405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73

Jumi

最近、気付いたら女性作家のサスペンスもの…

最近、気付いたら女性作家のサスペンスものばかり読んでいる。

69

コメントした本

たゆたえども沈まず

読み終えてから表紙の絵を見ると、なんとも言えない余韻で、ずっと観ていられる。絵を鑑賞するって、好きな方なんだけど何かうまくできなかった。少しだけ絵の鑑賞の仕方がわかった気がした。

6か月前

Icon user placeholder8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder11906ce1 cec6 42e1 97f4 2507e03c1908Icon user placeholderIcon user placeholderBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd 89
GIVER 復讐の贈与者

なかなか面白かった。主人公はいわゆるサイコパスで、復讐代行業者としていろいろなケースに携わるんだけど、主人公が最強すぎて誰も敵わない、、、設定はけっこうラノベくさくてこじらせ感ましましですが、話の展開やどんでん返しが面白く、ザザッと読めました。頼む!映画化はやめてくれ!作りやすいからこそやめてくれ!!

1年前

9a70dc5e 3fd3 4a4a b892 c5d2960da9fb0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf715fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c8165284f 4c81 455d 9213 56f285858deaBf719c97 25e8 431f 9a38 8c6225101db8
キネマの神様

映画が好きで、小説が好きでほんとに良かった。この二つが心底好きなだけで、豊かな人生だ。あーこれ観てないなとか、わかるわかる、アルモドバルやっぱいいよねぇ〜とか、ニューシネマパラダイスは泣けたよなぁとか、読みながらこの小説の中の人々と映画話に花を咲かせ、最後にはああやっぱりこの世に映画があって小説があって心底良かったとしみじみ思う。最近映画を観てもどこか穿った見方をしたりとか、純粋に心が動いたりとか少なくなったなぁ。もう一度、ゴウちゃんみたいにまっすぐ映画を観たい。キネマの神様、よろしくお願いします!

約2年前

Icon user placeholder63353e1a 64d8 4d21 bf6d 3bd125f255712b3299e3 3f9d 4812 a9c9 d0a1a71dc7ecDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553866e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aaIcon user placeholder 91
死にたくなったら電話して

整った容姿、それなりの家庭、経済的にも余裕があり、生きやすいはずなのに、こうも自ら堕ちようとしてしまうものかね。でもその堕落が、読んでる方からすると心地よかったりする。リア充爆発しろが具現化されてる感。初美がもっとバットマンのジョーカーみたいな女なのかと思ったら人間くさい、女らしい女で割と好感持てました。

約2年前

8fc289ad c21b 4f3d b05d 332dc07a485095371737 f01c 47c7 afb0 6dad2e143619D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c1286166f7f a267 4005 82ec f83bc4904237F2c839bc b142 4633 a5ef 4b3a02e57b9875de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6 10
ムーブ ユア バス

組織を人の足で走るバスに喩え、メンバーをカテゴライズして「あなた、あるいはあの人はどれ?」と問いかけるのがわかりやすく面白かった。私はたぶんジョガーだな〜。

約2年前

32156c9a 1a4f 4b89 a3e7 79d6e414e8955793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321E85534e7 2bdb 4c35 aebf a6579fe166215b3e0e8c fc60 40d2 a2b6 dedf03df98b4
暗黒女子

サクサク読めます。確かに、みんな暗黒だった…。

2年前

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842cIcon user placeholder018eeddc f1c0 4ec2 b1f0 0682fe7c74f1Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778D25f159d 29c5 42ef 8421 d7b2825f32ec2a8edadf 1a6b 4401 ab40 3da72b77913b 18
去年の冬、きみと別れ

好きな作家の一人である中村文則。ミステリーとしての騙された!感は少ないものの、何というか彼の…社会学的というか、心理学的な要素のふんだんに入った語り口は癖になる。異常と呼ばれる人々の正常さと、正常にしか生きられない人…ゆっくり暗部に呑み込まれていく感覚が好きでした。

2年前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e4158817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6baAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1 40
もののあはれ

うつくしい。SFなんだけど純文学のような、詩のような短編集。せつない話が多く、文系にはサッパリ理解できないところもあるけど、本質は人間の愛なところがすごくよかった。読んでいると自分も意識だけの存在として25次元あたりを彷徨ってるような気分になる。

1年前

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Icon user placeholderIcon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 18
完璧な母親

登場人物がわかりやすく病んでる。映画も小説ま私は家族モノが好きなんだな〜って気付いた。

1年前

8a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb51b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d89a70dc5e 3fd3 4a4a b892 c5d2960da9fbB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 9
私の少年(1)

聡子の強さ、優しさ、弱さと真修の純粋無垢さゆえの、何とも言えない不思議な関係。危なげなタイトルからは想像できない優しい話。

約2年前

0f2ceda9 92b5 4a82 8dfa 622b7e721436A7d2093d 2435 4293 bedd e792e04598d0Icon user placeholder96720e30 7fbb 4be5 9f88 65102b0ab49eDaca3577 c1a2 4f0c a442 0d6e0bef1365
パルプ

standで知り、購入し読みました。こんな小説は読んだことなかった。読み捨てるには鮮烈すぎる小説体験…。

約2年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465ddFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953Dd9d9983 7e58 4c31 acd6 08a034476b363bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc6629b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 38
鸚鵡楼の惨劇

すべての登場人物の顛末が酷い。ヘドロみたいな作品だった。

2年前

0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf71eac0daf a88a 4be4 ba7f 8a0ece4414929e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594535990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9
5人のジュンコ

この人は女の悪意を描くのがうまいなぁ。登場人物がみんなお互いを憎み合ってて後味悪い。でも好き。

2年前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373399e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594535a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d21eac0daf a88a 4be4 ba7f 8a0ece441492B1c08034 1b0f 4055 973d bd18404040bf
白ゆき姫殺人事件

犯人探しというより、こうして冤罪は作られるのか、というのがよくわかる本でした。

2年前

Icon user placeholderA7d2093d 2435 4293 bedd e792e04598d03e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb62300Icon user placeholder5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d 85