2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6

Sue

本と絵が好き。

本と絵が好き。

50

コメントした本

大人の「語彙力」ノート

つい口をついて出てしまうくだけた表現を、どのように言い換えればスマートか、かしこまった場で使うべき語彙がまとめられている。 様々なフレーズが言い換えの形で載ってるので、うまく言葉が選べないときにすぐ参照して使えそう。

2か月前

Icon user placeholder98820623 af44 4098 8b00 f0e6fe17fbbb77fca41c 6880 404b 951d be03a77ebb916cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderD9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb 53
3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知

日々をより有意義に生き、毎日に価値を見出すための、101個のコツを書いた本。 必ずしも全てが斬新なアドバイスではないかもしれないけど、自分が何をすべきなのか見失ったときに立ち戻りたい、人生における本質的なポイント。 手元に置いておいて、日々の生活を改善し、もっと充実させられないかと迷ったときに開きたくなる本です。

4か月前

A5b04a21 ff5a 40fe 85e7 ee3128b45cb06cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c5b1bd8f1 7d30 44c2 9b53 954dd1362267
1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

これまでは、迷った時に本を読んだりネットで調べたり、自分の外部から答えを探そうとしていた。けれど最近思うのは、自分の中の自分が意識を向けていない領域に答えがあるケースが結構あるということ。 判断に迷う時もアイデアが出ない時も、分からないのではなくて気づいてないだけと思って自分に問えば、自分の中から答えを見つけやすくなるのかも…?

7か月前

Icon user placeholderAfd9c9f2 a3e9 43b1 bbc4 07a15a09ccf3C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8158e842f b43a 4f7f a8fa 7ff30466cab4Icon user placeholder06173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82f787f298d bedb 4a76 9827 1df78457715f 26
1食100円「病気にならない」食事

お金をかけないからこそ余計なものを食べず健康を害さない食事ができる、と説く粗食術の本。 多忙かつ手軽で美味しい外食を使う機会の多い現代人にとって粗食は非現実的かと思いきや、この本の奨める食卓はとても味わい深く、シンプルな食事にかえって豊かさを感じる。 多忙だからこそ実践できる方法も書かれていて、日々の食事の基本方針にしていきたい。

7か月前

0e234452 d5e0 4768 85d3 85accc6c85d6B81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbdBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0A5b04a21 ff5a 40fe 85e7 ee3128b45cb0Akiaivjyeuyp25rambwa8f00e178 b768 4675 80f3 55af56ffaab726e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014 19
世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

問題に突き当たった時、直感で行動するよりも、落ち着いて解決案や仮説を書き出した上で行動を決定する問題解決法は、日常の中でも応用していけそう。 「分解の木」、使っていきたい。

7か月前

94ab7c4f d783 4c6d ba23 9046d501c6b4575555e2 7411 491a aef7 901f8c6cc82582c6e321 b686 4bea b056 106ee42592baBed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4bA308e7c8 91c8 4ac9 88eb ae3b1f7f97cf9d741ab8 bf86 4da2 8ee5 046f3b49f7bbB8ff77e7 271f 4d71 b807 9f310f4de5ee 60
東大生だけが知っている「やる気スイッチ」の魔法

どれも気軽に試せそうなものばかりで面白い。 頑張らないといけない局面で、こういう頑張り方の工夫を研究していけたら楽しいと思う。

7か月前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Fe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c4Icon user placeholder
(124)夜型人間のための知的生産術

夜型人間の一員として読みました。 一時は朝型生活に直そうとしたこともありましたが、夜の時間を活用できるのは夜型の特権だと考えるようになり、今は自分の生産性が最も上がっている午後〜夜の時間をどう使うかを考えています。 この本の筆者も、朝型がもてはやされる中であえて夜型生活をしているぶん、夜を活用して周りと遜色ない成果を出すことにこだわっており、夜の時間を活用するための筆者のアイデアや工夫が参考になります。

9か月前

Icon user placeholder493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5Icon user placeholderIcon user placeholderC2376939 7bfc 4e64 922e e276af897751C650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4Db4e02ed aa91 43ef 8568 96ac1a0f4717 14
スタンフォード式 最高の睡眠

睡眠に関するアドバイスについてはそれほど斬新ではなかったように思うけれど、なにより科学的な根拠に基づいて睡眠のメカニズムが解説されていることで、とても説得力があった。睡眠への理解が増したように思います。

10か月前

D995c409 0b57 4896 97a6 5f06b246b5d6093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c1480a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8D6d204fd cd56 4370 a282 3fdd309cf024D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Icon user placeholder 54
おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもを育てる波瀾万丈さの中にも、明るさを感じるお話でした。読みやすかったです。 花みたいな母親像、結構自分の理想かもしれない。

