染む 8

長い物語が終わってしまった。 どんな終わり方をするんだろうと想像していた形を当然のごとく超えて、でも陽大がさまざまな人の思いを受け入れようと変わっていく姿にホッとして本を閉じる。 どの登場人物も等しく大切に扱われる作者の姿勢が相変わらずで、これもまた大切な作品になる。

12か月前

総選挙ホテル

身売り直前のホテルに就任した新社長の立て直し策。それは、従業員の従業員による総選挙!? 人はなかなか自分のやりたい仕事をやれるとは限らないし、意志の力でやりたい仕事につくという人もそれほど多くはない。 けれど一方で、自分が「やりたい」と思っている仕事が、必ずしも自分にあっているとは限らないということもある。 自分の目で客観的に自分を眺めたり観察することが難しい以上、やはりここは「鏡」が必要になる。 そしてその鏡は他者なんだろうと思う。

約1年前

35405249 a27f 4fe7 bc68 96ec2fd5e94298a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b1542Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435
三の隣は五号室

賃貸アパートって面白いなあ。 同じ部屋、同じ間取りの中で、時代順に、まったく縁もゆかりもない人が「暮らし」を営んでいる。 そこに交わりはないけれど、どの人にも等しく大切なひとときがそこに確かにあった。 そういうことを実感する作品。

約1年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bPictureA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1fC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f4190975e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03 11