Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好き

ファンタジーハッピーエンドが大好き。ジャンル問わず雑食ですが、サスペンスやホラーはあまり読みません。 since 2016.3.5

384

コメントした本 ページ 2

パレス・メイヂ 3

オープニングの小さい頃のお上と真珠のお話。なんとなしにほっこりした直後の真珠さんに、崖から突き落とされたような気がした…(ガクブル) 避暑地での小さな嫉妬も、ロンの必死な形相も、内緒で食べた鮎も、最後に残した言葉も、避暑地編は玉手箱みたい。 最初で最後のドレスも…もったいない!もっと着て見せてー!と、3巻もどきどきわくわく読みました。

21日前

パレス・メイヂ 1

面白かった! 明治大正のあたりをモデルにした架空の国の架空の時代の物語。世間知らずなお坊ちゃんと気位は高いけれど親しみやすくてちょっと子どもっぽさが残る女帝の設定が無理なく読ませてくれる。 女官たちのお衣装も軍服も素敵です。

21日前

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動

小玉と文林の出会い編。 初見で「こいつと絶対気が合わない」と直感した二人が、最後の方では文林の気持ちが変わってるところが読ませどころ。 文林はやっぱり文林だし、小玉はやっぱり小玉で、きっとこの後の巻ではお互いを補い合う関係になるんだろうな、と思うと次もとても楽しみ。

28日前

放課後の厨房男子

料理を題材にした小説だけど、難しい料理は一つも出てこないところが、男子高生っぽくていいなぁ!新入生男子が一名ほど大変うざったいやつだなーと思って読んでいたら最後の方で豹変したのも面白かった。

29日前

スーパーカブ

ちょっと大変な生活環境の田舎の女子高生のお話。初めて原チャ、スーパーカブを手に入れてから、単調で退屈な日常が少しずつ変わっていく。主人公も少しずつだけど、何かから解放されて自由になっていく様が淡々と平坦に描かれているところがいい。感動的ではなく、ただただ淡々と進んでいく物語文は、表情が乏しい主人公のほんの少しの心の揺れでも、敏感に感じられるような気がする。 初めて自転車と公共交通機関以外の移動手段を手に入れた時の自分と少し重なるところがあった。 私の場合は軽乗用車だけど。ちょっとの不安や心配事や経費負担もあるけれど「自分で何処へでも行けるんだ」という視点の広がりと、日常にちょこっと加えられるワクワク感を実感として知っている読者も多いのでは。 出ている文庫のレーベルは若者向けで、挿絵やカバーイラストは好き嫌いあるだろうけど、お話自体は年齢問わず楽しめるはず。 きっと同じことを感じたことがあるだろうな、という人たちにオススメしたい。

約1か月前

Icon user placeholder0d04367f 47f5 43ef bb12 cae43617e2c2E5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd
榮国物語 春華とりかえ抄

姉弟の立場取り替えもの。 とりかえばや物語の昔から、このシチュエーションは大好きで、手に取ったところ。やっぱり「これはどうするんだろう?」という難問をいかに上手に乗り越えるか、と「好きな人ができました」「好かれちゃいました」な状況の回避が読みどころでしょう。機転がきいて無理がなく、この主人公たちならいけそう、というラインをうまくついてくれました。 次の巻あたりで、惚れたはれたが明確になるのでしょうか。楽しみです。

約1か月前

烏は主を選ばない

前巻終了から少し時を遡ったところから物語がスタートします。 主人公は若宮と、その近習の雪哉。 若宮にも雪哉にも十重二十重に謎があって、最後に一気に明かされるのだけれど、とても見事。ほんの少しのきっかけで全て気づいた雪哉と、最初から雪哉の秘密を知って黙っていた若宮。 どうして最後にこんな別れ方になってしまったのだろう。二人は何を間違えてしまったのだろう。 切なくなる終わり方です。 二人の運命がどこかでまた交わりますように、理解し合い分かち合えますように、と願わずにはいられない。

約1か月前

9ea06c52 e786 4e33 b6f7 da08f18178504e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529fB610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a451abe3b4 b796 4a19 a1b5 8bcbb45aa011Bef097c9 c4ad 412f 809f 1541c31bffc28aa02adc 74ca 4ead a94b 15d6f61dbeed7d9d00ec caf5 4cf6 aaf2 62048a4b367a 13
藤原道長の日常生活

当時の日記から道長という人間と、平安貴族の日常を描く。道長の感情の起伏の激しさや自惚れ屋っぷりは他の資料に(主に『小右記』に)たっぷり記されていて、なかなか人間くさい。雅なだけじゃない生活が面白い。 当時の文学が好きな方は、きっと楽しく読める。