11か月前

C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c506c7f9d fde9 4304 9d2f 03978891379e7557f22d e4d6 4bc3 a72d 42ecba5f3455E007a519 8ae9 4dd6 ab3d d02ba3da56c76af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fdDb067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade74b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab 14
トリーズの発明原理40 あらゆる問題解決に使える思考支援ツール

あらゆる発明をパターン化し、アイデアとしてまとめた本です。身近なものを思い出しながら、なるほど!と思いつつ読めます。

12か月前

Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f1eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d341014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e33440575 23bc 4435 9aa8 827ed0224bf3Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f17796473 6997 4251 a047 9f816ab34277 9
語彙力こそが教養である

文章を読むとき、つい意味を追うのに夢中になって、その言葉選びや表現に気を配ってなかったな、とこの本を読んで気づかされた。 言葉へのアンテナが高いか低いかで、自分の中にストックされる語彙の質や量も違ってくるのだと思う。 語彙がほしい。

4か月前

37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feF5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff09e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa35fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47a0bb52ca4 0179 4143 b877 9d0c2c89cd46Icon user placeholder9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464 37
完訳 論語

論語の一節を抜き出してまとめた本ではなく、論語の全訳を読んでみたくなって買いました。 一般的な論語のイメージである人生訓的な内容だけでなく、祭祀や当時の政治情勢に言及した節も多数あり、論語の印象が少し変わります。そして、弟子たちが個性的で楽しい。

5か月前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Icon user placeholder
マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

特に理由があるわけでもないのに、文章を書くことに昔から苦手意識があって、読んでみた。 「謎のおじさん」からのレッスンという形で解説が進んでいくので、まるで自分の書いた文章を直してもらっているみたいで面白い。 筆が軽くなりそう。

7か月前

A5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c4212702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d54120f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5201cea10b2 112b 42d6 b072 d6811f285cc836fd0653 b455 4879 b2dd 00c00a475a80Edb1ff8e 4321 49d4 955b b4b195bbbb8fIcon user placeholder 72
自分の時間

仕事が終わって帰宅したら一日の終わりなのではない。そこからが自分のための時間、「内なる一日」の始まり、と考える。 マイペースだけどさりげなくストイックな生き方をしたいなー、と思った。

7か月前

8f2b37b1 6bf3 47b7 9534 243570ad6726F5fa4a1e 794c 4d04 b989 47afc9e23379C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholderE408b494 9cb1 4bba 847b 10a4d91e4e9d9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8 20
論理的思考力を鍛える33の思考実験

実際の確率と人間の直感ってこんなに一致しないケースがあるものなんだ、っていう驚きがあった。 普段直感で確率を見積もったり予想を立てたりして行動するのは誰もがしてることだと思うけど、実は結構バイアスがかかっていて、それは本人が思うほど合理的な選択ではないのかもしれない、ってことは言えそう。

7か月前

2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febB0d814ce 0f50 4c1d 9bc9 908549357563Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593649602b7 838c 4451 9a90 3425ed34521f05b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def81458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2 43
考えない台所

効率良く家事がこなせるようになる技がたくさん。 飲食店のキッチンでアルバイトしていた時にシェフから教わった短時間でキッチン作業をこなすコツと共通する記述も多く、台所における普遍的で有効なルールがこれなんだろうなと思いました。

8か月前

48909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4Icon user placeholder46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed60876d4cf 3ebf 4205 a00d bd6b4d59598d4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccIcon user placeholder 31
現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング

「痒いところに手が届く」本でした。リファレンスやドキュメントなどを読む時にもっと楽に読めたら…と思っていた時に見つけた本です。 ドキュメント毎の特徴や読み方だけでなく、翻訳ツールを使いこなす技なども紹介されており、実行に移して試しやすいノウハウが多くてありがたかったです。

9か月前

ラクをしないと成果は出ない

 「ラクをする」というのは、努力を怠ることではなくて、努力の方向性を変えること。  「とにかく何でもやる」という姿勢から、「効率化できるところを効率化する工夫にはお金・労力を費やすことをためらわず、一方で不要なものややりたいことではないことに対してはエネルギーを削減する」という姿勢への転換のこと。  頑張り屋の人こそ、参考になる部分が多そうな本であるように思います。

10か月前

占い処・陽仙堂の統計科学

占いと謎解きがテーマの本。主人公は四柱推命という中国の占いの使い手で、これが思った以上にサイエンティフィックだった。

11か月前

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

世界観に引き込まれて、没頭して読んでしまいました。 文化・医療・自然・政治と色んなテーマの詰まったファンタジーという点が、すごく自分の好みにマッチした小説でした。

約1年前

4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afB79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559dIcon user placeholderD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e75626615F250091f b5d9 4c3f b90b 13b80b81d2a94ae911ad 61ef 42c4 828c de625c7ab686B3b3f5cf a8d5 4bfe b796 cf4f0068ce3e 79