約1か月前

薬屋のタバサ

何もかもが曖昧模糊としているような、それでいてはっきりとした夢のような。現実なのか夢なのか、何が本当で、何が本当ではないのか。そんなことは瑣末なことでしかないような、不思議な感触の物語だった。 何とも比べることのできない雰囲気を持つタバサ。街。街の人たち。なんてことない日常の一場面、一感情を鋭く切りとって増幅器にかけたような描き方は、作品全体の彩度は鈍く、しかし何かが突き刺さるよう。 研ぎ澄まされた部分と鈍く光る部分とが混ざり合って、読了後、これは読んだ時々で違う感じ方ができそうだと思った。

約1か月前

F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda826a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd834A903902a b2d5 4ad8 aa49 01641034b8327542ec7a 68f4 49d5 bd73 929a21e4d51d6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f583766e601ea2 de6f 4c16 b856 ebddb66ba84087aad2ed 3714 49bb a30a efd3df7dc857 12
幻想古書店で珈琲を―招かれざる客人

新しい魔神もお話に加わって、少々の賑やかさは加わったけれど、でも止まり木にはいつもと変わらない穏やかで優しい時間が流れています。 今回の表紙もまた素敵。(完全に表紙イラストのファンです) ツカサの、ちょっと煮え切らない、一生懸命道を探す姿勢はきっと亜門には可愛く思えてるんだろうな、という亜門の視点も好きです。

約1か月前

パレス・メイヂ 2

2巻目はなんといっても相撲シーンでしょう!! ますます険悪になっていく御園と鹿王院宮。お律ちゃんの参戦。お花の勲章。 少しずつ少しずつ近づいている二人が初々しい!!

21日前

3月のライオン 13

今回の坊と宗谷名人戦は、桐山宗谷戦とは違った趣きで、読んでいてドキドキした…!最後に見せた大人げなさは、きっと桐山くんには見せない面なんだろうなぁ。 それにしても、いい辻井さんの日って…(笑) 林田先生の「その感触のあまりの生っぽさに」のコマでぞくっと(いい意味で。でも色気じゃなく)。あかりおねいちゃんの柔らかさとか暖かさとかを感じたような感覚に陥って、ぞくぞくする。 って読んだ後の、おばさまと会長の、目ぇキラッキラさせちゃってるシーンですから、緩急取り揃えられたこの2話は神回だったのでは?! 「手がつけられない強さ」とか「久々に秒読みも耳に任せて」とか「引き裂くように輝く」とか毎回毎回はっとさせられたり、胸に深く刺さったりする言葉がたくさん溢れていて、もうほんと好きです。

23日前

E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4F8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52bCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac513457b3 e879 41c5 b692 c51c83e5216dB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaIcon user placeholder 9
黒猫の回帰あるいは千夜航路

第1期の最終巻は、前回のゴロンゴロンを上回るゴロンゴロン巻で甘々のパフェーのよう。 最後の方まで読んで「ええ?!あ、やっぱりそうだったの?!」ともう一度読み返してしまう。 黒猫がちょこっと怒ったかな?というバーのシーンがとても好きなのは、珍しく感情の起伏を感じられたからかもしれない。 今回のおまけも特典も甘々でゴロンゴロンゴロンです。小さい頃の黒猫が語る恋愛観を読んで、これはもう最初から全部読み返して、黒猫の気持ちを想像してニヤニヤニマニマ楽しんでくれたまえ、という作者様からのお誘いなのでは?!と思いました。 特典はもうすでに5回は読んでますね。 くれぐれも特典から読むという愚をおかさぬよう…

28日前

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4

雪哉の黒さ全開の、簡単にまとめれば痛快腹黒学園モノだった。 何もかも得手で記憶力抜群で戦略もピカイチの雪哉の苦手がそこか!というのは、可笑しくもあり納得でもあり。 身分の高い烏からど田舎の下っ端烏まで、たくさんの烏たちが集団で過ごす中で、ある者は「権力」を知り、ある者は「友」を知り、少しずつ成長していく姿が眩しいはずなのに、雪哉に関しては腹黒さに笑ってしまったり舌を巻いたり。 金烏の最も重要な秘密が明かされたとき、タイトルに背筋が震えた。これは、雪哉の青春物語なんかじゃなかったことに気づかされ、全ては金烏という大きな存在そのものにつながっていることを思い知り、作者にひれ伏したくなった。 文庫で買い揃えてしまった身では文庫化を待ちたいところだけど、次が待ち遠しすぎて単行本を買ってしまいそう!

29日前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529fA5fe0e2e a191 4cf1 96d4 272b69bedd27Ec35fbba 94bc 45d7 993e 5b89952ab5ac04a9ec70 62e8 4153 9921 d087b24b65cc19417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585272492b6 d6db 4ed6 aa02 37ab6d2d62aa 12
聖☆おにいさん(14)

今回も笑わせてもらいました!! サーリプッタがついに新車か?!と思っていたけど(笑) ロキさんのお子さんたち優しすぎだし、福袋もいい引きだし、モフモフ許可後の狛犬さんが最高です。

約1か月前

黄金の烏

不可解で、気持ちの悪い事件が立て続けに起こり、一度に謎が解かれた後に残る遣る瀬無さや後味の悪さ。それこそが奈月彦の運命を暗示しているようで…(本当のところはどうなんだろう…) 真の金烏とは何か、それが奈月彦の口で語られたあとで私が感じたのは、奈月彦のことを奈月彦以上に理解している、あるいは理解しようとしている人たちがそばにいることの意味と大きさだった。 全てではなくてもたくさんの部分を飲み込んでいる浜木綿がいる。わかっているからこそ全てを弟のために捧げようと思っている長束がいる。澄尾がいる。 その列に雪哉が加わる。加わるために歩き出す。 最初から最後まで一本筋が通っていて馬鹿正直なくらい真っ直ぐな雪哉が奈月彦にとって大きな力になるのだろうことが、嬉しくて楽しみで。

約1か月前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f976aebaf fd11 47d5 b065 c39dd192a259B610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a451abe3b4 b796 4a19 a1b5 8bcbb45aa01195ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd19417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae
烏に単は似合わない

まさかそうなるの?!っていう箇所が2箇所。 一つは、このタイトルにある「烏」。もう一つは結末。 出てくるお着物や調度品の名前が平安時代だけど、異世界ファンタジーです。 舞台は女の子ばっかりの宮殿なので、ドロドロしたり掴み合いの喧嘩になったりいろいろだけど、浮世離れした子や気風のいい子やに100%お嬢様とかキャラがはっきりしているから面白い。 それにしても、秋殿の姫は最後が格好良すぎるわー

約1か月前

B1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c5704390B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c5847fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd0659029ea06c52 e786 4e33 b6f7 da08f18178504e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909E007a519 8ae9 4dd6 ab3d d02ba3da56c7 34
鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

さらっと読むこともできるし、じっくり自己を見つめながら読むこともできる。 HSPじゃない人も、一つの器質としてこういう現象を持つ人もいて、いろんな人がいるんだな、と知るには読みやすい本だと思う。

約1か月前

5b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa39b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635Bc1a732c 05be 4489 8164 36b743d655df
あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた

最近「体の健康はお腹から」というようなフレーズを耳にすることが増えて、気になっていた本。 想像してた以上にお腹(大腸)にはたくさんも微生物が住んでいて、彼らの働きなしには健康に暮らすことが困難だいうことに驚かされた。 お腹の健康、つまり微生物や細菌の働きが肥満だけではなく、自閉症やうつ病なんかにも関わりあるかもしれないなんて驚きだ。 でも、じっくりゆっくり考えたら、そういうこともあり得ておかしくはないのかもしれない。 私たちは私たち自身が食べているもので自分を作っているのだから。その自分の生命活動の一端を腸内細菌たちが担っていることはよく知られて事実であって、腸内細菌含めて「私」という存在なのだから。彼らののバランスが崩れれば「私」のバランスが崩れてもおかしな話じゃない。 私の健康は腸内細菌から。 「健康に生きることとは?」という問いを考え実践する上で欠くことができない興味深い内容だ。

約1か月前

C9ad7b89 a817 4c3f b339 f6caacecb39682e83cc2 a0c2 4d7c 8b03 83737ca25f2e8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e76914e78b c94a 4b00 be29 514c4840abfc45807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d30 10
見習い鑑定士の奮闘-京都寺町三条のホームズ(8)

第2シーズンがスタート。ただのイチャラブだったら面白くないかもなーと思っていましたが、そうは問屋が卸しませんでした(笑) 基本中距離恋愛になってしまった二人なので、時々の再開がすごくイチャラブでした。円生さんは出ないかと思ったら、最後に出てきました。いつもどおりの円生さんでした。よかった。 最後の香織ちゃんの展開はちょっと驚きでした。今後の香織ちゃんには大注目です。

約1か月前